中村吉右衛門 (2代目) 年譜

中村吉右衛門 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 18:42 UTC 版)

年譜

受賞歴

出演作品

歌舞伎

二代目吉右衛門の当たり役として知られるものは以下のとおり。

テレビドラマ

映画

バラエティ・教養・ドキュメンタリー

  • クイズアワー「私の秘密」(1966年7月18日、NHK総合) - ゲスト(中村萬之助時代)
  • きょうの料理
    • 「わたしの自慢料理」(1976年12月18日、NHK)
    • 「中村吉右衛門の”伴内バーグ”」(1985年2月16日、NHK):知佐夫人と出演。
  • ジュニア大全科(1982年9月16日、NHK教育)「本との出会い」(4) -星の王子さま~中村吉右衛門-
  • 連想ゲーム(1986年3月26日、NHK) - 解答者。NHKアーカイブス公開ライブラリーにて視聴可能。
  • わくわく動物ランドスペシャル(1986年4月2日、TBS) - 神奈川県横浜市の放送ライブラリーにて無料視聴可能。
  • 青春プレーバック(1986年4月19日、NHK)「中村吉右衛門」 -時今也夢開蝶船出-
  • ひるのプレゼント(1986年10月20日、NHK)「立居振舞人間学」(1) -立つ-
  • 今夜は最高!(1987年8月8日放映回、日本テレビ) - ゲスト。タモリの人気コントキャラクター「大魔神子」の二代目に立候補。歌と踊りを披露。
  • テレビエッセー 私のひとつ(1989年1月21日、NHK)「24本の色鉛筆」
  • 日曜特集・新世界紀行 世界最長の大河 ナイル大紀行1-3(1989年2月19日、TBS) - 語り。DVDあり、神奈川県横浜市の放送ライブラリーにて無料視聴可能。
  • 日立 世界・ふしぎ発見!TBS) - 初期・中期の準レギュラー。
博学ぶりを発揮し、黒柳徹子らレギュラー陣から「親分」と愛称される。2018年9月1日放映(第1486回)に21年ぶりに出演。
  • なるほど!ザ・秋の祭典スペシャル(1989年10月2日、フジテレビ) - 神奈川県横浜市の放送ライブラリーにて無料視聴可能。
  • 日本の伝統芸能 -歌舞伎鑑賞入門- 「時代物」(1990年8月11日、NHK教育) - 神奈川県横浜市の放送ライブラリーにて無料視聴可能。
  • 歌舞伎鑑賞入門II「俊寛」 -日本の伝統芸能-(1991年5月11日、NHK教育) - 神奈川県横浜市の放送ライブラリーにて無料視聴可能。
  • 連続討論・日本人のこころ(2)(1993年1月7日、NHK)「型と芸」芸事の中に前衛を見る - パネラー
  • 漢詩紀行(1993年4月9日 - 1996年6月12日、1999年5月31日-2009年1月3日、NHK教育) - 日本語朗読、NHK公開ライブラリーにて視聴可能。
  • ティータイム芸能館(1995年10月24日、NHK) - 対談「八重子から八重子へ」きき手:水谷八重、舞台「婦系図」録画放映(1973年、国立劇場)
  • 浪漫紀行・地球の贈り物(1994年 - 1996年、TBS) - 水先案内人
  • 笑っていいとも! テレフォンショッキング(1995年10月17日回、フジテレビ) - ゲスト 渡辺真知子からの紹介で登場。尾美としのりに引き継いだ。
  • ETV特集「中村吉右衛門、厳島に立つ」-新作歌舞伎への挑戦-(1998年05月20日、NHK教育)
  • 歌舞伎を救ったアメリカ人 -バワーズ、名優たちとの半世紀-(1999年2月11日、NHK)(共演:九代目松本幸四郎
  • 歌舞伎舞踊鑑賞入門 -日本の伝統芸能-(2001年09月15日、NHK教育)第3回「立役のおどり」
  • 世界・わが心の旅(2001年11月4日、NHK)「フランス ルオーの瞳に魅せられて」
  • ハイビジョンスペシャル空海の風景」(2002年1月2日、NHK) - 朗読
  • ためしてガッテン(2002年9月26日、NHK)「決定版!疲労リセット大作戦」 - 解答者
  • アートエンターテインメント 迷宮美術館(2004年3月20日、2006年2月6日、2008年4月15日、2010年3月15日、NHK) - ベストキュレーター賞
  • 心に残る家(2006年4月 - 9月、日本テレビ
  • 心に刻む風景(2006年10月4日 - 2021年4月7日放映よりタイトルコールのみ出演、代役は日本テレビアナウンサー辻岡義堂。日本テレビ) - ナレーション
  • ハイビジョン特集「還暦からの挑戦~中村吉右衛門 歌舞伎の新作を創る」(2006年3月24日、NHK)
  • ハイビジョン特集「京都・庭の物語~千年の古都が育んだ空間美~」(2007年1月1日、NHK)
  • ETV特集「”星の王子様”と私」(2007年2月17日、NHK) - インタビュー[51]
  • 日曜シアター(2007年12月23日、NHK)招待席・仮名手本忠臣蔵(後編)枠(3) - スタジオコーナーゲスト
  • ハイビジョン特集「日本 庭の物語」(2008年1月4日、NHK)
  • 日本の伝統芸能 中村吉右衛門の歌舞伎入門(2010年3月31日 - 、NHK教育)全4回
  • 二代目の肖像 中村吉右衛門の世界 芸の極みを求めて[52](2011年1月6日、BS朝日)
  • ザ☆スター「岩下志麻」(2011年3月28日、NHK) - ゲスト。映画『心中天網島』制作にまつわる思い出を披露。
  • ウチくる!?[53](2011年9月11日、フジテレビ) - VTRゲスト
  • 情熱大陸(2011年9月18日、MBS)「趣味はスケッチとドライブ。67歳の「人間国宝」歌舞伎への情熱とその素顔とは?」[54]
  • いい旅・夢気分(2012年9月5日、テレビ東京)絶景の瀬戸内 名所めぐり 鳴門~高松~岡山[55](共演:賀来千香子
  • BS歴史館(2012年12月13日、2013年2月28日、NHK) - ゲスト
  • 美味しさの物語 幸福の一皿(2012年4月 - 2013年3月、BS朝日) - 主宰者(案内人)
  • 誰だって波乱爆笑(2015年8月30日、日本テレビ) - ゲスト。山と積まれたプーさんグッズの前で、くまのプーさん好きを披露[56]
  • サワコの朝(2015年9月5日、TBS)記憶の中で今もきらめく曲:「死刑台のエレベーター」のテーマ いま心に響く曲:ナット・キング・コール「アンフォゲッタブル」[57]
  • ザ・インタビュー~トップランナーの肖像(2015年9月5日、BS朝日
  • 美の壺(2016年5月27日、NHK)「魅せる、隠す、暖簾(のれん)」 - ゲスト
  • にじいろジーン(2010年8月14日、2017年8月19日、フジテレビ) - VTRゲスト 「ぐっさんと行くならこんなトコ!」銀座でハワイアンパンケーキを食べ、ぐっさん(山口智充)に歌舞伎体験講座。
  • 熱中世代 大人のランキング [58](2017年8月27日、BS朝日) - 第112回 ゲスト
  • ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~(2018年10月11日、NHK) 「シェイクスピア」 - ゲスト
  • 徹子の部屋(2006年8月25日、2018年8月23日、2019年7月18日〈※初出演、33歳時の映像〉ほか、テレビ朝日) - ゲスト
  • ザ・ドキュメンタリー 二代目 中村吉右衛門~人間国宝74歳…いのちの歌舞伎~[59](2018年9月15日、BS朝日)
  • ぴったんこカン・カン(2019年5月3日、TBS) - VTRゲスト「歌舞伎の名門・尾上菊之助さんご一家がご子息の襲名初舞台を激励する旅」東京會舘にご馳走。ラ・マルセイエーズを披露[60]
  • あしたも晴れ!人生レシピ (2019年8月9日、NHKEテレ)「運命を受けて立つ~中村吉右衛門(75)~」
  • みやこびと極上の遊び ~京都 夏から秋へ~(2020年10月31日、NHK) - 語り
  • 偉人たちの至高のレシピ ~京都・板前割烹の献立帖~[61](2021年01月1日、NHKデジタル総合1) - ゲスト

CM

  • 日立製作所キドカラー」(1977年 - 1978年前期?)
  • ネッスル日本ネスカフェ・ゴールドブレンド」
  • 「違いがわかる男」3代目 / 1972年:ACCCMフェスティバル第12回テレビフィルムCM部門秀作賞。放送ライブラリー無料視聴可能。
  • 「新・違いを楽しむ人たち」他3本 / 2004年
  • 第一製薬カロヤン」(1982年 / 現・第一三共ヘルスケア
  • 味の素ゼネラルフーヅ「グランデージ千年コーヒー」(1983年「グランデージ・女・永遠」篇) - 放送ライブラリー無料視聴可能。ACCCMフェスティバル(第23回秀作賞)
  • サントリー ラジオCM(1991年)「山崎」「作家のキープボトル」篇」 - ACCCMフェスティバル第31回全日本CM大賞、CM殿堂入り第13回(作品№31)
  • ハウス食品
    • 六甲のおいしい水」(1990年代、2000年「水を買う」「水を捜す」篇)
    • 「カレーはハウス」(1993年)
    • 「シーフードのためのカレーです。」「ビーフのためのカレーです。」(1997年 - 1999年)
    • 「100周年企業広告」(2013年)
  • 宗家 源吉兆庵
  • 2012年12月24日より岡山ローカルCM開始。吉右衛門丈が国宝「四季花鳥図」(狩野永徳)と出会うシーンが映し出される(山陽新聞2012年12月24日号)。
  • TBS系はなまるマーケット出演時に和菓子「あんとろり」の紹介(2012年8月14日)。
  • 日本エアシステム(1990年 - 1991年)
  • シャープ「プラズマクラスター加湿空気清浄機」(発見!プラズマクラスター・中村吉右衛門篇、2010年)
  • SMBC日興証券(歌舞伎俳優・100TH「その人生に、SMBC日興証券」篇、2018年、2019年)
  • (株)Papas company(2004年ー2021年6月[62])スチール(ファッション)モデル。文芸春秋、週刊文春などに掲載

舞台

  • 文学座第71回公演「明智光秀」(1957年、東横ホール) - 明智光慶、森力丸 役
  • 歌舞伎と文楽の提携による試演会「嬢景清八嶋日記」(1959年、新橋演舞場) - 土屋郡内 役。同年4月28日、NHK総合にて舞台中継。
  • 東宝グランド・ロマンス、第十五回芸術祭主催公演「敦煌」(1960年、東京宝塚劇場) - 尉遅光 役
  • 東宝劇団旗揚げ公演「野薔薇の城砦」(1961年、東京宝塚劇場) - 芹沢平九郎 役
  • 東宝劇団特別公演「有間皇子」(1961年、芸術座/大阪産経会館) - 有間皇子 役
  • 東宝現代劇「蒼き狼」(1963年、1964年、読売ホール / 東京宝塚劇場) - カサル 役
  • 東宝・明治座提携、東宝劇団九月特別公演「原田家の人々」「新平家物語 清盛と常磐」「さぶ」(1964年、明治座) - 堀内茂助 役、光巌 役、さぶ 役
  • 東宝現代劇、第十九回芸術祭主催公演「墨東綺譚」(1964年、芸術座) - 種田順平 役
  • 東宝劇団6月特別公演「般若寺絵巻」(1965年、東京宝塚劇場) - 木工右馬允知時 役
  • 東宝現代劇名作公演「赤と黒」(1966年、芸術座) - ジュリアン・ソレル 役
  • 東宝現代劇特別公演「太宰治の生涯 同氏作品集より」(1967年、芸術座) - 私 役
  • 東宝みどりの会第一回公演「巨人の星」(1969年、芸術座) - 星一徹
  • 六月新派公演「滝の白糸」(1972年、国立劇場大劇場) - 村越欣弥 役
  • 中村吉右衛門若尾文子帝劇五月特別公演「暗闇の丑松」(1973年、帝国劇場) - 美濃半の煮方丑松 役
  • 第二回十月新派公演「婦系図」(1973年、国立劇場大劇場) - 早瀬主税 役。1974年1月6日:前編、1月13日:後編としてNHK総合にて舞台中継。
  • 新派初春公演、中村吉右衛門特別参加「金色夜叉」(1976年、新橋演舞場) - 間貫一 役。同年4月9日、NHK総合「金曜招待席」にて舞台中継。
  • 新橋演舞場創立60周年記念、六月特別公演「華岡青洲の妻」(1984年、新橋演舞場) - 華岡青洲 役。同年9月9日、NHK総合「芸術劇場」にて舞台中継。
  • 朗読劇「ラヴ・レターズ」(2002年、PARCO劇場) - アンディ 役
  • 平清盛生誕九百年記念公演「祇園精舎」(2018年、国立能楽堂) - 朗読
  • 中村吉右衛門配信特別公演「須磨浦」[63](2020年、国立能楽堂収録、イープラス「Streming+」にてネット配信) - 熊谷次郎直実 役 ※コロナ休演中のため無観客収録・配信。

  1. ^ 千谷道雄『幸三郎三国志』(文藝春秋)P.29
  2. ^ 偉大な祖父に追いつきたくて 悩み苦しみ、歩いてきた”. 「ヘルシーライフ」vol.120. 総合健診センター ヘルチェック (2015年8月). 2021年4月27日閲覧。
  3. ^ 「歌舞伎への扉」Vol.7 初代の芸を人々の記憶に。 ーー中村吉右衛門が 「秀山祭」に託す思い”. T JAPAN:The New York Times Style Magazine 公式サイト (2019年9月13日). 2021年4月9日閲覧。
  4. ^ “尾上菊之助 : 波野瓔子さんと結婚会見 父・菊五郎の“爆弾発言”に大慌て 会見詳報”. 毎日新聞デジタル. (2013年2月15日). http://mantan-web.jp/2013/02/15/20130214dog00m200067000c.html 2013年3月2日閲覧。 
  5. ^ “尾上菊之助:波野瓔子さんと神田明神で結婚式”. 毎日新聞デジタル. (2013年2月26日). https://mantan-web.jp/article/20130226dog00m200010000c.html 2021年7月17日閲覧。 
  6. ^ “歌舞伎俳優、尾上菊之助さんに男児誕生”. 産経ニュース (産経デジタル). (2013年11月28日). https://www.sankei.com/entertainments/news/131128/ent1311280002-n1.html 2021年5月6日閲覧。 
  7. ^ a b “尾上菊之助の長男、初舞台 「令和の丑之助」華々しく 歌舞伎座 27日まで”. 産経ニュース (産経デジタル). (2019年5月14日). https://www.sankei.com/entertainments/news/190514/ent1905140002-n1.html 2021年5月6日閲覧。 
  8. ^ 中村吉右衛門さん体調不良、「九月大歌舞伎」休演”. 読売新聞 (2019年9月16日). 2019年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月25日閲覧。
  9. ^ 体調不良で休演の中村吉右衛門が19日から復帰”. nikkansports.com (2019年9月18日). 2021年4月13日閲覧。
  10. ^ a b “中村吉右衛門が救急搬送 28日夜に体調不良を訴え”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年3月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103290000342.html 2021年4月30日閲覧。 
  11. ^ “救急搬送の中村吉右衛門、入院して引き続き治療専念”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年3月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103300000375.html 2021年4月30日閲覧。 
  12. ^ 中村吉右衛門 7月以降も療養専念、歌舞伎座は休演 3月心臓発作で入院中”. 日刊スポーツ (2021年6月1日). 2021年6月1日閲覧。
  13. ^ “中村吉右衛門は「急性の心臓発作」 当面の間療養に専念 来月出演舞台は休演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年4月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/04/30/kiji/20210430s00041000324000c.html 2021年4月30日閲覧。 
  14. ^ “心臓発作で療養中の中村吉右衛門、『七月大歌舞伎』出演へ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年5月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2192605/full/ 2021年5月6日閲覧。 
  15. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年6月1日). “中村吉右衛門さん、7月も休演 当面療養に専念” (日本語). 産経ニュース. 2021年6月4日閲覧。
  16. ^ 歌舞伎座ギャラリーが体験型で面白い!4つのポイント” (日本語). [歌舞伎] All About. 2021年4月13日閲覧。
  17. ^ 吉右衛門「本物の舞台芸術体験事業」に参加|歌舞伎美人” (日本語). 歌舞伎美人. 2021年4月11日閲覧。
  18. ^ Company, The Asahi Shimbun. “歌舞伎の世界を体験 静岡・田子小に吉右衛門さんが訪問” (日本語). asahi.com. 2021年4月11日閲覧。
  19. ^ 静岡市美術館” (日本語). 静岡市美術館. 2021年4月12日閲覧。
  20. ^ TAB イベント - 「ルオーと風景-パリ、自然、詩情のヴィジョン-」展”. www.tokyoartbeat.com. 2021年4月12日閲覧。
  21. ^ グッチ×中村吉右衛門による、東日本大震災子供支援のチャリティ ガラ開催へ!” (日本語). VOGUE JAPAN. 2021年4月9日閲覧。
  22. ^ 『久々の。』” (日本語). 早稲田大学歌舞伎研究会. 2021年4月11日閲覧。
  23. ^ 歌舞伎俳優の二代目中村吉右衛門さんが講演しました” (日本語). 早稲田大学. 2021年4月11日閲覧。
  24. ^ 「グッチ」被災地支援チャリティ、6月2日にはネックレス発売も” (日本語). www.afpbb.com. 2021年4月12日閲覧。
  25. ^ Company, The Asahi Shimbun. “【紙面から】吉右衛門丈がいざなう「日本美術の祭典」” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年4月12日閲覧。
  26. ^ 鶴岡八幡宮 段葛30日から通行可能 中村吉右衛門さん奉納舞も | 鎌倉” (日本語). タウンニュース (2016年3月25日). 2021年4月14日閲覧。
  27. ^ 物まねでなく、真似ることを心がけてほしい 「中村吉右衛門講演会 古典歌舞伎の芸と心」を開催” (日本語). 早稲田大学. 2021年4月11日閲覧。
  28. ^ 私の失敗 著名35人の体験談』サンケイ新聞社.、Sankeishinbunshuppan、Tōkyō、2008年。ISBN 978-4-8191-1004-4OCLC 229347491
  29. ^ NHKクロニクルより:1969年01月02日(木)午後01:00~午後03:30 劇場中継「さぶ」山本周五郎 原作~東京・芸術座で録画~(NHK総合)” (日本語). NHKクロニクル. 2021年4月10日閲覧。
  30. ^ NHKクロニクルより:1976年6月18日、金曜招待席 「さぶ」山本周五郎原作 舞台中継(NHK総合)” (日本語). NHKクロニクル. 2021年4月10日閲覧。
  31. ^ ようこそ!マイホームタウン・志垣太郎×有楽町”. 東京新聞 (2016年8月1日). 2016年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月25日閲覧。
  32. ^ 私の失敗(3) 著名35人の体験談』サンケイ新聞社、Sankeishinbunshuppan、Tōkyō、2008年。ISBN 978-4-8191-1004-4OCLC 229347491
  33. ^ 初代中村吉右衛門展”. enpaku 早稲田大学演劇博物館. 2021年4月12日閲覧。
  34. ^ HEADLINE, FASHION. “中村吉右衛門の写真展、グッチ銀座で開催 | ART&CULTURE” (日本語). FASHION HEADLINE. 2021年4月12日閲覧。
  35. ^ 中村吉右衛門展”. enpaku 早稲田大学演劇博物館. 2021年4月12日閲覧。
  36. ^ 「二代目 中村吉右衛門 写真展」のお知らせ|歌舞伎美人” (日本語). 歌舞伎美人. 2021年4月12日閲覧。
  37. ^ テレビドラマで三代目の長谷川平蔵を演じた萬屋錦之介も親戚(母の従弟)である
  38. ^ “吉右衛門が文化功労者に”. 歌舞伎美人. (2017年10月24日). http://www.kabuki-bito.jp/news/4357 2017年10月24日閲覧。 
  39. ^ 『朝日新聞』1985年3月30日(東京本社発行)朝刊、22頁。
  40. ^ 忠臣蔵の人々 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇” (日本語). テレビドラマデータベース. 2021年4月7日閲覧。
  41. ^ 大助捕物帳 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇” (日本語). テレビドラマデータベース. 2021年4月7日閲覧。
  42. ^ Nakamura, Kichiemon; 中村吉右衛門 (2019). Yumemidori. Tōkyō. ISBN 978-4-532-17670-9. OCLC 1111570540. https://www.worldcat.org/oclc/1111570540 
  43. ^ 神々の愛でし子 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇” (日本語). テレビドラマデータベース. 2021年4月7日閲覧。
  44. ^ 野菊の墓 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇” (日本語). テレビドラマデータベース. 2021年4月7日閲覧。
  45. ^ くちづけ - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇” (日本語). テレビドラマデータベース. 2021年4月7日閲覧。
  46. ^ 鎖国 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇” (日本語). テレビドラマデータベース. 2021年4月7日閲覧。
  47. ^ 約束 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇” (日本語). テレビドラマデータベース. 2021年4月7日閲覧。
  48. ^ NHK. “奇才!和田勉さんの白黒ドラマの数々が!” (日本語). NHK番組発掘プロジェクト通信. 2021年4月7日閲覧。
  49. ^ ながい坂 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇” (日本語). テレビドラマデータベース. 2021年4月7日閲覧。
  50. ^ 右門捕物帖 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇” (日本語). テレビドラマデータベース. 2021年4月7日閲覧。
  51. ^ ETV特集 2月17日(土)”. www.nhk.or.jp. 2021年6月5日閲覧。
  52. ^ BS朝日 - Daiwa House Presents 二代目の肖像 中村吉右衛門の世界 芸の極みを求めて”. archives.bs-asahi.co.jp. 2021年4月11日閲覧。
  53. ^ 価格.com - 「ウチくる!?」2011年9月11日(日)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2021年4月7日閲覧。
  54. ^ MBS「情熱大陸」情報サイト(旧)”. www.mbs.jp. 2021年4月13日閲覧。
  55. ^ 絶景の瀬戸内 名所めぐり 鳴門~高松~岡山|2012年9月5日の放送一覧|にっぽん!いい旅|テレビ東京” (日本語). にっぽん!いい旅. 2021年4月7日閲覧。
  56. ^ 歌舞伎俳優・二代目中村吉右衛門インタビュー” (日本語). THE FASHION POST. 2021年4月12日閲覧。
  57. ^ サワコの朝 2015/09/05(土)07:30 の放送内容 ページ1” (日本語). TVでた蔵. 2021年6月5日閲覧。
  58. ^ 熱中ゲスト:歌舞伎俳優 中村 吉右衛門” (日本語). www.bs-asahi.co.jp. 2021年4月11日閲覧。
  59. ^ 二代目 中村吉右衛門~人間国宝74歳…いのちの歌舞伎~” (日本語). www.bs-asahi.co.jp. 2021年4月11日閲覧。
  60. ^ 価格.com - 「ぴったんこカン・カン ~【ゲスト:尾上菊之助・寺嶋和史 (他)】~」2019年5月3日(金)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2021年4月13日閲覧。
  61. ^ NHK. “偉人たちの至高のレシピ ~京都・板前割烹(ぽう)の献立帖(ちょう)~ -NHKオンデマンド” (日本語). NHKオンデマンド. 2021年4月10日閲覧。
  62. ^ 文藝春秋に広告を掲載いたしました。 | Papas”. papas.jpn.com. 2021年6月15日閲覧。
  63. ^ 【動画公開】中村吉右衛門配信特別公演『須磨浦』配信のお知らせ|歌舞伎美人” (日本語). 歌舞伎美人. 2021年4月13日閲覧。
  64. ^ 中村吉右衛門「二代目吉右衛門 四方山日記」第16回|本の窓” (日本語). http://shosetsumaru.tameshiyo.me/. 2021年6月24日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中村吉右衛門 (2代目)」の関連用語

中村吉右衛門 (2代目)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中村吉右衛門 (2代目)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中村吉右衛門 (2代目) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS