北海 経済

北海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/06 16:02 UTC 版)

経済

政治状況

北海沿岸各国の経済水域

北海を取り巻く国々は12海里(22km)領海で排他的漁業権を主張している[19]。EUの漁業政策で漁業権を調整し、EU諸国とノルウェー間の紛争を処理する[20]。北海で炭化水素が発見されたため、大陸棚会議で各国の権利を中間線方式で区分した。中間線とは二国間の陸上国境の延長とみなされる境界線のことである[21]。ただし、ドイツ、オランダ、デンマークの海底領土の係争は北海大陸棚事件と呼ばれ、長い交渉と国際司法裁判所の裁定を経て決定された[19][22]

海上交通

夜のロッテルダム港

北海は、海上輸送において非常に重要な海域であり、北海航路は世界で最も利用されている航路のひとつである[19]。ヨーロッパで最も貨物取扱量が大きく、世界でも第4位(2012年)に位置するロッテルダム港をはじめ[23]、同世界18位のアントワープ、同世界29位のハンブルク、コンテナ取扱量世界18位のブレーメンおよびブレーマーハーフェン、同33位のフェリックストー(イギリス)[24]、さらにヨーロッパを代表するRO-RO船の港であるブリュージュおよびゼーブルッヘ[25]など、多くの重要港が存在する。商船の他に漁船、石油基地の船、スポーツ用の船舶、遊覧船などでこの海域は混みあい、またバルト海からやってくる船のほとんどは北海を通航する必要があるため、この混雑はさらに激しくなる。ドーバー海峡では、1日に400隻以上の商船が行き来する[26]。北海沿岸には運河が発達しており、なかでも北海とバルト海を結ぶキール運河は最も重要なものであり、2009年にはスポーツボートやほかの小型船舶を含めずに、一日当たり89隻の通行を記録した。これは、世界で最も使用される人工水路である[27]。キール運河を使用すれば、ユトランド半島を迂回するのに比べ460kmの航路短縮となる[28]

石油・ガス

スタートフィヨルド油田

北海には、イギリス領内のフォーティーズ油田英語版ブレント油田英語版パイパー油田、ノルウェー領内の エコーフィスク油田スタートフィヨルド油田トロールガス田ヨハン・スヴェルドルップ油田英語版、などの油田・ガス田が存在し、総称して北海油田と呼ばれている。1960年にイギリスが北海で最初に油田を開発[29]。その後、ノルウェー領海内で硫黄分の少なく価値の高い[30]エコーフィスク油田を1969年に発見し[31]1971年に生産が開始された。積み出しは当初は石油タンカーで行われたが、1975年にイギリスのティーズサイドへのパイプラインが完成し、さらに1977年にはドイツのエムデンへのパイプラインも完成した[32]。北海油田の開発は1973年第一次石油危機の直前であり、石油危機によって油価が高騰したために多額の投資に見合う利益が見込めるようになったため、一気に開発熱が高まった[33]。生産コストは高いものの、良好な原油性状、安定した政治環境、西ヨーロッパという重要な市場に近いことで、北海は世界でも重要な産出地域の一つとなった[30]。西欧で最大の埋蔵量を誇り、非OPECの重要な生産地域である[34]。ブレント原油は世界の原油価格の重要な指標である[35]。2000年代に入り、特にイギリス領の油田において油田の成熟化が進み、徐々に生産量が減少しつつある。2005年にはイギリスで原油消費量が生産量を上回り、これ以降イギリスは石油の純輸入国となっている[36]。北海で最大の人身事故は1988年パイパー・アルファ基地火災で、167名が死亡した[37]。また、大量の原油漏出が1977年にエコーフィスク油田で起きた。

鉱物資源

原油や天然ガス以外にも、北海では年間数百万立方メートルのが海底から採取されている。これらの土砂は土地造成や建設、養浜に使用される[38]。イングランドの東海岸では、丸くなった琥珀のかけらが打ち上げられることがある[39]

風力発電

偏西風を利用した風力発電1990年代からドイツとデンマークで発達している[40]。北海のデンマーク洋上において、2002年に世界初の大規模洋上風力発電所であるHorns Rev 1が建設され、これ以降次々と北海洋上に風力発電所が建設された。2010年9月には、世界最大規模の洋上風力発電所であるイギリスのThanet風力発電所[41][42]とデンマークのHorns Rev 2[43]が相次いで稼働し始めた。

漁業

ドイツ、Nordstrandのトロール船

北海海域は古くから世界有数の好漁場として知られており、世界の商業的漁業の5%を占めている[44]。漁業は沿岸の南部に集中している。トロール船での漁業が中心である[45]1995年には、北海の総漁獲高は350万トンだった[46]

しかし、乱獲がたたり、2000年前後にはフィッシュ・アンド・チップスの原料となるタラの漁獲が極端に減少。持続可能な漁業への転換が模索されている[47]

観光

1900年、オランダ・スケベニンゲンのビーチ

18世紀末頃より、療養や余暇、海水浴を楽しむため、イギリスにて北海沿岸の開発が始められた。この動きは19世紀初頭には急速に拡大し、北海沿岸諸国の海岸には保養地が立ち並ぶようになり、多くの観光客が訪れるようになった[48]。現代でも北海沿岸の水域や浜辺は人気の観光地であり、デンマーク、ドイツ、オランダ、ベルギーの海岸は観光地としてよく開発されている[49][50]


  1. ^ a b About the North Sea: Key facts”. Safety at Sea project: Norwegian Coastal Administration (2008年). 2008年12月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月2日閲覧。
  2. ^ Ray, Alan; G. Carleton, Jerry McCormick-Ray (2004) (Digitized by Google Books online). Coastal-marine Conservation: Science and Policy (illustrated ed.). Blackwell Publishing. p. 262. ISBN 0632055375, 9780632055371. https://books.google.co.jp/books?id=E7xLaYVGEF4C&pg=PA262&dq=%22North+Sea%22+watershed&redir_esc=y&hl=ja 2009年1月21日閲覧。 
  3. ^ Chapter 5: North Sea (PDF)”. Environmental Guidebook on the Enclosed Coastal Seas of the World. International Center for the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (2003年). 2008年12月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月24日閲覧。
  4. ^ Calow, Peter (1999). Blackwell's Concise Encyclopedia of Environmental Management. Blackwell Publishing. ISBN 0632049510. https://books.google.co.jp/books?id=L7V-JtHroGkC&pg=PA100&redir_esc=y&hl=ja 2008年12月26日閲覧。 
  5. ^ Ostergren, Robert Clifford; John G. Rice (2004) (Digitized by Google Books online). The Europeans: A Geography of People, Culture, and Environment. Bath, UK: Guilford Press. p. 62. ISBN 0898622727. https://books.google.co.jp/books?id=wgPSUQ873scC&pg=PA62&redir_esc=y&hl=ja 2009年1月10日閲覧。 
  6. ^ Dogger Bank. Maptech Online MapServer. (1989–2008). http://mapserver.maptech.com/homepage/index.cfm?lat=54.74456315454079&lon=2.3527509224287115&scale=1500000&zoom=50&type=0&icon=0&width=498&height=498&searchscope=dom&CFID=1719760&CFTOKEN=33728793&scriptfile=http://mapserver.maptech.com/homepage/index.cfm&latlontype=DMS 2007年7月20日閲覧。 
  7. ^ Met Office: Flood alert!”. Met office UK government (2006年11月28日). 2006年12月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月2日閲覧。
  8. ^ a b c Wefer, Gerold; Wolfgang H. Berger; K. E. Behre; Eystein Jansen (2002) [2002]. Climate Development and History of the North Atlantic Realm: With 16 Tables. Springer. pp. 308–310. ISBN 3-540-43201-9. https://books.google.co.jp/books?id=NACgnCN_jaEC&pg=PA308&redir_esc=y&hl=ja 2008年12月4日閲覧。 
  9. ^ Morin, Rene (2008年10月2日). “Social, economical and political impact of Weather (PDF)”. EMS annual meeting. 2008年12月4日閲覧。
  10. ^ 佐藤弘幸『図説 オランダの歴史』p117 河出書房新社、2012年。
  11. ^ Coastal Flooding: The great flood of 1953. Investigating Rivers. http://www.naturegrid.org.uk/rivers/gt%20stour%20case%20study-pages/fld-cstl.html 2007年7月24日閲覧。 
  12. ^ 佐藤弘幸『図説 オランダの歴史』p125 河出書房新社、2012年。
  13. ^ Rosenberg, Matt (2007年1月30日). “Dykes of the Netherlands”. About.com – Geography. The New York Times. 2007年7月19日閲覧。
  14. ^ 『商業史』p20 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷
  15. ^ 河原温 著『ブリュージュ フランドルの輝ける宝石』p25 中公新書、2006年
  16. ^ 『ニシンが築いた国オランダ 海の技術史を読む』p27 田口一夫 成山堂書店 平成14年1月18日初版発行
  17. ^ 『魚で始まる世界史 ニシンとタラとヨーロッパ』p90-91 越智敏之 平凡社新書 2014年6月13日初版第1刷
  18. ^ 『ジョージ王朝時代のイギリス』 ジョルジュ・ミノワ著 手塚リリ子・手塚喬介訳 白水社文庫クセジュ 2004年10月10日発行 p.142-143
  19. ^ a b c Barry, M.,, Michael; Elema, Ina; van der Molen, Paul (2006) (PDF). Governing the North Sea in the Netherlands: Administering marine spaces: international issues. Frederiksberg, Denmark: International Federation of Surveyors (FIG). pp. 5–17, Ch. 5. ISBN 87-90907-55-8. http://www.fig.net/pub/figpub/pub36/chapters/chapter_5.pdf 2009年1月12日閲覧。 
  20. ^ About the Common Fisheries Policy. European Commission. (2008-01-24). http://ec.europa.eu/fisheries/cfp/ 2008年11月2日閲覧。 
  21. ^ Text of the UN treaty
  22. ^ North Sea Continental Shelf Cases. International Court of Justice. (1969-02-20). http://www.icj-cij.org/docket/index.php?p1=3&p2=3&k=cc&case=52&code=cs2&p3=4 2007年7月24日閲覧。 
  23. ^ 世界の港湾取扱貨物量ランキング - 国土交通省
  24. ^ World Port Rankings”. American Association of Port Authorities (2008年). 2014年11月2日閲覧。
  25. ^ Port Authority Bruges-Zeebrugge”. MarineTalk a Division of Scientia Technologies Corporation (1998–2008). 2008年12月28日閲覧。
  26. ^ The Dover Strait”. Maritime and Coastguard Agency (2007年). 2008年10月8日閲覧。
  27. ^ Kiel Canal”. Kiel Canal official website. 2008年11月2日閲覧。
  28. ^ 23390-Country Info Booklets Hebridean Spirit The Baltic East”. Hebridean Island Cruises. 2008年11月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年1月18日閲覧。
  29. ^ 『知られていない原油価格高騰の謎』p98 芥田知至 技術評論社 平成18年5月5日初版第1刷
  30. ^ a b Lohne, Øystein (1980). “The Economic Attraction”. The Oil Industry and Government Strategy in the North Sea. Taylor & Francis. p. 74. ISBN 0-918714-02-8. https://books.google.co.jp/books?id=jZIOAAAAQAAJ&pg=PA73&redir_esc=y&hl=ja 
  31. ^ Pratt, J. A. (1997). “Ekofisk and Early North Sea Oil”. In T. Priest, & Cas James. Offshore Pioneers: Brown & Root and the History of Offshore Oil and Gas. Gulf Professional Publishing. p. 222. ISBN 0-88415-138-7. https://books.google.co.jp/books?id=TW6yMgPdgbQC&pg=PP1&redir_esc=y&hl=ja 2008年12月8日閲覧。 
  32. ^ TOTAL E&P NORGE AS – The history of Fina Exploration 1965–2000”. About TOTAL E&P NORGE > History > Fina. 2009年1月15日閲覧。
  33. ^ McKetta, John J. (1999). “The Offshore Oil Industry”. In Guy E. Weismantel. Encyclopedia of Chemical Processing and Design: Volume 67 – Water and Wastewater Treatment: Protective Coating Systems to Zeolite. CRC Press. p. 102. ISBN 0-8247-2618-9. https://books.google.com/?id=MfjDlUe8Kc0C&pg=PA102 
  34. ^ North Sea”. Country Analysis Briefs. Energy Information Administration (EIA) (2007年1月). 2008年1月23日閲覧。
  35. ^ 『石油価格はどう決まるか 石油市場のすべて』p29 甘利重治、山岡博士著 河村幹夫監修 時事通信社 2007年12月20日第1刷
  36. ^ 西欧の2大産油国の現状JPEC、2012年
  37. ^ “On This Day 6 July 1988: Piper Alpha oil rig ablaze”. BBC. (1988年7月6日). http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/july/6/newsid_3017000/3017294.stm 2008年11月3日閲覧。 
  38. ^ Phua, C.. “Ecological Effects of Sand Extraction in the North Sea (PDF)”. University of Porto. 2009年1月12日閲覧。
  39. ^ Rice, Patty C. (2006). Amber: Golden Gem of the Ages: Fourth Edition (4, illustrated ed.). Patty Rice. pp. 147–154. ISBN 1-4259-3849-3. https://books.google.co.jp/books?id=g6NVVpqhixIC&pg=PA153&redir_esc=y&hl=ja 2009年1月12日閲覧。 
  40. ^ LTI-Research Group, LTI-Research Group (1998). Long-term Integration of Renewable Energy Sources Into the European Energy System. Springer. ISBN 3-7908-1104-1. https://books.google.co.jp/books?id=q9r6aYDLwkgC&pg=PA206&redir_esc=y&hl=ja 2009年1月12日閲覧。 
  41. ^ Shankleman, Jessica. UK cuts ribbon on world's largest offshore wind farm BusinessGreen, 23 September 2010. Retrieved: 23 September 2010.
  42. ^ Thanet offshore wind farm starts electricity production BBC, 23 September 2010
  43. ^ Matthew McDermott. "Denmark Inaugurates World's Largest Offshore Wind Farm – 209 MW Horns Rev 2" Treehugger.
  44. ^ L.M.A. (1985). "Europe". In University of Chicago (ed.). Encyclopædia Britannica Macropædia. 18 (Fifteenth ed.). U.S.A.: Encyclopadia Britannica Inc. pp. 832–835. ISBN 0-85229-423-9
  45. ^ Sherman, Kenneth; Lewis M. Alexander, Barry D. Gold (1993). Large Marine Ecosystems: Stress, Mitigation, and Sustainability (3, illustrated ed.). Blackwell Publishing. pp. 252–258. ISBN 087168506X. https://books.google.co.jp/books?id=mtucgF2qOrIC&pg=RA1-PA252&redir_esc=y&hl=ja 2009年1月12日閲覧。 
  46. ^ MUMM – Fishing”. Royal Belgian Institute of Natural Sciences (2002–2008). 2008年11月29日閲覧。
  47. ^ “英皇太子がフィッシュ&チップスの未来を憂慮、持続可能な漁業訴え”. CNN News (CNN). (2012年5月14日). http://www.cnn.co.jp/fringe/30006580.html 2012年6月15日閲覧。 
  48. ^ 『ヨーロッパの北の海 北海・バルト海の歴史』p71 デヴィド・カービー、メルヤ-リーサ・ヒンカネン 玉木俊明、牧野正憲、谷澤毅,根本聡、柏倉知秀共訳 刀水書房 2011.4
  49. ^ Wong, P. P. (1993). Tourism Vs. Environment: The Case for Coastal Areas. Springer. p. 139. ISBN 0-7923-2404-8. https://books.google.co.jp/books?id=21ikixG655wC&pg=PA139&redir_esc=y&hl=ja 2008年12月27日閲覧。 
  50. ^ Hall, C. Michael; Dieter K. Müller; Jarkko Saarinen (2008). Nordic Tourism: Issues and Cases. Channel View Publications. p. 170. ISBN 1-84541-093-9. https://books.google.co.jp/books?id=mxq97WB2aVQC&pg=PA170&redir_esc=y&hl=ja 2008年12月27日閲覧。 


「北海」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「北海」に関係したコラム

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北海」の関連用語

北海のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北海のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS