信貴山 信貴山の概要

信貴山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/29 03:09 UTC 版)

信貴山
標高 437 m
所在地 奈良県生駒郡平群町
位置 北緯34度36分46秒 東経135度40分06秒 / 北緯34.61278度 東経135.66833度 / 34.61278; 135.66833
山系 生駒山地
プロジェクト 山
テンプレートを表示

奈良百遊山の一つに選定されている[1]

概要

名称は聖徳太子物部守屋を攻めたときにこの山で毘沙門天が現れた逸話で、太子が信ずべし、貴ぶべしといったことに由来すると伝わる[2]

外観は雄岳と呼ばれる北峰 (437 m) 、および雌岳と呼ばれる南峰 (400.5 m) の二峰からなり、花崗岩を基盤とする安山岩質の岩石から構成される。

生駒山地は西側(大阪府側)が断層により急傾斜しているのに対し、東側(奈良県側)は比較的傾斜もゆるく、侵食の進んだ樹枝状の谷が稜線近くまで発達している。このような特徴から信貴山の東側は中腹まで住宅地や樹園地・水田が分布している[3]

南側山腹には信貴山真言宗朝護孫子寺が建ち、山頂には山城である信貴山城があった[4]

山頂から北へ100mほど下った所から左へ曲がる細い山道に入れば、高安城跡倉庫礎石群の横を通り高安山方面へと繋がる[3]

大正時代から昭和初期にかけて奈良県大阪府からそれぞれ鉄道路線・ケーブルカーが開通した。1958年(昭和33年)には信貴生駒スカイラインも開通して門前町が発達している[4]


  1. ^ 奈良県健康推進課 「健康づくり奈良百遊山」 2003年
  2. ^ 川崎吉光 『大阪周辺の山250』 山と溪谷社、2001年
  3. ^ a b 奈良地理学会 編 『大和を歩く-ひとあじちがう歴史地理探訪』 奈良新聞社、2000年
  4. ^ a b 『日本歴史地名大系30 奈良県の地名』 平凡社、1981年


「信貴山」の続きの解説一覧




信貴山と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「信貴山」の関連用語

信貴山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



信貴山のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの信貴山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS