下駄 用途

下駄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/17 08:07 UTC 版)

用途

日常用

下駄を履いたバンカラ学生

下駄は基本的には日常用の履物だが礼装用の下駄も存在する[8]

下駄には天候によって大まかに晴天用、雨天用、晴雨兼用があるが、その違いは歯の違いによって決まるところが大きい[8]。晴天用の下駄に日光下駄や右近下駄、雨天用に高下駄、晴雨兼用の下駄に利休下駄(利久下駄)や時雨下駄がある[8]。高下駄は雨による泥跳ねを避けるため歯が高く、接地面積を狭くするために薄くなっている[8]。利休下駄(利久下駄)は高さ5 - 6cm程度で本来は晴雨兼用で雨天の場合は先端に爪掛けを付けることもあった[8]。その後、日本では舗装路が普及し細い歯では歩きにくくなり、歯の前後にカーブを付けた時雨下駄が作られ、利休下駄(利久下駄)は雨天用、時雨下駄は晴雨兼用と捉えられるようになった[8]

現代の日本では、ビニール素材の軽装履(サンダル構造の草履)やスニーカーにとって代わられ、さらに車の運転に適さないこともあり、一般的には履かれることは少なくなった。

温泉旅館では浴衣と下駄が備え付けてあり、外湯に行く場合は旅館は下駄を貸し、それを履いて出かける。城崎温泉鳴子温泉など、下駄履きを前提としたまちづくりをした温泉街もあり、下駄のレンタルがある地域もある。

神職用下駄

神職は白鼻緒の下駄を用いる。「会津桐白合皮丸下駄」などが一般的。男性神職用、女性神職用等がある[17]

トレーニング用

鉄下駄
木ではなく鉄で作られた下駄。
玉下駄(蓬莱下駄)
下駄の歯を半球ひとつにしたもの。玉下駄は水平の全方向に不安定である。西式健康法の健康法のひとつであり、全身の骨格・筋肉が矯正され健康になるとされる。

  1. ^ 意匠分類定義カード(B5) 特許庁
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 太田朋宏「下駄をつくる授業の改善と検証 : 工芸の授業題材のあり方を求めて」『東京学芸大学紀要 芸術・スポーツ科学系』第62巻、東京学芸大学学術情報委員会、2010年10月、19-29頁、ISSN 18804349NAID 1100084523312021年8月25日閲覧 
  3. ^ Q3 田下駄はどのように使っていたの? 教育出版ホームページ(2018年1月24日閲覧)
  4. ^ 吾妻下駄(整理番号0931) 岩倉市
  5. ^ スーパーボランティア・尾畠春夫さんが語った「壮絶なる我が人生」(週刊現代,齋藤 剛 ) | 現代ビジネス | 講談社(2/4)
  6. ^ 【モノごころ ヒト語り】下駄/軽くて丈夫な桐 足守る『日本経済新聞』夕刊2018年1月13日(社会面)
  7. ^ 例として、『七十一番職人歌合』二十二番の返し歌に「下駄(あしだ)作り」の記述がみられる。なお、幕末期では下駄屋は紐を結ぶ技法を有していたことから甲冑師の手伝いもしており、『甲製録』には「下駄屋まで甲冑製作の手伝いとなった」と記されている。
  8. ^ a b c d e f g h i j 磯映美「大村しげ寄贈品における女物和装履物についての報告」『国立民族学博物館調査報告』第68巻、国立民族学博物館、2007年、197-217頁、doi:10.15021/00001449ISSN 1340-6787NAID 1200017305682021年8月25日閲覧 
  9. ^ 爪革 岩倉市
  10. ^ 差歯高下駄(整理番号0957) 岩倉市
  11. ^ 民俗分野 山形大学附属博物館
  12. ^ 宮本馨太郎「露卯下駄の終焉 : 長谷部言人博士喜寿記念論文」『史苑』第22巻第1号、立教大学、1961年9月、37-51頁、doi:10.14992/00000964ISSN 0386-9318NAID 110009393831 
  13. ^ 千両下駄 岩倉市
  14. ^ 差歯高下駄(整理番号0956) 岩倉市
  15. ^ 鼻緒(花緒) 岩倉市
  16. ^ 前金 岩倉市
  17. ^ 浅田茂樹『井筒笥』2014年7月1日発行杉浦一蛙堂印刷全159頁中59頁
  18. ^ 「日光下駄 素足に草履がさらり」『日本経済新聞』朝刊 NIKKEI The STYLE 2017年9月10日
  19. ^ 沼田桐下駄 群馬県ふるさと伝統工芸士会 (2021年8月24日閲覧)
  20. ^ 駒下駄 岩倉市
  21. ^ 芳町下駄 岩倉市
  22. ^ 吾妻下駄(整理番号0930) 岩倉市
  23. ^ 著者名. "下駄を履かせる". デジタル大辞泉. コトバンクより2024年2月23日閲覧


「下駄」の続きの解説一覧




下駄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「下駄」の関連用語

下駄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



下駄のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下駄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS