人工知能 各国におけるAI開発

人工知能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/16 22:27 UTC 版)

各国におけるAI開発

アメリカでは2013年に時の大統領バラク・オバマが脳研究プロジェクト「BRAIN Initiative」を発表。

Googleはアレン脳科学研究所と連携し脳スキャンによって生まれた大量のデータを処理するためのソフトウェアを開発している。2016年の時点で、Googleが管理しているBrainmapのデータ量はすでに1Zettaバイトに達しているという[35][36]。Googleは、ドイツのマックスプランク研究所とも共同研究を始めており、脳の電子顕微鏡写真から神経回路を再構成するという研究を行っている。[37]

中国では2016年の第13次5カ年計画からAIを国家プロジェクトに位置づけ[38]、脳研究プロジェクトとして中国脳計画英語版も立ち上げ[39]、官民一体でAIの研究開発を推進してる[40]。中国の教育機関では18歳以下の天才児を集めて公然とAI兵器の開発に投じられてもいる[41]マサチューセッツ工科大学(MIT)のエリック・ブリニョルフソン英語版教授や情報技術イノベーション財団英語版などによれば、中国ではプライバシー意識の強い欧米と比較してAIの研究や新技術の実験をしやすい環境にあるとされている[42][43][44]。日本でスーパーコンピュータの研究開発を推進している齊藤元章もAIの開発において中国がリードする可能性を主張している[45]。世界のディープラーニング用計算機の4分の3は中国が占めてるともされる[46]。米国政府によれば、2013年からディープラーニングに関する論文数では中国が米国を超えて世界一となっている[47]FRVT英語版ImageNet英語版などAIの世界的な大会でも中国勢が上位を独占している[48][49]。大手AI企業Google、マイクロソフトアップルなどの幹部でもあった台湾系アメリカ人科学者の李開復英語版は中国がAIで覇権を握りつつあるとする『AI超大国:中国、シリコンバレーと新世界秩序英語版』を著してアメリカの政界やメディアなどが取り上げた[50][51]

フランス大統領エマニュエル・マクロンはAI分野の開発支援に向け5年で15億ドル(約1600億円)を支出すると宣言し[52]、AI研究所をパリに開き、フェイスブック、グーグル、サムスン、DeepMind、富士通などを招致した。イギリスともAI研究における長期的な連携も決定されている。 EU全体としても、「Horizon 2020」計画を通じて、215億ユーロが投じられる方向。 韓国は、20億ドルを2022年までに投資をする。6つのAI機関を設立し褒賞制度も作られた。目標は2022年までにAIの世界トップ4に入ることだという。 [53]

日経新聞調べによると、国別のAI研究論文数は1位米国、2位中国、3位インドで日本は7位だった[54]




注釈

  1. ^ : scruffy AI
  2. ^ : artificial intelligence
  3. ^ : chatterbot
  4. ^ 数学における最初の成功した知識ベースプログラム
  5. ^ 新井紀子がリーダー

出典

  1. ^ a b c 佐藤 2018, p. 「人工知能」.
  2. ^ ASCII.jp 2018, p. 「人工知能」.
  3. ^ 桃内 2017, p. 「人工知能」.
  4. ^ a b 講談社(2017)「人工知能」『IT用語がわかる辞典』、朝日新聞社・VOYAGE GROUP
  5. ^ 講談社(2017)「自然言語処理」『IT用語がわかる辞典』、朝日新聞社・VOYAGE GROUP
  6. ^ 今度はポーカーでAIが人間を超える! その重要な意味とは?”. ギズモード (2017年2月1日). 2018年2月7日閲覧。
  7. ^ 「AI対ヒト」のポーカー対決で人工知能が再び勝利、6人を相手に5日間の戦いを制して3000万円ゲット”. GIGAZINE (2017年4月13日). 2018年2月7日閲覧。
  8. ^ https://news.microsoft.com/ja-jp/2019/08/29/190829-Mahjong-ai-microsoft-suphx/
  9. ^ https://news.microsoft.com/ja-jp/2019/08/19/190819-evolution-and-history-of-game-ai/
  10. ^ 個別化時代への挑戦とCreative AIの衝撃
  11. ^ 人間VSコンピュータオセロ 衝撃の6戦全敗から20年、元世界チャンピオン村上健さんに聞いた「負けた後に見えてきたもの」”. ITmedia (2017年10月21日). 2018年12月25日閲覧。
  12. ^ a b 元秀, 馬野、勲, 林「ファジィ・ニューラルネットワークの現状と展望(<特集>ファジィ・ニューラルネットワーク)」『日本ファジィ学会誌』第5巻第2号、1993年4月15日、 178–190、 doi:10.3156/jfuzzy.5.2_178ISSN 0915-647X
  13. ^ a b 松下電器から生まれたファジィ家電,ニューロファジィ家電”. 関西大学. 2019年5月12日閲覧。
  14. ^ ファジィ全自動洗濯機 (松下電器産業) | 日本知能情報ファジィ学会”. www.j-soft.org. 2019年5月2日閲覧。
  15. ^ ニューロ・ファジィ掃除機 (日立製作所) | 日本知能情報ファジィ学会”. www.j-soft.org. 2019年5月5日閲覧。
  16. ^ ガスルームエアコン SN-A4541U-D SN-A4541RF-D 取扱説明書”. 東京ガス. 2019年5月3日閲覧。
  17. ^ 光幸, 木内、信二, 近藤「全自動洗濯機「愛妻号Dayファジィ」(NA-F 50 Y 5)の紹介」『日本ファジィ学会誌』第2巻第3号、1990年8月15日、 384–386、 doi:10.3156/jfuzzy.2.3_384ISSN 0915-647X
  18. ^ 薫, 廣田「ファジィ家電,どこがファジィか」『電氣學會雜誌』第111巻第5号、1991年5月20日、 417–420、 doi:10.11526/ieejjournal1888.111.417ISSN 0020-2878
  19. ^ 貞夫, 秋下「特集「ニューロおよびファジィのロボットへの応用について」」『日本ロボット学会誌』第9巻第2号、1991年4月15日、 203–203、 doi:10.7210/jrsj.9.203ISSN 0289-1824
  20. ^ そういえば、ファジーなんて言葉があったよね” (日本語). 2019年5月2日閲覧。
  21. ^ 亨, 山口「ニューロ・ファジィ制御とネットワークインテリジェンス」『計測と制御』第42巻第4号、2003年4月10日、 321–323、 doi:10.11499/sicejl1962.42.321ISSN 0453-4662
  22. ^ 人工知能がクイズ王に挑戦! 後編 いよいよ決戦 - NHKオンライン
  23. ^ 人工知能が東大模試挑戦「私大合格の水準」:日本経済新聞、閲覧2017年7月28日
  24. ^ 平成28年版 情報通信白書 第4章 第2節~4節 平成28年版 情報通信白書(PDF版)”. 総務省. 2016年9月6日閲覧。
  25. ^ http://ascii.jp/elem/000/001/249/1249977/
  26. ^ https://www.technologyreview.jp/s/12759/machines-can-now-recognize-something-after-seeing-it-once/
  27. ^ http://gigazine.net/news/20170616-deepmind-general-ai/
  28. ^ https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00439317
  29. ^ http://wba-initiative.org/1653/
  30. ^ Hinton, Geoffrey E.; Frosst, Nicholas; Sabour, Sara (2017-10-26) (英語). Dynamic Routing Between Capsules. https://arxiv.org/abs/1710.09829v2. 
  31. ^ 「課題解決型」のAIが日本社会を変える――国際大学GLOCOMがAI活用実態の調査結果を発表”. @IT (2018年3月19日). 2018年3月24日閲覧。
  32. ^ https://thenextweb.com/artificial-intelligence/2018/08/23/researchers-gave-ai-curiosity-and-it-played-video-games-all-day/
  33. ^ https://news.mit.edu/2018/mit-lincoln-laboratory-ai-system-solves-problems-through-human-reasoning-0911
  34. ^ xTECH(クロステック), 日経. “文章読解でもAIがついに人間超え、グーグルの「BERT」発表から1年で急成長” (日本語). 日経 xTECH(クロステック). 2019年11月15日閲覧。
  35. ^ http://www.fiercebiotech.com/data-management/google-joins-brain-initiative-to-help-petabyte-scale-data-sets
  36. ^ http://news.mynavi.jp/articles/2016/08/10/isc2016_braininitiative/
  37. ^ http://news.mynavi.jp/articles/2017/09/11/hotchips29_google/001.html
  38. ^ “第13次五カ年計画、中国の技術革新計画が明らかに”. 人民網. (2016年7月28日). http://j.people.com.cn/n3/2016/0728/c95952-9092181.html 2018年2月7日閲覧。 
  39. ^ Poo, Mu-ming; Du, Jiu-lin; Ip, Nancy Y; Xiong, Zhi-Qi; Xu, Bo and Tan, Tieniu (2016), ‘China Brain Project: Basic Neuroscience, Brain Diseases, and Brain-Inspired Computing’, Neuron, 92 (3), 591-96.
  40. ^ “オール中国でAI推進”. 日本経済新聞. (2017年12月8日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO24371260X01C17A2FFE000/ 2018年2月7日閲覧。 
  41. ^ “中国が18歳以下の天才27人を選抜、AI兵器の開発に投入”. ニューズウィーク. (2018年11月9日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/11/ai-41.php 2018年11月29日閲覧。 
  42. ^ “中国の一党独裁、AI開発競争には有利”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2018年2月26日). http://jp.wsj.com/articles/SB12346302927663484593304584068193706085748 2018年3月7日閲覧。 
  43. ^ “AI開発レースで中国猛追、米企業のリード危うし”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2018年1月19日). http://jp.wsj.com/articles/SB10806998528272603825204583646830641781270 2018年2月7日閲覧。 
  44. ^ “中国の「超AI監視社会」--新疆ウイグル自治区では“体内”まで監視!”. 集英社. (2018年2月3日). http://wpb.shueisha.co.jp/2018/02/03/99109/ 2018年2月7日閲覧。 
  45. ^ Green500の1位から見たコンピューター・ヘゲモニー”. 宇部興産. 2018年3月7日閲覧。
  46. ^ “中国、新疆ウイグル自治区で顔認識システム運用をテスト。指定地域から300m以上離れると当局に警告”. Engadget. (2018年1月20日). http://japanese.engadget.com/2018/01/19/300m/ 2018年2月7日閲覧。 
  47. ^ “中国が「AI超大国」になる動きは、もはや誰にも止められない”. WIRED. (2017年8月16日). https://wired.jp/2017/08/16/america-china-ai-ascension/ 2018年2月7日閲覧。 
  48. ^ “世界顔認証ベンチマークテストの結果が発表 中国がトップ5独占”. 中国網. (2018年11月24日). http://japanese.china.org.cn/culture/2018-11/24/content_74198278_0.htm 2018年12月3日閲覧。 
  49. ^ “AIの世界王者決定戦「ImageNet」で中国チームが上位を独占”. フォーブス. (2017年8月8日). https://forbesjapan.com/articles/detail/17213 2018年2月11日閲覧。 
  50. ^ “THE AI COLD WAR THAT COULD DOOM US ALL”. フォーブス. (2017年8月8日). https://www.wired.com/story/ai-cold-war-china-could-doom-us-all/ 2018年2月7日閲覧。 
  51. ^ Politico Magazine Staff (2018年9月4日). “The POLITICO 50 Reading List”. Politico. https://www.politico.com/interactives/2018/politico-50-book-picks/ 2018年10月9日閲覧。 
  52. ^ “仏マクロン大統領が「AI立国」宣言、無人自動運転も解禁へ” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン). (2018年3月30日). https://forbesjapan.com/articles/detail/20401 2018年4月5日閲覧。 
  53. ^ https://www.sbbit.jp/article/cont1/35264?page=2
  54. ^ “人工知能の論文数、米中印の3強に”. 日本経済新聞. (2017年11月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22943380R31C17A0TJU200/ 2018年2月7日閲覧。 
  55. ^ ホーキング博士「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」
  56. ^ 「悪魔を呼び出すようなもの」イーロン・マスク氏が語る人工知能の危険性
  57. ^ ビル・ゲイツ氏も、人工知能の脅威に懸念
  58. ^ "Lethal Robotic Technologies: The Implications for Human Rights and International Humanitarian Law" Philip Alston, Journal of Law, Information and Science, 2012
  59. ^ “ガザ地区境界線に広がる、イスラエルの「自動殺傷ゾーン」”. WIRED. (2008年12月8日). https://wired.jp/2008/12/08/ガザ地区境界線に広がる、イスラエルの「自動殺傷ゾーン」/ 2019年4月16日閲覧。 
  60. ^ a b Artificial Intelligence and Chinese Powerフォーリン・アフェアーズ 2017年12月5日)
  61. ^ Raspberry PiによるAIプログラム、軍用フライトシミュレーターを使った模擬格闘戦で人間のパイロットに勝利”. Business newsline. 2016年9月19日閲覧。
  62. ^ 〝トップ・ガン〟がAIに惨敗 摸擬空戦で一方的に撃墜 「子供用パソコンがハード」に二重のショック”. 産経WEST. 2016年9月19日閲覧。
  63. ^ [1]
  64. ^ 「AIに人間が勝ち残る力:OODA」”. 2017年11月18日閲覧。
  65. ^ cnn.co.jp - 人工知能の軍事利用に警鐘、E・マスク氏ら著名人が公開書簡 2015.07.30 Thu posted at 11:51 JST
  66. ^ “殺人ロボット兵器、規制めぐる議論継続へ 国連、初の専門家会議終了”. 産経ニュース. (2017年11月18日). https://www.sankei.com/world/news/171118/wor1711180027-n1.html 2019年4月16日閲覧。 
  67. ^ “「AI兵器」国際ルール合意も法的拘束力なく懸念”. NHK. (2019年8月22日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190822/k10012044131000.html 2019年8月22日閲覧。 
  68. ^ 核に代わる「人工知能の軍事利用」、米中露3国の開発レースの現状”. WIRED (2017年9月19日). 2018年2月7日閲覧。
  69. ^ AI兵器開発、米中が火花 静まりかえった北米攻撃CG”. 朝日新聞 (2018年12月28日). 2019年2月22日閲覧。
  70. ^ 攻撃・偵察に…中国軍が無人艇開発 56隻で「群れ」世界最大の実験”. ZAKZAK (2018年6月18日). 2019年3月5日閲覧。
  71. ^ 米軍制服組トップ、グーグルに懸念「中国軍に恩恵」”. 日本経済新聞 (2019年3月15日). 2019年4月16日閲覧。
  72. ^ Googleは米国でなく中国の軍事力を助けている-トランプ大統領が批判”. 日本経済新聞 (2019年3月18日). 2019年4月16日閲覧。
  73. ^ (The Economist)対中ビジネスが問う米企業の正義”. 日本経済新聞 (2019年4月9日). 2019年4月16日閲覧。
  74. ^ GoogleのAIを軍事活用する極秘計画「Project Maven」の関係者による生々しい内部メールが流出”. Gigazine (2018年6月2日). 2019年4月16日閲覧。
  75. ^ 2018年テック界の嘘ワースト8”. ギズモード (2018年12月30日). 2019年4月16日閲覧。
  76. ^ Google denies link to China’s military over touch-screen tools that may help PLA pilots”. サウス・チャイナモーニング・ポスト (2019年7月4日). 2019年7月5日閲覧。
  77. ^ [FTマイクロソフト、AI研究で中国軍部と協力]”. 日本経済新聞 (2019年4月16日). 2019年4月11日閲覧。
  78. ^ SecDef: China Is Exporting Killer Robots to the Mideast”. Defense One (2019年11月10日). 2019年11月5日閲覧。
  79. ^ 「AIハッカー」の脅威、中国すでに実用化か”. 産経ニュース (2019年1月28日). 2019年1月17日閲覧。
  80. ^ 人工知能はもう悪用される段階に 専門家警告”. BBCニュース (2018年2月21日). 2018年3月3日閲覧。
  81. ^ 湯田昌之 (2016年5月27日). “賃上げならロボ導入? 米マクドナルド「時給15ドルの戦い」” (日本語). 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ27H3C_X20C16A5000000/ 2019年9月30日閲覧。 
  82. ^ Michael A. Osborne; Carl Benedikt Frey (2013-09-13) (英語). THE FUTURE OF EMPLOYMENT: HOW SUSCEPTIBLE ARE JOBS TO COMPUTERISATION?(未来の雇用:コンピュータ化により、どのように仕事へ影響を与えるのか。). Oxford Martin Programme on Technology and Employment(オックスフォード・マーティンのテクノロジーと雇用に関するプログラム). pp. 70. https://www.oxfordmartin.ox.ac.uk/publications/the-future-of-employment/ 2019年10月6日閲覧。. 
  83. ^ 上田 恵陶奈 (2017-12-05) (PDF). AIと共存する未来~AI時代の人材~ (Report). 株式会社野村総合研究所. https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000186905.pdf 2020年8月30日閲覧。. 
  84. ^ 総務省 (2018-07). 2018年版情報通信白書 第1部 特集 人口減少時代のICTによる持続的成長 第5節 ICTの進化によるこれからのしごと(1)職業の変化 (Report). https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd145210.html 2020年6月5日閲覧。. 
  85. ^ 岩本 晃一; 田上 悠太 (2018-05). “人工知能AI等が雇用に与える影響;日本の実態” (日本語). ポリシー・ディスカッション・ペーパー(日本語) (経済産業研究所) 18-P-009: 1-17. https://www.rieti.go.jp/jp/publications/summary/18050004.html 2020年6月5日閲覧。. 
  86. ^ Melanie Arntzi; Terry Gregoryi; Ulrich Zierahni (2016-5-14). “The Risk of Automation for Jobs in OECD Countries(OECD諸国での自動化による雇用リスク)” (英語). OECD Social, Employment and Migration Working Papers(OECD 社会・雇用・移住のワーキングペーパー) (OECD) 189: 1-34. doi:10.1787/1815199X. ISSN 1815199X. https://www.oecd-ilibrary.org/social-issues-migration-health/the-risk-of-automation-for-jobs-in-oecd-countries_5jlz9h56dvq7-en 2020年6月5日閲覧。. 
  87. ^ a b c Will Knight 2019.
  88. ^ a b 高橋ミレイ 2019, p. 後編.
  89. ^ a b c 塚本紺 2017, p. 2017年10月5日 20時0分.
  90. ^ 内田樹・釈徹宗(2013)『現代霊性論』 (講談社文庫)、講談社、178ページ
  91. ^ 内田樹・釈徹宗(2013)『現代霊性論』 (講談社文庫)、講談社、155ページ
  92. ^ Kurzweil, Singularity (2005) p. 260
  93. ^ Searle, John (1980), "Minds, Brains and Programs", Behavioral and Brain Sciences, 3 (3): 417–457, doi:10.1017/S0140525X00005756,
  94. ^ Daniel Dennett (1991). "Chapter 14. Consciousness Imagined". Consciousness Explained. Back Bay Books. pp. 431–455.
  95. ^ a b c 須藤靖・伊勢田哲治(2013)『科学を語るとはどういうことか --- 科学者、哲学者にモノ申す』河出書房新社、14~15ページ。
  96. ^ a b c d 野家 2002, p. 34.
  97. ^ 全 2014, p. 178.
  98. ^ a b 全 2014, pp. 177-178.
  99. ^ 全 2014, p. 177.
  100. ^ 合原 et al. 2017, p. 34.
  101. ^ 合原 et al. 2017, p. 38.
  102. ^ a b 合原 et al. 2017, p. 42.
  103. ^ 合原 et al. 2017, pp. 46-47.
  104. ^ a b c d フランセーン 2011, p. 233.
  105. ^ a b フランセーン 2011, p. 4.
  106. ^ フランセーン 2011, p. 7.
  107. ^ フランセーン 2011, p. 126.
  108. ^ フランセーン 2011, p. 230.
  109. ^ a b c d 須藤靖・伊勢田哲治(2013)『科学を語るとはどういうことか --- 科学者、哲学者にモノ申す』河出書房新社、57-58ページ。
  110. ^ 須藤靖・伊勢田哲治(2013)『科学を語るとはどういうことか --- 科学者、哲学者にモノ申す』河出書房新社、260ページ。
  111. ^ 須藤靖・伊勢田哲治(2013)『科学を語るとはどういうことか --- 科学者、哲学者にモノ申す』河出書房新社、124~125ページ。
  112. ^ 須藤靖・伊勢田哲治(2013)『科学を語るとはどういうことか --- 科学者、哲学者にモノ申す』河出書房新社、141ページ。
  113. ^ 須藤靖・伊勢田哲治(2013)『科学を語るとはどういうことか --- 科学者、哲学者にモノ申す』河出書房新社、262ページ。
  114. ^ 須藤靖・伊勢田哲治(2013)『科学を語るとはどういうことか --- 科学者、哲学者にモノ申す』河出書房新社、284ページ。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人工知能」の関連用語

人工知能のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人工知能のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人工知能 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS