加藤高明内閣 参与官

加藤高明内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 09:42 UTC 版)

加藤高明内閣(かとうたかあきないかく)は、貴族院議員憲政会総裁加藤高明が第24代内閣総理大臣に任命され、1924年大正13年)6月11日から1926年(大正15年)1月30日まで続いた日本の内閣である。 加藤が1926年(大正15年)1月28日に総理在任のまま死去すると、内務大臣若槻礼次郞内閣総理大臣臨時代理として同月30日まで事務を取り扱った。


注釈

  1. ^ a b c 農商務省を廃止し農林省・商工省設置したことに伴い、農商務大臣から農林大臣兼商工大臣に就任。
  2. ^ a b 農商務省を廃止し農林省を設置したことに伴い、農商務政務次官から農林政務次官に就任。
  3. ^ a b 農商務省を廃止し商工省を設置したことに伴い、農商務参与官から商工参与官に就任。

出典



「加藤高明内閣」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

加藤高明内閣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



加藤高明内閣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加藤高明内閣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS