ワシントン・コマンダース 2022年シーズンの対戦相手

ワシントン・コマンダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/02 23:29 UTC 版)

2022年シーズンの対戦相手

2022年シーズンのコマンダースの対戦相手
AFC NFC
前年 西地区 南地区 北地区 東地区 西地区 南地区 北地区 東地区
1位 チーフス タイタンズ ベンガルズ ビルズ ラムズ バッカニアーズ パッカーズ カウボーイズ
2位 チャージャーズ コルツ スティーラーズ ペイトリオッツ カージナルス セインツ バイキングス イーグルス
3位 レイダース テキサンズ ブラウンズ ドルフィンズ 49ers ファルコンズ ベアーズ コマンダース
4位 ブロンコス ジャガーズ レイブンズ ジェッツ シーホークス パンサーズ ライオンズ ジャイアンツ

 :1度対戦  :2度対戦

成績

NFC東地区(4地区制、2002年-現在)

年度 地区優勝 2位 3位 4位
チーム チーム チーム チーム
2021 DAL(3w) 12 5 0 PHI(7w) 9 8 0 WAS 7 10 0 NYG 4 13 0
2020 WAS(4w) 7 9 0 NYG 6 10 0 DAL 6 10 0 PHI 4 11 1
2019 PHI(4w) 9 7 0 DAL 8 8 0 NYG 4 12 0 WAS 3 13 0
2018 DAL(4d) 10 6 0 PHI(6d) 9 7 0 WAS 7 9 0 NYG 5 11 0
2017 PHI(1v) 13 3 0 DAL 9 7 0 WAS 7 9 0 NYG 3 13 0
2016 DAL(1d) 13 3 0 NYG(5w) 11 5 0 WAS 8 8 0 PHI 7 9 0
2015 WAS(4w) 9 7 0 PHI 7 9 0 NYG 6 10 0 DAL 4 12 0
2014 DAL(3d) 12 4 0 PHI 10 6 0 NYG 6 10 0 WAS 4 12 0
2013 PHI(3w) 10 6 0 DAL 8 8 0 NYG 7 9 0 WAS 3 13 0
2012 WAS(4w) 10 6 0 NYG 9 7 0 DAL 8 8 0 PHI 4 12 0
2011 NYG(4v) 9 7 0 PHI 8 8 0 DAL 8 8 0 WAS 5 11 0
2010 PHI(3w) 10 6 0 NYG 10 6 0 DAL 6 10 0 WAS 6 10 0
2009 DAL(3d) 11 5 0 PHI(6w) 11 5 0 NYG 8 8 0 WAS 4 12 0
2008 NYG(1d) 12 4 0 PHI(6c) 9 6 1 DAL 9 7 0 WAS 8 8 0
2007 DAL(1d) 13 3 0 NYG(5v) 10 6 0 WAS(6w) 9 7 0 PHI 8 8 0
2006 PHI(3d) 10 6 0 DAL(5w) 9 7 0 NYG(6w) 8 8 0 WAS 5 11 0
2005 NYG(4w) 11 5 0 WAS(6d) 10 6 0 DAL 9 7 0 PHI 6 10 0
2004 PHI(1s) 13 3 0 NYG 6 10 0 DAL 6 10 0 WAS 6 10 0
2003 PHI(1c) 12 4 0 DAL(6w) 10 6 0 WAS 5 11 0 NYG 4 12 0
2002 PHI(1c) 12 4 0 NYG(5w) 10 6 0 WAS 7 9 0 DAL 5 11 0

NFC東地区(3地区制、1970年-2001年)

年度 地区優勝 2位 3位 4位 5位
チーム チーム チーム チーム チーム
2001 PHI(3c) 11 5 0 WAS 8 8 0 NYG 7 9 0 ARI 7 9 0 DAL 5 11 0
2000 NYG(1s) 12 4 0 PHI(4d) 11 5 0 WAS 8 8 0 DAL 5 11 0 ARI 3 13 0
1999 WAS(3d) 10 6 0 DAL(5w) 8 8 0 NYG 7 9 0 ARI 6 10 0 PHI 5 11 0
1998 DAL(3w) 10 6 0 ARI(6d) 9 7 0 NYG 8 8 0 WAS 6 10 0 PHI 3 13 0
1997 NYG(3w) 10 5 1 WAS 8 7 1 PHI 6 9 1 DAL 6 10 0 ARI 4 12 0
1996 DAL(3d) 10 6 0 PHI(5w) 10 6 0 WAS 9 7 0 ARI 7 9 0 NYG 6 10 0
1995 DAL(1v) 12 4 0 PHI(4d) 10 6 0 WAS 6 10 0 NYG 5 11 0 ARI 4 12 0
1994 DAL(2c) 12 4 0 NYG 9 7 0 ARI 8 8 0 PHI 7 9 0 WAS 3 13 0
1993 DAL(1v) 12 4 0 NYG(4d) 11 5 0 PHI 8 8 0 PHO 7 9 0 WAS 4 12 0
1992 DAL(2v) 13 3 0 PHI(5d) 11 5 0 WAS(6d) 9 7 0 NYG 6 10 0 PHO 4 12 0
1991 WAS(1v) 14 2 0 DAL(5d) 11 5 0 PHI 10 6 0 NYG 8 8 0 PHO 4 12 0
1990 NYG(2v) 13 3 0 PHI(4w) 10 6 0 WAS(5d) 10 6 0 DAL 7 9 0 PHO 5 11 0
1989 NYG(2d) 12 4 0 PHI(4w) 11 5 0 WAS 10 6 0 PHO 5 11 0 DAL 1 15 0
1988 PHI(3d) 10 6 0 NYG 10 6 0 WAS 7 9 0 PHO 7 9 0 DAL 3 13 0
1987 WAS(3v) 11 4 0 DAL 7 8 0 StL 7 8 0 PHI 7 8 0 NYG 6 9 0
1986 NYG(1v) 14 2 0 WAS(4c) 12 4 0 DAL 7 9 0 PHI 5 10 1 StL 4 11 1
1985 DAL(3d) 10 6 0 NYG(4d) 10 6 0 WAS 10 6 0 PHI 7 9 0 StL 5 11 0
1984 WAS(2d) 11 5 0 NYG(5d) 9 7 0 StL 9 7 0 DAL 9 7 0 PHI 6 9 1
1983 WAS(1s) 14 2 0 DAL(4w) 12 4 0 StL 8 7 1 PHI 5 11 0 NYG 3 12 1
1982 WAS(1v) 8 1 0 DAL(2c) 6 3 0 StL(6w) 5 3 1 NYG 4 5 0 PHI 3 6 0
1981 DAL(2c) 12 4 0 PHI(4w) 10 6 0 NYG(5d) 9 7 0 WAS 8 8 0 StL 7 9 0
1980 PHI(2s) 12 4 0 DAL(4c) 12 4 0 WAS 6 10 0 StL 5 11 0 NYG 4 12 0
1979 DAL(1d) 11 5 0 PHI(4d) 11 5 0 WAS 10 6 0 NYG 6 10 0 StL 5 11 0
1978 DAL(2s) 12 4 0 PHI(5w) 9 7 0 WAS 8 8 0 StL 6 10 0 NYG 6 10 0
1977 DAL(1v) 12 2 0 WAS 9 5 0 StL 7 7 0 PHI 5 9 0 NYG 5 9 0
1976 DAL(2d) 11 3 0 WAS(4d) 10 4 0 StL 10 4 0 PHI 4 10 0 NYG 3 11 0
1975 StL(3d) 11 3 0 DAL(4s) 10 4 0 WAS 8 6 0 NYG 5 9 0 PHI 4 10 0
1974 StL(d) 10 4 0 WAS(d) 10 4 0 DAL 8 6 0 PHI 7 7 0 NYG 2 12 0
1973 DAL(c) 10 4 0 WAS(d) 10 4 0 PHI 5 8 1 StL 4 9 1 NYG 2 11 1
1972 WAS(s) 11 3 0 DAL(c) 10 4 0 NYG 8 6 0 PHI 4 9 1 StL 2 11 1
1971 DAL(v) 11 3 0 WAS(d) 9 4 1 PHI 6 7 1 StL 4 9 1 NYG 4 10 0
1970 DAL(s) 10 4 0 NYG 9 5 0 StL 8 5 1 WAS 6 8 0 PHI 3 10 1

NFL東カンファレンス・首都地区(1967年-1969年)

地区優勝 2位 3位 4位
チーム チーム チーム チーム
1969 DAL(c) 11 2 1 WAS 7 5 2 NO 5 9 0 PHI 4 9 1
1968 DAL(c) 12 2 0 NY 7 7 0 WAS 5 9 0 PHI 2 12 0
1967 DAL(n) 9 5 0 PHI 6 7 1 WAS 5 6 3 NO 3 11 0

NFL東カンファレンス(1953年-1966年)

優勝 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位
チーム チーム チーム チーム チーム チーム チーム チーム
1966 DAL(n) 10 3 1 CLE 9 5 0 PHI 9 5 0 StL 8 5 1 WAS 7 7 0 PIT 5 8 1 ATL 3 11 0 NY 1 12 1
スーパーボウル開始
1965 CLE(n) 11 3 0 DAL 7 7 0 NY 7 7 0 WAS 6 8 0 PHI 5 9 0 StL 5 9 0 PIT 2 12 0
1964 CLE(v) 11 3 0 StL 9 3 2 PHI 6 8 0 WAS 6 8 0 DAL 5 8 1 PIT 5 9 0 NY 2 10 2
1963 NY(n) 11 3 0 CLE 10 4 0 StL 9 5 0 PIT 7 4 3 DAL 4 10 0 WAS 3 11 0 PHI 2 10 2
1962 NY(n) 12 2 0 PIT 9 5 0 CLE 7 6 1 WAS 5 7 2 DAL 5 8 1 StL 4 9 1 PHI 3 10 1
1961 NY(n) 10 3 1 PHI 10 4 0 CLE 8 5 1 StL 7 7 0 PIT 6 8 0 DAL 4 9 1 WAS 1 12 1
1960 PHI(v) 10 2 0 CLE 8 3 1 NY 6 4 2 StL 6 5 1 PIT 5 6 1 WAS 1 9 2
1959 NY(n) 10 2 0 CLE 7 5 0 PHI 7 5 0 PIT 5 6 1 WAS 1 9 2 CHC 2 10 0
1958 NY(n) 9 3 0 CLE 9 3 0 PIT 7 4 1 WAS 4 7 1 CHC 2 9 1 PHI 2 9 1
1957 CLE(n) 9 2 1 NY 7 5 0 PIT 6 6 0 WAS 5 6 1 PHI 4 8 0 CHC 3 9 0
1956 NY(v) 8 3 1 CHC 7 5 0 WAS 6 6 0 CLE 5 7 0 PIT 5 7 0 PHI 3 8 1
1955 CLE(v) 9 2 1 WAS 8 4 0 NY 6 5 1 CHC 4 7 1 PHI 4 7 1 PIT 4 8 0
1954 CLE(v) 9 3 0 PHI 7 4 1 NY 7 5 0 PIT 5 7 0 WAS 3 9 0 CHC 2 10 0
1953 CLE(n) 11 1 0 PHI 7 4 1 WAS 6 5 1 PIT 6 6 0 NY 3 9 0 CHC 1 10 1

NFLアメリカン・カンファレンス(1950年-1952年)

優勝 2位 3位 4位 5位 6位
チーム チーム チーム チーム チーム チーム
1952 CLE(n) 8 4 0 NY 7 5 0 PHI 7 5 0 PIT 5 7 0 CHC 4 8 0 WAS 4 8 0
1951 CLE(n) 11 1 0 NYG 9 2 1 WAS 5 7 0 PIT 4 7 1 PHI 4 8 0 CHC 3 9 0
1950 CLE(v) 10 2 x NYG 10 2 x PHI 6 6 x PIT 6 6 x CHC 5 7 x WAS 3 9 x

NFL東地区(1933年-1949年)

優勝 2位 3位 4位 5位
チーム チーム チーム チーム チーム
1949 PHI(v) 11 1 0 PIT 6 5 1 NYG 6 6 0 WAS 4 7 1 NYB 1 10 1
1948 PHI(v) 9 2 1 WAS 7 5 0 NY 4 8 0 PIT 4 8 0 BOS 3 9 0
1947 PHI(n) 8 4 0 PIT 8 4 0 BOS 4 7 1 WAS 4 8 0 NY 2 8 2
1946 NY(n) 7 3 1 PHI 6 5 0 WAS 5 5 1 PIT 5 5 1 BOS 2 8 1
1945 WAS(n) 8 2 0 PHI 7 3 0 NY 3 6 1 BOS 3 6 1 PIT 2 8 0
1944 WAS(n) 6 3 1 NY 6 3 1 PHI 7 3 0 BOS 2 8 1 BK 0 10 0
1943 WAS(n) 6 3 1 NY 6 3 1 Phil-Pitt 5 4 1 BK 2 8 0
1942 WAS(v) 10 1 0 PIT 7 4 0 NY 5 5 1 BK 3 8 0 PHI 2 9 0
1941 NY(n) 8 3 0 BK 7 4 0 WAS 6 5 0 PHI 2 8 1 PIT 1 9 1
1940 WAS(n) 9 2 0 NY 8 3 0 BK 6 4 1 PIT 2 7 2 PHI 1 10 0
1939 NY(n) 9 1 1 WAS 8 2 1 BK 4 6 1 PHI 1 9 1 PIT 1 9 1
1938 NY(v) 8 2 1 WAS 6 3 2 BK 4 4 3 PHI 5 6 0 PIT 2 9 0
1937 WAS(v) 8 3 0 NY 6 3 2 PIT 4 7 0 BK 3 7 1 PHI 2 8 1
1936 BOS(n) 7 5 0 PIT 6 6 0 NY 5 6 1 BK 3 8 1 PHI 1 11 0
1935 NY(n) 9 3 0 BK 5 6 1 PIT 4 8 0 BOS 2 8 1 PHI 2 9 0
1934 NY(v) 8 5 0 BOS 6 6 0 BK 4 7 0 PHI 4 7 0 PIT 2 10 0
1933 NY(n) 11 3 0 BK 5 4 1 BOS 5 5 2 PHI 3 5 1 PIT 3 6 2

NFL(1932年)





チーム
チーム
チーム
チーム
チーム
チーム
1932 8 1 CHB 7 1 6 2 GB 10 3 1 3 POR 6 2 4 4 BOS 4 4 2 5 NY 4 6 2 7 CHC 2 6 2

主な選手

永久欠番

ワシントン・コマンダース 永久欠番一覧
背番号 選手 ポジション 在籍期間
9 ソニー・ジャーゲンセン Sonny Jurgensen QB 1964–1974
21 ショーン・テイラー Sean Taylor FS 2004-2007
33 サミー・ボウ Sammy Baugh QB, S, P 1937–1952
49 ボビー・ミッチェル Bobby Mitchell RB, WR 1962–1968
準永久欠番

準永久欠番扱いでどの選手にも使用されていない背番号がある。スティーブ・スパリアー (Steve Spurrier)がヘッドコーチに就任した2002年のトレーニングキャンプの際、背番号7はダニー・ウェーフェル (Danny Wuerffel)に、9はシェーン・マシューズ (Shane Matthews)に使用されたものの、その後、ウェーフェルは17に、マシューズは6に変更された。また同シーズン中、背番号49も控えTEのレナード・スティーブンス (Leonard Stephens)に使用された。当時GMだったボビー・ミッチェルはこの仕打ちはオーナーによる嫌がらせではないかと語った。2019年NFLドラフト1巡目で入団したQBのドウェイン・ハスキンズは、オハイオ州立大学時代に背番号7を着用しており、レッドスキンズでも同じ番号を希望したため、サイズマンからの許可を得て、背番号7を着用している。

プロフットボール殿堂入り

プロフットボール殿堂入りメンバー一覧
選手
背番号 名前 ポジション 在籍期間 選出年
33 サミー・ボウ Sammy Baugh QB, S, P 1937–1952 1963
35 ビル・ダドリー Bill Dudley RB, CB 1950–1953 1966
20 クリフ・バトルズ Cliff Battles RB, CB 1932–1937 1968
40 ウェイン・ミルナー Wayne Millner TE, DE 1936–1941 1968
17 ターク・エドワーズ Turk Edwards OT, DT 1932–1940 1969
75 ディーコン・ジョーンズ Deacon Jones DE 1974 1980
70 サム・ハフ Sam Huff LB 1964–1969 1982
9 ソニー・ジャーゲンセン Sonny Jurgensen QB 1964–1974 1983
49 ボビー・ミッチェル Bobby Mitchell RB, WR 1962–1968 1983
- エグゼクティブ 1969–2002
42 チャーリー・テイラー Charley Taylor WR 1964–1977 1984
27 ケン・ヒューストン Ken Houston S 1973–1980 1986
73 スタン・ジョーンズ Stan Jones DT 1966 1991
44 ジョン・リギンズ John Riggins RB 1976–1985 1992
26 ドン・シュラ Don Shula DB 1957 1997
26 ポール・クラウス Paul Krause S 1964–1967 1998
81 アート・モンク Art Monk WR 1980–1993 2008
28 ダレル・グリーン Darrell Green CB 1983–2002 2008
78 ブルース・スミス Bruce Smith DE 2000–2003 2009
68 ラス・グリム Russ Grimm G 1981–1991 2010
55 クリス・ハンバーガー Chris Hanburger LB 1965–1978 2011
21 ディオン・サンダース Deion Sanders CB 2000 2011
89 デイブ・ロビンソン Dave Robinson LB 1973–1974 2013
60 ディック・スタンフェル Dick Stanfel OG 1956–1958 2016
55 ジェイソン・テイラー Jason Taylor DE, LB 2008 2017
24 チャンプ・ベイリー Champ Bailey CB 1999–2003 2019
コーチ・エグゼクティブ
名前 役職 在籍期間 選出年
ジョージ・プレストン・マーシャル George Preston Marshall オーナー, 創設者 1932–1969 1963
カーリー・ランボー Curly Lambeau ヘッドコーチ 1952–1953 1963
ヴィンス・ロンバルディ Vince Lombardi ヘッドコーチ 1969 1971
レイ・フラハティ Ray Flaherty ヘッドコーチ 1936–1942 1976
ジョー・ギブス Joe Gibbs ヘッドコーチ 1981–1992, 2004–2007 1996
ジョージ・アレン George Allen ヘッドコーチ 1971–1977 2002
ボビー・ベサード Bobby Beathard GM 1978–1989 2018

RFKスタジアムを本拠地とした時代に Washington Hall of Stars として何人もの選手などの栄誉を讃えた。フェデックス・フィールドに移転した後、 Redskins Ring of Fame として新たな制度の下、選手などの栄誉をたたえている。2002年6月13日、チームは70周年を記念して70人の偉大な選手、ヘッドコーチを選出した。2012年に、チームの80周年を記念して10人が追加で選出された[68]

リング・オブ・フェイム

  • ジョージ・アレン
  • クリフ・バトルズ
  • サミー・ボウ
  • ボビー・べサード
  • ジェフ・ボスティック
  • ジーン・ブリトー
  • ラリー・ブラウン
  • デイブ・バッツ
  • ゲイリー・クラーク
  • モンテ・コールマン
  • ジャック・ケント・クック
  • ビル・ダドリー
  • ウェイン・カリー
  • パット・フィッシャー
  • ロンドン・フレッチャー
  • ジョー・ギブス
  • ダレル・グリーン
  • ラス・グリム
  • クリス・ハンバーガー
  • ケン・ハーベイ
  • レン・ハウス
  • フィル・ホックバーグ
  • ケン・ヒューストン
  • サム・ハフ
  • ジョー・ジャコビー
  • ディック・ジェームス
  • ソニー・ジャーゲンセン
  • チャーリー・ジャスティス
  • ビリー・キルマー
  • エディ・ルバロン
  • ヴィンス・ロンバルディ
  • デクスター・マンリー
  • チャールズ・マン
  • ジョージ・プレストン・マーシャル
  • ウェイン・ミルナー
  • ボビー・ミッチェル
  • ブライアン・ミッチェル
  • アート・モンク
  • マーク・モーズリー
  • ブリッグ・オーウェンス
  • リッチー・ペティボーン
  • ヴィンス・プロムート
  • ジョン・リギンズ
  • クリス・サミュエルズ
  • ジェリー・スミス
  • チャーリー・テイラー
  • ショーン・テイラー
  • ジョー・サイズマン
  • ラマー・"ブッダ"・タイアー
  • ダグ・ウィリアムス

レッドスキンズの偉大な80人


注釈

  1. ^ 当時ゴールポストはエンドラインにあった。
  2. ^ この当時のポジション名はフランカー、またはスプリットエンド
  3. ^ ストライキでレギュラーシーズンが9試合に短縮された年にボルチモア・コルツが11回のターンオーバーしか取れなかった。

出典

  1. ^ ワシントンの新名称は「ワシントン・コマンダース」に決定”. NFL公式サイト日本語版 (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  2. ^ NFLワシントンの新ニックネームはコマンダース 旧名はレッドスキンズ”. スポーツニッポン (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  3. ^ NFLワシントン、新チーム名は「コマンダーズ」”. フランス通信社 (2022年2月3日). 2022年2月13日閲覧。
  4. ^ NFLワシントン、新球団名は「コマンダーズ」に”. 日本経済新聞 (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  5. ^ NFLワシントンが新球団名”. 朝日新聞 (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  6. ^ NFLの仮称ワシントンが新球団名 司令官意味する「コマンダーズ」”. 毎日新聞 (2022年2月3日). 2022年2月13日閲覧。
  7. ^ 新名称は「ワシントン・コマンダーズ」 レッドスキンズから変更”. 47NEWS (2022年2月3日). 2022年2月13日閲覧。
  8. ^ ワシントン・フットボール・チームの新球団名「コマンダーズ」に/NFL”. サンケイスポーツ (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  9. ^ NFLワシントンが新球団名”. デイリースポーツ (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  10. ^ 【NFL】ワシントンの新チーム名は「コマンダーズ」 チームロゴは「W」”. ベースボール・マガジン社 (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  11. ^ a b c d レッドスキンズのトレードマーク、人種差別には当たらずとの判決 NFL JAPAN 2009年5月16日
  12. ^ http://www.forbes.com/nfl-valuations/list/
  13. ^ Redskins Set NFL Attendance Record In '07 ワシントン・レッドスキンズHP 2008年3月31日
  14. ^ Washington Redskins Championship History”. NFLTeamHistory.com. 2008年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年12月29日閲覧。
  15. ^ Washington Redskins History”. CBSスポーツ. 2009年12月29日閲覧。
  16. ^ Washington Redskins History: 1930”. ワシントン・レッドスキンズ. 2009年2月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年12月29日閲覧。
  17. ^ 第7回スーパーボウル”. NFL JAPAN (2012年). 2013年6月1日閲覧。
  18. ^ 第17回スーパーボウル”. NFL JAPAN (2012年). 2013年6月1日閲覧。
  19. ^ 第18回スーパーボウル”. NFL JAPAN (2012年). 2013年6月1日閲覧。
  20. ^ MNF History: 1985”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  21. ^ 芝山幹郎 (2010年2月7日). “オアーとテイラーの皮肉な関係。~映画『しあわせの隠れ場所』とNFLの伝説的スーパースター~”. Sports Graphic Number. 2013年6月1日閲覧。
  22. ^ レッドスキンズ、バッカニアーズを破る”. AFP (2006年1月8日). 2012年1月27日閲覧。[リンク切れ]
  23. ^ ハッセルベック、チームを勝利に導く!”. AFP (2006年1月15日). 2012年1月27日閲覧。
  24. ^ アーリントン ジャイアンツに7年契約で移籍”. AFP (2006年4月23日). 2012年1月27日閲覧。
  25. ^ 悲劇から1年、元レッドスキンズの故テイラー氏に栄誉 NFL JAPAN 2008年11月6日
  26. ^ レッドスキンズ カウボーイズを降し最終戦でプレーオフ進出を決める”. AFP (2007年12月31日). 2012年1月27日閲覧。
  27. ^ シーホークス レッドスキンズを破りNFC準決勝進出”. AFP (2008年1月6日). 2012年1月27日閲覧。
  28. ^ レッドスキンズ ドルフィンズからテイラーを獲得”. AFP (2008年7月22日). 2012年1月27日閲覧。
  29. ^ レッドスキンズ逆転勝ち、ライオンズは開幕7連敗”. NFL JAPAN (2008年10月27日). 2012年1月27日閲覧。
  30. ^ DTハインズワースがレッドスキンズ入り、守備初の1億ドル選手に NFL JAPAN 2009年2月28日
  31. ^ FA契約第1号、CBホールが6年53億円でレッドスキンズ残留 NFL JAPAN 2009年2月27日
  32. ^ レッドスキンズ、チームひと筋10年のTジャンセンを解雇 NFL JAPAN 2009年5月30日
  33. ^ レッドスキンズがベテランWRを解雇、このまま引退か NFL JAPAN 2009年6月13日
  34. ^ ライオンズ レッドスキンズに勝利し連敗を19で止める”. AFP (2009年9月28日). 2012年1月27日閲覧。
  35. ^ レッドスキンズGM、ゾーンHCの今季中の解任なしを明言 NFL JAPAN 2009年10月24日
  36. ^ 低迷レッドスキンズ、GM交代の荒療治を断行 NFL JAPAN 2009年12月18日
  37. ^ シャナハン新HC誕生、レッドスキンズ再生へ「全力尽くす」”. NFL JAPAN (2010年1月7日). 2011年8月31日閲覧。
  38. ^ イーグルスの名QBマクナブ、レッドスキンズへトレード!”. NFL JAPAN (2010年4月5日). 2011年8月31日閲覧。
  39. ^ シャナハンHCがハインズワースと面談、詳細は明かさず”. NFL JAPAN (2010年8月24日). 2011年8月31日閲覧。
  40. ^ リーグ最多タイ4INTのCBホール選出、週間MVP守備部門”. NFL JAPAN (2010年10月28日). 2011年8月31日閲覧。
  41. ^ マクナブ交代が裏目に、本人はHC批判せず「プロであらねば」”. NFL JAPAN (2010年11月1日). 2011年8月31日閲覧。
  42. ^ QBマクナブ、レッドスキンズと2015年まで契約延長”. NFL JAPAN (2010年11月16日). 2010年11月17日閲覧。
  43. ^ マクナブの長期契約、今季終了後に無効にできる条件付き”. NFL JAPAN (2010年11月17日). 2010年11月17日閲覧。
  44. ^ レッドスキンズ、元エースRBポーティスを解雇”. NFL JAPAN (2011年3月1日). 2012年1月27日閲覧。
  45. ^ マクナブのバイキングス移籍決定、契約見直し合意”. NFL JAPAN (2011年7月28日). 2011年8月2日閲覧。
  46. ^ レッドスキンズ、トレードでRBハイタワー獲得”. NFL JAPAN (2011年8月1日). 2012年1月27日閲覧。
  47. ^ レッドスキンズ好発進、攻守まとまり同地区ジャイアンツに快勝”. NFL JAPAN (2011年9月12日). 2012年1月27日閲覧。
  48. ^ 好調レッドスキンズ、「WR陣はリーグ最高」とQBグロスマン”. NFL JAPAN (2011年9月23日). 2012年1月27日閲覧。
  49. ^ 【第6週プレビュー】4連敗イーグルス、正念場の同地区対決”. NFL JAPAN (2011年10月13日). 2012年1月27日閲覧。
  50. ^ イーグルス連敗ストップ、レッドスキンズは4INTで自滅”. NFL JAPAN (2011年10月17日). 2011年10月21日閲覧。
  51. ^ レッドスキンズ、先発QBをベックへ交代”. NFL JAPAN (2011年10月20日). 2012年1月27日閲覧。
  52. ^ QBグロスマン、パンサーズ戦は点滴受けながらTV観戦”. NFL JAPAN (2011年10月26日). 2011年11月27日閲覧。
  53. ^ レッドスキンズ大打撃、攻撃の両輪が負傷で長期離脱”. NFL JAPAN (2011年10月25日). 2012年1月27日閲覧。
  54. ^ 【第11週プレビュー】上り調子のカウボーイズ、必勝期す同地区対決”. NFL JAPAN (2011年11月17日). 2011年11月27日閲覧。
  55. ^ カウボーイズがOT制して3連勝、レッドスキンズ6連敗”. NFL JAPAN (2011年11月21日). 2012年1月27日閲覧。
  56. ^ レッドスキンズ、逆転演出の新人RBヘルを先発固定へ”. NFL JAPAN (2011年11月29日). 2012年1月27日閲覧。
  57. ^ バイキングス、ピーターソンとポンダー負傷も3勝目”. NFL JAPAN (2011年12月25日). 2012年1月27日閲覧。
  58. ^ イーグルス最後は快勝、ビック3TDの活躍で締めくくり”. NFL JAPAN (2012年1月2日). 2012年1月27日閲覧。
  59. ^ レッドスキンズが全体2位獲得、予想はQBグリフィン指名”. NFL JAPAN (2012年3月10日). 2012年3月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月10日閲覧。
  60. ^ レッドスキンズ、シャナハンHC時代に4年で幕”. NFL JAPAN (2013年12月31日). 2014年1月1日閲覧。
  61. ^ The Washington Football Team is now the Washington Commanders - Official Site of the Washington Commanders・2022年2月2日
  62. ^ Commanders acquiring QB Carson Wentz from Colts in trade”. NFL. 2022年3月10日閲覧。
  63. ^ Court rejects appeal over Redskins trademark CNN 2009年11月16日
  64. ^ 「レッドスキンズ」は蔑称 米、商標登録取り消し- 共同通信 2014年6月19日
  65. ^ NFLのチーム“人種差別を想起”改名検討 NNN 2020年7月4日
  66. ^ ワシントンが現地2月2日に新チーム名とロゴを発表”. NFL Japan. 2022年1月5日閲覧。
  67. ^ Commandersのツイート(1488883322038243329) - 2022年2月2日
  68. ^ Tinsman, Brian (2012年8月24日). “Ten Newest Greatest Redskins Announced”. Redskins.com. NFL Enterprises, LLC. 2020年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月6日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  ワシントン・コマンダースのページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ワシントン・コマンダースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワシントン・コマンダースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワシントン・コマンダース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS