人民寺院 サンフランシスコでの人民寺院

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 人民寺院の解説 > サンフランシスコでの人民寺院 

人民寺院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 03:25 UTC 版)

サンフランシスコでの人民寺院

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア人道賞を受賞した教祖ジム・ジョーンズ(グライド・メモリアル教会(サンフランシスコ)、1977年1月)

人民寺院はサンフランシスコへと本部を移転したが、都市での信者獲得へと回帰することが出来るようになり、加えて、人民寺院が真の政治的特徴を示すために、より良い政治的センスを醸造することも可能となった[57]1976年までに、ジョーンズは、外部の人間からでも彼が無神論者であると公に認められていた[58]アメリカ合衆国内国歳入庁が寺院の宗教税金控除について調査しているという寺院側の恐れに反して、1977年にジョーンズの妻、マーシーはニューヨーク・タイムズに対して、ジョーンズは信念、マルキシズムを通じて社会変革を起こすというジョーンズの目標を実現するために宗教などに誘惑されていないと述べている[25]。彼女は、彼は18歳という若い時に、彼の英雄である毛沢東国共内戦ナショナリストを下した時、ジョーンズはアメリカ合衆国で社会変革を達成する方法は、宗教を通じて人々を動員することであると気付いたのだと述べている[25]。彼女は、「ジムは、宗教の麻薬から人々を救い出すために宗教を使っている」と認め、「私は、この紙に書かれた偶像など滅ぼしてやる!」と叫びながら、聖書をテーブルに打ち付けたことも同時に認めた[25]

サンフランシスコへの移転に伴って、教団は、信者達が共同体で生活していることを殊更に強調するようになった[59]。まず、子供達の物理的規範を強調し、それから大人たちも対象となった[60]。サンフランシスコの人民寺院は、広範囲な調査を行って、新しい入信者を注意深く調査した[27]

人民寺院は、その明らかに政治的なメッセージによって、他の新宗教運動の殆どとは区別されていた[61]。真の政治的なシンパシーは、多数の著名な政治家の支持を得るために多数の投票を実現するという認識と結びつけられた[62]。ジョーンズがサンフランシスコへと移住した後、彼は政治、教団の様な政治団体を増強する様に法改正に興味があると知られるようになった[63][64]

1975年ジョージ・モスコーニ英語版の選挙の辛勝に際して、人民寺院はボランティアや投票者を動員し、モスコーニはジョーンズをサンフランシスコ住宅公社委員会の委員長に指名した[65][66]。ジョーンズや教団は、様々な政治家のサポートを行っていたが、その中には、カリフォルニア州知事ジェリー・ブラウンや副知事のマーヴィン・ダイマリー英語版、州下院議員のウィリー・ブラウン英語版サンフランシスコ市長のジョージ・モスコーニ、アート・アグノス英語版ハーヴェイ・ミルクがいた[67]。ウィリー・ブラウンは何度も寺院を訪れており、カルトに対する調査や疑いがかけられた後でも、ジョーンズの応援を公の場でも行っていた[68][69]

サンフランシスコの政治サークルの中でジョーンズの地位が向上した後、ジョーンズとモスコーニは、1976年アメリカ合衆国大統領選挙前に、アメリカ合衆国副大統領候補者であったウォルター・モンデールにサンフランシスコで私的に面会している[70]。ジョーンズは、ファーストレディロザリン・カーターに様々な場面で面会している[71][72]。その中には、私的な夕食会も含まれており、カーター夫人と文通も行っていた[71][72]

ジョーンズは、住宅公社での地位を利用して、サンフランシスコのインターナショナル・ホテル英語版からテナントの立退きに反対する闘争を先導した[73]。教団は、サンフランシスコのサン・レポーターの発行人であるカールトン・グッドレットと同盟を結び、この新聞において、しばしば好意的な記事が掲載されるようになった[74]サンフランシスコ・クロニクルコラムニストハーブ・カン英語版や、他の地方紙やテレビ番組のレポーターによる好意的言及もなされた[75]

人民寺院には子供同様に老人の信者がいた。写真は、反立退き運動に参加するヘーゼル・デイシェル(中央右)とマーク・フィールズ(デイシェル後方)。

ジョーンズがベイ・エリアにおける急進的グループのシンバイオニーズ解放軍を賞賛し、そのリーダーがサンフランシスコの人民寺院の集会に参加したため、教団は警察の疑いの目を向けられることとなった[76]。ジョイス・ショーの脱退と、直後に彼女の夫、ボブ・ヒューストンが死亡した事で、教団への更なる疑惑が湧き出てきた。教団とサンフランシスコのネーション・オブ・イスラムとの間の緊張が高まった後、その分断を修復するために、ロサンゼルス・コンヴェンション・センターで、数千人が参加する大規模な「霊的」祝祭を開催した[77]。参加者の中には、著名な政治家も含まれていた[77]

教団はマスコミと同盟を結んでいたが、サンフランシスコへの移転は、サンフランシスコのマスコミによる監視に教団を曝すこととなった。ジョーンズと数千の教団信者たちが、メディアからの調査に続いてガイアナへ逃げ出した後、市長のモスコーニは、市長事務所から教団への調査を行わない旨のプレスリリースを行った[63][78]。この時期の間、ハーヴェイ・ミルクは人民寺院の政治集会で公演しており、調査が始まった後には第39代大統領ジミー・カーターへ、ジョーンズを賞賛し、ジョーンズタウンから親類を連れ戻そうと試みている人々のリーダーは「厚顔無恥な嘘」をついているとの書簡を書き送っている[79][80][81]




注釈

  1. ^ ガイアナへの移転前。
  2. ^ 20,000以上と主張されたが、実証されたことは無い。
  3. ^ 実証は無く、実態は3,000から5,000人程度であったとされる。
  4. ^ この人物とジョーンズは、アメリカ共産党を通じて知り合った訳ではなかった。
  5. ^ 「解放の翼」の意。
  6. ^ ただし、イジェムズは早々に組織化された人民寺院を辞している。
  7. ^ 人民寺院は設立メンバーに対して「宗教は人々を麻痺させるものだ」と公に説経していた[20]。それ故、「宗教の麻薬に麻痺している人々は、教化 - 社会主義化しなければならない[21]と言い、ついには「人々を教会へと連れて行き、その人々を無神論へと導く」と公に述べていた[22]。ジョーンズは、「もし貴方達が、この教会で、社会主義者の革命の中で生まれていたならば、あなた達は罪の中で生まれてくることなど無かったのです。あなた達が資本主義国家アメリカ、差別主義国家アメリカ、ファシスト国家アメリカで生まれたならば、あなた達は罪に塗れ、大きな張り型と共に生まれてきたのです。しかし、もし貴方達が社会主義の中で生まれてきたならば、あなた隊は罪に塗れて生まれて等来なかったのです。」などと説教をするなど、これらの考え方をしばしば混合させた[23][24]
  8. ^ 半分が黒人であった。
  9. ^ ニューヨーク州シラキュース出身で24歳。
  10. ^ 当時31歳で、15歳の時にジョーンズとの間に子供をもうけてから、共産主義者であった。
  11. ^ 社会サービス部門で働いていた。
  12. ^ ジョーンズの秘書。
  13. ^ 海軍軍人の子供で平和主義者となった。
  14. ^ 夫婦は後に人民寺院を離反している。
  15. ^ 7編の内、最初の4編が掲載された。
  16. ^ この際には、編集者は屈強な教団の「赤旅団」の警備員に挟まれて座らされた。
  17. ^ ロサンゼルス・南アルヴァラード通り1366番地(1366, South Alvarado Street, Los Angeles)。
  18. ^ サンフランシスコ・ギアリー・ブールバード1859番地(1859, Geary Boulevard, San Francisco)

出典

  1. ^ http://jonestown.sdsu.edu/wp-content/uploads/2013/10/DissolutionPeoplesTemple.pdf
  2. ^ a b Jones, Jim. "Transcript of Recovered FBI tape Q 134." Alternative Considerations of Jonestown and Peoples Temple. Jonestown Project: San Diego State University.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Wessinger, Catherine. How the Millennium Comes Violently: From Jonestown to Heaven's Gate. Seven Bridges Press, 2000. 978-1-889119-24-3.
  4. ^ Horrock, Nicholas M., "Communist in 1950s", New York Times, December 17, 1978
  5. ^ Layton 1999, p. 65–66.
  6. ^ a b c d e f Reiterman 1982. p. 49–52.
  7. ^ a b Reiterman 1982. p. 57.
  8. ^ a b c d e f g h i Reiterman 1982. p. 54–55.
  9. ^ a b Reiterman 1982. p. 59.
  10. ^ a b Reiterman 1982. p. 59 and 65.
  11. ^ a b c Reiterman 1982. p. 60.
  12. ^ a b c d e Reiterman 1982. p. 61.
  13. ^ a b c Reiterman 1982. p. 62.
  14. ^ a b c Reiterman 1982. p. 74.
  15. ^ Reiterman 1982. p. 76.
  16. ^ a b Reiterman 1982. p. 77.
  17. ^ a b c Reiterman 1982. p. 83.
  18. ^ Reiterman 1982. p. 85.
  19. ^ Jones, Jim. http://jonestown.sdsu.edu/?page_id=27309 "Transcript of Recovered FBI tape Q 1023."] Alternative Considerations of Jonestown and Peoples Temple. Jonestown Project: San Diego State University. Archived copy”. 2011年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  20. ^ Jones, Jim. "Transcript of Recovered FBI tape Q 1053." Alternative Considerations of Jonestown and Peoples Temple. Jonestown Project: San Diego State University.
  21. ^ Layton 1999, page 53
  22. ^ Jones, Jim. "Transcript of Recovered FBI tape Q 757." Alternative Considerations of Jonestown and Peoples Temple. Jonestown Project: San Diego State University
  23. ^ Jones, Jim. "Transcript of Recovered FBI tape Q 1053." Alternative Considerations of Jonestown and Peoples Temple. Jonestown Project: San Diego State University.
  24. ^ Archived copy”. 2011年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  25. ^ a b c d e f Lindsay, Robert. "How Rev. Jim Jones Gained His Power Over Followers." New York Times. 26 November 1978.
  26. ^ Jones, Jim. "The Letter Killeth." Original material reprint. Department of Religious Studies. San Diego State University. Archived copy”. 2011年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月24日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g h i j Reiterman 1982. page 164.
  28. ^ a b c Kilduff, Marshall and Phil Tracy. "Inside Peoples Temple." New West Magazine. 1 August 1977 (hosted at Alternative Considerations of Jonestown and Peoples Temple. Jonestown Project: San Diego State University). Archived copy”. 2011年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年10月28日閲覧。
  29. ^ Reiterman 1982. p. 156.
  30. ^ a b c d Reiterman 1982. p. 163–64.
  31. ^ a b c d e f g h i j k l m Reiterman 1982. p. 156–159.
  32. ^ a b c d Reiterman 1982. p. 160–163.
  33. ^ a b Lewis, Mike. "Jones disciple recovers from, recalls painful past." Seattle Post-Intelligencer. 19 November 2003. Archived February 13, 2011, at WebCite
  34. ^ Dickerson, Toby. Peoples Temple (Jonestown)”. 2006年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月17日閲覧。. The Religious Movements Homepage Project. University of Virginia. 5 February 2005.
  35. ^ Layton 1999, p. 62.
  36. ^ Hall 1987, p.178–184
  37. ^ a b c d e f g h i j k Reiterman 1982. p. 166–168.
  38. ^ a b c d e f g h i Reiterman 1982. p. 169–171.
  39. ^ a b Kilduff, Marshall and Ron Javers. Suicide Cult: The Inside Story of the Peoples Temple Sect and the Massacre in Guyana. Bantam Books, New York, 1978. 978-0-553-12920-5. page 42.
  40. ^ Hall, John R. "The Impact of Apostates on the Trajectory of Religious Movement: The Case of the Peoples Temple", in David G. Bromley (ed.) Falling from the Faith: Causes and Consequences of Religious Apostasy. Sage Publications, 1988. 978-0-8039-3188-6. page 234.
  41. ^ 'The Opposition, The Returned, Crisis & White Nights', Jonestown Institute, San Diego State University, May 2008. Archived copy”. 2011年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月12日閲覧。
  42. ^ Hall, John R. (1987). Gone from the Promised Land: Jonestown in American Cultural History. New Brunswick, New Jersey: Transaction Publishers. ISBN 978-0-88738-124-9  page 166
  43. ^ Jones, Jim, FBI Tape Q 683, Jonestown Institute, San Diego State University Archived copy”. 2011年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月17日閲覧。
  44. ^ Layton 1999, p. 53.
  45. ^ Hall, John R. (1987). Gone from the Promised Land: Jonestown in American Cultural History. New Brunswick, New Jersey: Transaction Publishers. ISBN 978-0-88738-124-9  page 90-91
  46. ^ Hall 1987, p. 81–82
  47. ^ Hall 1987, p.82
  48. ^ Hall 1987, p.95
  49. ^ a b c d Reiterman 1982. p. 211–214.
  50. ^ Kinsolving, Lester. "SEX, SOCIALISM, AND CHILD TORTURE WITH REV. JIM JONES." San Francisco Examiner. September 1972.
  51. ^ Reiterman 1982. p. 302–304.
  52. ^ Reiterman 1982. p. 225–227.
  53. ^ a b c Reiterman 1982. p. 224.
  54. ^ a b c Reiterman 1982. p. 225.
  55. ^ a b Paranoia And Delusions, Time Magazine, December 11, 1978 Archived January 24, 2011, at WebCite
  56. ^ a b Reiterman 1982. p. 226.
  57. ^ Hall, John R. (1987). Gone from the Promised Land: Jonestown in American Cultural History. New Brunswick, New Jersey: Transaction Publishers. ISBN 978-0-88738-124-9  page 161
  58. ^ Jones, Jim in conversation with John Maher. "Transcript of Recovered FBI tape Q 622." Alternative Considerations of Jonestown and Peoples Temple. Jonestown Project: San Diego State University. Archived copy”. 2011年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月13日閲覧。
  59. ^ Reiterman 1982. page 256.
  60. ^ Reiterman 1982. page 259.
  61. ^ Reiterman 1982. p. 280.
  62. ^ Reiterman 1982. p. 266–267 & 280.
  63. ^ a b Los Angeles Herald Examiner, "The Political Pull of Jim Jones", November 21, 1978
  64. ^ Reiterman 1982. page 263.
  65. ^ Kinsolving, Kathleen and Tom. "Madman in Our Midst: Jim Jones and the California Cover Up." Archived December 31, 2010, at the Wayback Machine. 1998. Steven Alan Hassan's Freedom of Mind Center. Retrieved October 14, 2010. Archived copy”. 2011年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月14日閲覧。
  66. ^ Jonestown: The Life and Death of Peoples Temple. PBS.org. Archived January 24, 2011, at WebCite
  67. ^ Layton 1999, page 105.
  68. ^ Dooley, Nancy and Tim Reiterman. "Jim Jones: Power Broker." San Francisco Examiner. August 7, 1977.
  69. ^ Layton 1999, p. 105.
  70. ^ Reiterman 1982. page 302.
  71. ^ a b Reiterman 1982. page 304.
  72. ^ a b Jim Jones, "Transcript of Recovered FBI tape Q 799." Alternative Considerations of Jonestown and Peoples Temple. Jonestown Project: San Diego State University. Archived copy”. 2011年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  73. ^ Reiterman 1982. page 282–283.
  74. ^ Reiterman 1982. page 265.
  75. ^ Reiterman 1982. page 285, 306 and 587.
  76. ^ Reiterman 1982. page 236.
  77. ^ a b Reiterman 1982. page 282.
  78. ^ Moore, Rebecca. A Sympathetic History of Jonestown. Lewiston: E. Mellen Press. 978-0-88946-860-3. p. 143.
  79. ^ Coleman, Loren, "The Copycat Effect", Simon & Schuster, 2004, page 68
  80. ^ Fishwick, Marshall, "Great Awakenings: Popular Religion and Popular Culture", Routledge, 1994, page 73
  81. ^ Milk, Harvey. Letter Addressed to President Jimmy Carter, Dated February 19, 1978. Archived January 24, 2011, at WebCite
  82. ^ Reiterman 1982. page 240–41.
  83. ^ a b Entry to Guyana, Alternatives Considerations of Jonestown & Peoples Temple, San Diego State University Archived copy”. 2011年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月20日閲覧。
  84. ^ Hall 1987, p.132
  85. ^ a b c Tim Carter. There was no choice in Jonestown that day... Archived April 26, 2007, at the Wayback Machine. Oregon Public Broadcasting Radio interview. 9 April 2007. Archived copy”. 2011年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月8日閲覧。
  86. ^ Layton 1999, page 111–116.
  87. ^ a b Layton 1999, page 113.
  88. ^ Reiterman 1982. page 346.
  89. ^ Hall 1987, p.133
  90. ^ Reiterman 1982. p. 487.
  91. ^ Reiterman 1982. p. 512.
  92. ^ Reiterman 1982. p. 524.
  93. ^ a b c d Reiterman 1982. p. 529–531.
  94. ^ “1978: Mass Suicide Leaves 900 Dead”. BBC News. (1978年11月18日). http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/november/18/newsid_2540000/2540209.stm 2011年10月3日閲覧。 
  95. ^ Rapaport, Richard, Jonestown and City Hall slayings eerily linked in time and memory, San Francisco Chronicle, November 16, 2003 Archived January 24, 2011, at WebCite
  96. ^ Nakao, Annie. "The ghastly Peoples Temple deaths shocked the world." San Francisco Chronicle. 14 April 2005. Archived 24 January 2011 at WebCite
  97. ^ Knapp, Don. "Jonestown massacre + 20: Questions linger." CNN.com. 18 November 1998. Retrieved 9 April 2007. Archived March 20, 2007, at the Wayback Machine.
  98. ^ Reiterman 1982. page 544-5.
  99. ^ Reiterman 1982. p. 573
  100. ^ Hall, John R. Gone from the Promised Land: Jonestown in American Cultural History. 1989. 978-0-88738-801-9. p. 289.
  101. ^ Spencer, Duncan, "Cult's Ukiah Community in Fear of Vengeful Death Squads", Washington Star-News, November 23, 1978
  102. ^ "Police Seek Out Cult 'Hit Squads'", San Francisco Examiner, November 22, 1978
  103. ^ Steel, Fiona. “Jonestown Massacre: A 'Reason' to Die”. CrimeLibrary.com. 2011年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月22日閲覧。
  104. ^ Reiterman 1982. pp 561–580.
  105. ^ "Letter to Feodor Timofeyev." Alternative Considerations of Jonestown and Peoples Temple. Jonestown Project: San Diego State University. Archived copy”. 2010年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月12日閲覧。
  106. ^ a b "Statement of Michael Prokes." Alternative Considerations of Jonestown and Peoples Temple. San Diego State University: Jonestown Project. Retrieved 22 September 2007. Archived copy”. 2011年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月12日閲覧。
  107. ^ Reiterman 1982. pages 274–5 & 418.
  108. ^ Weingarten, Gene. "The Peekaboo Paradox." The Washington Post. January 22, 2006. Archived February 13, 2011, at WebCite
  109. ^ The Congregation of Peoples Temple. PBS.org. Archived February 13, 2011, at WebCite
  110. ^ Who Died at Jonestown? Ross Institute. Archived February 13, 2011, at WebCite
  111. ^ a b Why the Bruderhof is not a cult – by Bryan Wilson | Cult And Sect | Religion And Belief” (英語). Scribd. 2017年7月7日閲覧。
  112. ^ a b c "What happened to Peoples Temple after 18 November 1978?" Alternative Considerations of Jonestown and Peoples Temple. San Diego State University: Jonestown Project. 2007-03-08. Archived copy”. 2011年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月11日閲覧。
  113. ^ The Court’s Wrapping-Up of Peoples Temple Affairs – Alternative Considerations of Jonestown & Peoples Temple”. jonestown.sdsu.edu. 2017年6月16日閲覧。
  114. ^ Central Spanish Seventh-day Adventist Church. AdventistChurchConnect.org. Archived February 13, 2011, at WebCite
  115. ^ McGehee, Fielding M. III. "Attempting to Document the Peoples Temple Story: The Existence and Disappearance of Government Records." Alternative Considerations of Jonestown and Peoples Temple. San Diego State University: Jonestown Project. Archived May 22, 2014, at the Wayback Machine.
  116. ^ Richardson, James. “Jonestown 25 Years Later: Why All The Secrecy?”. 2011年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月25日閲覧。
  117. ^ Taylor, Michael; Lattin, Don (1998年11月13日). “Most Peoples Temple Documents Still Sealed”. San Francisco Examiner. オリジナルの2011年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5wTJJpO0u?url=http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f%3D/c/a/1998/11/13/MN107219.DTL%26hw%3DMost%2BPeoples%2BTemple%2BDocuments%2BStill%2BSealed%26sn%3D002%26sc%3D468 2008年8月25日閲覧。 






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人民寺院」の関連用語

人民寺院のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人民寺院のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人民寺院 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS