体当たり プロレスにおける派生技

体当たり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/17 22:05 UTC 版)

プロレスにおける派生技

肩、側面からぶつかる技

ショルダー・チャージで2人を同時に倒すビッグ・ショー
ショルダー・タックル
立っている相手に向かって助走を付けて肩から相手にぶつかっていくものである。技名称は日本固有のもので、英語では同様の体当たり攻撃はショルダー・ブロックShoulder Block)、ショルダー・プッシュShoulder Push)、ショルダー・チャージShoulder Charge)などとも呼ばれる。主にアメリカンフットボール出身の選手が得意技としており、特に大型選手による迫力ある打ち合いはプロレスの醍醐味の一つで、会場を盛り上がらせる手段の一つでもある[1]
フットボール・タックル
アメリカン・フットボールのスリーポイントスタンスの状態から走って決めるショルダー・タックル[1]。単にアメリカン・フットボール出身レスラーによるショルダー・タックルを指す場合もある。
相撲タックル
相撲の立合いの状態から走って決めるショルダー・タックル[1]。単に相撲出身レスラーによるショルダー・タックルを指す場合もある[1]石川敬士や若手時代の田上明が得意技としていた。
ショルダー・アタック
大きくジャンプして放つショルダー・タックル。フライング・ショルダー・アタックジャンピング・ショルダー・アタックとも呼ばれる。ジョン・シナ、若手時代の小橋建太ロード・ウォリアー・ホークバイソン・スミスが得意技としていた。
トップロープから放つものはダイビング・ショルダー・アタックと呼ばれ、蝶野正洋スティーブ・ウィリアムスジム・スティールが得意技としていた。この技で蝶野はNWA世界ヘビー級王座を奪取し、ウィリアムスはジャイアント馬場からピンフォールを奪っている。

頭部、正面からぶつかる技

ぶちかまし
走って頭部からぶつかっていく体当たり[1]。近年では力皇猛が使い手。相撲出身選手のショルダー・タックルや相撲タックルを指す場合もある。
スピアー
低姿勢で肩口から相手の腰部または腹部に飛び込みながら体当たりして倒す技。接触と同時に相手の両太腿を手で刈り倒したり、抱え上げて別の技へ移行する等のバリエーションがある。
トペ・スイシーダ
メキシコにおけるルチャリブレには、場外の相手に対して場内から助走をつけて飛んでいき頭部など正面から相手に体当たりをするトペ・スイシーダと呼ばれる技がある[1]
パトリオット・ミサイル
パトリオットのオリジナル必殺技。トップロープから相手に向かって飛び、正面から相手にぶつかっていく。コーナー上からのフライング・ヘッドバット、あるいはトペ・スイシーダ[1]。なお、ダイビング・ショルダー・アタックと混同される事もあるが、肩からぶつからないため、違う技である。

腹部、前面からぶつかる技

ジャンピング・ボディ・アタック
立っている相手に対して助走を付けてジャンプして腹部を相手にぶつけて突き飛ばす技。コーナーにもたれかかる相手への攻撃でもみられる(串刺し式)。ボディ・スプラッシュジャンピング・ボディ・スプラッシュとも呼ばれる。フライング・ボディ・アタックが、相手の体と自分の体が十字に交差するのに対してジャンピング・ボディ・アタックは交差せず正面からぶつかる。また、フライング・ボディ・アタックが自分の体を浴びせた後そのまま相手を押し倒すのに対してジャンピング・ボディ・アタックは自分の体を浴びせた後に自分は、そのまま着地して相手の体のみを倒す。言い換えれば、正面(腹部)からの体当たり。
キングコング・バンディアトランティック・シティ・アバランシュまたはキングコング・クラッシュビッグバン・ベイダーベイダー・アタックスティングスティンガー・スプラッシュザ・ゴッドファーザーホートレインの名称で得意とした。ベイダーは、そのまま体を預けて浴びせ倒すタイプや、トップロープ上から繰り出すものも披露している。また、側転して勢いを付けて決める者もいる。
フライング・ボディ・アタック
助走を付け相手に向かって大きくジャンプ、同時に空中で体を横向きに倒して相手と交差するように腹部から相手にぶつかり、そのまま体を預けて浴びせ押し倒す技。海外ではフライング・クロス・ボディとも呼ばれる。
現在では基本的な飛び技の1つで、主に若手選手に使用者が多いが、かつてはマスカラス・ブラザーズ(ミル・マスカラスドス・カラス)が得意技としていたことによって一躍脚光を浴びた代表的な飛び技であった。
主な使用者は、マスカラス・ブラザーズの他に、力皇猛初代タイガーマスクなど。
また、この技を場内から場外の相手に繰り出せば、プランチャ・スイシーダと呼ばれる技となる。
ダイビング・ボディ・アタック
トップロープから立っている相手に対して飛んでいき、自らの体を浴びせて、そのまま押し倒す技。空中で自らの体を横向きにして、相手の体と自分の体が十字に交差するように浴びせるのが特徴。そのため海外ではダイビング・クロス・ボディとも呼ばれる。また、メキシコではプランチャとも呼ばれる(後述のプランチャ・スイシーダとは別の技)。元々はルチャリブレのポピュラーな技で、日本ではミル・マスカラスが使用し脚光を浴びた。基本的な飛び技の一つであるため、若手のジュニアヘビー級選手がよく使用するが、例外として、ジャイアント馬場が若手〜全盛期の隠し技として使用していたことがある。
主な使用者としてミル・マスカラスとドス・カラスの他、リッキー・スティムボートジェイ・ヤングブラッド、初代タイガーマスクなど多数。
旋回式ボディ・アタック
トップロープでリング内に背を向けて立った状態から後方へジャンプしつつ、空中で体を捻り、体を正面に向き直してボディ・アタックをする。主にコーナーへ飛び乗ってから繰り出す場合が多い。
主な使用者としては、ケビン・フォン・エリック、初代タイガーマスク、2代目タイガーマスクリチャード・スリンガーなど。
ムーンサルト・アタック
本来、トップロープから寝ている相手の上に後方宙返りして繰り出すムーンサルト・プレスを、立っている相手に対して繰り出すもの。後方宙返り式の体当たり。エプロンサイドから場外の相手へ、ロープリバウンドを利用して繰り出せば、ラ・ケブラーダという技となる。
プランチャ・スイシーダ
場内から場外への相手へ向けて、トップロープを飛び越えて繰り出すフライング・ボディ・アタック。元はルチャリブレの技である。

臀部、背面からぶつかる技

ジャンピング・ヒップ・アタック
相手に向かってジャンプすると同時に空中で振り返り、臀部()を相手に突き出して相手にぶつける技。トップロープから繰り出せば、ダイビング・ヒップ・アタックと呼ばれる。ジミー・スヌーカチャボ・ゲレロ越中詩郎森嶋猛田口隆祐、女子レスラーではジャガー横田工藤めぐみ伊藤薫華名が主な使い手。森嶋は座っている相手に対し、助走を付けて前転しながら繰り出すローリング式も使う。キラー・ビーことブライアン・ブレアーは、をモチーフとした自身のギミックに合わせてビー・スティンガーの名称で使用していた。工藤の場合デスマッチの途中でも使うことが多く、相手にかわされ有刺鉄線や電流爆破に突っ込んで被爆するというのが定番であった。
背面式ボディ・アタック
前述のジャンピング・ボディ・アタックを、途中で振り返ることによって背面から相手にぶつかる技。主に串刺し式で使われる。スティーブ・ウィリアムスは側転してから決める形も使用した。
トペ・アトミコ
コーナーポスト上から飛んで空中で前転し、臀部や背面から相手に体当たりする技。場内から場外の相手に対して繰り出すものはトペ・コンヒーロと呼ばれる。また、ウルトラ・タイガー・ドロップとも呼ばれる。
トペ・レベルサ
ラヨ・デ・ハリスコが考案した技で、相手に背中を見せるようにジャンプして背面から相手に向かってぶつかっていくボディアタック。ザ・グレート・サスケウルティモ・ドラゴンTAJIRI、女子では井上京子が主な使い手。側転をしながら続けざまに同技を繰り出す型やセカンドロープに飛び乗ってから決める型などが存在する。

その他

ラリアットアックスボンバーランニング・エルボーエルボー・スイシーダランニング・ニー・バットなど、助走を付けたり、飛んで繰り出したりする打撃技も、広義では体当たりの一種と言える[1]


  1. ^ 体当たりの意味は日本語独自の用法であり、英語では体当たりという意味の使用法は少ない(テイクダウンを参照)。
  1. ^ a b c d e f g h 流智美『これでわかったプロレス技』(上巻、下巻)ベースボールマガジン社
  2. ^ a b Shino Tanaka (2018年5月31日). “女性を狙う『ぶつかり男』が新宿駅に出没。JR東日本が警戒「絶対にやめてほしい」”. HUFFPOST. BuzzFeed Japan. 2020年7月27日閲覧。
  3. ^ 吉川ばんび (2018年12月21日). “女性ばかりを狙う「ぶつかりおじさん」は、ストレス社会が生んだモンスターか?”. 文春オンライン. 文藝春秋社. 2020年7月27日閲覧。
  4. ^ a b 吉川ばんび (2020年6月9日). “「女性に体当たりする暴走中年」増えた根本原因”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報. 2020年7月27日閲覧。
  5. ^ a b 日野百草 (2021年10月25日). “帰ってきた「ぶつかりおじさん」やり返せない人が狙われる”. NEWSポストセブン. 小学館. 2021年10月25日閲覧。
  6. ^ はやかわかな「大阪と東京は違う!?「ぶつかりおじさん」を撃退する大阪人のスキルが話題「おっさんどこ見て歩いとんねん!」」『まいどなニュース』、2023年11月2日。2023年11月2日閲覧。
  7. ^ 武田砂鉄 (2021年9月16日). “小田急線刺傷事件、痴漢、セクハラ問題…なぜ「男だって大変」説が支持されるのか”. プレジデントウーマン. プレジデント社. 2021年10月25日閲覧。
  8. ^ 中国漁船が台湾巡視船に体当たり=中国ネットは「よくやった!」と拍手喝采”. レコードチャイナ (2020年3月20日). 2020年4月6日閲覧。
  9. ^ 「尖閣ビデオ」見た議員から異論 「これが衝突?」の感想も”. J-cast news (2010年10月2日). 2020年4月6日閲覧。


「体当たり」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「体当たり」の関連用語

体当たりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



体当たりのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの体当たり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS