久留米市 情報・通信

久留米市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 09:20 UTC 版)

情報・通信

マスメディア

久留米市は九州朝日放送の発祥の地である。かつてはその名残で久留米市にも支社が存在したが、福岡本社に統合されて廃止された[注釈 2]。またRKB毎日放送テレビ西日本福岡放送も過去に久留米支社を置いていたが、現在はいずれも本社に統合されて廃止された。なお、TVQ九州放送は元から久留米市に支社は置いていない。

外交

姉妹・友好都市

地域

人口

久留米市と全国の年齢別人口分布(2005年) 久留米市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 久留米市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

久留米市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


医療

人口当たりの医師数は、全国トップレベルであり[注釈 3]、久留米大学医学部をはじめ PET等の最先端医療設備を持つ施設が集積した高度医療都市である。

教育

大学

私立

短期大学

私立

高等専門学校

国立

高等学校

公立
私立

小中学校

国立
市立

特別支援学校

県立
  • 福岡県立久留米聴覚特別支援学校
  • 福岡県立田主丸特別支援学校
市立
  • 久留米市立久留米特別支援学校

学校教育外の教育施設

自動車教習所
職業訓練

注釈

  1. ^ 市長の任期は、当初6年。1911年以降は4年。
  2. ^ 佐賀県の報道取材については佐賀支局が行っている。
  3. ^ 政令指定都市・中核市の中でトップ。人口10万人当たりの医師数:全国平均 224.5人 久留米市545.2人。[16]

出典

  1. ^ 気象庁
  2. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2021年5月閲覧。
  3. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年5月閲覧。
  4. ^ 「久留米全市に避難命令」『日本経済新聞』昭和28年6月27日 9面
  5. ^ 図典 日本の市町村章 p207
  6. ^ 中核市久留米”. 久留米市 (2015年12月4日). 2020年7月11日閲覧。
  7. ^ 西日本新聞(11月3日)
  8. ^ 連携中枢都市圏構想”. 久留米市 (2020年4月2日). 2020年7月11日閲覧。
  9. ^ 年月日は、官報、国立公文書館資料、福岡県全誌. 下編、久留米市史、久留米市HP歴代市長 による。詳細不明分は月のみ
  10. ^ 農研機構について/組織概要”. 農研機構. 2020年2月3日閲覧。
  11. ^ 県内の長・議員の任期満了日及び選挙執行予定 - 福岡県庁ホームページ
  12. ^ 十中大雅副議長の職責放棄に関する決議” (日本語). 福岡県議会公式ホームページ (2021年12月1日). 2022年3月2日閲覧。
  13. ^ 筑後地域の議員一覧” (日本語). 福岡県議会公式ホームページ (2021年9月24日). 2021年10月18日閲覧。
  14. ^ 高原敦、野上隆生、外尾誠 (2022年1月25日). “自民の分裂、一変した久留米市長選 広がった「鳩山一強」への反発”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASQ1S73B1Q1STGPB007.html 2022年3月2日閲覧。 
  15. ^ ブリヂストンHP久留米工場概要
  16. ^ 厚生労働省 平成21年地域保健医療基礎統計”
  17. ^ 通勤定期利用補助金【くるめのくらし|久留米シティプロモーション】” (日本語). くるめのくらし|久留米シティプロモーション. 2022年6月15日閲覧。
  18. ^ 久留米観光サイトほとめきの街久留米”. 2019年4月26日閲覧。
  19. ^ a b c d e 水天宮に鎮座する真木神社 東林寺天満宮






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「久留米市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

久留米市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



久留米市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの久留米市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS