三田市 経済

三田市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/09 01:30 UTC 版)

経済

産業

日本国内初の日本ハラール協会から認証を受けた食品工場を持つ日乃本食産

金融

指定金融機関:三井住友銀行

市内の主な企業

本拠を置く企業

支店・営業所・工場を置く企業

市内の主な商業施設

  • 一番館三田駅前 キッピーモール
兵庫県三田市 三田駅前 キッピーモールの写真

姉妹都市・提携都市

日本国内
日本国外

教育

大学

短期大学

高等学校

中学校

小学校

特別支援学校




注釈

  1. ^ 同様の例は東京都町田市も同じで、同市は地形の問題(市域全体が神奈川県側に大きく突出しており、都内の隣接自治体である多摩市八王子市とは同じ南多摩地域にありながら丘陵で隔てられているなど。)から神奈川県の相模ブロックに編入され、路線バスのほとんどが神奈川中央交通となっている。
  2. ^ 同じ兵庫県に所在している明石あかしとは無関係で同市にあると間違えられやすい(明石市で「~台」が付く地名は「大久保町山手台」と「朝霧台」のみ)。

出典

  1. ^ a b c 平成23年版三田市統計書”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 三田市の概要”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  3. ^ 兵庫 難読 p145
  4. ^ a b c d 三田市の状況を知る”. 三田市. 2013年4月28日閲覧。
  5. ^ 人口 2012年5月末現在”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  6. ^ 昭和33年〜平成20年 三田市の歴史”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  7. ^ a b c d e f ポケット統計三田”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  8. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2021年1月10日閲覧。
  9. ^ 観測史上1~10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年1月10日閲覧。
  10. ^ 三田市生涯学習支援課市史編さん担当「三田 -地名の由来-」『三田市史だより』、三田市、2012年5月15日、2020年7月11日閲覧。
  11. ^ 図典 日本の市町村章 p160
  12. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p425
  13. ^ 都市の旗と紋章 p46
  14. ^ 町を市とする処分”. 三田市例規集. 2012年6月10日閲覧。
  15. ^ 福祉都市宣言”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  16. ^ 三田市旗を制定”. 三田市例規集. 2012年6月10日閲覧。
  17. ^ a b 三田ツーリズム宣言 PDF”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  18. ^ 三田ツーリズム宣言”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  19. ^ 兵庫県議会/選挙期日と議員任期の「ずれ」の解消に伴う次期県議会議員の任期について
  20. ^ トキトレーディング公式サイト
  21. ^ a b c d e IPROS製造業
  22. ^ パティシエ エス コヤマ公式サイト
  23. ^ 日乃本食産公式サイト
  24. ^ 三田屋本店 やすらぎの郷
  25. ^ 戎産業公式サイト
  26. ^ リュウビシステム公式サイト
  27. ^ a b c d e 三田から羽ばたく”. 三田市. 2015年10月21日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三田市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

三田市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三田市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三田市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS