北九州市 歴史

北九州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 04:10 UTC 版)

歴史

小倉城、小倉北区

令制国においては、北九州市における門司区・小倉北区・小倉南区の全域、および、八幡東区の東半分に相当する地域は豊前国企救郡)、八幡西区・若松区・戸畑区の全域、および、八幡東区の西半分に相当する地域は筑前国遠賀郡鞍手郡)に属しており、別の国であった。

大化元年(645年)には今の和布刈神社付近に「文字ガ関」が置かれたといい、門司の地名由来となっている。古代に九州地方を統括していた大宰府への第一の関所の位置付けである。

1871年8月29日の廃藩置県により、豊前国は小倉県に、筑前国は福岡県となった。しかし、1876年8月21日の府県合併により、小倉県は分割されて大半の地域が福岡県と合併した。それ以降、北九州市の市域に相当する地域は全体が福岡県に属するようになる。

この豊前国と筑前国とも、山口市に拠点を置く西日本最大の大名であった大内氏の時代には、この大内氏により守護されており、文化圏の枠組みでは、九州よりも本州瀬戸内海岸の文化の影響が強い。また、この界隈の基礎となった官営八幡製鉄所の建設には、明治の長州閥が深く関わっており、歴史的にも豊前と長州の2地域は密接である。

1889年の市制町村制施行により、それぞれが町制を敷き、大正時代に門司市、小倉市、戸畑市、若松市、八幡市(後の八幡東区全域と八幡西区黒崎地区に相当する区域。八幡西区の残りの地域は昭和12、19、30年に合併)が成立した。

当時より五市(場合によっては下関市、中間市を含めた七市)の合併が提起されていたが、1963年2月10日にこの5市が合併(新設合併)し[2]、4月1日に政令指定都市となった。新市名については、合併後の新市名を住民公募した結果、1位は「西京」だったが、の名を含んだ名称には異論もあり、2位の「北九州市」が採用された。北九州都市協会会長を務めた出口隆は、新市の名称を決める特別委員会で「ひとりの長老」が「天子様がおられた歴史がないのに、京と名乗っていいのかなあ」と発言したことから「西京市」の名称が選ばれなかったと証言している[34]

小倉県庁舎、小倉北区

ちなみに「北九州」という名称は、この地域を運行していた西鉄路面電車(2000年11月全線廃止)の路線の総称として北九州線が、西鉄設立の1942年(昭和17年)から用いられていた。1943年(昭和18年)12月に閣議決定された「都市疎開実施要綱」では、門司・小倉・戸畑・若松・八幡の五市が「北九州地域」とされた[35]

また市内にある北九州市立大学の前身である北九州外語大学(当時、1953年から2000年までは「北九州大学」)が1950年以来「北九州」を冠していたほか、1923年(大正12年)から国定教科書において八幡市、戸畑市の工業地帯が「北九州工業地帯」と表記されていた。いずれも北九州市の成立以前から、この地域を表す名称として使われていたものとして挙げられる。

しかし、九州の最北という位置付けから生じたこの「北九州」の名称により、「北関東・南関東」のように九州地方の南北を表す際、北九州市と混同しないよう「北部九州・南九州」という他地域にはない独特の表現がされている。この問題に関しては、2009年の鹿児島県南九州市の誕生により更に混乱を極め、従来使用されていなかった「南部九州」という対する表現も徐々に出てきている。なお、同市とは一字違いという縁で、2008年7月31日に“南北”九州市の交流協定を締結。偶然にも市の花も両市とも『ひまわり』である。

北九州市は昔から交通の要衝であり、重化学工業で栄えた都市でもある。古くから筑豊地方、京築地域、遠賀地方、福岡市周辺はもとより、山口県の下関市宇部市山陽小野田市美祢市大分県中津市宇佐市などの地域との関係が歴史的・文化的に密接であり、本市を中心にこれら3県に跨がる関門都市圏を形成している。

特に山口県とは歴史的に非常に強い関係があり、文化面・経済面での影響を強く受けている。市内で使われる北九州弁も周辺地域の影響を濃く受けているが、先述の通り歴史上別の国であったことも影響し、市内でも西部と東部で方言に差異が見られる。

また、響灘に面していることもあり、今の市域全体が古くから軍事の要衝ともなっていた。関門海峡では1185年に壇ノ浦の戦いがあり、明治期には西日本最大の要塞であった「下関要塞」の一部として指定され、主だった山や小倉城址、今の若松区の海岸地帯などは一般人の出入りが禁止・制限された。さらに小倉には陸軍造兵廠が置かれ、1945年にはここが長崎に投下されたプルトニウム原子爆弾の最初の投下目標となった(長崎市への原子爆弾投下も参照)。

文豪・森鷗外が小倉に住んでいたのも陸軍軍医としてであった。第二次世界大戦後はそれらの施設や民間の建物などがアメリカ軍に接収され、今のNHK北九州放送局も米軍向け放送を一時行っていた。市内の一部には軍事都市の名残をとどめる史跡が存在する。

沿革

古墳

  • 一本松塚古墳(小倉北区)- 市指定史跡
  • 荒神森古墳(曽根古墳群、小倉南区)
  • 上ん山古墳(曽根古墳群、小倉南区)- 市指定史跡
  • 茶毘志山古墳(曽根古墳群、小倉南区)- 市指定史跡
  • 御座古墳群(小倉南区)
  • 小田山古墳群(若松区)- 市指定史跡

近代以前

北九州市成立以前 - 明治・大正時代

西日本工業倶楽部、戸畑区

昭和時代

北九州市成立以降 - 昭和時代

  • 1963年
    • 2月10日 - 門司市・小倉市・戸畑市・八幡市・若松市の5市が合併(新設合併)し、北九州市が発足、仮市役所は旧戸畑市役所となる[2]。市名の第一候補は「西京市」であった。同日、北九州市発足記念の切手が一種(10円)発行された。
    • 3月11日 - 議員定数188人で初市議会開催。
    • 3月14日 - 市章を制定する[39]
    • 4月1日 - 北九州市が政令指定都市に指定され、門司区・小倉区・戸畑区・八幡区・若松区の5区を設置。各行政区域はほぼ合併前の各市域に対応する(一部変更あり)。三大都市圏以外で初の政令指定都市となった。翌4月2日、北九州市歌が制定される。
    • 9月1日
      • 京浜工業地帯阪神工業地帯と同時に、ばい煙規正法対象地域となり、同日より施行、市内120の工場、事業所が対象となる。
      • 各区で発行していた「区報」を廃止、集約した「北九州市政だより」創刊号発行。
      • 市立戸畑商業高校(現北九州市立高校)開校。
    • 11月28日 - 紫川事件発生。
  • 1964年
    • 1月1日 - 旧門司市とそれ以外の旧4市で分かれていた水道組織を統合、北九州市水道局発足。
    • 1月17日 - 八幡西区熊手の麻生市場で火災。全焼36店舗、半焼8店舗[40]
    • 4月1日 - 門司、小倉、洞海の3港を統合し、名称を北九州港と改め、管理運営組織として北九州港管理組合発足。
    • 4月10日 - 皿倉山頂に帆柱スカイラインリフト設置、運用開始。
    • 9月27日 - 国鉄戸畑駅2代目駅舎(民衆駅)が開業、併せて駅前広場整備[一次資料 31]
    • 10月31日 - 門司港駅山口県下関駅間を運行していた国鉄関門連絡船廃止。
  • 1965年
    • 2月4日 - 合併後初の市議会議員選挙により、市議会議員の人数が64人となる[一次資料 32]
    • 9月10日 - 旧5市から引き継がれ二重行政状態となっていた各部署・機構を再編、同日より発足[一次資料 33]
  • 1966年
  • 1967年9月23日 - 同年の梅雨明け以降西日本で続いていた干ばつの影響[一次資料 36] により、取水制限、併せて12時間断水実施、同年10月27日に解除[一次資料 37]
  • 1968年
  • 1970年
    • 4月5日 - 若松区頓田貯水池に隣接する響灘緑化自然公園に、日本国内10番目、市立のものとしては初となる「玄海青年の家」完成[一次資料 39]
    • 4月20日 - 若松区二島に、同区役所島郷出張所、若松農政事務所、若松消防署島郷出張所が入居する合同庁舎開業[一次資料 40]
    • 12月23日 - 八幡区(現八幡東区)桃園に、完成時点で日本国内最大のプラネタリウムを持つ、市立宇宙科学館開業[一次資料 41]
  • 1971年3月29日 - 小倉城内1、2階を改装、郷土資料館開業[一次資料 42]
  • 1972年
関門橋、門司区

平成時代

スペースワールド

令和時代


注釈

  1. ^ 本店は門司区[一次資料 103]、本社は東京都中央区[一次資料 104]
  2. ^ 北九州本社・福岡本社の2本社体制[一次資料 106]、本店は福岡市博多区[一次資料 107]
  3. ^ 本部は北九州市門司区[一次資料 110]、本店は神戸市東灘区[一次資料 111]
  4. ^ 本店は若松区[一次資料 140]、本社は東京都中央区[一次資料 141]

出典

  1. ^ “一見、玩具・双眼鏡 不思議な北九州市の公共建築”. NIKKEI STYLE (日本経済新聞社). (2015年7月13日). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO88705330Q5A630C1000000/ 2019年9月2日閲覧。 
  2. ^ a b c “「北九州市」生まれる けさ盛大に開庁式”. 毎日新聞 (毎日新聞西部本社). (1963年2月10日) 
  3. ^ “「中国地方」住みたい街ランキングトップ10、1位に輝いたアノお城がある街とは?”. ZUU online (ZUU). (2015年5月30日). https://zuuonline.com/archives/62290 2019年9月2日閲覧。 
  4. ^ OECD 2013, pp. 111.
  5. ^ “国家戦略特区の福岡市の高島宗一郎市長「首相のリーダーシップ欠かせない」「耳疑った民進の停止法案」”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年6月15日). https://www.sankei.com/politics/news/170615/plt1706150064-n1.html 2019年9月2日閲覧。 
  6. ^ a b c 九州旅客鉄道 1989, p. 231.
  7. ^ “北九州―宮崎、高速で直結 東九州道椎田南―豊前が開通”. 日本経済新聞. 共同通信 (日本経済新聞社). (2016年4月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC24H0J_U6A420C1ACY000/ 2017年6月18日閲覧。 
  8. ^ OECD 2013, p. 14.
  9. ^ a b アクロス福岡文化誌編纂委員会 2016, p. 76.
  10. ^ OECD 2013, p. 35.
  11. ^ a b OECD 2013, pp. 38-42.
  12. ^ 北九州フィルム・コミッション - 北九州市”. www.city.kitakyushu.lg.jp. 2021年2月17日閲覧。
  13. ^ 人口の推移”. 北九州市. 2021年2月18日閲覧。
  14. ^ 高齢者人口・高齢化率”. 北九州市. 2021年2月18日閲覧。
  15. ^ a b 川村文三郎「海図から見た関門海峡」『地図』第7巻第4号、日本地図学会、東京、1969年、 11-19頁、 doi:10.11212/jjca1963.7.4_11ISSN 0009-4897NAID 1300039993172017年6月18日閲覧。
  16. ^ OECD 2013, pp. 54.
  17. ^ a b 土地条件調査解説書「北九州地区」”. 国土地理院 (2010年11月). 2017年6月18日閲覧。
  18. ^ 沿岸海域基礎調査報告書(行橋地区)”. 国土地理院 (2003年). 2017年6月18日閲覧。
  19. ^ a b “星空ビアガーデン:夜景の美しさ、ビールのうまさ 北九州”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年7月29日). https://mainichi.jp/articles/20160729/k00/00m/040/118000c 2019年9月2日閲覧。 
  20. ^ 浜田清吉「北九州平尾台のカルスト地形」『山口大学理学会誌』第3号、山口大学理学会、山口、1952年7月、 29-34頁、 ISSN 0372767XNAID 400185554572017年6月18日閲覧。
  21. ^ OECD 2013, p. 30.
  22. ^ 中江訓・尾崎正紀・太田正道・藪本美孝・松浦浩久・富田宰臣郎「小倉地域の地質」福岡(14)第34号、通商産業省工業技術院地質調査所、つくば、1998年3月、 OCLC 440768572017年6月18日閲覧。
  23. ^ a b “【北九州再興への選択(下)】市民派市長の限界 大型事業・行革に乏しいスピード感…(3/5ページ)”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2014年8月9日). http://www.sankei.com/politics/news/140809/plt1408090018-n3.html 2015年1月14日閲覧。 
  24. ^ 鎌田康「コメンタリー 北九州貨物ターミナル駅の開業」『JR gazette』第60巻第7号、交通新聞社、2002年7月、 62-64頁、 ISSN 13435620NAID 400055467412017年6月18日閲覧。
  25. ^ a b c d e f g OECD 2013, pp. 84.
  26. ^ a b 梅本和秀「中心市街地活性化の取り組み」『日本不動産学会誌』第26巻第3号、日本不動産学会、2012年、 6-7頁、 doi:10.5736/jares.26.3_3ISSN 09113576NAID 1300052857112017年6月18日閲覧。
  27. ^ 宮町良広「地方中心都市における小売業の再生に関する考察 : 山口県下関市を事例として」『大分大学経済論集』第51巻3-4、大分大学経済学会、1999年11月、 244-271頁、 ISSN 047401572020年3月24日閲覧。
  28. ^ a b “【北九州再興への選択 (中)】沈むものづくりの街 「市の工夫足りない」経済界から嘆き(4/5ページ)”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2014年8月8日). http://www.sankei.com/politics/news/140808/plt1408080014-n4.html 2015年1月14日閲覧。 
  29. ^ OECD 2013, p. 23.
  30. ^ a b “北九州市の人口、95万人台に減少”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年4月11日). オリジナルの2015年4月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150424213125/http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/161983 
  31. ^ “【北九州再興への選択 (中)】沈むものづくりの街 「市の工夫足りない」経済界から嘆き(3/5ページ)”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2014年8月8日). http://www.sankei.com/politics/news/140808/plt1408080014-n3.html 2015年1月14日閲覧。 
  32. ^ “27年国勢調査 福岡都市圏“独り勝ち” 北九州市と長崎市は大幅減”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2016年2月27日). http://www.sankei.com/smp/region/news/160227/rgn1602270044-s.html 2016年8月5日閲覧。 
  33. ^ “北九州市の人口減全国最大…福岡市は2番目の増加数 国勢調査速報値”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2021年6月25日). https://www.nishinippon.co.jp/sp/item/n/760816/ 2021年6月26日閲覧。 
  34. ^ No.12 五市合併”. 西日本シティ銀行 (1999年8月). 2017年6月18日閲覧。
  35. ^ 都市疎開実施要綱”. 国立国会図書館. 2020年9月25日閲覧。
  36. ^ 九州旅客鉄道 1989, p. 65.
  37. ^ 「北九州五市合併」『日本経済新聞』昭和25年6月10日3面
  38. ^ 九州旅客鉄道 1989, p. 141.
  39. ^ 小学館辞典編集部 2007, p. 207.
  40. ^ 「44店舗を焼く 北九州市で火災」『中國新聞』昭和45年1月17日 夕刊 7面
  41. ^ カネミ油症について ~正しく知る。温かく支える。~ 厚生労働省
  42. ^ 脱臭缶加熱コイルの穴あきによる食用油へのPCB混入 失敗知識データベース
  43. ^ OECD 2013, p. 38.
  44. ^ OECD 2013, p. 40.
  45. ^ a b 貧困と生活保護(39) 人を死なせる福祉の対応(中)北九州市の悲劇” (日本語). yomiDr./ヨミドクター(読売新聞) (2016年9月23日). 2020年6月9日閲覧。
  46. ^ “環境モデル都市に横浜など6自治体 先進性を評価”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年7月22日). http://www.asahi.com/eco/TKY200807220127.html 2019年9月2日閲覧。 
  47. ^ [https://mainichi.jp/articles/20160501/ddl/k40/010/252000c “北九州・G7エネ相会合 きょう開幕 会場に小倉織の装飾”]. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年5月1日). https://mainichi.jp/articles/20160501/ddl/k40/010/252000c 2019年9月2日閲覧。 
  48. ^ “ピッチ近い客席、サッカー間近に 北九州スタジアム完成”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年2月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO12785020Q7A210C1LX0000/ 2019年9月2日閲覧。 
  49. ^ OECDの持続可能な開発目標推進、アジアで初のモデル都市に”. 毎日新聞社 (2018年4月24日). 2018年6月1日閲覧。
  50. ^ 北九州市、20年の東アジア文化都市に 文化庁が選定”. 西日本新聞社 (2018年8月8日). 2019年2月9日閲覧。
  51. ^ 若戸大橋・トンネルの通行無料に 1日6900台の通行増見込む”. 西日本新聞社 (2018年12月1日). 2018年12月1日閲覧。
  52. ^ 北九州市立「子ども図書館」22日開館 世界90言語の絵本紹介”. 西日本新聞社 (2018年12月20日). 2019年9月2日閲覧。
  53. ^ 大正ロマン復元、JR門司港駅が全面開業 タモリさん駆け付け式典”. 産業経済新聞社 (2019年3月10日). 2019年3月10日閲覧。
  54. ^ 小倉南区役所庁舎消毒作業終了及び区役所業務再開について”. 北九州市 (2020年3月24日). 2020年4月3日閲覧。
  55. ^ “北九州市港湾局/米タコマ港と姉妹港会議。ひびきCT整備など説明”. 日本海事新聞電子版 (日本海事新聞社). (2001年11月20日). https://www.jmd.co.jp/article.php?no=32418 2019年9月2日閲覧。 
  56. ^ 吉田啓 (2019年6月25日). “日米の港町提携60年 歌で祝おう”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/ASM6N3QB3M6NTIPE008.html 2019年9月2日閲覧。 
  57. ^ “北九州と大連友好40年刻む記念館 門司港レトロに10月開設”. 西日本新聞北九州版 (西日本新聞社). (2018年9月19日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/450663/ 2019年9月2日閲覧。 
  58. ^ “北九州市 韓国姉妹都市の行事に招かれず”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2019年8月20日). https://mainichi.jp/articles/20190820/k00/00m/040/088000c 2019年9月2日閲覧。 
  59. ^ a b “北九州市:環境姉妹都市、比のダバオ市と提携 市長、覚書に署名”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年11月29日). https://mainichi.jp/articles/20171129/ddl/k40/010/316000c 2019年9月2日閲覧。 
  60. ^ “交流会:留学生と企業の日越交流に90人 小倉北で6回目”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年2月2日). https://mainichi.jp/articles/20160202/ddl/k40/040/448000c 2019年9月2日閲覧。 
  61. ^ “北九州市とプノンペン 首都と初の締結 経済、文化交流へ”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年3月30日). https://mainichi.jp/articles/20160330/ddl/k40/010/490000c 2019年9月2日閲覧。 
  62. ^ a b c 東洋経済新報社 2013, pp. 14-15.
  63. ^ “寄せ集め所帯まとめた「明朗親和」 幻に終わった新路線計画”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2013年11月18日). https://www.sankei.com/economy/news/131118/ecn1311180022-n5.html 2019年9月2日閲覧。 
  64. ^ a b c 「日本の道100選」研究会 2002, p. 193.
  65. ^ 「日本の道100選」研究会 2002, pp. 192–193.
  66. ^ “若松あじさい祭り:高塔山公園でにぎわう”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2019年6月16日). https://mainichi.jp/articles/20190616/ddl/k40/040/286000c 2019年9月2日閲覧。 
  67. ^ a b c d e f g h 東洋経済新報社 2013, p. 19.
  68. ^ “北九州の煮魚 ぬか床がミソ”. 日本経済新聞夕刊 (日本経済新聞社). (2015年6月3日). https://style.nikkei.com/article/DGXKZO87582840S5A600C1NZ1P01/ 2019年9月2日閲覧。 
  69. ^ a b c d e 東洋経済新報社 2013, pp. 16-17.
  70. ^ ゼンリン『北九州美味本』ゼンリン、2006年、103頁。2017年6月18日閲覧。
  1. ^ a b 市のシンボル”. 北九州市. 2019年9月2日閲覧。
  2. ^ アジア交流広域都市圏の形成に関する調査報告書(アジア交流広域都市圏の形成促進に向けた戦略的な連携方策に関する調査)”. 国土交通省国土計画局・国土交通省九州地方整備局 (2009年3月). 2017年6月18日閲覧。
  3. ^ 平成27年 行政視察報告 総務財政委員会 視察報告書(福岡県北九州市)”. 杉並区議会総務財政委員会. 2017年6月18日閲覧。
  4. ^ 「新・海辺のマスタープラン」~魅力ある海辺づくり計画~(資料編) (PDF)”. 北九州市港湾空港局総務部総務経営課. p. 6 (2016年11月). 2017年6月18日閲覧。
  5. ^ 水環境保全技術研修マニュアル:総論”. 海外環境協力センター. p. 225 (1998年3月). 2017年6月18日閲覧。
  6. ^ 豊前豊後沿岸 海岸保全基本計画書”. 福岡県・大分県. pp. 14-18 (2003年3月). 2017年6月18日閲覧。
  7. ^ a b c 北九州市建設局公園緑地部 (2013). 北九州市公園の本. 北九州市建設局公園緑地部. p. 62 
  8. ^ 高塔山公園”. 北九州市. 2018年2月15日閲覧。
  9. ^ 中央公園(金比羅山)”. 北九州市. 2018年2月15日閲覧。
  10. ^ 古城山”. 北九州市観光サイト. 2018年2月15日閲覧。
  11. ^ a b 北九州港案内図”. 北九州市港湾空港局物流振興課 (2017年3月). 2017年6月18日閲覧。
  12. ^ a b c 合金鉄溶解炉設備建設事業に係る環境影響評価方法書(第3章 地域特性の把握)”. 新日本製鉄株式会社八幡製鉄所 (2008年5月). 2017年6月18日閲覧。
  13. ^ a b 関門海峡の気候の特徴”. 国土交通省九州地方整備局. 2017年6月18日閲覧。
  14. ^ 天気のはなし”. 福岡管区気象台. 2018年2月27日閲覧。
  15. ^ 九州北部地方の天候の特徴”. 福岡管区気象台. 2018年2月28日閲覧。
  16. ^ a b c 北九州市中心市街地活性化基本計画の概要(小倉地区)”. 北九州市 (2008年7月). 2018年3月28日閲覧。
  17. ^ a b 北九州市立地適正化計画”. 北九州市. p. 2 (2017年4月). 2019年3月2日閲覧。
  18. ^ a b c 北九州市中心市街地活性化基本計画(小倉地区)2章:位置及び区域”. 北九州市. p. 1-2. 2019年3月2日閲覧。
  19. ^ 小倉城と小倉藩”. 小倉北区役所. 2019年3月2日閲覧。
  20. ^ a b 北九州市中心市街地活性化基本計画(小倉地区・黒崎地区)について”. 北九州市建築都市局都心・副都心開発室. 2019年3月2日閲覧。
  21. ^ 北九州市中心市街地活性化基本計画(小倉地区)7章:商業の活性化”. 北九州市. p. 1. 2019年3月2日閲覧。
  22. ^ 小倉駅新幹線口地区整備構想”. 北九州市. p. 2-5. 2019年3月2日閲覧。
  23. ^ 認定中心市街地活性化基本計画”. 北九州市. p. 1. 2019年3月2日閲覧。
  24. ^ 一般国道3号黒崎バイパス”. 北九州市. 2019年3月5日閲覧。
  25. ^ 提供統計一覧(総務省統計局、独立行政法人統計センター)
  26. ^ 昭和35年国勢調査(政府統計の総合窓口)
  27. ^ 昭和60年国勢調査(政府統計の総合窓口)
  28. ^ 大都市比較統計年表 > 人口(大阪市)
  29. ^ 平成27年国勢調査 調査の結果総務省統計局
  30. ^ a b 国勢調査結果の概要”. 北九州市企画調整局政策部企画課統計係. 2017年6月18日閲覧。
  31. ^ 北九州市政だより 昭和39年(1964年)10月15日号P.2
  32. ^ 北九州市政だより 昭和40年(1965年)2月15日号P.1
  33. ^ 北九州市政だより 昭和40年(1965年)8月1日号号外、同9月15日号P.2
  34. ^ 北九州市政だより 昭和41年(1966年)5月1日号P.1-3
  35. ^ 北九州市政だより 昭和41年(1966年)6月15日号P.1-2
  36. ^ 昭和42年夏の高温・少雨 昭和42年(1967年) 5月〜10月”. 気象庁. 2016年10月6日閲覧。
  37. ^ 北九州市政だより 昭和42年(1967年)11月1日号P.2
  38. ^ 北九州市政だより 昭和43年(1968年)10月1日号P.2
  39. ^ 北九州市政だより 昭和45年(1970年)4月15日号P.1
  40. ^ 北九州市政だより 昭和45年(1970年)4月15日号若松版P.8
  41. ^ 北九州市政だより 昭和45年(1970年)12月1日号P.2
  42. ^ 北九州市政だより 昭和46年(1971年)3月1日号P.2
  43. ^ 北九州市政だより 昭和47年(1972年)4月15日号P.1
  44. ^ 北九州市政だより 昭和47年(1972年)7月1日号P.3
  45. ^ 北九州市政だより 昭和47年(1972年)8月1日号P.3
  46. ^ 北九州市政だより 昭和47年(1972年)11月1日号P.1
  47. ^ 北九州市政だより 昭和48年(1973年)1月15日号P.1
  48. ^ 北九州市政だより 昭和49年1月15日号P4「五区から七区へ」 (PDF)
  49. ^ 北九州市政だより 昭和48年(1973年)11月1日号P.2
  50. ^ 北九州市政だより 昭和54年(1979年)12月15日号P.3
  51. ^ 北九州市政だより 昭和57年(1982年)4月15日号P.1
  52. ^ 洞海湾の水質汚濁の歴史 (PDF) 北九州港
  53. ^ 水環境保全技術研修マニュアル : 第17章 洞海湾 (PDF) 環境省
  54. ^ a b 釜石市との連携について”. 北九州市. 2019年9月2日閲覧。
  55. ^ 第1回南九州市・北九州市 両市長会談”. 北九州市. 2018年3月2日閲覧。
  56. ^ 株式会社朝日広告社の情報|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  57. ^ 株式会社井筒屋の情報|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  58. ^ 株式会社ウチヤマホールディングスの情報|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  59. ^ 株式会社カンノ製作所|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  60. ^ 北九州駅弁当株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  61. ^ 株式会社北九州銀行|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  62. ^ 北九州青果株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  63. ^ 北九州紫川開発株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2019年4月15日閲覧。
  64. ^ 極東ファディ株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  65. ^ 株式会社CROSS FM|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  66. ^ 国際興業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  67. ^ 株式会社湖月堂|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  68. ^ 株式会社シダー|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  69. ^ 日鉄住金高炉セメント株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  70. ^ 株式会社ゼンリン|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  71. ^ 第一交通産業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  72. ^ 東京経済株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  73. ^ TOTO株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  74. ^ 東宝住宅株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  75. ^ 株式会社ナフコ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  76. ^ 株式会社[日専連ベネフル|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  77. ^ 日本資源流通株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  78. ^ 日本磁力選鉱株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  79. ^ 株式会社不動産中央情報センター|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  80. ^ 三扇工業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  81. ^ リズム食品株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  82. ^ 株式会社ワールドインテック|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  83. ^ 株式会社資さん|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  84. ^ 株式会社スターフライヤー|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  85. ^ 株式会社タカギ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  86. ^ 株式会社つる平|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  87. ^ 株式会社七尾製菓|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  88. ^ ニシラク乳業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  89. ^ 株式会社ハローデイ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  90. ^ 北九州エル・エヌ・ジー株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  91. ^ 光和精鉱株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  92. ^ 第一警備保障株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  93. ^ 大光炉材株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  94. ^ ディー・エー・ピー・テクノロジー株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  95. ^ 戸畑共同火力株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  96. ^ 株式会社日本施設協会|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  97. ^ 濱田重工株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  98. ^ 岡野バルブ製造株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  99. ^ 関門汽船株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  100. ^ 関門製糖株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  101. ^ 九鉄工業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  102. ^ 株式会社九鉄ビルト|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  103. ^ a b 山九株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  104. ^ 会社概要”. 山九. 2017年6月18日閲覧。
  105. ^ 株式会社サンキュードラッグ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  106. ^ a b 会社概要”. JR九州メンテナンス. 2017年6月18日閲覧。
  107. ^ JR九州メンテナンス株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  108. ^ 株式会社ジェネック|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  109. ^ 高藤建設株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  110. ^ a b 会社情報”. 阪九フェリー. 2017年6月18日閲覧。
  111. ^ 阪九フェリー株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  112. ^ 株式会社マツモト|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  113. ^ 株式会社かば田食品|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  114. ^ 北九州日産モーター株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  115. ^ 黒崎播磨株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  116. ^ 三洋ペイント株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  117. ^ 株式会社ジー・イー・エヌ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  118. ^ 大英産業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2019年4月15日閲覧。
  119. ^ 株式会社高田工業所|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  120. ^ 株式会社デンソー九州|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  121. ^ ネッツトヨタ北九州株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  122. ^ 株式会社三井ハイテック|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  123. ^ 株式会社安川電機|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  124. ^ 株式会社ゆめマート北九州|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2019年4月15日閲覧。
  125. ^ 株式会社YE DIGITAL|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2019年3月31日閲覧。
  126. ^ 株式会社アステック入江|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  127. ^ 大石産業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  128. ^ 学校法人金澤学園|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  129. ^ 北九西鉄タクシー株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  130. ^ 九州日本信販株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  131. ^ 株式会社スピナ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  132. ^ 株式会社タカミヤ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  133. ^ 日鉄住金物流八幡株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  134. ^ 三島光産株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  135. ^ 吉川工業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  136. ^ 株式会社サンリブ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  137. ^ AIR STATION HIBIKI株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  138. ^ シャボン玉石けん株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  139. ^ 鶴丸海運株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  140. ^ a b 若築建設株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  141. ^ 会社概要”. 若築建設. 2017年6月18日閲覧。
  142. ^ 会社沿革及び主要取引先”. 九州電気システム. 2017年6月18日閲覧。
  143. ^ 会社と製品の歴史
  144. ^ 日立金属 企業沿革
  145. ^ “完全子会社との会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 西日本鉄道, (2014年12月18日), http://www.nishitetsu.co.jp/pdf/ir/briefing/141218.pdf 2015年1月27日閲覧。 
  146. ^ a b ウニ”. 北九州市産業経済局農林水産部水産課. 2017年6月18日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北九州市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

北九州市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北九州市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北九州市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS