千葉県警察 シンボル

千葉県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 05:12 UTC 版)

千葉県警察(ちばけんけいさつ、Chiba Prefectural Police)は、千葉県公安委員会の管理の下、千葉県が設置した警察行政機関。千葉県警と略称し、給与支払者は千葉県知事である。関東管区警察局管内。


  1. ^ “県警新庁舎が落成、県庁わき、羽衣公園も立派に”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 千葉版. (1965年4月29日) 
  2. ^ a b c d e f g h 千葉県警察機動捜査隊の運用に関する訓令 (PDF)”. 千葉県警察 (1975年4月12日). 2020年3月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e 強盗殺人容疑で男逮捕 発生15年、再捜査で浮上 流山」『千葉日報』千葉日報社、2012年1月19日。2021年6月21日閲覧。オリジナルの2021年6月21日時点におけるアーカイブ。
  4. ^ a b 元少年に懲役15年の判決 流山女性殺害、刑上限」『asahi.com朝日新聞社、2012年11月21日。オリジナルの2012年11月22日時点におけるアーカイブ。
  5. ^ 東京新聞』1997年5月19日夕刊第一社会面23頁「24歳女性刺殺される 流山の自室」(中日新聞東京本社
  6. ^ 千葉県警の31歳警部補が捜査書類から12人の女性の電話番号ゲットしアタック!”. リアルライブ 2012年5月12日 20:59. 2020年7月22日閲覧。
  7. ^ 警察学校旅行でセクハラ 警部補を懲戒処分 千葉県警”. 千葉日報 2013年3月9日 10:56. 2020年7月22日閲覧。
  8. ^ 元県警3課長、駅で下半身露出 千葉”. 産経新聞 2015.4.22 07:08. 2020年7月22日閲覧。
  9. ^ 盗撮の君津署生活安全課長を書類送検 千葉県警、10日付で懲戒処分”. 産経新聞 2017.8.10 22:24. 2020年7月22日閲覧。
  10. ^ 証拠、コンビニごみ箱に 市川署巡査部長を書類送検 千葉県警”. 千葉日報 2017年10月20日 05:00. 2020年7月22日閲覧。
  11. ^ スマホ横領事件の捜査怠る 犯人隠避容疑、警部補ら書類送検 千葉県警”. 千葉日報 2020/4/7(火) 11:57配信. 2020年7月22日閲覧。
  12. ^ 千葉県警が2少年誤認逮捕 傷害容疑、防カメで判明”. 日本経済新聞 2018/12/18 9:35. 2020年7月22日閲覧。
  13. ^ 官舎で同僚の財布から現金盗む 巡査長を書類送検 千葉県警”. 産経新聞 2019.5.30 15:39. 2020年7月22日閲覧。
  14. ^ 保護した男性を裸にさせる 留置管理課長を停職処分 千葉県警”. 産経新聞 2019.8.23 15:39. 2020年7月22日閲覧。
  15. ^ トイレに実弾入り拳銃置き忘れ 成田国際空港警備隊の巡査長「失念してしまった」”. 千葉日報 2020年1月25日 14:05. 2020年7月26日閲覧。
  16. ^ 酒気帯び疑い警部補逮捕 柏 民家の塀に衝突か”. 読売新聞 2020/07/19 05:00. 2020年7月25日閲覧。
  17. ^ 千葉県警警部補 酒気帯び運転で懲戒免職”. テレビ朝日 2020年8月7日23:17. 2020年8月8日閲覧。
  18. ^ 知人女性の部屋に侵入した疑い 千葉県警の巡査を逮捕”. 朝日新聞 2020年9月8日 12時47分. 2020年9月13日閲覧。
  19. ^ 空港警備隊巡査を逮捕 知人女性宅に侵入容疑 柏署”. 千葉日報 2020年9月8日 12:04. 2020年9月13日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「千葉県警察」の関連用語

千葉県警察のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



千葉県警察のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千葉県警察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS