三田市 地理

三田市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/09 01:30 UTC 版)

地理

六甲山地の北側に広がる農業地帯

[1]

三田市の中心部
天神から市役所方向を望む
三田市の山間部
永沢寺で撮影

兵庫県南東部、六甲山地の北側に位置する。かつては田園風景の広がる典型的な農村の様相を呈していたが、1980年代からの大規模住宅団地の開発と、JR福知山線の複線電化の利便性向上により大阪神戸衛星都市として急激な発展を遂げた。今日では農村と都市の二つの顔を併せ持つ田園都市となっている。瀬戸内海式気候に属すると言われるが、内陸部に位置するため気温の寒暖差は比較的大きい。市内の標高最高地点は峰山の697m、最低標高地点は116mであり、市内の北部や東部は山岳地帯である。

河川・湖沼

[1]

人口

1958年10月1日に市制施行時に初めて統計を取った時の人口は32673人であり、兵庫県での市で一番人口が少ない自治体であった。市制施行後も人口は横ばいであり、1985年10月1日の調査まで3万人台で推移していた。しかし、大阪のベッドタウンとして、北摂三田ニュータウン開発が始まったことにより、人口が急激に増加し、1985年に4万人、1990年に6万人、1991年に7万人、1993年に8万人、1996年には10万人を突破した。人口増加率は兵庫県はおろか10年連続日本一を記録した[2][3][4]。1999年10月1日の調査では11万395人を記録したが、その後は人口増加率が緩やかになった[4]。2010年の国勢調査で11万4220人になった後は減少傾向が続いている[4]。ニュータウン内に市内の人口の半分以上が居住しており[5][6][7]、高齢化対策が課題となっている。

  • 2015年と2010年の国勢調査を比較すると、人口は約1.36%の減少となった。
三田市と全国の年齢別人口分布(2005年) 三田市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 三田市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

三田市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

面積

1989年までは211.90km21990年から1993年までは210.34km21994年からは現在の面積である210.22km2になった[1]




注釈

  1. ^ 同様の例は東京都町田市も同じで、同市は地形の問題(市域全体が神奈川県側に大きく突出しており、都内の隣接自治体である多摩市八王子市とは同じ南多摩地域にありながら丘陵で隔てられているなど。)から神奈川県の相模ブロックに編入され、路線バスのほとんどが神奈川中央交通となっている。
  2. ^ 同じ兵庫県に所在している明石あかしとは無関係で同市にあると間違えられやすい(明石市で「~台」が付く地名は「大久保町山手台」と「朝霧台」のみ)。

出典

  1. ^ a b c 平成23年版三田市統計書”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 三田市の概要”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  3. ^ 兵庫 難読 p145
  4. ^ a b c d 三田市の状況を知る”. 三田市. 2013年4月28日閲覧。
  5. ^ 人口 2012年5月末現在”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  6. ^ 昭和33年〜平成20年 三田市の歴史”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  7. ^ a b c d e f ポケット統計三田”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  8. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2021年1月10日閲覧。
  9. ^ 観測史上1~10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年1月10日閲覧。
  10. ^ 三田市生涯学習支援課市史編さん担当「三田 -地名の由来-」『三田市史だより』、三田市、2012年5月15日、2020年7月11日閲覧。
  11. ^ 図典 日本の市町村章 p160
  12. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p425
  13. ^ 都市の旗と紋章 p46
  14. ^ 町を市とする処分”. 三田市例規集. 2012年6月10日閲覧。
  15. ^ 福祉都市宣言”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  16. ^ 三田市旗を制定”. 三田市例規集. 2012年6月10日閲覧。
  17. ^ a b 三田ツーリズム宣言 PDF”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  18. ^ 三田ツーリズム宣言”. 三田市. 2012年6月10日閲覧。
  19. ^ 兵庫県議会/選挙期日と議員任期の「ずれ」の解消に伴う次期県議会議員の任期について
  20. ^ トキトレーディング公式サイト
  21. ^ a b c d e IPROS製造業
  22. ^ パティシエ エス コヤマ公式サイト
  23. ^ 日乃本食産公式サイト
  24. ^ 三田屋本店 やすらぎの郷
  25. ^ 戎産業公式サイト
  26. ^ リュウビシステム公式サイト
  27. ^ a b c d e 三田から羽ばたく”. 三田市. 2015年10月21日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三田市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

三田市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三田市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三田市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS