中山道 歴史遺産

中山道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/08 11:09 UTC 版)

歴史遺産

明治以後の急速な経済発展や関東大震災による被災、第二次大戦時の空襲などによって、沿道が急速に変貌した東海道沿線と異なり、中山道沿線では、江戸時代以前の街道や宿場町が比較的良く保存されて来た。高度経済成長期以後、これらを積極的に保存しようという運動が高まった。特に、重要伝統的建造物群保存地区として選定された長野県の妻籠宿(1976年選定)と奈良井宿(1978年選定)が有名である。他にも、かつての宿場町ではそれぞれ歴史資料館などを整備している。また、奈良井宿と藪原宿の間にあり、日本海信濃川水系)と太平洋木曽川水系)の中央分水嶺でもある鳥居峠や、妻籠宿と馬籠宿の間にある馬籠峠では、自然遊歩道としての整備が進められている。

中山道は、約30の大名が参勤交代に利用したと言われている。その中で最大の領地を持つ加賀藩は、江戸藩邸の上屋敷を中山道沿いの本郷に、下屋敷を板橋宿に置いた。そのうち、江戸上屋敷の敷地は明治以後は、東京帝国大学となった。現在の東京大学本郷キャンパスは、国道17号に面している(ただし、国道17号の同キャンパス付近の通称は「本郷通り」と呼ばれ、後述のように「中山道」とは呼ばれていない)。また、かつての中山道に面して建つ加賀藩上屋敷の御守殿門(赤門)は、重要文化財に指定され保存されている。

中山道は、様々な文学作品の舞台ともなった。馬籠宿出身の島崎藤村は、自らの故郷を舞台に歴史小説『夜明け前』を執筆した。現在は馬籠の生家跡に「藤村記念館」がある。

現在の相当道

他の江戸五街道は基本的に1本(東海道=国道1号など)または多くても2本(日光街道=国道4号・国道119号)の国道(の一部区間)として継承されているが、中山道は多数の道路に分割されている。 現在は、以下の道路が中山道に相当し[13][14] [15] [16][17](一部は中山道の道筋と重なる)、呼称(後述)や愛称で中山道などと呼ばれている区間も存在する。

現代の呼称における中山道

東京都通称道路名

国道17号標識

国道17号の西巣鴨交差点から埼玉県境までの「東京都通称道路名」を中山道(なかせんどう)と称している[18][19]

概要

接続する主な道路

交差する道路 交差点名 所在地
国道17号(白山通り)・巣鴨本郷・日本橋方面
国道122号東京都道305号芝新宿王子線明治通り 東京都道305号芝新宿王子線(明治通り) 西巣鴨 豊島区
旧中山道 板橋郵便局前 板橋区
東京都道317号環状六号線(山手通り)
東京都道420号鮫洲大山線
仲宿
東京都道318号環状七号線(環七通り) 大和町
(旧中山道)
東京都道445号常盤台赤羽線(福寿通り・前野中央通り) 志村警察署前
東京都道311号環状八号線(環八通り)
東京都道446号長後赤塚線高島通り 志村坂下
東京都道447号赤羽西台線 舟渡
国道17号(中山道) さいたま熊谷・高崎方面

交差する鉄道・河川

沿線の主な施設

史跡

その他

高崎市道路愛称名

Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
群馬県道012号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
群馬県道121号標識

新後閑町交差点から岩鼻町交差点に至る群馬県道12号前橋高崎線群馬県道121号和田多中倉賀野線、及び高崎市道の「高崎市道路愛称名」を旧中山道(きゅうなかせんどう、英 : Kyu Nakasendo、番号28番)と称している[21]

概要

  • 起点:和田多中町3-12 新後閑町交差点(三条大橋寄り)
  • 終点:岩鼻町247 岩鼻町交差点(日本橋寄り)
  • 延長:6,100m
  • 正式名称:群馬県道12号前橋高崎線(新後閑町交差点 - 和田多中町交差点)、群馬県道121号和田多中倉賀野線(和田多中町交差点 - 新柳瀬橋北交差点)、高崎市道(新柳瀬橋北交差点 - 岩鼻町交差点)

接続する主な道路

交差する道路 交差点名
群馬県道71号高崎神流秩父線 群馬県道12号前橋高崎線 新後閑町
国道17号高崎バイパス(中山道) 国道17号倉賀野バイパス(中山道) 和田多中町
群馬県道138号倉賀野停車場線 倉賀野駅入口
群馬県道173号金井倉賀野停車場線 中町
群馬県道133号元島名倉賀野線
例幣使街道 下町
国道17号倉賀野バイパス(中山道) 新柳瀬橋北
群馬県道13号前橋長瀞線(長瀞線) 岩鼻町
  • 上が軽井沢寄り、下が日本橋寄り。左が軽井沢方面行きの車線、右が日本橋方面行きの車線。
  • 中町交差点は倉賀野駅方向進入禁止。

交差する鉄道




注釈

  1. ^ 板橋駅の北側にある踏切が「中仙道踏切」という名称である。
  2. ^ 大正期に小諸諏訪を結ぶ佐久諏訪電気鉄道の構想があったが実現には至らなかった。
  3. ^ 恵那 - 御嵩間について、南に大きく迂回しているが瑞浪・土岐経由(国道19号 - 21号)を相当道として表示している地図が見られる。

出典

  1. ^ 中山道散策国土交通省関東地方整備局大宮国道事務所
  2. ^ これまでにない「参勤交代ロードムービー時代劇」をお楽しみください! 〜BS時代劇「一路」〜NHK-BSオンライン2015年7月29日配信
  3. ^ a b c 五街道―諸道の性格国土交通省
  4. ^ a b c d e 浅井建爾 2001, pp. 96-97.
  5. ^ 中山道 三大難所(太田宿中山道会館)
  6. ^ 小林幹男 1998, p. 16.
  7. ^ 青柳(2008)。
  8. ^ 小林幹男 1999, p. 14.
  9. ^ 日本鉄道史 上 1921年 鉄道省編 407頁
  10. ^ 日本鉄道史 上 1921年 鉄道省編 452頁
  11. ^ 山県参議建議幹線鉄道布設ノ件「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A03022898900、公文別録・太政官・明治十五年~明治十八年・第一巻・明治十五年~明治十六年(国立公文書館)
  12. ^ JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A07061661600、記録材料・鉄道局年報(国立公文書館)・両京間鉄道幹線ノ沿革
  13. ^ 道の名前はどのようにしてつけるのですか?建設技術研究所(2016年1月18日閲覧)
  14. ^ 馬瀬口Google マップ
  15. ^ 相生町交差点付近Google マップ
  16. ^ 塩名田交差点付近Google マップ
  17. ^ 八幡西交差点周辺Google マップ
  18. ^ 東京都通称道路名一覧表 Archived 2016年3月5日, at the Wayback Machine.東京都建設局
  19. ^ 東京都通称道路名地図(区部拡大版) Archived 2016年3月5日, at the Wayback Machine.東京都建設局
  20. ^ 板橋警察署速度取締指針板橋警察署2015年12月18日閲覧)
  21. ^ 高崎市道路愛称名一覧 - 高崎市
  22. ^ “NSD67 総選挙!!”. 草津市. (2015年12月18日). https://www.city.kusatsu.shiga.jp/shisei/shichoshitsu/kishakaikei/h27/20151218.files/3.pdf 2016年1月31日閲覧。 
  23. ^ “旧中山道の宿場人気投票イベント 奈良井宿1位、妻籠宿2位”. 信毎Web. (2016年1月14日). http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160114/KT160107GUI090007000.php 2016年2月1日閲覧。 
  24. ^ “中山道宿場町「総選挙」、滋賀の草津宿は5位に”. 産経ニュース. (2015年12月29日7時7分). http://www.sankei.com/region/news/151229/rgn1512290028-n1.html 2016年2月1日閲覧。 
  25. ^ “滋賀・草津宿5位、奈良井宿トップ NSD67総選挙”. 京都新聞. (2015年12月28日17時0分). http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20151228000058/print 2016年2月1日閲覧。 
  26. ^ “中山道宿場町の好きな場所は? 滋賀・草津宿街道交流館がNSD67総選挙”. 産経ニュース. (2015年11月11日7時1分). http://www.sankei.com/region/news/151111/rgn1511110012-n1.html 2016年2月1日閲覧。 


「中山道」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中山道」の関連用語

中山道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中山道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中山道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS