三陸はるか沖地震 被害

三陸はるか沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/06 02:31 UTC 版)

被害

  • 死者3名、負傷者784名。
  • 全壊72棟、半壊429棟、一部損壊9021棟。

影響

  • 八戸市内で営業中のパチンコ店が倒壊。地震発生当時200人以上の客が来店しており、2名が死亡した。
  • JR東日本東北本線(現在の青い森鉄道青い森鉄道線)の青森県八戸市河原木地区[10]で、線路の路床が崩落した。復旧は比較的早かったが、年末の帰省時期[11]と重なったため、帰省客など多くの乗客に影響が出た。
  • 八戸市など三八上北地方では県道や市町村道などが崩落・陥没したり亀裂が発生した所が多数発生した[12]

法的措置

  • 激甚災害法適用。なお適用されたのは阪神・淡路大震災の発生数日後である。

その後

  • 20日後に発生した阪神・淡路大震災とともに、発表された震度・マグニチュードと被害の規模に大きな差があり、当時8段階に分かれていた気象庁震度階級が翌年10段階に改正されるきっかけとなった。
  • 建築物の応急危険度判定が初めて実施された。
  • 2001年の気象庁マグニチュードの改定によって、地震の規模がMj 7.6と改められた(改定前は7.5)。
  • 2011年3月11日15時08分に当地震の震源域南隣でM 7.4(Mw 7.4)の地震(東北地方太平洋沖地震の余震)が発生した。[13]

出典




  1. ^ 震度データベース
  2. ^ 気象庁が命名した気象及び地震火山現象
  3. ^ 加藤研一, 武村雅之:強震記録の継続時間から推定される1994年三陸はるか沖地震の破壊伝播特性 地震 第2輯 1996年 49巻 1号 p.75-83, doi:10.4294/zisin1948.49.1_75
  4. ^ 松本浩幸, 三ヶ田均, 大町達夫 ほか、「ゆっくりとした断層破壊による地震津波について 『海岸工学論文集』 2004年 51巻 p.281-285, doi:10.2208/proce1989.51.281
  5. ^ 永井理子, 菊池正幸, 山中佳子、「三陸沖における再来大地震の震源過程の比較研究 -1968年十勝沖地震と1994年三陸はるか沖地震の比較-」 『地震 第2輯』 2001年 54巻 2号 p.267-280, doi:10.4294/zisin1948.54.2_267
  6. ^ 地震発生の長期的予測における地震空白域と地震活動静穏化現象の意義 東北大学大学院理学研究科 (PDF)
  7. ^ 『マグニチュード7.5の衝撃 三陸はるか沖地震の記録』(青森県総務部消防防災課・1996年3月29日発行)65頁「三陸はるか沖地震に関する警報・注意報・情報(青森地方気象台発表)」から参照。
  8. ^ 第113回地震予知連絡会(1995年2月20日)議事概要 地震予知連絡会
  9. ^ 『マグニチュード7.5の衝撃 三陸はるか沖地震の記録』(青森県総務部消防防災課・1996年3月29日発行)65頁「三陸はるか沖地震に関する警報・注意報・情報(青森地方気象台発表)」
  10. ^ 『東奥年鑑1996年版』「おもなニュース写真」の巻頭ページから。
  11. ^ 当時、東北新幹線盛岡駅までで、青森駅方面は盛岡駅から特急はつかり」に乗り継いでいた。
  12. ^ 『マグニチュード7.5の衝撃 三陸はるか沖地震の記録』(青森県総務部消防防災課・1996年3月29日発行)から。
  13. ^ 3月11日 岩手県沖の地震 - 近地強震波形による震源過程解析(暫定)- 気象庁 (PDF)


「三陸はるか沖地震」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三陸はるか沖地震」の関連用語

三陸はるか沖地震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三陸はるか沖地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三陸はるか沖地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS