優希美青 優希美青の概要

優希美青

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 09:34 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ゆうき みお
優希 美青
本名 菅野 莉奈(かんの りな)[1]
生年月日 (1999-04-05) 1999年4月5日(21歳)
出身地 日本 福島県
身長 159 cm[2]
血液型 O型[2]
職業 女優タレントファッションモデル
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2012年 -
事務所 ホリプロ
公式サイト 公式ウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
あまちゃん
デスノート
映画
ちはやふる-結び-
ママレードボーイ
うちの執事が言うことには
テンプレートを表示

福島県出身。ホリプロ所属。

来歴

2012年、『第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン』にて応募総数2万9521人の中からグランプリを獲得し、優希美青の芸名でデビューした[3][4]。芸能界入りしたいと思ったきっかけは、東北のみんなを元気にしたいということと、「石原さとみさんの笑顔を見て元気をもらったので、私もみんなを元気にしたい」と思ったことだった[5]。優希美青は画数24画の芸名で、山口百惠の名前の総画数にあやかったものである[6]。なお、応募の時点で山形県在住だったため同県出身とアナウンスされたが、デビュー後の公式プロフィールでは福島県出身としている[7]

2012年10月に初CM出演、同11月に初写真集となる『Before 優希 美青』を発売すると、2013年4月には日本テレビ系のドラマ『雲の階段』で女優デビュー。2013年9月公開の映画『空飛ぶ金魚と世界のひみつ』では映画初主演を務めた。2013年5月号から雑誌『ピチレモン』の専属モデルを務めた。

2013年6月からはNHK連続テレビ小説あまちゃん』にGMT47メンバーの小野寺薫子役で出演、石原さとみを上回り『ホリプロタレントスカウトキャラバン』グランプリ受賞者の中で最速での朝ドラデビューを飾った[8]。小野寺薫子は宮城県出身のご当地アイドルの設定のため、東日本大震災の場面では東北出身者として大きく取り上げられ、肉親の安否を気遣う迫真の演技が被災地出身である優希自身のエピソードと重なり、ソーシャルメディアで話題を呼んだ[9]。2015年2月にはNHK連続テレビ小説『マッサン』で主人公のマッサンとエリーの養女・エマ役を演じて朝ドラへの再出演を果たした[10]

2015年2月公開の映画『でーれーガールズ』で足立梨花とともにダブル主演し、同作の主題歌となる「さよなら また会おうね」を含む両A面のシングル「教えて、神様 / さよなら また会おうね」で3月25日にインペリアルレコードよりCDデビューが決定していたが[11]、1月中旬からの体調不良に伴い芸能活動を一時休止[12][13]。デビューシングルの発売も一旦中止されることとなった[14]

2015年7月から放送の日本テレビ系ドラマ『デスノート』にニア役で出演し活動を再開[15][16]、役にあわせてロングヘアをバッサリとカットしてボーイッシュなショートカットへとイメージチェンジした[17]。また、オフィシャルブログは2015年7月末で閉鎖し、以降はインスタグラムを中心に更新している[18][19]

人物




注釈

  1. ^ 足立梨花とのダブル主演。
  2. ^ 井上祐貴とのダブル主演。
  3. ^ 当初2020年8月にスタートが予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で延期になる[52]
  4. ^ 映画『がっこうぐらし!』の前日譚。
  5. ^ 初回オンエアは、優希美青の誕生日[57]

出典

  1. ^ a b 第37回ホリプロTSC、グランプリは13歳の菅野莉奈さん 芸名「優希美青」で活動へ”. オリコンスタイル. オリコン (2012年8月29日). 2013年7月27日閲覧。
  2. ^ a b 優希美青 ホリプロオフィシャルサイト”. 株式会社ホリプロ. 2018年3月17日閲覧。
  3. ^ a b “グランプリは山形の中学生「東北元気にしようと”. 47NEWS. 共同通信. (2012年8月30日). オリジナルの2014年7月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140714203346/http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012083001001071.html 2013年7月27日閲覧。 
  4. ^ グランプリは13歳、東北出身の優希美青!ホリプロタレントスカウトキャラバン”. シネマトゥデイ (2012年8月29日). 2013年7月27日閲覧。
  5. ^ Ray主婦の友社)2014年8月号 172ページ。
  6. ^ “「スカウトキャラバン」GP・優希美青、目指すは“平成の百恵””. ORICON STYLE (オリコン). (2012年9月25日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2017080/full/ 2013年8月19日閲覧。 
  7. ^ “優希美青 震災後に「助けてもらった」夢の警官制服姿”. スポーツニッポン. (2013年4月7日). オリジナルの2013年8月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130825094958/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/04/07/kiji/K20130407005562520.html 2013年9月11日閲覧。 
  8. ^ “優希美青 朝ドラ最速デビュー ホリプロスカウトキャラバンGPの13歳”. スポーツニッポン. (2013年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/03/29/kiji/K20130329005501160.html 2013年7月27日閲覧。 
  9. ^ “「あまちゃん」小野寺ちゃんの感動エピソードが話題に”. 東京スポーツ (東京スポーツ社). (2013年9月2日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/179413/ 2013年9月11日閲覧。 
  10. ^ 「マッサン」養女役にGMT優希美青”. DAILY SPORTS ONLINE. デイリースポーツ (2014年10月14日). 2015年2月25日閲覧。
  11. ^ ホリプロタレントスカウトキャラバン2012のグランプリ、優希美青がCDデビュー”. CDJournal (2015年2月3日). 2015年2月25日閲覧。
  12. ^ 優希美青、体調不良で一時活動休止 CDデビュー曲発売延期”. ORICON STYLE. オリコン (2015年2月24日). 2015年2月25日閲覧。
  13. ^ 事務所より/ご報告”. 優希美青オフィシャルブログ「happy&smile★みお」Powered by Ameba. サイバーエージェント. 2015年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月11日閲覧。
  14. ^ 優希美青 両A面デビューシングル「教えて、神様 / さよなら また会おうね」発売中止のお知らせ”. インペリアルレコード (2015年2月24日). 2015年2月27日閲覧。
  15. ^ 窪田正孝 テレビ版「デスノート」主演 Lは山崎賢人”. Sponichi Annex (2015年5月25日). 2015年5月25日閲覧。
  16. ^ a b “優希美青、連ドラ『デスノート』で活動再開 ニア役に抜てき”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年5月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2053224/full/ 2015年5月26日閲覧。 
  17. ^ “ドラマ「デスノート」ニア役・優希美青、髪バッサリ気合いの役作り「似合うかな」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年7月6日). http://mdpr.jp/news/detail/1499889 2016年2月21日閲覧。 
  18. ^ 事務所より/お知らせ”. 優希美青オフィシャルブログ「happy&smile★みお」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2015年6月30日). 2015年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月11日閲覧。
  19. ^ 優希美青、ブログ閉鎖を報告 7月末をもって終了”. ORICON (2015年6月30日). 2015年6月30日閲覧。
  20. ^ “吹奏楽への思い語る 「あまちゃん」出演・優希美青さん”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). (2013年8月9日). オリジナルの2013年8月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130813210655/http://www.asahi.com/edu/articles/OSK201308080270.html 2013年9月11日閲覧。 
  21. ^ “優希美青 理想の男性「名探偵コナン」と即答”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2013年10月13日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/193956/ 2020年6月28日閲覧。 
  22. ^ “優希美青、クリスマスはコナン君と…”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年11月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131116-1219064.html 2020年6月28日閲覧。 
  23. ^ “優希美青、理想のタイプ「江戸川コナン」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年10月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131029-1211004.html?style=print 2020年6月28日閲覧。 
  24. ^ アジア太平洋こども会議・イン福岡25周年特別記念映画資料 PDF (2013年). “空飛ぶ金魚と世界のひみつ企画書”. 2015年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月11日閲覧。
  25. ^ “三原光尋監督最新作 乙女のレシピ11月22日クランクイン!!” (プレスリリース), 株式会社映画24区, (2012年11月21日), http://eiga24ku.jp/news/%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%80%8C%E4%B9%99%E5%A5%B3%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94%E3%80%8D%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9.pdf 2013年6月13日閲覧。 
  26. ^ 「乙女のレシピ」クランクイン会見が行われました”. 庄内キネマ製作委員会NEWS (2012年11月22日). 2014年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月11日閲覧。
  27. ^ 乙女のレシピ映画情報”. 庄内キネマ製作委員会. 2013年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月11日閲覧。
  28. ^ 映画「神さまの言うとおり」に優希美青、染谷将太が出演”. コミックナタリー (2014年5月20日). 2014年5月20日閲覧。
  29. ^ 足立梨花&優希美青、映画「でーれーガールズ」W主演!”. 映画.com (2014年8月15日). 2014年8月27日閲覧。
  30. ^ Hey! Say! JUMP山田涼介、実写版「暗殺教室」で映画初主演!”. 映画.com (2014年8月27日). 2014年8月27日閲覧。
  31. ^ 三池監督作『極道大戦争』の豪華オールキャストが解禁”. MovieWalker (2015年2月3日). 2015年2月5日閲覧。
  32. ^ 広瀬すず主演「ちはやふる」続編に優希美青×佐野勇斗×清原果耶×賀来賢人!”. 映画.com (2017年4月26日). 2017年4月26日閲覧。
  33. ^ “『ママレード・ボーイ』茗子役は優希美青「役者として大きく成長できた」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2105123/full/ 2018年2月3日閲覧。 
  34. ^ “「お父さん、チビがいなくなりました」に佐藤流司、西田尚美、優希美青、吉川友ら”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年9月26日). https://natalie.mu/eiga/news/301111 2018年9月26日閲覧。 
  35. ^ “永瀬廉の初主演映画に奥田瑛二、吹越満、原日出子、優希美青、神尾楓珠ら出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年11月28日). https://natalie.mu/eiga/news/309811 2018年11月29日閲覧。 
  36. ^ “優希美青「頑張りました」10代最後に難役挑戦”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年2月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902260000599.html 2019年2月27日閲覧。 
  37. ^ “野村周平がラッパー夢見る、ANARCHY初監督作の特報&追加キャスト解禁”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年6月13日). https://natalie.mu/eiga/news/335372 2019年8月16日閲覧。 
  38. ^ “優希美青と井上祐貴がダブル主演、「NO CALL NO LIFE」2021年春に公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年10月7日). https://natalie.mu/eiga/news/399504 2020年10月7日閲覧。 
  39. ^ “13歳・優希美青が連ドラデビュー!大人びた令嬢役”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年3月7日). オリジナルの2013年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130307071727/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130306-OHT1T00214.htm 2018年4月11日閲覧。 
  40. ^ 優希美青 朝ドラ最速デビューホリプロスカウトキャラバンGPの13歳”. スポニチ (2013年3月29日). 2013年6月13日閲覧。
  41. ^ 『あまちゃん』GMT47メンバーお披露目 挿入歌「暦の上ではディセンバー」完成”. オリコンスタイル (2013年6月28日). 2013年6月28日閲覧。
  42. ^ “マッサン:6年ぶり朝ドラの小池栄子、優希美青ら出演へ 北海道の余市編キャスト発”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2014年10月14日). http://mantan-web.jp/2014/10/14/20141014dog00m200061000c.html 2020年6月28日閲覧。 
  43. ^ “逃げ続けた原田泰造がついに失踪をやり遂げる!? 「全力失踪」いよいよラストラン!”. インターネットTVガイド (東京ニュース通信社). (2017年10月20日). http://www.tvguide.or.jp/column/chokusou-drama/20171020/01.html 2018年4月11日閲覧。 
  44. ^ 原田泰造、ふたたび失踪!?『大全力失踪』制作開始!”. NHKドラマ (2018年12月27日). 2019年2月15日閲覧。
  45. ^ “平 祐奈主演!春のメ~テレドラマは、青春ど真ん中の女子高生たちが歌い踊る“新感覚シチュエーションコメディ”「ミューブ♪~秘密の歌園~」4月16日スタート” (プレスリリース), メ〜テレ, (2018年3月8日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000348.000014977.html 2018年3月8日閲覧。 
  46. ^ 優希美青 [@mioyukihoripro] (21 June 2018). "NHK教育テレビジョンの 『昔話法廷』に出演することになりました!…" (ツイート). Twitterより2019年8月19日閲覧
  47. ^ 優希美青 [@mioyukihoripro] (22 August 2018). "ytv「探偵が早すぎる」クランクアップしました! . 毎日が楽しかったから本当にあっというまに終わってしまった… . また1つ素敵な作品が増えて嬉しいです٩(ˊᗜˋ*)و . 明日、23時59分〜 城之内早苗役で出演します。 . 是非みてください! . #探偵が早すぎる #ytv" (ツイート). Twitterより2019年8月19日閲覧
  48. ^ “K-POPアイドル目指す高校生描いた新ドラマが10月開始、監督は三島有紀子”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年9月11日). https://natalie.mu/eiga/news/299059 2018年9月16日閲覧。 
  49. ^ “及川光博「相棒」元日SPで復活!反町隆史と“新旧”アクション披露も「足つっちゃいました」”. cinemacafe.net (株式会社イード). (2018年12月11日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/12/11/59411.html 2018年12月11日閲覧。 
  50. ^ “芦名星が優希美青、戸田菜穂、鈴木砂羽らと対決!『W県警の悲劇』に豪華女優陣が毎話出演”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2019年7月5日). https://dogatch.jp/news/tx/65148/detail/ 2019年7月6日閲覧。 
  51. ^ 優希美青 [@mioyukihoripro] (20 August 2019). "NHK総合「#だから私は推しました」に第5話から出演させていただきます。 土曜午後11時30から放送中です 5話は8月24日放送です よかったら見てください!" (ツイート). Twitterより2019年8月24日閲覧
  52. ^ “NHK『雲霧仁左衛門5』『十三人の刺客』放送延期を発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年5月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2162066/full/ 2020年7月14日閲覧。 
  53. ^ 中井貴一×國村隼「雲霧仁左衛門5」制作開始!”. NHK (2020年3月2日). 2020年7月14日閲覧。
  54. ^ “船越英一郎主演『赤ひげ3』10月放送予定 女性医師役で優希美青が出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年7月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2166900/full/ 2020年7月14日閲覧。 
  55. ^ “古川雄輝主演で『僕だけがいない街』3度目の映像化 Netflixで今冬世界配信”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2087364/full/ 2017年3月13日閲覧。 
  56. ^ “映画『がっこうぐらし!』前日譚がドラマに!桜井日奈子主演オリジナルストーリー”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2019年1月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0106158 2019年1月17日閲覧。 
  57. ^ ホリプロオフィシャルサイト -優希美青- - ウェイバックマシン(2013年5月11日アーカイブ分) 、2019年8月16日閲覧。
  58. ^ 中屋敷法仁のラジオドラマ「踊らされながら」に山田裕貴、大野拓朗ら”. ステージナタリー (2017年6月13日). 2018年3月9日閲覧。
  59. ^ “京セラグループの環境エネルギーの新ブランド「KYOCERA THINKING ENERGY(キョウセラ シンキング エナジー)」のテレビCM 10月13日(土)より全国放映開始 未来を感じさせる新人女優・優希美青(ゆうきみお)さんを起用” (プレスリリース), 京セラ株式会社, (2012年10月11日), オリジナルの2014年5月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140520220408/http://www.kyocera.co.jp/topics/2012/1001_kteg.html 2018年4月11日閲覧。 
  60. ^ 優希美青、初CMで全力疾走!女優根性見せた”. サンスポ (2012年10月12日). 2012年11月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月11日閲覧。
  61. ^ “日本最大※のメガソーラーの稼働開始に合わせてテレビCMを放映 11月5日(火)より全国放映開始 昨年に引き続き女優の優希美青さんを起用” (プレスリリース), 京セラ株式会社, (2013年11月5日), オリジナルの2014年3月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140331111347/www.kyocera.co.jp/topics/2013/1101_ganb.html 2020年6月28日閲覧。 
  62. ^ 京セラ 「“蓄える”エネルギーシステム」篇 優希美青”. CM Watch (2015年1月7日). 2020年6月28日閲覧。
  63. ^ “グリコ、「ジャイアントコーン」が発売50周年、綾瀬はるか、優希美青出演TVCMを公開”. ナビコン・ニュース (ナビコン). (2013年3月6日). http://navicon.jp/news/17572/ 2013年3月6日閲覧。 
  64. ^ “年の差64歳のムツゴロウさんと優希美青さんが 初共演!メルクストーリア-癒術師と鈴のしらべ- 新TV-CM「バトル」篇” (プレスリリース), Happy Elements 株式会社, (2014年7月3日), オリジナルの2014年7月3日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140703124215/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140703/prl14070309420001-n1.htm 2017年8月7日閲覧。 
  65. ^ “香椎由宇、第3子出産後初イベント ランウェイ歩き「緊張した」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2095279/full/ 2017年8月7日閲覧。 
  66. ^ “メガ・エッグ新料金プランの提供開始について” (PDF) (プレスリリース), 株式会社エネルギア・コミュニケーションズ, (2018年9月20日), http://www.megaegg.jp/information/newstopics/docs/20180920_2.pdf 2018年9月26日閲覧。 
  67. ^ NHK福島 夏キャンペーン”. NHK福島放送局. 2014年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月11日閲覧。
  68. ^ あまちゃん「GMT47小野寺ちゃん」役の優希美青が、コピーライター養成講座のイメージキャラクターに #宣伝会議”. AdverTimes(アドタイ). 宣伝会議 (2013年11月27日). 2018年4月11日閲覧。
  69. ^ “2014年度全国統一防火標語決定~「もういいかい 火を消すまでは まあだだよ」、ポスターに優希美青さん~” (プレスリリース), 日本損害保険協会, (2014年3月27日), http://www.sonpo.or.jp/news/release/2014/1403_02.html 2018年4月11日閲覧。 
  70. ^ JR東日本、新幹線初のリゾート列車「とれいゆ つばさ」が運転開始!”. EX-TRAIN (2014年7月20日). 2018年4月11日閲覧。
  71. ^ 東京駅丸の内広告掲出”. 京セラ広報室 (2014年6月11日). 2019年8月16日閲覧。
  72. ^ 優希美青さん『こいうた。』の表紙に決定!! 独占インタビュー”. ニコニコ動画 (2013年10月30日). 2018年4月11日閲覧。
  73. ^ “本県出身の優希美青さん出演 桜プロジェクト応援ソングMV”. 福島民報 (福島民報社). (2014年11月7日). オリジナルの2018年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180317231942/http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/11/post_10975.html 2018年3月13日閲覧。 
  74. ^ “福島出身の優希美青 東北版で連載スタート”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2014年1月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140123-1247564.html 2019年8月16日閲覧。 
  75. ^ “ホリプロスカウトキャラバン史上初の写真集発売決定!新グランプリ13歳の優希美青、初のグラビアも掲載!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2012年11月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0047895 2018年4月11日閲覧。 
  76. ^ ホリプロGP・優希美青、デビュー後初グラビア「ドキドキした」”. オリコンスタイル. オリコン (2013年3月8日). 2013年6月13日閲覧。
  77. ^ ホリプロWEB戦略部 [@horipromeguro] (16 January 2015). "映画「でーれーガールズ」の撮影全てに密着した写真集が完成!! 「足立梨花 Photogenic in でーれーガールズ 1980」 「優希美青 Photogenic in でーれーガールズ 1980」 本日発売です!" (ツイート). Twitterより2019年8月19日閲覧
  78. ^ 「あまちゃん」彷彿?優希美青、熱海でカレンダー撮影”. sanspo (2013年11月16日). 2018年3月9日閲覧。
  79. ^ “『あまちゃん』の牛たんガールズ、優希美青が待望のファーストDVDを発売! 水着はまだおあずけ?”. GirlsNews (株式会社レゾリューション). (2013年10月14日). https://girlsnews.tv/dvd/108042 2018年4月11日閲覧。 
  80. ^ 優希美青がアルバム「ディズニープリンセス・ベスト〜スペシャル・エディション〜」で歌手デビュー!”. エキサイトアニメニュース (2012年11月22日). 2013年6月13日閲覧。


「優希美青」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「優希美青」の関連用語

優希美青のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



優希美青のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの優希美青 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS