伊達氏 系譜

伊達氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 01:41 UTC 版)

系譜

太字は当主、実線は実子、点線は養子。
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

宗家(仙台藩主家)

宇和島藩・吉田藩系

各系図による初期系図の差異

  • 『伊達正統世次考』『寛政重修諸家譜』『永禄伊達系図』『福島県史』『福島市史』
    伊達氏初代も常陸入道念西も朝宗とし、2代を為重=宗村としている。
  • 寛永諸家系図伝(寛永諸家譜)』『南豫史』
    伊達氏初代は朝宗とし常陸入道念西は宗村としている。
  • 『伊佐早本系図』
    伊達氏初代も常陸入道念西も宗村とし、2代を義広としている。
  • 『駿河伊達文書』[15]藩翰譜
    伊達氏初代も常陸入道念西も宗村とし、2代は資宗=義広とし、3代に時綱を挙げる。
  • 『雲但伊達家系図』[16]
    伊達初代も常陸入道念西も為宗(念西の長子も為宗となっているので誤記か?)とし、時綱・義広の兄弟を念西の子とする。
  • 『藤氏飯田系譜』
    伊達初代も常陸入道念西も宗村とし、宗村の前名を頼宗とする。また、宗村を中村常陸二郎としている。
  • 「当午山満勝寺の比丘知恩の文」
    常陸入道念西を朝宗としているが、有宗が早世したから宗村が襲封したとある。
  • 『会津史』(巻之二・第三篇伊達氏の項)
    朝宗と宗村は従兄弟の関係で、朝宗の嗣子有宗が早世したので宗村が継いだとある。
  • 中村城中村八幡宮の伝承」
    伊達氏初代も常陸入道念西も宗村とし、朝宗と宗村は親子で、中村氏は朝宗の次男の朝定が継いだとある。
  • 小林清治作成
    伊達初代も常陸入道念西も宗村とし、2代は為重、3代はその子義広とする。



  1. ^ 伊達朝宗の四男の為家を祖とする駿河伊達氏の支族。
  2. ^ 文書では南朝年号で「えんけん四年」(延元4年)と記されている。
  3. ^ 主な収蔵品(ローマ教皇にあう) - 仙台市博物館
  4. ^ 羽下徳彦「イタテとタテ」(『日本歴史』633号、2001年2月。63 - 65頁)
  5. ^ 国立歴史民俗博物館所蔵、『寒河江市史 大江氏ならびに関係史料』p.390
  6. ^ 真岡市史案内第4号・P69「中村氏」
  7. ^ 茨城県指定史跡の伊佐城跡(茨城県筑西市中館)に行朝の供養塔がある。
  8. ^ 『駿河伊達家文書』では、この時に成宗が奥州探題職を得たとしているが、当時の探題は依然として成宗正室の実家・大崎氏である
  9. ^ 118 伊達政宗が藤次郎と称したのは何故か”. 要説宮城の郷土誌 (1983年)(仙台市民図書館,種部金蔵 編)p.312. 仙台市 (2014年). 2014年8月19日閲覧。
  10. ^ 加賀藩支藩として富山藩大聖寺藩を分割し、前田宗家の石高は減じている。
  11. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』
  12. ^ この系統からサンドウィッチマン伊達みきおが出る
  13. ^ 涌谷伊達氏・村元の次男。
  14. ^ 宇和島藩主・宗城の次男。
  15. ^ 参考文献:『駿河伊達家文書 京都大学文学部・博物館の古文書』
  16. ^ 参考文献:『大日本古文書 家わけ第三 伊達家文書之一』
  17. ^ 元亀の変で討ち死に。
  18. ^ 伊達稙宗の娘婿で天文の乱では稙宗方。
  19. ^ 伊達忠宗の臨終に際し伊達綱宗擁立を推進。伊達騒動では反兵部派として奔走した。
  20. ^ 白河結城氏の末で、一門十席白河家の祖。伊達綱村の乳兄弟にあたる。
  21. ^ 『伊達世臣家譜』の編纂を行った。
  22. ^ 北海道開拓の功により男爵を授爵






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伊達氏」の関連用語

伊達氏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



伊達氏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伊達氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS