二酸化炭素 二酸化炭素の回収・資源化

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学反応 > 気体 > 二酸化炭素の解説 > 二酸化炭素の回収・資源化 

二酸化炭素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 07:50 UTC 版)

二酸化炭素の回収・資源化

上記のような地球温暖化を抑制するため、空気中または工場火力発電所などの排気に含まれる二酸化炭素を回収して、資源として利用する技術が研究されている。例えば、東京工業大学などは、電気化学触媒としてレニウム錯体を使うことで。二酸化炭素の濃度が低くても効率よく回収できる手法の開発を2018年に発表している[13]

東京工業大学ではこれに先立ち、岩澤伸治らが、二酸化炭素を炭化水素と反応させる有機合成反応を開発した。触媒としてロジウムを用い、炭素と水素の結合を弱めて反応させる。大気圧で反応が進むが、特定の化合物やアルミニウムが必要になるなどの実用化に向けた課題もある。[14]

関連項目

関連画像一覧






「二酸化炭素」の続きの解説一覧



二酸化炭素と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二酸化炭素」の関連用語

二酸化炭素のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



二酸化炭素のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二酸化炭素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS