ヴェネツィア派 絵画の特徴

ヴェネツィア派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 07:51 UTC 版)

絵画の特徴

初期ルネサンス

フローラ(女性理想像)(バルトロメオ・ヴェネトの作品)。当時のヴェネツィアにおける高級娼婦の姿を描き出したものと考えられているが、なぜこれがルクレツィア・ボルジアと考えられたかは不明。

盛期ルネサンス

ティツィアーノによって下塗りされたキャンバスの上に最初から絵具で描くやり方も使われるようになった。これは構図の大幅な変化や動きを生み出す効果を与えた。そのようなことから、ティツィアーノが油彩画の可能性を一代で極めてしまったとも言われる[9]

流動的な形

フィレンツェ派が遠近法や線の曖昧さの排除によって正確な形を捕え、平面の上で立体を表現し、そこから人間中心主義を絵画の中で発揮しようとしたことに対し、ヴェネツィア派の絵画は流動的な形や線の曖昧さで人物を他の物と等しく、空間の構成要素として全体の脈絡を保たせた[10]

色彩的な絵画

光の投射による明暗諧調を色彩で表現し、色彩は絵画の伝統の誕生のきっかけとなった。これはラヴェンナのモザイク技術やビザンティンのイコンなどの色彩の影響もみられる[11]

題材の選択

フィレンツェ派と比べて多々違いがあるが、いくつかの特徴を以下に列挙する。

イエス・キリストを自らになぞらえたものなどが挙げられる。これは彼らのナルシシズムが影響していると考えられている[13]
  • 難解なアレゴリーを含む神話画[12]
例として、当時富裕になったヴェネツィアでは人口が増加し、それによってコルティジャーナと呼ばれる高級娼婦たちが増えることとなった。彼女たちもまた画家のモデルとなり、ローマ神話の神々に例えられて描かれた[14]
  • 風景画
画面そのものを環境自然として、人物や物語を中心から外している[12]
  • 画材の選択
ヴェネツィア地方では湿気が多いためフレスコが使えない。そのため、キャンバスを壁に貼り付ける方法が使われた[15]。また、あるエッセイストはこれが切っ掛けでティツィアーノは油絵の導入を行ったとしている[16]。油彩絵具の導入によって試行錯誤を重ねながら制作することが可能となったが、一方で研究者にとっては主題の特定を困難にするという問題も発生した[17]

18世紀









英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヴェネツィア派」の関連用語

ヴェネツィア派のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヴェネツィア派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴェネツィア派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS