七つの大罪 (漫画) 作品の前身

七つの大罪 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/17 09:45 UTC 版)

作品の前身

読切版

『週刊少年マガジン』2011年52号に掲載された読み切り作品。大まかなプロットは連載版第一話と共通している。エリザベスやメリオダスの原型となる人物も登場するパイロットバージョン。七つの短編 鈴木央短編集講談社出版。2014年11月17日発売)に『ブリザードアクセル』『Ultra Red』などの読み切りと共に収録されている。

ストーリー
国王暗殺を企てたとされる最悪の騎士団『七つの大罪』が聖騎士により滅ぼされたと伝えられてから10年後のブリタニア王国。聖騎士たちは増長し、王を処刑して自らが支配者と成り代わり、国民を虐げる暴政を布いていた。それを憂いた亡王の一人娘エリザベスは『七つの大罪』の力を借りようと、未だに指名手配され続けている伝説の大悪党たちを探す旅に出た。

没ネーム

2013年9月25日より資生堂の男性向けスタイリング剤ブランドであるunoコラボレーション特設サイトに掲載されたネーム。お蔵入りになった連載版第一話の別バージョンである。

ストーリー
宿屋の『閑古鳥亭』を営む少年メリオダスは、ある日甲冑を着たエリザベスと名乗る謎の美女の宿泊を受け入れる。直後に王国の騎士が宿を強襲するが、エリザベスは撃退。聞けば彼女はかつて最強の聖騎士が王女と共に奪い去った失われた聖剣を求め、王国の平和を取り戻すために旅を続けているというが、その聖剣は実はメリオダスの使っていた包丁であり、守りたい存在を見つけ出したメリオダスの力に呼応し真の姿を取り戻す。かくして王国全土を巻き込んだ少年の旅が始まった。

書誌情報

原作漫画

スピンオフ漫画

迷え!七つの大罪学園!
別冊少年マガジン講談社)2014年9月号より2016年11月号まで連載。週刊少年マガジン講談社)でも時折掲載された。作画は球木拾壱。学園を舞台としたスピンオフコメディ漫画。
七つの大罪プロダクション
ARIA講談社)2016年1月号より2017年12月号まで連載。作画は坂元千笑。本作が「実はいま巷で話題の連続テレビドラマ」で、「メリオダス以下“七つの大罪”もドラマとは全然性格が異なる俳優が演じていたら」というコンセプトのギャグ漫画。

小説

小説 七つの大罪 -外伝- 昔日の王都 七つの願い
講談社KCデラックス出版。2014年12月17日発売。著者は、松木朱夏。平和だったころのリオネス王国の物語。マーガレット、ベロニカ、エリザベス、ギルサンダー、ハウザー、グリアモールなどの幼い日の話。
七つの大罪 セブンデイズ
講談社ラノベ文庫出版。2015年1月16日発売。著者は、岩佐まもる。生命の泉を守るエレインと若き青年バンの物語。
講談社KCデラックスにて2016年10月17日に復刊。復刊にあたりタイトルに他の小説化作品同様に「小説」がついた。
小説 七つの大罪 -外伝- 彼らが残した七つの傷跡
講談社KCデラックス出版。2015年10月16日発売。著者は、松木朱夏。ザラトラスの惨劇の後、七つの大罪が王国に戻るまでを結ぶエピソード。
小説 七つの大罪 -外伝- 七色の追憶
講談社KCデラックス出版。2016年10月17日発売。著者は、松木朱夏。ゴウセル、スレイダー、キングの虹にまつわる物語。
七つの大罪 ゲームブック 迷いの森の冒険
講談社KCデラックス出版。2015年6月17日発売。著者は、藤浪智之
主人公は迷いの森に「聖杯」を求めてやってくるが記憶を失ってしまい、彷徨っていると喋る豚ホークと出会い彼とともに聖杯を探すことになるというストーリー。ゲームブックなのでページの部分に番号が書かれていて選んだ行動のところに書いてある番号のページに進んでいく。また選択を間違えると死んでしまいリトライとなる。
本編の第一話の約一年前という設定のオリジナルストーリーで、主人公は〈七つの大罪〉たちに出会い、敵対して戦ったり、会話して味方になったりすることになる。

テレビアニメ

第1期から第2期までは全てが毎日放送製作により、TBS系列全28局ネットにて放送。ナレーションは西凜太朗が担当。

第1期は2014年10月5日より2015年3月29日まで、日曜夕方5時枠にて放送された。また、2015年1月4日には、特別番組『七つの大罪特別編・罪春(シンシュン)』を放送。梶裕貴(メリオダス役)、雨宮天(エリザベス役)、宮野真守(ギルサンダー役)をMCに迎え、前半クールの振り返りトークをVTRを交えながら進められた[3]。ナレーションは久野美咲が担当した(劇中のキャラクター、ホーク名義)。

2016年8月28日より9月18日まで4週連続でテレビスペシャル『七つの大罪 聖戦の予兆』(ななつのたいざい せいせんのしるし)が第1期と同枠にて放送された。テレビスペシャル終了後に第2期の制作が発表され[4]、2018年1月6日から6月30日にかけては『七つの大罪 戒めの復活』(ななつのたいざい いましめのふっかつ)のタイトルで『アニメサタデー630』第1部にて放送された。初回は新作映像を含めた第1期の総集編『七つの大罪 戒めの復活 -序章-』が放送[5]され、放送開始前々週にあたる2017年12月23日から24日には同枠にてOAD第1弾がテレビ放送された[6][7][8]。制作は引き続きA-1 Picturesが担当。なお、一部スタッフが変更される[6]ほか、本編終了後に実写パートとして「ボンボンTV」専属ユーチューバーによるインフォメーションコーナーも放送した[注 21]

第3期『七つの大罪 神々の逆鱗』(ななつのたいざい かみがみのげきりん)は、2019年秋より放送予定[9]。アニメーション制作はスタジオディーンに変更される。

原作からの主な変更点

  • 原作のストーリーに忠実だが、カットされたり、改変されている描写がある。
  • ゴウセルが登場する際のエピソードが大幅に改変されている。そのため、彼が姿を変えていた容姿や理由も異なる。

スタッフ

第1期 TVSP 第2期 第3期
原作 鈴木央
監督 岡村天斎 ところともかず 古田丈司、田中智也(副)[6] 西澤晋[9]
シリーズ構成 菅正太郎 綾奈ゆにこ 吉岡たかを[6] 池田臨太郎[9]
キャラクターデザイン
(アニメーション
キャラクター設定)
佐々木啓悟 西野理恵[9]
- 戸谷賢都[6]
サブキャラクターデザイン 小松麻美 須藤智子 川上哲也
美術監督 伊東広道
- 田邊浩子(第13話 - 第24話)
美術設定 金平和茂 成田偉保[6]
プロップデザイン 宮川治雄
- 須藤智子 -
色彩設計 茂木孝浩
- 岡崎菜々子[6]
撮影監督 木村俊也
3DCGディレクター 軽部優(第1期はCG監督)
編集 後藤正浩
音楽 澤野弘之和田貴史(第1期第14話以降)[9]
- KOHTA YAMAMOTO
音響監督 若林和弘
音楽制作 アニプレックス
プロデューサー 瓜生恭子、立石謙介
遠藤哲哉、金庭こず恵 古川慎、加瀬直人、鍋岩晶子
長谷川嘉範、紀伊宗之
井上貴允、橋本龍 亀井博司
アニメーション
プロデューサー
山田賢志郎 藤田祥雄 山田賢志郎、渋谷晃尚
アニメーション制作 A-1 Pictures スタジオディーン[9]
製作 「七つの大罪」
製作委員会[注 22]
「七つの大罪TVSP」
製作委員会[注 22]
「七つの大罪 戒めの復活」
製作委員会[注 23]
「七つの大罪 神々の逆鱗」
製作委員会[9]
MBS

主題歌

第1期
オープニングテーマ
熱情のスペクトラム」(第1話 - 第12話)
作詞・作曲 - 水野良樹 / 編曲 - 近藤隆史、田中ユウスケ / 歌 - いきものがかり
第1話では本編後にオープニングが挿入された。
Seven Deadly Sins」(第13話 - 第23話、OAD2)
作詞 - Kamikaze Boy、Jean-Ken Johnny / 作曲 - Kamikaze Boy / 編曲・歌 - MAN WITH A MISSION
エンディングテーマ
7 -seven-」(第2話 - 第12話、OAD2)
作詞 - Kohshi Asakawa、谷山紀章 / 作曲 - Takeshi Asakawa / 編曲・歌 - FLOW×GRANRODEO
「Season」(第13話 - 最終話、OAD1)
作詞・歌 - 瀧川ありさ / 作曲・編曲 - 瀧川ありさ、渡辺拓也
聖戦の予兆
オープニングテーマ「CLASSIC
作詞 - YUKKE、達瑯 / 作曲 - YUKKE / 編曲 - ミヤ & Ken / 歌 - MUCC
エンディングテーマ「色褪せない瞳」[10]
作詞・歌 - 瀧川ありさ / 作曲 - 奥井康介、瀧川ありさ / 編曲 - 渡辺拓也
第2期
オープニングテーマ
「Howling」(第1話 - 第12話)
作詞 - Kohshi Asakawa、Keigo Hayashi、Kisho Taniyama / 作曲 - Takeshi Asakawa、Masaaki Iizuka / 編曲・歌 - FLOW×GRANRODEO[11]
第1話では本編後にオープニングが挿入された。
「雨が降るから虹が出る[12]」(第13話 - 第24話)
作詞・歌 - スカイピース / 作曲・編曲 - 宮川拓
第24話ではエンディング位置で使用された。
エンディングテーマ
「Beautiful」(第1話 - 第12話)
作詞・作曲・歌 - Anly[11] / 編曲 - Jeff Miyahara
「誓い[13]」(第13話 - 第24話)
作詞 - TOMO / 作曲 - glasswerks / 編曲 - Carlos K.谷口尚久 / 歌 - 雨宮天
第24話では挿入歌として使用された。

各話リスト

テレビアニメ
話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 アクション
作監
総作画監督 原作 放送日
第1期『七つの大罪』
第一話 七つの大罪 菅正太郎 岡村天斎 ところともかず 小松麻美 - 佐々木啓悟 第1巻 2014年
10月5日
第二話 聖騎士の剣 岡村天斎
坂上六郎
伊藤秀樹 10月12日
第三話 眠れる森の罪 花田十輝 東出太 飛田剛 伊藤公規 小松麻美 第1巻 - 第2巻 10月19日
第四話 少女の夢 綾奈ゆにこ 岡村天斎 岩月甚 小野田貴之 佐々木啓悟 第2巻 10月26日
第五話 たとえあなたが死んでも 菅正太郎 菅井嘉浩 小野田雄亮 柴田志朗 小松麻美 11月2日
第六話 はじまりの詩 花田十輝 滝澤敏史 石井俊匡 大杉尚広 佐々木啓悟 第2巻 - 第3巻 11月9日
第七話 感動の再会 綾奈ゆにこ セトウケンジ 高村雄太 橋本英樹、津熊健徳 小松麻美 第3巻 11月16日
第八話 恐るべき追跡者 菅正太郎 今泉賢一 寺田祐一、伊藤公規 佐々木啓悟 第3巻 - 第4巻 11月23日
第九話 暗黒の脈動 花田十輝 伊藤秀樹 小松麻美 第4巻 - 第5巻 11月30日
第十話 バイゼル喧嘩祭り 綾奈ゆにこ 坂上六郎 サトウ光敏 北條直明、杉本幸子
仁井学
佐々木啓悟 第5巻 12月7日
第十一話 積年の想い 菅正太郎 古田丈司 飛田剛 小野田貴之 小松麻美 第5巻 - 第6巻 12月14日
第十二話 戦慄のカノン 白金雅太郎 岩月甚 石川準、伊藤秀樹
道下康太、古住千秋
横田匡史、小野田貴之
佐々木啓悟 第6巻 12月21日
第十三話 破壊の使徒 坂上六郎 国本晃伸 三浦雅子、河西睦月 徳田大貴 小松麻美 第7巻 - 第8巻 2015年
1月11日
第十四話 本を読むひと 綾奈ゆにこ 岡村天斎 石井俊匡 大杉尚広、伊藤公規
寺田祐一、古住千秋
戸谷賢都、石川準
諸貫哲朗 佐々木啓悟 1月18日
第十五話 アンホーリィ・ナイト サトウ光敏 北條直明、杉本幸子
望月謙、川村敏江
- 小松麻美 第8巻 1月25日
第十六話 駆り立てられる伝説たち 花田十輝 福田道生 伊藤秀樹 伊藤秀樹、小野田貴之 諸貫哲朗 佐々木啓悟 第8巻 - 第9巻 2月1日
第十七話 最初の犠牲 菅正太郎 菅井嘉浩 高村雄太 津熊健徳、藤原未来夫
青木里枝、松本純平
小松麻美 第9巻 - 第10巻 2月8日
第十八話 この命にかえても 綾奈ゆにこ 今泉賢一 戸谷賢都、須藤智子
古住千秋、井元一彰
石川準
徳田大貴 佐々木啓悟 第10巻 - 第11巻 2月15日
第十九話 まちぼうけの妖精王 花田十輝 坂上六郎 熨斗谷充孝 仁井学、北條直明
杉本幸子
諸貫哲朗 戸谷賢都 2月22日
第二十話 勇気のまじない 菅正太郎 高橋敦史 岩月甚 伊藤公規、寺田祐一
岡本達明、小野田貴之
徳田大貴 小松麻美 第11巻 3月1日
第二十一話 今、そこにせまる脅威 田口智久 飛田剛 小野田貴之 諸貫哲朗 佐々木啓悟 第11巻 - 第12巻 3月8日
第二十二話 君のためにできること 綾奈ゆにこ ところともかず 西片康人 須藤智子、石川準
古住千秋、加藤万由子
戸谷賢都
徳田大貴 戸谷賢都 第12巻 3月15日
第二十三話 絶望降臨 花田十輝 石平信司 伊藤秀樹 小松麻美、伊藤公規
岡本達明、寺田祐一
五反孝幸
諸貫哲朗 小松麻美 第12巻 - 第13巻 3月22日
第二十四話 英雄たち 菅正太郎 岡村天斎 石井俊匡 小野田貴之、須藤智子
石川準、古住千秋
戸谷賢都
徳田大貴 佐々木啓悟 第13巻 - 第14巻 3月29日
TVSP『七つの大罪 聖戦の予兆』
第一話 黒き夢の始まり
The Dark Dream Begins
綾奈ゆにこ ところともかず 前田学史 須藤智子 アニメオリジナル 2016年
8月28日
第二話 二人の喧嘩祭り
Our Fighting Festival
木戸雄一郎 うえだしげる 山名秀和、小野田貴之 伊藤公規 9月4日
第三話 初恋を追いかけて
In Pursuit of First Love
綾奈ゆにこ 石井俊匡 田中織枝、辻早智子
菊池貴行
須藤智子 9月11日
第四話 愛のかたち
The Shape of Love
宮尾佳和 飛田剛 古住千秋、中拓郎 伊藤公規 9月18日
第2期『七つの大罪 戒めの復活』
総集編 -序章- 第1期総集編 2018年
1月6日
第一話 魔神族復活 吉岡たかを 古田丈司 田中智也 戸谷賢都、山名秀和 柳隆太
(アクショ
ンディレ
クター)
戸谷賢都 第13巻 - 第14巻 1月13日
第二話 存在と証明 木戸雄一郎 永岡智佳 秋月彩 川上哲也 第14巻 1月20日
第三話 神器ロストヴェイン 永井千晶 西澤晋 長山延好 錦見楽 戸谷賢都 第14巻 - 第15巻 1月27日
第四話 〈十戒〉始動 赤星政尚 初見浩一 丸山裕介 斉藤千恵 川上哲也 第15巻 2月3日
第五話 圧倒的暴力 安永豊 藤澤俊幸 孫承希 小川エリ、清水勝祐 戸谷賢都 第15巻 - 第16巻 2月10日
第六話 償いの聖騎士長 永井千晶 西澤 晋 徐恵眞 山村俊了、江森真理子
津熊健徳
川上哲也 第16巻 2月17日
第七話 記憶が目指す場所 吉岡たかを 石川俊介 斉藤千恵 戸谷賢都 2月24日
第八話 ドルイドの聖地 木戸雄一郎 田中智也 山名秀和 川上哲也 第16巻 - 第17巻 3月3日
第九話 愛する者との約束 赤星政尚 古田丈司 高橋謙仁 錦見楽、清水勝祐 戸谷賢都 第17巻 - 第18巻 3月10日
第十話 僕たちに欠けたもの 安永豊 吉岡忍 吉田南 秋月彩、能海知佳 川上哲也 3月17日
第十一話 父親と息子 木戸雄一郎 西澤晋 門間一弥 斉藤千恵、坂本あかね 戸谷賢都 3月24日
第十二話 愛の在り処 吉岡たかを 佐々木守 丸山裕介 臼田美夫、服部憲治 川上哲也 第18巻 3月31日
第十三話 さらば愛しき盗賊 赤星政尚 西澤晋 平野宏樹 古住千秋、小川エリ
小林理
戸谷賢都 第18巻 - 第19巻 4月14日
第十四話 太陽の主 安永豊 岡村天斎 岩月甚 丸山大勝、小松真梨子
錦見楽、小松沙奈
戸谷賢都
川上哲也
第19巻 4月21日
第十五話 戦慄の告白 木戸雄一郎 初見浩一 朝岡卓矢 江森真理子、津熊健徳
斉藤香織
第19巻 - 第20巻 4月28日
第十六話 死の罠の迷宮 吉岡たかを 石川俊介 木村寛 秋月彩、小川エリ
清水勝祐、坂本あかね
川上哲也 第20巻 5月5日
第十七話 伝承の者共 赤星政尚 田中智也 斉藤千恵、丸山大勝
古住千秋、小松真梨子
戸谷賢都 第20巻 - 第21巻 5月12日
第十八話 その光は誰が為に 安永豊 佐々木守 孫希承 古住千秋、小林理
錦見楽、秋月彩
川上哲也 第21巻 5月19日
第十九話 メリオダスVS<十戒> 木戸雄一郎 柳隆太 丸山裕介
田中智也
戸谷賢都、小川エリ
秋月彩、坂本あかね
小松真梨子、古住千秋
戸谷賢都 第22巻 5月26日
第二十話 希望を求めて 吉岡たかを 西澤晋 吉田南 清水勝祐、津熊健徳
小林理、古住千秋
秋月彩
川上哲也 6月2日
第二十一話 たしかな ぬくもり 赤星政尚 木村寛 斉藤千恵、丸山大勝 戸谷賢都 第23巻 6月9日
第二十二話 <罪>の帰還 安永豊 高橋敦史 柴田裕介 川上哲也、錦見楽
秋月彩、小川エリ
室山祥子、小松真梨子
小林理、清水勝祐
川上哲也 6月16日
第二十三話 英雄、立つ! 木戸雄一郎 初見浩一 篠原正寛 戸谷賢都、古住千秋
斉藤千恵、坂本あかね
秋月彩、小松真梨子
小林理、津熊健徳
戸谷賢都 第24巻 6月23日
第二十四話 君がいるだけで 吉岡たかを 古田丈司 田中智也
池田愛彩
戸谷賢都、川上哲也
丸山大勝、錦見楽
斉藤千恵、小松真梨子
秋月彩、古住千秋
清水勝祐
川上哲也 第24巻 - 第26巻 6月30日
OAD
話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 コミックス
収録巻
発売日
1 外伝 バンデット・バン 菅正太郎 ところともかず 古住千秋、伊藤公規 戸谷賢都 第15巻限定版 2015年
6月17日
2 英雄たちの戯れ 〜番外編集〜
  • 無駄なものなんて何一つ
  • 教えて、団長!
  • 残飯処理騎士団 団長の事件簿
  • ディアンヌとバン
  • 泣くな、友よ
  • ギルサンダーの真実
  • 結果良ければ全て良し
  • 嘘と誠
  • 相棒
今泉賢一
岡村天斎
小野田貴之 前田学史、岡部弘子
小野田貴之
- 第16巻限定版 8月12日
3 第34巻限定版 2018年
11月16日

放送局

日本国内 テレビ / 第1期 放送期間および放送時間[14]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [15] 備考
2014年10月5日 - 2015年3月29日 日曜 17:00 - 17:30 毎日放送製作局)ほかTBS系列全28局 日本国内[注 24] 字幕放送 / 連動データ放送
2015年2月12日 - 7月30日 木曜 19:00 - 19:30 アニマックス 日本全域 BS/CS放送 / リピート放送あり[16]
日本国内 テレビ / 聖戦の予兆 放送期間および放送時間[17]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [15] 備考
2016年8月28日 - 9月18日 日曜 17:00 - 17:30 毎日放送(製作局)ほかTBS系列全28局 日本国内[注 24] 連動データ放送
2016年11月30日 - 12月21日 水曜 22:00 - 22:30 アニマックス 日本全域 BS/CS放送 / リピート放送あり[18]
TBS系列全局・アニマックスでは字幕放送を実施。
日本国内 テレビ / 外伝『バンデット・バン』 放送期間および放送時間[7]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [15] 備考
2017年12月23日 土曜 6:30 - 7:00 毎日放送(製作局)ほかTBS系列全28局 日本国内[注 24] 字幕放送 / 『アニメサタデー630』第1部
2017年12月24日 日曜 10:30 - 11:00 TOKYO MX 東京都
日本国内 テレビ / 第2期 放送期間および放送時間[19]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [15] 備考
2018年1月6日 - 6月30日 土曜 6:30 - 7:00 毎日放送(製作局)ほかTBS系列全28局 日本国内[注 24] 連動データ放送 / 『アニメサタデー630』第1部
2018年2月18日 - 日曜 19:30 - 20:00 アニマックス 日本全域 BS/CS放送 / リピート放送あり
2018年7月7日 - 土曜 2:00 - 2:30(金曜深夜) Dlife 日本全域 BS放送 [20]
TBS系列全局・アニマックスでは字幕放送を実施。
日本国内 インターネット / 第1期 放送期間および放送時間[14]
配信期間 配信時間 配信サイト
2014年10月12日 - 2015年4月5日 日曜 0:00(土曜深夜) 更新
日曜 0:00 - 0:30(土曜深夜) ニコニコ生放送
日曜 0:30(土曜深夜) 更新
2014年10月13日 - 2015年4月6日 月曜 12:00 更新
日本国内 インターネット / 聖戦の予兆 放送期間および放送時間[17]
配信期間 配信時間 配信サイト
2016年8月28日 - 9月18日 日曜 17:30 更新
日曜 21:00 - 21:30 ニコニコ生放送
2016年8月29日 - 9月19日 月曜 12:00 更新
2016年8月30日 - 9月20日 火曜 0:00(月曜深夜) 更新 PlayStation Video
2016年9月2日 - 金曜 0:00(木曜深夜) 更新
日本国内 インターネット / 第2期 放送期間および放送時間[19]
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年1月6日 - 6月30日 土曜 7:00 更新
2018年1月13日 - 7月7日 土曜 12:00 - 12:30 ニコニコ生放送
土曜 12:00 更新
  • GYAO!
  • dアニメストア
  • dTV
  • ネットフリックス
  • バンダイチャンネル
  • Amazonビデオ
  • U-NEXT
  • ひかりTV
  • アニメ放題
  • ビデオマーケット
土曜 23:00 更新 ニコニコチャンネル
2018年4月14日 - 土曜 更新 Paravi

BD / DVD

発売日 収録話 規格品番
BD限定版 DVD限定版 DVD通常版
第1期
1 2015年1月28日 第1話 - 第3話 ANZX-11671/2 ANZB-11671/2 ANSB-11671
2 2015年2月25日 第4話 - 第6話 ANZX-11673/4 ANZB-11673/4 ANSB-11673
3 2015年3月25日 第7話 - 第9話 ANZX-11675/6 ANZB-11675/6 ANSB-11675
4 2015年4月22日 第10話 - 第12話 ANZX-11677/8 ANZB-11677/8 ANSB-11677
5 2015年5月27日 第13話 - 第15話 ANZX-11679/80 ANZB-11679/80 ANSB-11679
6 2015年6月24日 第16話 - 第18話 ANZX-11681/2 ANZB-11681/2 ANSB-11681
7 2015年7月22日 第19話、第20話 ANZX-11683/4 ANZB-11683/4 ANSB-11683
8 2015年8月26日 第21話、第22話 ANZX-11685/6 ANZB-11685/6 ANSB-11685
9 2015年9月23日 第23話、第24話 ANZX-11687/8 ANZB-11687/8 ANSB-11687
聖戦の予兆
2017年1月11日 第1話、第2話 ANZX-12261/2 ANZB-12261/2 ANSB-12261
2017年2月8日 第3話、第4話 ANZX-12263/4 ANZB-12263/4 ANSB-12263
第2期[21]
1 2018年4月25日 第1話 - 第3話 ANZX-13871/2 ANZB-13871/2 ANSB-13871
2 2018年5月30日 第4話 - 第6話 ANZX-13873/4 ANZB-13873/4 ANSB-13873
3 2018年6月27日 第7話 - 第9話 ANZX-13875/6 ANZB-13875/6 ANSB-13875
4 2018年7月25日 第10話 - 第12話 ANZX-13877/8 ANZB-13877/8 ANSB-13877
5 2018年8月29日 第13話 - 第15話 ANZX-13879/80 ANZB-13879/80 ANSB-13879
6 2018年9月26日 第16話 - 第18話 ANZX-13881/2 ANZB-13881/2 ANSB-13881
7 2018年10月24日 第19話、第20話 ANZX-13883/4 ANZB-13883/4 ANSB-13883
8 2018年11月28日 第21話、第22話 ANZX-13885/6 ANZB-13885/6 ANSB-13885
9 2018年12月26日 第23話、第24話 ANZX-13887/8 ANZB-13887/8 ANSB-13887

WEBラジオ

ラジオ 七つの大罪 <豚の帽子>亭 ホークトーク
2014年10月1日から2015年9月30日までHiBiKi Radio Stationにて配信されていたWEBラジオ番組。毎週水曜日更新。本配信前週の9月24日に第0回がプレ配信された。パーソナリティは久野美咲(ホーク 役)。当初は第42回にて終了予定だったが、好評につき2016年9月末までの継続が決定。それに伴い隔週水曜日の更新となる。
2016年3月27日に発表された第2回アニラジアワードにて「BEST COMFORT RADIO 癒しラジオ賞(一般枠)」を受賞した[22]
コーナー
メール一丁、入ります
アニメ、ラジオの感想・質問など、普通のお便りを紹介するコーナー。
豚の帽子亭相談窓口
リスナーからのお悩み相談コーナー。
ゲスト
ラジオCD
ラジオCD「七つの大罪 <豚の帽子>亭 ホークトーク」
発売日 新規録り下ろし特別版ゲスト 過去配信回 規格品番
1 2015年2月25日 梶裕貴 第0回 - 第8回 HBKM-45
2 2015年4月29日 鈴木達央 第9回 - 第19回 HBKM-46
3 2015年7月29日 福山潤 第20回 - 第30回 HBKM-48
4 2015年10月28日 悠木碧、髙木裕平 第31回 - 第42回 HBKM-69
5 2016年1月27日 - 第43回 - 第47回 HBKM-70
ラジオ七つの大罪<豚の帽子>亭ホークトーク 特別配信
  • 2015年12月30日 HiBiKi Radio Stationにて配信。パーソナリティは久野美咲(ホーク 役)と梶裕貴(メリオダス 役)の2人。ラジオCD「七つの大罪<豚の帽子>亭ホークトーク」第5巻の内容を一部配信する。
  • 2016年9月14日 HiBiKi Radio Stationにて配信(48回目扱い)。パーソナリティは久野美咲(ホーク 役)と髙木裕平(ゴウセル 役)と瀧川ありさ(「七つの大罪 聖戦の予兆」ED主題歌担当)の3人。9月3日に行われた「七つの大罪FES 聖戦の幕間」を振り返る。
  • 2017年1月11日 HiBiKi Radio Stationにて配信(49回目扱い)。パーソナリティは久野美咲(ホーク 役)と梶裕貴(メリオダス 役)の2人。
  • 2017年2月8日 HiBiKi Radio Stationにて配信(50回目扱い)。パーソナリティは久野美咲(ホーク 役)と雨宮天(エリザベス 役)の2人。
ラジオ七分の大罪
2016年新作テレビアニメ制作決定になり、作品を盛り上げる番組として、<豚の帽子>亭ホークトークが帰ってきた。番組時間が7分と決めてその時間に様々な事をしていく。パーソナリティーは久野美咲(ホーク 役)。
2016年1月6日から2017年2月22日までHiBiKi Radio Stationにて毎週水曜日に配信をしていた。さらにHiBiKi Radio Station会員のみ聞ける「楽屋裏」も同時更新された。
ゲスト
2016年
  • 1月 梶裕貴(メリオダス 役)
  • 2月 髙木裕平(ゴウセル 役)
  • 3月 悠木碧(ディアンヌ 役)
  • 4月 鈴木達央(バン 役)
  • 5月 雨宮天(エリザベス 役)
  • 6月 髙木裕平(ゴウセル 役)
  • 7月 伊瀬茉莉也(ギーラ 役)
  • 8月 福山潤(キング / ハーレクイン 役)
  • 9月 髙木裕平(ゴウセル 役)
  • 10月 鈴木達央(バン 役)
  • 11月 小西克幸(ドレファス 役)
  • 12月 悠木碧(ディアンヌ 役)
2017年
  • 1月 梶裕貴(メリオダス 役)
  • 2月 雨宮天(エリザベス 役)
ラジオ七つの大罪 ホークトークの復活
2018年より新作TVアニメ「七つの大罪 戒めの復活」の放送開始に伴い、番組を盛り上げるためにホークトークも復活。パーソナリティーは引き続き久野美咲(ホーク 役)。
2017年12月27日から2018年7月25日までHiBiKi Radio Stationにて配信されたWEBラジオ番組。隔週水曜日更新。
コーナー
メール一丁、入ります(作品の感想やふつおたなど)
トークの十戒(十戒にちなんで単語10個を引いて全て盛り込んだトーク)
縁側ホ-っこりトーク(縁側にいるような気分で、のんびりとほっこりするメール)
ゲスト
  • #00・01:内田夕夜(ヘンドリクセン 役)
  • #02・03:鈴木達央(バン 役)
  • #04・05:髙木裕平(ゴウセル 役)
  • #06・07:岩崎ひろし(ガラン 役)
  • #08・09:小林裕介(グロキシニア 役)
  • #10:小岩井ことり(エレイン 役)
  • #11:西凜太朗(オスロ- 役、他)
  • #12・13:國立幸(アーサー=ペンドラゴン)
  • #14・15:杉田智和(エスカノール)
ラジオ七つの大罪 天空のホークトーク
2018年8月18日に『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』が公開される事に合わせて番組をリニューアル。パーソナリティーは引き続き久野美咲(ホーク 役)。
2018年8月8日から2018年10月3日HiBiKi Radio Stationにて配信されたWEBラジオ番組。隔週水曜日更新。
ゲスト
  • #01:代永翼(ソラーダ 役)
  • #02・03:梶裕貴(メリオダス、ゼルドリス 役)
  • #04・05:雨宮天(エリザベス、リズ 役)

関連書籍

毎日放送制作・TBS系列 日曜17:00 - 17:30枠
日5枠
前番組 番組名 次番組
ハイキュー!!
(2014年4月6日 - 9月21日)
七つの大罪
(2014年10月5日 - 2015年3月29日)
アルスラーン戦記
(2015年4月5日 - 9月27日)
アルスラーン戦記 風塵乱舞
(2016年7月3日 - 8月21日)
七つの大罪 聖戦の予兆
(2016年8月28日 - 9月18日)
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)
(2016年10月2日 - 2017年4月2日)
毎日放送制作・TBS系列 土曜6:30 - 7:00枠
(『アニメサタデー630』枠〈第1部〉)
100%パスカル先生&プリプリちぃちゃん!!
(2017年4月15日 - 2017年12月16日)
七つの大罪 戒めの復活
(2018年1月6日 - 6月30日)
ゾイドワイルド
(2018年7月7日 - )



注釈

  1. ^ 当時から換算した「10年後のメリオダス」の想像図としてこうなった。
  2. ^ 本人曰く「他人のことを考えずに作る」。
  3. ^ マーリン曰く、メリオダスは値段よりかなり安い値段で売ってしまったらしい。
  4. ^ 幼少の頃を描いた第31話の扉絵では隠していない。また、この時点で右目の文様が確認できる。
  5. ^ 本人はこれを気にしているため現在の髪形になっている。
  6. ^ メリオダスと出会わずに天寿を全うした生まれ変わりも存在している。
  7. ^ ホーク自身はマーリンが「100倍で3000」の「100倍」のところだけ小さく言ったため3000だと思っている。
  8. ^ TVアニメ特別編「聖戦の予兆」において、これが女神族の虚言だということが描写されている。
  9. ^ メリオダス曰く、ネコとおやつを取り合って負けたこともあるらしい。
  10. ^ 22巻のエスタロッサの回想シーンで彼らしき人物が左端に書かれている。
  11. ^ ゴウセルのみ吹き出しが四角く描かれる。テレビアニメ版では、台本を読み上げるような平坦な口調で表現されている。
  12. ^ ただし、兄からはその事で疎まれ、暴力を受けていた。この際に魔力を発現し、兄の腕を折っている。
  13. ^ アルドリッチ時は身長190cm、体重101kg。ヘルブラム時は身長65cm、体重5kg。
  14. ^ その中で城塞都市コランドを滅ぼしており、その死体や恨みを後にメラスキュラに利用されてしまった。
  15. ^ 実際は処刑せずに一族諸とも封印している
  16. ^ メリオダスに匹敵する女神族側の戦士であるというのが自身が選ばれた一番の理由であるが、同時に自身が聖戦時に手にかけたゴウセルの恋人グラリーザの復讐という意味もあった。
  17. ^ 元はバイゼル大喧嘩祭りの参加者の一人。不治の病を患った少女で、病を治す事を条件に自らの体を貸した。
  18. ^ 元はバイゼル大喧嘩祭りの参加者の一人。喧嘩祭りから数日後に魔神族に殺害され、魂となった自身に交渉してきたタルミエルの要求を呑んで体を貸した。
  19. ^ メンバーの全員が「金剛」の称号を持つ聖騎士で闘級3000を超える。
  20. ^ ただしこれは器が生体である場合に限られる。例として、サリエルが器としたソラシドは、恩寵の使用により急激に成長し、タルミエルが器としたアーバスはもともと死人であった為に何の変化もなかった。
  21. ^ アニマックス・Dlife・ネット配信では実写パートはカットされる。ボンボンTVでは完全版として配信されていた。本コーナーは同年8月18日公開の映画『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』のゲスト声優オーディションを兼ねていた。
  22. ^ a b アニプレックス講談社電通ムービック
  23. ^ アニプレックス、講談社、サミー、電通、ムービック、東映
  24. ^ a b c d TBS系列局が所在しない秋田県福井県徳島県佐賀県を除く(遠距離受信および区域外再放送は含めず)。
  25. ^ アニメサタデー630フィルムズ第1弾として位置づけられている。
  26. ^ アニプレックス、講談社、サミー、電通、ムービック、東映、MBSテレビ、TBSテレビ

出典

  1. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(1)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年2月16日閲覧。
  2. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(2)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年2月16日閲覧。
  3. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(3)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年2月16日閲覧。
  4. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(4)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年2月16日閲覧。
  5. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(5)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年2月16日閲覧。
  6. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(6)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年2月16日閲覧。
  7. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(7)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年5月18日閲覧。
  8. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(8)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年5月18日閲覧。
  9. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(9)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年6月17日閲覧。
  10. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(10)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年8月16日閲覧。
  11. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(11)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年10月17日閲覧。
  12. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(12)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年12月19日閲覧。
  13. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(13)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2015年2月18日閲覧。
  14. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(14)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2015年4月17日閲覧。
  15. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(15)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2015年6月17日閲覧。
  16. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(16)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2015年8月12日閲覧。
  17. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(17)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2015年10月16日閲覧。
  18. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(18)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2015年12月17日閲覧。
  19. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(19)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2016年2月17日閲覧。
  20. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(20)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2016年4月15日閲覧。
  21. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(21)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2016年6月17日閲覧。
  22. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(22)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2016年8月17日閲覧。
  23. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(23)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2016年10月17日閲覧。
  24. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(24)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2016年12月16日閲覧。
  25. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(25)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2017年3月19日閲覧。
  26. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(26)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2017年5月17日閲覧。
  27. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(27)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2017年7月14日閲覧。
  28. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(28)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2017年10月17日閲覧。
  29. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(29)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2017年12月15日閲覧。
  30. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(30)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2018年2月16日閲覧。
  31. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(31)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2018年7月17日閲覧。
  32. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(32)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2018年7月17日閲覧。
  33. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(33)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2018年8月18日閲覧。
  34. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(34)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2018年11月18日閲覧。
  35. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(35)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2019年1月20日閲覧。
  36. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(36)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2019年5月5日閲覧。
  37. ^ 『七つの大罪 公式ファンブック 解体罪書』(鈴木央)|講談社コミックプラス”. 2016年8月27日閲覧。
  38. ^ 『七つの大罪 公式ファンブック 罪約聖書』(鈴木央)|講談社コミックプラス”. 2016年8月27日閲覧。
  39. ^ 『七つの大罪 イラストコレクション 〈七色の罪〉』(鈴木央)|講談社コミックプラス”. 2016年8月27日閲覧。
  40. ^ 『七つの大罪 番外編集 <原罪>』(鈴木央)|講談社コミックプラス”. 2018年7月17日閲覧。
  41. ^ 『七つの大罪 公式アニメガイド アニ罪』(鈴木央)|講談社コミックプラス”. 2016年8月27日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「七つの大罪 (漫画)」の関連用語

七つの大罪 (漫画)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



七つの大罪 (漫画)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの七つの大罪 (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS