労働力調査 完全失業率

労働力調査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/03 02:29 UTC 版)

完全失業率

日本の都道府県別失業率(2020年,総務省統計局[26]
日本の失業率(男女別、年齢別)。15-24歳(細線)が若年失業者にあたる[27]

以下は労働力調査の毎年4月1日時点の年齢に合わせた『15歳以上から64歳まで』と『65歳以上』を合算した完全失業者数と完全失業率との推移である。

完全失業者数及び完全失業率の推移
(総務省統計局)[28][29]
完全失業者数(万人) 完全失業率 (%)
男女計 男女計
1990 134 57 77 2.1 2.2 2.0
1991 136 59 78 2.1 2.2 2.0
1992 142 60 82 2.2 2.2 2.1
1993 166 71 95 2.5 2.6 2.4
1994 192 80 112 2.9 3.0 2.8
1995 210 87 123 3.2 3.2 3.1
1996 225 91 134 3.4 3.3 3.4
1997 230 95 135 3.4 3.4 3.4
1998 279 111 168 4.1 4.0 4.2
1999 317 123 194 4.7 4.5 4.8
2000 320 123 196 4.7 4.5 4.9
2001 340 131 209 5.0 4.7 5.2
2002 359 140 219 5.4 5.1 5.5
2003 350 135 215 5.3 4.9 5.5
2004 313 121 192 4.7 4.4 4.9
2005 294 116 178 4.4 4.2 4.6
2006 275 107 168 4.1 3.9 4.3
2007 257 104 154 3.9 3.7 3.9
2008 265 107 159 4.0 3.8 4.1
2009 336 133 203 5.1 4.8 5.3
2010 334 128 207 5.1 4.6 5.4
2011 302 115 187 4.6 4.2 4.9
2012 285 112 174 4.3 4.0 4.6
2013 265 103 163 4.0 3.7 4.3
2014 236 96 142 3.6 3.4 3.7
2015 222 89 135 3.4 3.1 3.6
2016 208 82 126 3.1 2.8 3.3
2017 190 78 112 2.8 2.7 3.0
2018 166 67 99 2.4 2.2 2.6
2019 162 66 96 2.4 2.2 2.5
2020 191 76 115 2.8 2.5 3.0

1990年代以降から非正規雇用の需要が高まった背景には、日本のバブル経済崩壊前の『雇用・債務・設備』の「3つの過剰」にバブル経済崩壊後に企業が直面したことにある。3つの過剰への処置とさて企業はリストラに着手し、人件費の抑制に注力して非正規従業員を多用するようになった。賃金体系も基本給よりも、その年ごとの企業業績に連動させやすい賞与(ボーナスなど)に給与の重きを置くようになった。2003年に野口旭によると産業構造の転換に伴う自発的失業・健全な失業率は2 - 3%とされている[30]太平洋戦争第二次世界大戦)後の長い間、日本の失業率は1-2%と低かったが、米国のITバブル崩壊後の2001年時点で失業率は5%弱と以前より高くなっている[31]2002年に当時では日本で戦後に過去最高の完全失業率5.5%を記録[32]、米国のリーマン・ショック後の2009年7月には完全失業率5.7%と戦後の過去最高を更新した[33]

2000年時点で平均失業者は320万人と1990年の2倍以上となっている[34]

2010年の日本では、自発的失業者と摩擦的失業者の割合は3.5%程度とされている。

2020年時点で、失業率が2%の場合、日本全体の完全失業者数は約137万人であるが、5%の場合約343万人となる[28][35]。2020年時点の日本の完全失業率は2.8%、完全失業者数は約191万人であり、失業率を1ポイント改善させるためには、約69万人の新規雇用を創出する必要がある[28][36]

失業率は、年齢別・地域別で見るとばらつきが大きい[37]。年齢別では若年層 (15 - 24歳)の失業率は平均4.6%と全体平均の2.8%を大きく上回っている(2020年時点)[28]。かつて、リーマン・ショックによる経済悪化のあった2009年の時、日本の10-20代前半までの世代失業率は10%に接近しているという国際機関の調査も出ていた[38]。地域別では、北関東・甲信、北陸の2.5%から北海道・南関東の3.3%まで地域間で大きく差が開いている(2020年10 - 12月時点)[39]

2016年には正規の職員・従業員が年平均 3364 万人と前年よりも51 万人の増加した。背景にはアベノミクスによる景気の上向きで新規雇用がまず非正規として創出されたため、予想よりも高い労働者需要で求職者有利な売り手市場に変化したために企業が当初の景気による雇用予定よりも人手不足になった。そのため、2015年から非正規採用者や対象だった者を正規雇用に切り替え始めたことで2年連続の増加となった。

2017年には『非正規から正規への逆流』が始まり、2017年には『正規職の有効求人倍率』が1を上回って正規職のされた求人数が上回る流れに変わった。アベノミクス以降の成長率や雇用の増加率から失業率は2018年に0.9%、2019年0%近くにまでなると予測されたが、実際の失業率はそうならなかった。しかしながら、失業率が減少しており、企業は空前絶後の人手不足から今雇っている非正労働者・新規採用者の正規採用への増加継続に加えて賃上げや待遇競争・脱デフレにより、デフレという物価や売り上げが減少していく時には最適化モデルだったブラック企業は労働者が集まらなるため路線の転換・倒産が相次ぐと予想された [40][41][42]

その後、新型コロナウイルス感染症の流行の経済的影響により、2020年の失業率は前年より0.4ポイント高い約2.8%となった[28]。しかしながら、雇用調整助成金によって雇用維持している休業者を含めれば、2倍超えの失業率になると指摘されている[43]

2012年から2017年までの5年の間に韓国の若年失業率が2.3ポイント高くなって9.8%に悪化したのに対し、米国は5.8ポイントで下落で7.2%、日本も2.6ポイント低下した4.4%で日本の若年失業率はOECDの半分まで低くなった[44]


注釈

  1. ^ 週35時間未満の就業者を対象としている理由は、日本のほとんどの企業でフルタイム勤務の週所定労働時間を35時間以上としているためである。また、国際的にも 35時間を閾値としている国が最も多くなっている。「労働力調査」では、従来から1週間の就業時間が35時間という基準で短時間か否かを判定している。

出典

  1. ^ OECD Economic Surveys: Japan 2019, OECD, (2019), doi:10.1787/fd63f374-en 
  2. ^ 基幹統計一覧”. 統計制度. 総務省. 2024年5月16日閲覧。
  3. ^ 労働力調査 基本集計 全都道府県 結果原表 全国 年次 2019年 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口』(レポート)総務省統計局、2019年1月31日、基本集計 第II-10表https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200531&tstat=000000110001&cycle=7&year=20190&month=0&tclass1=000001040276&tclass2=000001040283&tclass3=000001040284&result_back=1 
  4. ^ 労働力調査の概要用語の解説
  5. ^ a b 総務省統計局. “労働力調査 基礎調査票” (PDF). 労働力調査の調査事項. 2024年5月30日閲覧。
  6. ^ a b 総務省統計局、総務省統計センター『統計実務変遷史: 総務庁時代を中心として 昭和59年7月1日~平成15年3月31日』日本統計協会、2003年。ISBN 4822328147NCID BA61530781 
  7. ^ 水野朝夫「労働力調査 (特集 労働統計を読む)」『日本労働研究雑誌』第419号、日本労働研究機構、1995年、24-25頁、ISSN 09163808www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/1995/01/ 
  8. ^ 19th International Conference of Labour Statisticians (2013年). “Resolution Concerning Statistics of Work, Employment and Labour Underutilization” (英語). International Labour Organization. 2014年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月3日閲覧。
  9. ^ a b 山口幸三 著「失業に関する統計調査の転換と継承」、佐藤正広 編『近代日本統計史』晃洋書房、2020年2月20日、243-266頁。ISBN 9784771033030NCID BB29793119 
  10. ^ a b 篠崎武久「労働力調査 (特集 労働統計の現在とこれから)」『日本労働研究雑誌』第741号、2022年、10-13頁、CRID 1520292182324574464www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2022/04/2024年5月17日閲覧 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 総務省統計局『労働力調査の解説』(第5版)、2019年6月。ISSN 21863040NCID BB28535162www.stat.go.jp/data/roudou/10.htmlhttps://www.stat.go.jp/data/roudou/pdf/hndbk.pdf2024年5月17日閲覧 
  12. ^ 総務庁統計局『労働力調査年報 平成4年』日本統計協会、1993年6月。ISBN 482231510XNCID BN08441322 
  13. ^ 総務庁統計局『労働力調査年報 平成5年』日本統計協会、1994年3月。ISBN 4822315916NCID BN08441322 
  14. ^ Statistics Bureau of Japan. “Annual Report on the Labour Force Survey 2022” (英語). 総務省統計局. 2024年5月30日閲覧。
  15. ^ 産業分類別の結果について”. 労働力調査. 総務省統計局. 2024年6月1日閲覧。
  16. ^ 職業分類別の結果について”. 労働力調査. 総務省統計局. 2024年6月1日閲覧。
  17. ^ 用語の解説” (PDF). 労働力調査 結果表の利用に関する参考資料. 総務省統計局. 2024年6月1日閲覧。
  18. ^ 労働力調査 基礎調査票の記入のしかた” (PDF). 労働力調査の調査事項. 総務省統計局. 2024年6月3日閲覧。
  19. ^ 13th International Conference of Labour Statisticians (1982年10月). “Resolution Concerning Statistics of the Economically Active Population, Employment, Unemployment and Underemployment” (英語). ILO. International Labour Organization. 2024年5月18日閲覧。
  20. ^ 総務省統計局 (2021年2月16日). “2020年(令和2年)平均結果の概要 第4 未活用労働” (PDF). pp. 9-11. 2021年3月13日閲覧。労働力調査(詳細集計)平成30年(2018年)平均(速報) (PDF) 総務省統計局
  21. ^ 厚生労働省 職業安定局 雇用政策課調査係. “一般職業紹介状況 (職業安定業務統計)”. 厚生労働省. 厚生労働統計一覧. 2024年5月18日閲覧。
  22. ^ 毎月勤労統計調査 (全国調査・地方調査)”. 厚生労働省. 2023年6月10日閲覧。
  23. ^ 労働力調査 最新の主な結果”. 総務省統計局. 2024年5月19日閲覧。
  24. ^ 総務省統計局『労働力調査年報』(公文書版)。ISSN 2185176XNCID AA12478188 
  25. ^ 未活用労働指標の解説 (PDF) 総務省統計局
  26. ^ 総務省統計局 (2021年3月2日). “<参考>労働力調査(基本集計)都道府県別結果 第6表 完全失業率(年平均)”. 2021年3月13日閲覧。
  27. ^ OECD Labour Force Statistics 2020, OECD, (2020), doi:10.1787/23083387 
  28. ^ a b c d e 統計局, 総務省 (2021年3月2日). “労働力調査(基本集計)” (Excel). 総務省統計局ホームページ. 2021年3月13日閲覧。
  29. ^ 長期時系列データ(基本集計) 表1 【月別結果―全国】 月別結果の季節調整値及び原数値 a-1 主要項目
  30. ^ 野口旭 『「経済のしくみ」がすんなりわかる講座』 ナツメ社、2003年、23頁。
  31. ^ 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、217頁。
  32. ^ 田中秀臣 『偏差値40から良い会社に入る方法』 東洋経済新報社、2009年、151頁。
  33. ^ 田中秀臣 『偏差値40から良い会社に入る方法』 東洋経済新報社、2009年、151 - 152頁。
  34. ^ 第一勧銀総合研究所編 『基本用語からはじめる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、55頁。
  35. ^ 田中秀臣・上念司 『震災恐慌!〜経済無策で恐慌がくる!』 宝島社、2011年、212頁。
  36. ^ 小泉祐一郎 『図解経済学者バトルロワイヤル』 ナツメ社、2011年、43頁。
  37. ^ 三菱総合研究所編 『最新キーワードでわかる!日本経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年、130頁。
  38. ^ 田中秀臣 『偏差値40から良い会社に入る方法』 東洋経済新報社、2009年、160頁。
  39. ^ 統計局, 総務省 (2021年3月2日). “労働力調査 長期時系列データ 表8 【地域別結果】四半期平均結果の原数値及び季節調整値 (3) 地域別完全失業率” (Excel). 2021年3月13日閲覧。
  40. ^ [1]「労働力調査(基本集計)平成28年(2016年)平均(速報)結果の要約 」
  41. ^ [2]「景気拡大による人手不足、苦境に陥るのはブラック企業 労働者には賃上げの好機」
  42. ^ [3]「2019年に失業率ゼロ!? 果たして「1億総賃上げ時代」は来るのかかつてない人手不足、そのとき企業は」
  43. ^ 野口悠紀雄 (2020年9月13日). “日本の失業率「2.9%のはずはない」という根拠” (日本語). 東洋経済ONLINE: pp. 2-4. https://toyokeizai.net/articles/-/373385?page=2 2021年3月13日閲覧。 
  44. ^ [4]青年雇用率42%...OECD中で韓国「最悪」


「労働力調査」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労働力調査」の関連用語

労働力調査のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



労働力調査のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働力調査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS