三役 三役の概要

三役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/10 06:56 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

 ※民主党政権下に於て積極的に使われた。自公政権復帰後からはほぼ使われていない

 ※地方自治法改正(2007年4月)により、助役に相当する職は副市町村長に、収入役・出納長に相当する職は一般職の会計管理者に変わった。 よって現在は三役ではなく市町村長・副市長村長の二役とする例[1][2]や、1) 市町村長・2) 副市長村長・3) 教育長をもって三役とする例[3][4][5]がある。

脚注

[脚注の使い方]

  1. ^ 市町村二役・議会議長名簿 - 新潟県公式ホームページ
  2. ^ 二役の紹介 - 長野県松本市公式ホームページ
  3. ^ 糸島市三役が決定 - 福岡県糸島市公式ホームページ
  4. ^ 大府市の三役 - 愛知県大府市公式ホームページ
  5. ^ 三役 - 島根県安来市公式ホームページ


「三役」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三役」の関連用語

三役のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三役のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三役 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS