ワーズ・オブ・ラヴ ワーズ・オブ・ラヴの概要

ワーズ・オブ・ラヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 15:48 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
バディ・ホリー > ワーズ・オブ・ラヴ
ザ・ダイアモンズ > ワーズ・オブ・ラヴ
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > ワーズ・オブ・ラヴ
ワーズ・オブ・ラブ
バディ・ホリーシングル
B面 メイルマン、ブリング・ミー・ノー・モア・ブルース
リリース
規格 7インチシングル
録音 1957年4月8日
ジャンル ポップ・ロック
時間
レーベル コーラル・レコード
作詞・作曲 バディ・ホリー
プロデュース ノーマン・ペティ
バディ・ホリー シングル 年表
  • モダン・ドンファン
  • (1957年)
  • ワーズ・オブ・ラヴ
  • (1957年)
  • ザットル・ビー・ザ・デイ英語版
  • (1957年)
テンプレートを表示

バディ・ホリーによる演奏

バディ・ホリーは、1957年3月にクロービスのスタジオで「ワーズ・オブ・ラヴ」を録音[1]。バディには演奏したい2つのギターのパートがあったが、当時の技術では1つのテープ・レコーダーから別のテープ・レコーダーに1回の録音を行ない、その間に別のボーカルや楽器を2つ目のテープに同時録音するほかなかった[1]。これにより、本作はホリーの楽曲で初めてオーバー・ダビングが行なわれた楽曲となっている[1]

アレンジが完成した後、1957年4月8日に本番となるレコーディングが行われた[1]。演奏はいずれもホリー自身によるもので、最初にドラムスベースリズムギターボーカルが録音され、その後にリードギターの追加のボーカルのパートが加えられた[2]

1993年に同名のコンピレーション・アルバムが発売され、全英アルバムチャートで第1位を獲得した[3]。同作は英国レコード産業協会からゴールド認定を受けている[4]

カバー・バージョン

ザ・ダイアモンズによるカバー

ザ・ダイアモンズによるカバー・バージョンは、1957年にマーキュリー・レコードよりシングル盤として発売された。このバージョンは、同年7月15日付のBillboard Top 40で最高位13位を獲得した[5]

その後、1996年に発売されたコンピレーション・アルバム『The Best of The Diamonds: The Mercury Years』にも収録された[6]

ビートルズによるカバー

ワーズ・オブ・ラブ
ビートルズ楽曲
収録アルバムビートルズ・フォー・セール
英語名Words Of Love
リリース1964年12月4日
録音
ジャンルロック
時間
  • 2分12秒(モノラル)
  • 2分2秒(ステレオ)
レーベルパーロフォン
作詞者バディ・ホリー
作曲者バディ・ホリー
プロデュースジョージ・マーティン
ビートルズ・フォー・セール 収録曲
エイト・デイズ・ア・ウィーク
(B-1)
ワーズ・オブ・ラヴ
(B-2)
ハニー・ドント
(B-3)
ミュージックビデオ
「Words Of Love」 - YouTube

ビートルズは、ホリーの楽曲を好んでおり、1961年から1962年にかけてキャヴァーン・クラブでのライブで「ワーズ・オブ・ラヴ」を演奏していた[7]。1964年10月18日にEMIスタジオのスタジオ2で「ワーズ・オブ・ラヴ」のカバー・バージョンのレコーディングが行なわれた[8]。なお、キャヴァーン・クラブでの演奏時は、ジョン・レノンジョージ・ハリスンボーカルを務めていたが、1964年のレコーディング時はレノンとポール・マッカートニーがボーカルを務めた[7]。また、レコーディング時にリンゴ・スターは、曲に合わせて梱包用ケースの側面を叩いてリズムを取っている[9]

ビートルズによるカバー・バージョンは、イギリスでは1964年12月4日にパーロフォンから発売された『ビートルズ・フォー・セール[10]、アメリカでは1965年6月14日にキャピトル・レコードから発売された『ビートルズ VI』に収録された[11]

1963年7月16日にBBCラジオの『Pop Go The Beatles』用に演奏が録音され、同年8月20日に放送された[12]。2013年に発売された『オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』に、当時の演奏が収録された[13]。同作のプロモーション用にミュージック・ビデオが制作されており[14]、2015年に発売された映像作品『1+』に収録された。

演奏

※出典[15]

その他のアーティストによるカバー

  • パット・ディニツィオ英語版 - 2009年に発売されたアルバム『Pat Dinizio/Buddy Holly』に収録[16]
  • ジェシカ・リー・メイフィールド英語版 - 2009年に発売されたアルバム『Sweetheart: Our Favorite Artists Sing Their Favorite Love Songs』に収録[17]
  • パティ・スミス - 2011年に発売されたアルバム『Rave on Buddy Holly』に収録[18]
  • ジェフ・リン - 2011年に発売されたアルバム『Listen to Me: Buddy Holly』に収録[19]

  1. ^ a b c d Gribbin 2012, p. 35.
  2. ^ Gribbin 2012, pp. 35-36.
  3. ^ Official Albums Chart Top 75”. Official Charts Company. 2021年7月21日閲覧。
  4. ^ British album certifications – Buddy Holly – Words of Love”. British Phonographic Industry. 2021年7月21日閲覧。
  5. ^ Musso, Anthony P. (2007). Setting the Record Straight. AuthorHouse. p. 264. ISBN 1-4259-5986-5 
  6. ^ Unterberger, Richie. “The Best of the Diamonds: The Mercury Years - The Diamonds | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. All Media Network. 2021年7月21日閲覧。
  7. ^ a b Dogget & Humphries 2010, p. 63.
  8. ^ Guesdon 2014, p. 157.
  9. ^ Womack 2017, p. 282.
  10. ^ Womack 2009, p. 288.
  11. ^ Womack 2009, p. 291.
  12. ^ Winn 2008, p. 59.
  13. ^ Live At The BBC (Vol.2)”. thebeatles.com. 2021年7月21日閲覧。
  14. ^ (2015年) The Beatles1+』のアルバム・ノーツ [book]. Apple Records.
  15. ^ MacDonald 2005, pp. 140-141.
  16. ^ Deming, Mark. Pat Dinizio/Buddy Holly - Pat DiNizio | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年7月21日閲覧。
  17. ^ Stafford, Chariity. Sweetheart: Our Favorite Artists Sing Their Favorite Love Songs [2009] - Various Artists | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年7月21日閲覧。
  18. ^ Erlewine, Stephen Thomas. “Rave on Buddy Holly - Various Artists | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. All Media Network. 2021年7月21日閲覧。
  19. ^ Leggett, Steve. Listen to Me: Buddy Holly - Various Artists - Various Artists | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年7月21日閲覧。


「ワーズ・オブ・ラヴ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワーズ・オブ・ラヴ」の関連用語

ワーズ・オブ・ラヴのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワーズ・オブ・ラヴのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワーズ・オブ・ラヴ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS