出汁 出汁の概要

出汁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/31 02:01 UTC 版)

国や地域により、かなり異なっている。

概要

料理に主にうま味を加えるために用いられる。うま味成分は野菜キノコ海藻から抽出し、栄養素としてはアミノ酸核酸などから成り、その他、などのも加える。また出汁は香りをも与える。

食文化ごとに出汁はかなり異なっている。ただし栄養素的にはグルタミン酸イノシン酸グアニル酸などの呈味性ヌクレオチドが含まれており、そうした栄養素を含む食材が選ばれている。

洋の東西を問わず、出汁というものはある。

日本料理において鰹節昆布煮干し椎茸、野菜、魚のアラなど様々なだしがある[3]。だしは「味の基礎」となっている。[注釈 1]

西洋料理では、伝統的には、だしには・魚・野菜・香草などを用いる。たとえばフランス料理では「フォン」というだしがあり、「フォン」はフランス語で「底」「根底」という意味であり、やはり味の基礎となっている。

なお出汁を粉末等にした製品もある。西洋料理や中華料理の汁物(スープ)に使われるブイヨンなども「洋風だし」や「中華だし」などと呼ばれることがあり、これらに対して特に日本料理のだしを呼ぶときは「和風だし」と呼ばれる。

日本料理

だしをとるための削り節(削られた状態の鰹節)。そもそもだしに使われる鰹節が西日本と東日本ではかなり異なる。
西日本のダシのメインとなる昆布(の乾物

だしは日本料理の基本である[5]。ただし、鰹節や昆布のような濃厚なだし汁は、元々は富裕層の文化で、庶民層は祝い事などのハレの日を除いて、魚や野菜の煮汁から生じる淡白なだし汁を基本としており、大正から昭和の時代にかけての家庭料理本には、(庶民が全く知らないことを前提として)鰹節や昆布を使っただし汁の取り方が必ず記載されるほど、庶民には縁遠いものだった[6]。この「だし」が、西日本(関西)と東日本(関東)ではかなり異なっている[5]。そもそも、関西と関東でだしに使われている素材が異なっている[5]。たとえば、鰹節ひとつをとりあげても、関西と関東では違っている[5]。関西ではカビつけをしないかつおの荒節が好まれ、荒節は焙煎の香りが残ってスッキリとした香りと酸味が特徴である。それに対して関東では、江戸の中期頃からカビつけした枯節が好まれるようになったのだが、枯節というのは甘味があって上品な香りが特徴で、よりまろやかな味わいが楽しめるという特徴がある[5]。高級な荒節や枯節に比べ、鯖節やムロアジ節は安く購入できたが、庶民層は削る手間を嫌って、削り節を乾物屋で購入していた[7]。だしは日本料理の基本でありさまざまな料理に使われているわけで、その「だし」が素材から違うため、当然の結果として関西の料理と関東の料理にも違いが生まれている[5]。なお庶民層が日常的に、鰹節や昆布でだし汁を取るようになるのは、戦前の明治末期から普及した化学調味料の安全性が問題視された、戦後の1970年代頃からと言われている[8]

関東ではだし汁を「つゆ」や「おつゆ」と呼ぶことがある。それに対して、関西では「だし」、もしくは「おだし」と呼ぶ[5]。これは単なる "方言の違い" や "名称の違い" ではなく、それらの言葉が意味しているニュアンスも異なっており、関東と関西それぞれの味付けの考え方や、だしの活用法もかなり異なっている[5]

関東のつゆ
関東のつゆは強い味を足しており、《味付け》が基本である[5]。関東の「おつゆ」は、魚由来のものがメインで、鰹節の香りが特徴であり、魚の香り(匂い)にパンチがあるため、そこに合わせるしょうゆも力強いものが選ばれる[5]。関東では昆布を使わないことすらある。
関西の「おだし」
関西の「おだし」は素材の《風味》を活かすための下地[5]。関西は昆布をメインにして、煮干しやかつおなどを使った組みあわせのだしが特徴であり、あくまで風味(味わい)がメインのためのものであり、しょうゆの使用はほんの少量、風味つけにとどめる[5]

用途、活用法

出汁の自動販売機

だしは煮物おでんなどの鍋料理麺類など様々に用いられる。また、和え物の味付けに利用したり、などを割って二杯酢など別の調味料としたり、一夜漬けなどの調味に使用する事がある。鍋料理では、出汁を入れて煮た各種の具材からも出汁が出て味を深め、最後は米飯や麺類を入れて食べる、いわゆる「〆(しめ)」づくりに使われる。讃岐うどんで知られる香川県では、つゆの作成のために、だしを醤油に抽出させた「だし醤油」が置かれる。

明治時代以降は西洋・中国料理の影響もあって肉類など食材の幅が広がり、鶏肉スッポンウミガメ豚骨・牛骨などが使われることもある。

後述する西洋料理のだしなどが数時間程度かかるのに対して、昆布や鰹節、煮干しでだしをとるのは、数分 − 数十分と短時間である。家庭での和風出汁づくりは手間がかかるため、食品メーカーは簡単に煮出せる出汁入りバッグや、顆粒・粉末・液状のインスタント出汁を販売している。外食産業や食品メーカーでは素材や抽出方法に独自の工夫をした出汁を使うことが多い。特に飲食店では、ダシのノウハウは一種の "生命線" であり、その作り方(レシピ)を秘密にすることが多い。

精進料理では昆布、椎茸の他に、大豆モヤシ六条豆腐(塩蔵した乾燥豆腐)なども用いられる。

だしを取った後の昆布、鰹節といっただしがらも、醤油等で味を付け、佃煮ふりかけなどに利用されることがある。

日本国外においても、日本風のだしを素材の持ち味を引き出す隠し味として西洋料理に応用する試みが行われている[9]

日本料理では吸物に用いる一番だしや、下味を付けたり汁物に用いる二番だしなど用途によってだしを使い分ける[3]

種類

だしには以下のようなものがある。

  • あわせだし - 複数の食品からとっただし。特に昆布と鰹節のあわせだしが使われる。
    • 一番だし - 主に吸物に用いる。に水2リットルと昆布20グラムを入れて煮て、沸騰直前に昆布を取り出す。鰹節30グラムを入れたら火を止める。鰹節が沈んだら漉す[3]
    • 二番だし - 汁物等様々に用いる。鍋に水2リットルと、一番だしで用いた昆布と鰹節を入れて煮、沸騰したら火を止めて漉す。おいがつおを加える場合もある[3]
  • 精進だし - 肉を禁じた、精進料理に使われるだし。昆布・干し椎茸・かんぴょう・大豆・小豆などを水につけたり煮たりして取る。
  • 八方だし - だしに塩で味をつけたもの。醤油とみりんで味を付ける場合もある。下味を付けたり煮炊きに用いる[3][2]
  • ラーメン汁のだし - ラーメンの出汁は店舗ごとに大きく異なる。何を使うかは、通常、各店の極秘事項であり「企業秘密」である。[注釈 2]

また地域によって以下のようなものがある。まず地域名とだしの名を挙げ、説明する。

  • (九州)アゴだし - 「アゴ」とは九州言葉でトビウオのことで、トビウオを乾燥させて煮出す。あごだしは、上品でスッキリとした甘味があり、味が深い[10]。だしの中でも高級品だとも[10]あごだしは、昆布は使わない鹿児島県の食品業界は、様々な材料から出汁をとる食文化のブランド化を図る「出汁の王国・鹿児島」プロジェクトを展開している[11]
  • (沖縄)沖縄料理のだし - 沖縄料理では、鰹だしと昆布だしの他、ばら肉の茹で汁を濾したものを豚だしとして用いる。
  • (関東)"関東風"そばつゆのだし - 主に関東での蕎麦で使うだし。沸騰した湯のなかに、鰹節やソウダガツオ削り節などを入れてそのまま1時間ほど煮出してから絞り漉す。このだしに、醤油と砂糖のみりんのかえしを入れて、つゆとなる[12]
  • (関西)"関西風"うどんつゆのだし - 主に関西でのうどんで使うだし。昆布を煮てしばらく沸騰してから取り出す。鰹節にサバ、ウルメイワシの削り節のブレンドを加えて入れて煮出してから漉し絞る。このだしに、醤油と砂糖とみりんを入れて、つゆとなる[12]

近年は、高血圧生活習慣病を予防するため、料理中の塩分を減らし、代わりに出汁の旨味で満足感を維持する取り組みが広がっている。青森県が進める「だし活」プロジェクトがその一例である[13]

昆布・カツオ節が手に入らない山間部では、干し椎茸・切り干し大根のほか、淡水魚の煮干し・タニシ・イナゴ・干し肉が出汁に使われていた。囲炉裏で雑炊・すいとんが作られ、出汁がらも具として食べられていた。

栄養素について

出汁をとるということ(「出汁を引く」ともいう)は、栄養素に着目して栄養学的に大雑把に説明すると、次のような成分(栄養素)をたり乾物を水に長時間浸したりして抽出し、組み合わせている、ということになる。

  • 昆布のグルタミン酸
  • 削り節などの魚介類のイノシン酸
  • 椎茸のグアニル酸

表記の歴史

江戸時代前期(1643年)に発行され「武蔵国狭山に於いて書く」としるされた『料理物語』では、「だし」と表記され、「だしはかつお」とも書かれた。1777年『倭訓栞』(谷川士清)には「垂汁または煮出」と「タレ」と「ダシ」が書かれている。現在は出汁と書いてだしと読む表記やだし汁という表記がみられる。

関西と関東の表現のズレ

東日本では、「だし」と言えば、汁物やスープなどの「つゆ」を指す。高齢者になるとラーメンの「豚骨や魚介や鳥の下味」は「だし」とは表現せず「でじる」や「しる」になる。そのため、西日本出身者が「だしがカラい(つゆがしょっぱい)」などと表現すると「つゆが(唐辛子のように)辛い」と思われてしまうため、西日本出身者は注意が必要である。

西日本では、「だし」と言えば、「昆布や鰹節や煮干しなどの下味」を指す。これは特に関西地方で使われ、うどんの汁をだしを効かせて色を薄くする事がほとんどであるのが理由であり、関西人が「関東はうどんが辛い(濃い、しょっぱい)、関西はうどんが薄味」と表現する事が多いのはその事に由来する。

同量の場合、関西風で使われる薄口醤油の方がやや塩分濃度は高いが、醤油の使用量も差がある点に注意されたい。例えば、うどんの汁には、関西がだし18リットルあたり500mlの薄口醤油を入れるのに対し、関東では関西の4倍以上の量の濃口醤油を入れるため、実際の塩分濃度は関西が2.5%なのに対し、関東は6.7%と2倍以上塩分濃度が高い。なお、実際の塩分摂取量は汁を飲む量にも依存する。関西では汁を飲み干す人が多いが、関東では汁は残す[14]

だしの東西の境目について

「だし」の関西 / 関東の境目、つまり明らかに風味や味付けが変わるのは、関ヶ原あたりであり、関ヶ原あたりを通るように南北に伸ばした線だということが分かっている。ちなみに、正月に食べる《お雑煮》に入れるの形も関西と関東で異なっており、やはり関ヶ原あたりで南北に伸ばした線の西と東で異なり、この線より西側は丸餅、東側は角餅(四角く切った餅)を雑煮に入れる。[注釈 3]

だしの東西の違いが生じた理由

なぜ東西で「だし」にこのような違いが生じたかというと、「だし」が発展して日本人の生活に根付く基盤となったのは江戸時代で[5]、江戸時代の物流の状況は現在とは異なり道路事情が非常に悪く[5](日本には古代ローマ帝国が建造し張り巡らせたような「舗装道路」の網は無く、雨になれば ぬかるみ だらけで泥まみれになる道ばかりで陸運は困難で、当時の日本はあえていうと水運が中心だった)、京の都から江戸まで徒歩などで運ぶとなるとおよそ500キロメートルもあり、人の足では2週間も歩かなければいけない距離で、昆布を太平洋ルートで運搬するのは困難だったため、関東では昆布を入手することは困難だった[5]。その結果、関東では関東で獲れる魚を主に使った「だし」や料理法が発達することになったのだが[5]、関東で獲れる魚は薄味のものも多くて濃い《味付け》が必要だったため、しっかり味付けする「おつゆ」が使われるようになった[5]。それに対して、関西では昆布を手に入れやすく、魚も魚自体が強い味わいをもつ魚が獲れたので、関西では素材を活かすような調理法や味付けが一般化したのである[5]

なお、とりあえずは関西/関東の違いを説明したが、さらに言うと「だし」は関西/関東の違いだけでなく、九州、日本海側、北海道といったさまざまな場所で違いがあり、それぞれの土地の特産品などが「だし」に影響している[5]

中華料理

中華料理においては、鶏肉、鶏ガラ・鶏骨豚肉中国ハム貝柱海老などが材料として使われる。


注釈

  1. ^ 野菜のおかずで米飯を食べることが主体の、日本を中心とした東アジアの米食地帯にあっては、それ自体のうま味の少ない野菜にそれを補う必要が生じ、穀醤魚醤を経て美味しさのエキスである出汁の文化が発展した経緯がある。こうした素地があったため、化学調味料の東南アジアなどへの迅速な浸透は当然のことと受け取られている[4]
  2. ^ よくあるのは、鶏肋や豚骨、野菜、昆布、煮干し、鰹節やサバ節などの、いくつかを使うが、どれを使うかは各店の秘密である。
  3. ^ 関ヶ原の戦いで西軍と東軍がこのあたりで激突したのも、単なる偶然ではなく、もともとさまざまな文化や社会的つながり(人と人のネットワーク)に関して、西側(京都大阪播磨国など)の勢力圏と東側(美濃尾張三河および、その東の国々など)の勢力圏の境目がこのあたりであったので、その結果、軍事的な衝突もその境目あたりで生じた可能性があり、勢力圏が別れていて人々の行き来の境目がそこにあれば、自然とその境目の西と東で味付けや料理法が異なる結果になった、と考えられる。

出典

  1. ^ a b c 世界大百科事典』(第2版)。 
  2. ^ a b 広辞苑』(第5版)。 
  3. ^ a b c d e 講談社 1998b.
  4. ^ 石毛 2013, p. 266.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 関西と関東の「だし」の違い 素材で変わる味わいを楽しもう”. にんべん. 2022年12月22日閲覧。
  6. ^ 魚柄 2023, pp. 77, 79.
  7. ^ 魚柄 2023, p. 77.
  8. ^ 魚柄 2023, pp. 78–79.
  9. ^ Harris Salat (2008年10月14日). “The Secret's Out as Japanese Stock Gains Fans” (英語). New York Times. 2010年11月30日閲覧。
  10. ^ a b あごだしとは”. うまだし. やまやコミュニケーションズ. 2023年1月12日閲覧。
  11. ^ 出汁の王国・鹿児島プロジェクト公式サイト”. 「出汁の王国」鹿児島出汁プロジェクト. 2017年3月23日閲覧。
  12. ^ a b 講談社 1998a.
  13. ^ だし活!健活!減塩推進事業”. 青森県. 2017年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月3日閲覧。
  14. ^ 大阪うどん うす味の謎”. 知識の宝庫!目がテン!ライブラリー. 日本テレビ. 2017年11月21日閲覧。
  15. ^ 海外には無数の出汁がある。その違いを地域別に徹底解説” (2024年1月17日). 2024年2月18日閲覧。
  16. ^ a b 辻 1986.
  17. ^ a b c 講談社 2004.


「出汁」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「出汁」の関連用語

出汁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



出汁のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの出汁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS