ロンドン 地理

ロンドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/26 04:43 UTC 版)

地理

範囲

ロンドンの範囲。濃い緑がグレーター・ロンドン、薄い緑がセントラル・ロンドン、赤い地点がシティ・オブ・ロンドン。M25がグレーター・ロンドンを囲む。

グレーター・ロンドンは一番上の行政機構で、特別区がそれぞれロンドンをカバーしている。小さい範囲のシティ・オブ・ロンドンはかつてすべての範囲の街区が含まれていたが、都市地域の成長によりシティ・オブ・ロンドン自治体英語版により郊外との合体が試みられた。それぞれ異なった目的により「ロンドン」が定義され、かつて法的に議論された[83]。グレーター・ロンドンの40パーセントはロンドン郵便カウンティ英語版によりカバーされ、郵便の住所では 'LONDON'の範囲を構成している[84][85]

ロンドンの衛星写真
セントラル・ロンドンの地図

ロンドンの市外局番は(020)でグレーター・ロンドンと同じように広範囲をカバーし、外側の地区のいくつかは外れるがグレーター・ロンドンの外の地区のいくつかは含まれている。M25モーターウェイの内側が通常、ロンドンとみなされ[86]、グレーター・ロンドンの範囲は変化している (en[87]。市街地の拡張は現在、メトロポリタン・グリーンベルト英語版により防がれているが[88]境界を越えて市街地は広がっており、グレーター・ロンドン都市的地域英語版と定義が分かれる。超えた範囲は広大なロンドンコミューターベルト英語版になっている。

グレーター・ロンドンはいくつかの目的によってインナー・ロンドンアウター・ロンドンに分かれている[89]。シティはテムズ川によりノース・ロンドンとサウス・ロンドンに分けられ、形式的にセントラル・ロンドンはその内側にある。ロンドンの中心はもともとチャリングクロスエレノア・クロス英語版ウィンチェスタートラファルガー広場の結合する部分の近くに位置し、北緯51度30分26秒 西経00度07分39秒 / 北緯51.50722度 西経0.12750度 / 51.50722; -0.12750である[90]

都市の地位

シティ・オブ・ロンドンシティ・オブ・ウェストミンスターシティステータスを有し、シティ・オブ・ロンドンはグレーター・ロンドンとは別個の典礼カウンティとして残っている[91]。現在のグレーター・ロンドンには、かつてのミドルセックス州ケントサリーエセックスハートフォードシャーが編入されている。

ロンドンの、イングランドやのちのイギリスの首都としての地位は法律や書物には認められない[注釈 1]。しかしその地位は、憲法会議を通してイギリスの憲法で実質的な首都として制定されている。12世紀と13世紀にかけて、イングランドの首都は、ウェストミンスター宮殿の開発の進展によりウィンチェスターからロンドンへ王宮が恒久的に移されてから、国家の政治の中心たる首都となった[94]

地勢

プリムロズヒル

グレーター・ロンドンは1,583平方キロメートル (611 sq mi) の面積があり、人口は2001年現在7,172,036人で人口密度は4542人/km2。より広い範囲はロンドン大都市圏またはロンドン大都市圏密集体と呼ばれ面積は 8,382平方キロメートル (3,236 sq mi) で人口は12,653,500人に達し人口密度は1510人/km2である[95]。現代のロンドンはテムズ川河畔に位置する。テムズ川の特徴として、航行可能で、ロンドン市域を南西部から東部にかけ横切っている。テムズ低地英語版氾濫原で周辺部はなだらかな丘陵地である。その中にはパーラメント・ヒル英語版アディントン・ヒル英語版プリムロズ・ヒルが含まれる。テムズ川はかつてはより川幅が広く、水深も浅くて沼地が広がり、満潮時には河岸は通常の5倍にも達していた[96]

ヴィクトリア朝以来、テムズ川は広い堤防が築かれ多くのロンドンの支流は現在地下を流れている。テムズ川は潮の流れの影響を受ける川で洪水による被害を受けやすい[97]。この脅威は時間と共にゆっくりと継続的に高い潮汐レベルで増す。これは緩やかに傾いたイギリスの後氷期地殻均衡復元英語版による[98]。1974年に脅威を防ぐため10年計画でウーリッジでテムズ川を横切るテムズバリア英語版の建設が始まった。バリアは2070年まで機能するように設計され、さらなる拡張や再設計の話し合いがすでに行われている[99]

気候

西岸海洋性気候で、イギリス南部の多くの地域と同様である。日本と比べると暖候期である春から夏の気温が低いため、相対的に秋から冬にかけての季節が長く感じられるが、年間を通してみると温和な気候である。冬は比較的寒いが、1月の気温を平均すると約6℃で日本の東京や大阪とほぼ同じで北欧諸国や大陸の地域と比べて高緯度の割りに温暖である。しかし、日々の変動が大きく、最低気温が8~9℃となる日もあれば最高気温が1~2℃となることも珍しくない。また冬の日照時間は短く曇りの日が続く。霜が郊外で11月から3月にかけ平均2週間発生する。降雪は通常、4-5回12月から2月にかけ発生し、大雪となっても10cm程度である。3月や4月に雪が降ることは希であるが、2-3年毎に見られる。冬の気温は−4 °C (24.8 °F) 以下や14 °C (57.2 °F) 以上を超えることは滅多に起こらない。比較的近い北極や北欧方面からの寒波の影響を受けることがあり2010年の冬には郊外のノーソルトで−14 °C (6.8 °F)の最低気温を記録し、20年に一度の大雪も見られロンドンの交通機関は大きく混乱した。 夏は日本の夏より気温が低く、盛夏でも夜には15℃を下回りコートが必要になることがある。時折暑くなることもあるが、30℃以上となることは少ない。ヒートアイランドによりロンドンの中心部では気温が郊外に比べ5 °C (9 °F) も高い。ロンドンの夏の平均気温は 24 °C (75.2 °F) で、年に7日は 30 °C (86.0 °F) を超え2日は32 °C (89.6 °F) を超える。気温が26℃(80 °F)を超えることは6月半ばから8月後半にかけて見られる。大陸からの熱波の影響を受けることがあり、2003年の欧州の猛暑 (英語版では14日間連続で気温が 30 °C (86.0 °F) を超え、2日連続で 38 °C (100.4 °F) を超えた。数百人が猛暑に関連し死亡している。雨は夏の期間、2日から10日の範囲で見られる。春や秋は季節が混在するため、5-6月や9-10月にも防寒対策が必要となることもある。2011年10月1日に気温が 30 °C (86.0 °F) に達し、2011年4月には28 °C (82.4 °F) に達した。しかしながら、近年ではこの最高気温を記録した月に雪が降ることもある。ロンドンの気温の幅は-11.0℃から37.9℃である。

雨が多い都市という評判がロンドンにあるが、実際にはロンドンの降水量はローマの 834 mm (32.8 in) やボルドーの923 mm (36.3 in) より少ない[100]。降水量自体は少なくとも、降水日数が多いため雨が多いと感じるのである。

また、「霧の都」と呼ばれるように[要出典]年間の霧発生日数が多い。

ロンドン(1991~2020)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 15.4
(59.7)
20.1
(68.2)
22.8
(73)
28.5
(83.3)
31.7
(89.1)
34.0
(93.2)
37.9
(100.2)
37.9
(100.2)
32.8
(91)
28.8
(83.8)
18.5
(65.3)
16.4
(61.5)
37.9
(100.2)
平均最高気温 °C°F 8.4
(47.1)
9.1
(48.4)
12.1
(53.8)
15.5
(59.9)
18.8
(65.8)
22.1
(71.8)
24.4
(75.9)
24.0
(75.2)
20.6
(69.1)
16.1
(61)
11.5
(52.7)
8.7
(47.7)
15.9
(60.6)
日平均気温 °C°F 5.7
(42.3)
5.9
(42.6)
8.0
(46.4)
10.5
(50.9)
13.7
(56.7)
16.8
(62.2)
19.0
(66.2)
18.7
(65.7)
15.9
(60.6)
12.4
(54.3)
8.5
(47.3)
6.1
(43)
11.8
(53.2)
平均最低気温 °C°F 3.2
(37.8)
3.2
(37.8)
4.7
(40.5)
6.5
(43.7)
9.4
(48.9)
12.4
(54.3)
14.5
(58.1)
14.5
(58.1)
12.0
(53.6)
9.3
(48.7)
5.8
(42.4)
3.6
(38.5)
8.3
(46.9)
最低気温記録 °C°F −10.0
(14)
−9.0
(15.8)
−5.1
(22.8)
−2.0
(28.4)
−1.0
(30.2)
4.0
(39.2)
5.6
(42.1)
5.9
(42.6)
1.7
(35.1)
−3.3
(26.1)
−7.0
(19.4)
−11.0
(12.2)
−11
(12.2)
降水量 mm (inch) 57.8
(2.276)
43.4
(1.709)
38.3
(1.508)
42.0
(1.654)
45.5
(1.791)
43.4
(1.709)
45.3
(1.783)
52.1
(2.051)
48.3
(1.902)
61.5
(2.421)
64.4
(2.535)
54.7
(2.154)
596.7
(23.493)
[要出典]

地区(2市31区)

  1. シティ・オブ・ロンドン
  2. シティ・オブ・ウェストミンスター
  3. ケンジントン・アンド・チェルシー王立区
  4. ハマースミス・アンド・フラム
  5. ワンズワース
  6. ランベス
  7. サザーク
  8. タワーハムレッツ
  9. ハックニー
  10. イズリントン
  11. カムデン
  12. ブレント
  13. イーリング
  14. ハウンズロー
  15. リッチモンド・アポン・テムズ
  16. キングストン・アポン・テムズ王立区
  17. マートン
  1. サットン
  2. クロイドン
  3. ブロムリー
  4. ルイシャム
  5. グリニッジ王立区
  6. ベクスリー
  7. ヘイヴァリング
  8. バーキング・アンド・ダゲナム
  9. レッドブリッジ
  10. ニューアム
  11. ウォルサム・フォレスト
  12. ハーリンゲイ
  13. インフィールド
  14. バーネット
  15. ハーロウ
  16. ヒリンドン

ロンドンは広大な市街地が広がっていることから、よくブルームズベリーメイフェアホワイトチャペルのように地区名が使われている。これらはいずれも、非公式な名称で都市の広がりによって吸収された村を映したものや教区、グレーター・ロンドン以前の旧区を表したものである。これらの名称は今でも残って使われており、それぞれの地域を表したり自らの地区を特徴付けているが現在は公式には使われていない。1965年以来、ロンドンは32の自治区に分けられ、これに古くからのシティ・オブ・ロンドンが加わる[101][102]。シティ・オブ・ロンドンはロンドンの金融の中心で[103]カナリー・ワーフは近年では再開発が進み新たな金融や商業の中枢になっている。東側はドックランズである。ウェスト・エンドはロンドンのエンターテイメントやショッピングの中心地区で観光客を惹き付けている[104]ウェスト・ロンドン英語版は高級住宅地を含む地区で不動産価格は1000万ポンドにもなる[105]ケンジントン・アンド・チェルシーの不動産の平均価格は89万4,000ポンドでセントラル・ロンドンのほとんどは同様である[106]

イーストエンド・オブ・ロンドンは元のロンドン港英語版に近く、高い移民人口で知られロンドンでも最も貧しい地区の一つである[107]北東部英語版はロンドンでは初期に工業開発が行われた地域で現在ではブラウンフィールド(汚染地区)の一部として再開発が行われているテムズゲートウェイ英語版にはロンドンリバーサイド英語版低リー・バレー英語版も含まれ、これは2012年のオリンピックとパラリンピックのためのオリンピックパークを含んでいる[107]


注釈

  1. ^ According to the Collins English Dictionary definition of 'the seat of government',[32] London is not the capital of England, as England does not have its own government. According to the Oxford English Reference Dictionary definition of 'the most important town'[92] and many other authorities.[93]

出典

  1. ^ London, United Kingdom Forecast : Weather Underground (weather and elevation at Heathrow Airport) (online)”. The Weather Underground, Inc.. 2008年6月6日閲覧。
  2. ^ UK Population Estimates”. World Population Review (2021年). 2021年3月2日閲覧。
  3. ^ Neighbourhood Statistics”. Neighbourhood Statistics. 2008年4月29日閲覧。
  4. ^ Roman”. The Museum of London. 2008年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月7日閲覧。
  5. ^ a b Mills 2001, p. 140
  6. ^ Government Offices for the English Regions, Fact Files: London”. Office for National Statistics. 2008年1月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月4日閲覧。
  7. ^ Elcock, Howard (1994). Local Government: Policy and Management in Local Authorities. Routledge. p. 368. ISBN 978-0-415-10167-7 
  8. ^ Jones, Bill; Kavanagh, Dennis; Moran, Michael; Norton, Philip (2007). Politics UK. Pearson Education. p. 868. ISBN 978-1-4058-2411-8 
  9. ^ Global Power City Index 2009”. Institute for Urban Strategies – The Mori Memorial Foundation. 2010年12月14日閲覧。
  10. ^ 世界一「革新的な都市」はロンドン、東京は10位”. AFPBB News (2015年12月24日). 2020年11月24日閲覧。
  11. ^ Worldwide Centres of Commerce Index 2008”. Mastercard. p. 3. 2008年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月4日閲覧。
  12. ^ Global Financial Centres 10”. Z/Yen. p. 6 (2011年9月). 2017年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月4日閲覧。
  13. ^ “"World's Most Economically Powerful Cities".”. Forbes. (2008年7月15日). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0LhcwS?url=http://www.forbes.com/2008/07/15/economic-growth-gdp-biz-cx_jz_0715powercities.html 2010年10月3日閲覧。 
  14. ^ Parilla, Alan Berube, Jesus Leal Trujillo, Tao Ran, and Joseph (-001-11-30T00:00:00+00:00). “Global Metro Monitor” (英語). Brookings. 2020年2月21日閲覧。
  15. ^ Calder, Simon (2007年12月22日). The Independent (London). http://www.independent.co.uk/travel/news-and-advice/london-capital-of-the-world-766661.html 
  16. ^ London is the world capital of the 21st century... says New York | News”. Evening Standard. 2009年11月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月10日閲覧。
  17. ^ London is world capital of culture says LSE expert – 2008 – News archive – News – News and media – Home”. .lse.ac.uk. 2011年11月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月10日閲覧。
  18. ^ Cultural Strategy | Greater London Authority”. London.gov.uk (2010年9月6日). 2012年2月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月10日閲覧。
  19. ^ “London tops ranking of destination cities”. The Independent. (2011年6月1日). http://www.independent.co.uk/travel/news-and-advice/london-tops-ranking-of-destination-cities-2291794.html 2012年6月12日閲覧。 
  20. ^ Beijing to overtake london as world's largest aviation hub. Massive new airport planned”. Centre for Aviation. 2012年6月12日閲覧。
  21. ^ a b Number of international students in London continues to grow”. Greater London Authority. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月27日閲覧。
  22. ^ a b = 1&articleid=52922 IOC elects London as the Host City of the Games of the XXX Olympiad in 2012”. 国際オリンピック委員会 (2005年7月6日). 2006年6月3日閲覧。
  23. ^ Languages spoken in the UK population”. CILT, the National Centre for Language. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  24. ^ July 2010 Population estimates for UK, England and Wales, Scotland and Northern Ireland. Office for National Statistics. オリジナルの24 August 2011時点におけるアーカイブ。. http://webarchive.nationalarchives.gov.uk/20110824211423/http://www.statistics.gov.uk/downloads/theme_population/mid-2010-pop-ests-30-june-2011.zip 2011年7月3日閲覧。. [リンク切れ]
  25. ^ Largest EU City. Over 7 million residents in 2001”. statistics.gov.uk. Office for National Statistics. 2007年7月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月28日閲覧。
  26. ^ 12:30. “Focus on London – Population and Migration | London DataStore”. Data.london.gov.uk. 2010年10月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月10日閲覧。
  27. ^ KS01 Usual resident population: Census 2001, Key Statistics for urban areas”. Office for National Statistics. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  28. ^ The Principal Agglomerations of the World”. City Population. 2010年7月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年3月3日閲覧。
  29. ^ British urban pattern: population data (PDF)”. ESPON project 1.4.3 Study on Urban Functions. European Spatial Planning Observation Network. p. 119 (2007年3月). 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月22日閲覧。
  30. ^ London: The greatest city”. Channel4.com. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月12日閲覧。
  31. ^ MasterCard Global Destination Cities Index 2012
  32. ^ a b (1994) Collins English Dictionary, Collins Education plc.
  33. ^ a b c d Mills 2001, p. 139
  34. ^ Ackroyd, Peter (2001年12月2日). “'London'”. New York Times. ISBN 978-0-7011-7279-4. http://www.nytimes.com/2001/12/02/books/chapters/02-1st-ackro.html?ex=1225339200&en=b9c2c11ad6e1f435&ei=5070&pagewanted=3 2008年10月28日閲覧。 
  35. ^ Coates, Richard (1998). “A new explanation of the name of London”. Transactions of the Philological Society 96 (2): 203–229. doi:10.1111/1467-968X.00027. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. http://www.blackwell-synergy.com/doi/pdf/10.1111/1467-968X.00027. 
  36. ^ ロンドン(その四)――キングス・コレッジ・スクールとロイヤル・アーセナル 加藤三明(慶應義塾幼稚舎長) 福澤諭吉 西航紀などに例がある。
  37. ^ Perring, Dominic (1991). Roman London. London: Routledge. p. 1ref = harv. ISBN 978-0-203-23133-3 
  38. ^ British History Timeline —Roman Britain”. British Broadcasting Corporation. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月7日閲覧。
  39. ^ 縄文日本文明一万五千年史序論. 東京: 成甲書房. (2003). p. 301. ISBN 4-88086-149-9 
  40. ^ Denison, Simon (July 1999). “First 'London Bridge' in River Thames at Vauxhall”. British Archaeology (46). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. http://www.britarch.ac.uk/ba/ba46/ba46news.html 2011年4月15日閲覧。. 
  41. ^ Milne, Gustav. “London's Oldest Foreshore Structure!”. Frog Blog. Thames Discovery Programme. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月15日閲覧。
  42. ^ Viking and Danish London”. The Museum of London. 2008年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  43. ^ Medieval London —Vikings”. The Museum of London. 2008年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月7日閲覧。
  44. ^ George Hamilton Cunningham (1927). London. J. M. Dent & Sons. p. xiii. https://books.google.co.jp/books?id=2fIgAAAAMAAJ&redir_esc=y&hl=ja. 
  45. ^ Edward the Confessor (c.1003–1066)”. British Broadcasting Corporation. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年9月27日閲覧。
  46. ^ History – 1066 – King William”. BBC. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月5日閲覧。
  47. ^ Tinniswood, Adrian. “A History of British Architecture — White Tower”. BBC. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月5日閲覧。
  48. ^ UK Parliament — Parliament: The building”. UK Parliament (2007年11月9日). 2008年3月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  49. ^ Palace of Westminster”. UK Parliament. 2008年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  50. ^ Schofield, John; Vince, Alan (2003). Medieval Towns: The Archaeology of British Towns in Their European Setting. Continuum International Publishing Group. p. 26. ISBN 978-0-8264-6002-8. https://books.google.co.jp/books?id=Qu7QLC7g7VgC&pg=PA26&lpg=PA26&dq=london+population+1100+-+1300&redir_esc=y&hl=ja 
  51. ^ Richard II (1367–1400)”. BBC. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月12日閲覧。
  52. ^ Nikolaus Pevsner, London I: The Cities of London and Westminster rev. edition,1962, Introduction p 48.
  53. ^ The Queen's Merchants and the Revolt of the Netherlands: The End of the Antwerp Mart, Volume 2, pages 1 and 62-63, George Daniel Ramsay, Manchester University Press ND, 1986. ISBN 978-0-7190-1849-7
  54. ^ Durston, Christopher (1993). James I. London: Routledge. p. 59. ISBN 978-0-415-07779-8 
  55. ^ A List of National Epidemics of Plague in England 1348–1665”. Urbanrim.org.uk (2009年12月4日). 2009年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月3日閲覧。
  56. ^ Story of the plague”. Channel 4.. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月24日閲覧。
  57. ^ Pepys, Samuel (2 September 1666) [1893]. The Diary of Samuel Pepys. 45: August/September 1666. ISBN 978-0-520-22167-3. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. http://www.gutenberg.org/cache/epub/4167/pg4167.html 
  58. ^ Schofield J (2001年1月). “London After the Great Fire: Civil War and Revolution”. BBC. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月28日閲覧。
  59. ^ Museum of London — Rebuilding after the fire”. Museum of London. 2008年2月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  60. ^ The Rebuilding of London After the Great Fire. Thomas Fiddian. (1940). https://books.google.co.jp/books?id=jX8ZAAAAIAAJ&q=rebuilding+of+london&dq=rebuilding+of+london&redir_esc=y&hl=ja 2008年4月27日閲覧。 
  61. ^ "Thief Taker, Constable, Police". Public Broadcasting Service (PBS).
  62. ^ Jackson, Peter (2009年8月3日). “Rough justice – Victorian style”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/8181192.stm 2011年12月13日閲覧。 
  63. ^ Monday, 21 Mar. 1960 (1960年3月21日). “National Affairs: Capital punishment: a fading practice”. Time. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,894775,00.html 2011年12月13日閲覧。 
  64. ^ BBC – History – The Foundling Hospital”. BBC (2011年2月17日). 2011年12月13日閲覧。
  65. ^ When a man is tired of London, he is tired of life: Samuel Johnson” (英語). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年1月4日閲覧。
  66. ^ London: The greatest city”. Channel4.com. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月12日閲覧。
  67. ^ Hidden extras: cholera comes to Victorian London”. Sciencemuseum.org.uk. 2011年12月13日閲覧。
  68. ^ London 2012: pollution alert as hot sunny weather brings asthma risk5:02PM BST 25 Jul 2012 telegraph.co.uk
  69. ^ 7 July Bombings: Overview. London: BBC News. オリジナルの2007年2月13日時点におけるアーカイブ。. http://news.bbc.co.uk/1/shared/spl/hi/uk/05/london_blasts/what_happened/html/default.stm 2008年4月28日閲覧。. 
  70. ^ JLL、世界の都市比較インデックスを分析「都市パフォーマンスの解読」を発表 JLL 2017年10月25日閲覧。
  71. ^ ロンドン市に仏最高勲章=「ドゴール演説」80周年AFPBB News 2020年6月19日
  72. ^ About the Greater London Authority”. London Government. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年9月27日閲覧。
  73. ^ The London Plan”. Greater London Authority. 2012年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月25日閲覧。
  74. ^ http://www.communities.gov.uk/documents/statistics/pdf/1911067.pdf
  75. ^ Policing”. Greater London Authority. 2008年1月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月25日閲覧。
  76. ^ Areas”. British Transport Police. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月25日閲覧。
  77. ^ Who we are”. London Fire Brigade. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月25日閲覧。
  78. ^ About us”. London Ambulance Service NHS Trust. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月25日閲覧。
  79. ^ Station list”. Maritime and Coastguard Agency (2007年). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月25日閲覧。
  80. ^ “Thames lifeboat service launched”. BBC News. (2002年1月2日). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0kXnz9?url=http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/1739401.stm 2009年8月25日閲覧。 
  81. ^ 10 Downing Street — Official Website”. 10 Downing Street. 2008年5月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月26日閲覧。
  82. ^ “UK Politics: Talking Politics — The 'Mother of Parliaments'”. BBC. (1998年6月3日). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0l5vww?url=http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/talking_politics/96021.stm 2008年6月6日閲覧。 
  83. ^ Beavan, Charles; Bickersteth, Harry (1865). Reports of Cases in Chancery, Argued and Determined in the Rolls Court. Saunders and Benning. https://books.google.co.jp/books?id=YFYDAAAAQAAJ&redir_esc=y&hl=ja. 
  84. ^ Stationery Office (1980). The Inner London Letter Post. H.M.S.O. p. 128. ISBN 978-0-10-251580-0 
  85. ^ Geographers' A-Z Map Company (2008). London Postcode and Administrative Boundaries (6 ed.). Geographers' A-Z Map Company. ISBN 978-1-84348-592-6 
  86. ^ Mail, Royal (2004). Address Management Guide. Royal Mail. 
  87. ^ The Essex, Greater London and Hertfordshire (County and London Borough Boundaries) Order”. Office of Public Sector Information (1993年). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  88. ^ Dilys, M Hill (2000). Urban Policy and Politics in Britain. St. Martin's Press. p. 268. ISBN 978-0-312-22745-6 
  89. ^ London Government Act 1963. Office of Public Sector Information. ISBN 978-0-16-053895-7. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. http://www.opsi.gov.uk/RevisedStatutes/Acts/ukpga/1963/cukpga_19630033_en_1 2008年5月6日閲覧。 
  90. ^ London — Features — Where is the Centre of London?”. BBC. 2010年1月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  91. ^ Lieutenancies Act 1997”. OPSI. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月7日閲覧。
  92. ^ Oxford English Reference Dictionary, Oxford English.
  93. ^ "HC 501 0304.PDF" (PDF). Parliament Publications
  94. ^ Schofield, John (June 1999). British Archaeology Issue 45, June 1999. British Archaeology. ISSN 1357-4442. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. http://www.britarch.ac.uk/BA/ba45/ba45regs.html 2008年5月6日閲覧。. 
  95. ^ http://www.metropolis.org/sites/default/files/metropolitan_regions/440_027_london_eng.pdf#search='London%20Metropolitan%20Agglomeration'
  96. ^ Sheppard, Francis (2000). London: A History. Google Books. p. 10. ISBN 978-0-19-285369-1. https://books.google.co.jp/books?id=M9qvtYYhRtAC&pg=PR11&dq=thames+%22iron+age%22+london+wide+geography+shallow+marsh&redir_esc=y&hl=ja 2008年6月6日閲覧。 
  97. ^ Flooding”. UK Environment Agency. 2006年2月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年6月19日閲覧。
  98. ^ "Sea Levels" – UK Environment Agency”. Environment Agency. 2008年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  99. ^ Adam, David (2009年3月31日). “Thames Barrier gets extra time as London's main flood defence”. The Guardian (UK). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0n91QT?url=http://www.guardian.co.uk/environment/2009/mar/31/thames-flood-barrier-london 2009年11月7日閲覧。 
  100. ^ The Weather Network”. 2011年10月20日閲覧。
  101. ^ London boroughs — London Life, GLA”. London Government. 2007年12月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月3日閲覧。
  102. ^ Dogan, Mattei; John D. Kasarda (1988). The Metropolis Era. Sage Publications. p. 99. ISBN 978-0-8039-2603-5. https://books.google.co.jp/books?id=_GFPAAAAMAAJ&q=1965,+32+boroughs+of+london&dq=1965,+32+boroughs+of+london&redir_esc=y&hl=ja 
  103. ^ London as a financial centre”. Mayor of London. 2008年1月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月6日閲覧。
  104. ^ “West End still drawing crowds”. BBC News. (2001年10月22日). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0o6fkv?url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/1608619.stm 2008年6月6日閲覧。 
  105. ^ Meek, James (2006年4月17日). “Super Rich”. London: The Guardian Money. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0ofbib?url=http://www.guardian.co.uk/money/2006/apr/17/tax.g2 2008年6月7日閲覧。 
  106. ^ Price of Properties. (PDF)”. Royal Borough of Kensington and Chelsea. 2008年5月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  107. ^ a b Tomorrow's East End”. News Week. 2006年8月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年8月16日閲覧。
  108. ^ History – British History in depth: Hampton Court: The Lost Palace”. BBC (2011年2月17日). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月23日閲覧。
  109. ^ Paddington Station.. Great Buildings. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. http://www.greatbuildings.com/buildings/Paddington_Station.html 2008年6月6日閲覧。. 
  110. ^ Lonsdale, Sarah (2008年3月27日). “Eco homes: Wooden it be lovely... ?”. London: Telegraph Media Group Limited. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0rvzUL?url=http://www.telegraph.co.uk/property/main.jhtml?view=DETAILS 2008年10月12日閲覧。 
  111. ^ “Inside London's new 'glass egg'”. British Broadcasting Corporation. (2002年7月16日). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0sZ57q?url=http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/2129199.stm 2008年4月26日閲覧。 
  112. ^ Kensington Gardens”. The Royal Parks (2008年). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月26日閲覧。
  113. ^ Madame Tussauds — Official website”. Madame Tussauds. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  114. ^ Madame Tussauds — Tourist Information”. Tourist Information UK. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月26日閲覧。
  115. ^ Green Park”. The Royal Parks (2008年). 2010年2月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月26日閲覧。
  116. ^ Greenwich Park”. The Royal Parks (2008年). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月26日閲覧。
  117. ^ Bushy Park”. The Royal Parks (2008年). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月26日閲覧。
  118. ^ Richmond Park”. The Royal Parks (2008年). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月26日閲覧。
  119. ^ City of London Corporation Hampstead Heath”. City of London Corporation. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月19日閲覧。
  120. ^ Kenwood House”. English Heritage. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月26日閲覧。
  121. ^ http://www.ons.gov.uk/ons/rel/mro/news-release/census-result-shows-increase-in-population-of-london-as-it-tops-8-million/censuslondonnr0712.html United Kingdom Census 2011 estimates
  122. ^ Leppard, David (2005年4月10日). “Immigration rise increases segregation in British cities”. The Times (London). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0yPigt?url=http://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/article379434.ece 2009年8月8日閲覧。 
  123. ^ Regional Profiles - Key Statistics - London, August 2012 Office for National Stastics
  124. ^ “Forbes Magazine list of billionaires.”. Forbes. (2007年3月8日). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0yVjoW?url=http://www.forbes.com/2007/03/07/billionaires-worlds-richest_07billionaires_cz_lk_af_0308billie_land.html 2008年6月6日閲覧。 
  125. ^ “CNN Money World's Most Expensive Cities 2004.”. CNN. (2004年6月11日). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0ygZWg?url=http://money.cnn.com/2004/06/11/pf/costofliving/ 2007年8月16日閲覧。 
  126. ^ a b en:Ethnic_groups_in_London#cite_note-2
  127. ^ http://www.bbc.com/news/uk-21511904
  128. ^ http://www.dailymail.co.uk/news/article-2281941/600-000-decade-white-flight-London-White-Britons-minority-capital.html
  129. ^ Graeme Paton (2007年10月1日). “One fifth of children from ethnic minorities”. The Daily Telegraph (London). オリジナルの2009年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5hYR0tUao?url=http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1564365/One-fifth-of-children-from-ethnic-minorities.html 2008年6月7日閲覧。 
  130. ^ Neighbourhood Statistics. “Check Browser Settings”. Neighbourhood.statistics.gov.uk. 2011年10月17日閲覧。
  131. ^ Benedictus, Leo (2005年1月21日). “London: Every race, colour, nation and religion on earth”. The Guardian (UK). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0zlxGl?url=http://www.guardian.co.uk/uk/2005/jan/21/britishidentity1 2008年5月6日閲覧。 
  132. ^ Census 2001: London”. Office for National Statistics. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年6月3日閲覧。
  133. ^ Kyambi, Sarah (7 September 2005). Beyond Black and White: Mapping new immigrant communities. Institute for Public Policy Research. ISBN 978-1-86030-284-8. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. http://www.ippr.org.uk/publicationsandreports/publication.asp?id=308 2007年1月20日閲覧。 
  134. ^ Table 1.4: Estimated population resident in the United Kingdom, by foreign country of birth, July 2009 to June 2010”. Office for National Statistics. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月7日閲覧。 Figure given is the central estimate. See the source for 95 per cent confidence intervals.
  135. ^ a b Census 2001 profiles: London”. statistics.gov.uk. Office for National Statistics. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月19日閲覧。
  136. ^ About Saint Paul's Cathedral”. Dean and Chapter St Paul's. 2008年4月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  137. ^ Lambeth Palace Library”. Lambeth Palace Library. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  138. ^ Westminster Abbey”. Dean and Chapter of Westminster. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  139. ^ West Minster Cathedral”. Westminster Cathedral. 2008年3月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  140. ^ Church of England Statistics. Church of England. http://www.cofe.anglican.org/info/statistics/2007provisionalattendance.pdf 2008年6月6日閲覧。. 
  141. ^ London Central Mosque Trust Ltd”. London Central Mosque Trust Ltd. & The Islamic Cultural Centre. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  142. ^ The $300 billion Arabs are coming”. Evening Standard. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月3日閲覧。
  143. ^ “The Mecca of the West | 1970–1979 | Guardian Century”. London: Google. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo17UECr?url=http://century.guardian.co.uk/1970-1979/Story/0,,106930,00.html 2011年1月30日閲覧。 
  144. ^ Hindu London”. British Broadcasting Corporation (2005年6月6日). 2006年2月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年6月3日閲覧。
  145. ^ “£17 m Sikh temple opens”. British Broadcasting Corporation. (2003年3月30日). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo18FMYP?url=http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/2898761.stm 2008年6月7日閲覧。 
  146. ^ Jewish Agency”. Jewish Agency. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月12日閲覧。
  147. ^ Cities Rank Among the Top 100 Economic Powers in the World Chicago Council on Global Affairs 2016年10月28日閲覧。
  148. ^ 世界の都市総合力ランキング(GPCI) 2017 森記念財団都市戦略研究所 2017年10月26日閲覧。
  149. ^ The Global Financial Centres IndexZ/Yen. 2022年9月24日閲覧。
  150. ^ Fortune Global 500
  151. ^ London's place in the UK economy, 2005–06 (PDF)”. City of London. 2008年3月11日閲覧。
  152. ^ The Economic Positioning of Metropolitan Areas in North Western Europe (PDF)”. The Institute for Urban Planning and Development of the Paris Île-de-France Region (2002年12月). 2008年6月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月27日閲覧。
  153. ^ “After the fall”. The Economist. (2007年11月29日). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo1CAPd8?url=http://www.economist.com/finance/displaystory.cfm?story_id=E1_TDNDRPTT 2009=05-15閲覧。 
  154. ^ “Financial Centres — Magnets for money”. The Economist. (2007年9月13日). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo1CVVgP?url=http://www.economist.com/specialreports/displaystory.cfm?story_id=9753240 2009年5月15日閲覧。 
  155. ^ Lowe, Felix (2008年2月19日). “Highgate trumps Chelsea as priciest postcode”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/constructionandproperty/2784634/Highgate-trumps-Chelsea-as-priciest-postcode.html 
  156. ^ “U.K.'s Most Expensive Postcodes”. Forbes. (2007年12月12日). オリジナルの2012年9月18日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120918104419/http://www.forbes.com/2007/12/11/postcodes-uk-expensive-forbeslife-cx_po_1212realestate.html 
  157. ^ "Office Costs In London: Office Rental Guide", FindaLondonOffice, 15 Nov 2006. URL accessed on 30 Dec 2006.
  158. ^ "Financial Services Archived 2006年7月15日, at the UK Government Web Archive", UK Trade & Investment, 11 May 2006. URL accessed on 3 June 2006.
  159. ^ Research and statistics FAQ”. The City of London. 2011年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月23日閲覧。
  160. ^ "Triennial Central Bank Survey" (PDF, 259 KiB)
  161. ^ "Key facts", Corporation of London. URL accessed on 19 June 2006.
  162. ^ City of London mayor predicts 70,000 job cuts”. The China Post. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年1月4日閲覧。
  163. ^ London Stock Exchange”. London Stock Exchange plc. (2008年). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  164. ^ London's Place in the UK Economy, 2005–6 (PDF)”. Oxford Economic Forecasting on behalf of the Corporation of London. p. 19 (2005年11月). 2006年6月19日閲覧。
  165. ^ Potter, Mark (2011年2月17日). “London tops world cities spending league”. Reuters. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo1FVjQo?url=http://uk.reuters.com/article/2011/02/17/uk-retail-major-cities-idUKLNE71G00420110217 2011年4月29日閲覧。 
  166. ^ a b ARCHIVED CONTENT] Provisional Port Statistics 2009”. Department for Transport – Webarchive.nationalarchives.gov.uk. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月26日閲覧。
  167. ^ 「背広」の語源 サビルローの歩み紹介 英国大使館 2008年4月1日asahi.com
  168. ^ Deindustrialisation 1960 to 1980”. Exploring 20th century London. Museum of London. 2011年2月22日閲覧。
  169. ^ Pharmaceutical plant under_threat of closure”. Enfield Independent (2010年9月2日). 2011年4月7日閲覧。
  170. ^ Complete Plant Closure of Aesica Pharmaceuticals Enfield, UK Facility”. PRWeb (2011年3月22日). 2011年4月7日閲覧。
  171. ^ Sanofi pulls out of Dagenham”. InPharm. 2011年4月7日閲覧。
  172. ^ Ford Dagenham at 80”. Ford Motor Company. 2010年8月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月1日閲覧。
  173. ^ Garnett, Tara. “Urban Agriculture in London” (英語). 2010年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年1月4日閲覧。
  174. ^ James Petts (January 2001). Urban Agriculture in London. WHO. http://www.euro.who.int/document/e72421.pdf. 
  175. ^ Q&A: England's green belt”. BBC News (2007年8月17日). 2008年9月15日閲覧。
  176. ^ a b c Holmes, Mark (2008年9月15日). “Farming in London’s Green Belt”. Sustain Web, ADAS. pp. 10, 14. 2019年1月4日閲覧。
  177. ^ Snapshot of farming in the UK”. BBC News (2007年10月1日). 2008年9月15日閲覧。
  178. ^ http://www.plentymag.com/features/2008/07/the_growing_food_for_london_co.php
  179. ^ Lists: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland”. UNESCO. 2008年11月26日閲覧。
  180. ^ “West End Must Innovate to Renovate, Says Report”. What's On Stage. (2008年1月25日). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo0S4x3M?url=http://www.whatsonstage.com/index.php?pg=207 2010年11月15日閲覧。 
  181. ^ London is the HR centre of opportunity in the UK”. PersonnelToday.com (2005年2月15日). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年6月3日閲覧。
  182. ^ "The Importance of Tourism in London (PDF)”. Visit London. 2007年6月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年1月4日閲覧。
  183. ^ Euromonitor International’s Top 100 City Destinations Ranking”. Euromonitor International (2012年1月10日). 2012年2月25日閲覧。
  184. ^ London 101: One Hundred and One Amazing Facts About London (PDF)”. p. 4. 2007年6月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年1月4日閲覧。 (PDF, 1.15 MiB) ", Visit London. Retrieved on 3 June 2006.
  185. ^ British Museum tops UK visitor attractions list”. 2017年6月22日閲覧。
  186. ^ Transport for London”. Transport for London. 2010年1月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  187. ^ London Cycling Campaign”. Rosanna Downes (2006年11月20日). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  188. ^ How do I find out about transport in London?”. Greater London Authority. 2007年10月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月5日閲覧。
  189. ^ Beds, Herts and Bucks Travel — All you need to know about the M25”. BBC (1988年8月17日). 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月20日閲覧。
  190. ^ Charging Zone. Transport for London. オリジナルの2011年5月20日時点におけるアーカイブ。. http://www.tfl.gov.uk/tfl/roadusers/congestioncharge/whereandwhen/ 2008年6月7日閲覧。. 
  191. ^ Who pays what”. Transport for London. 2008年6月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月7日閲覧。
  192. ^ Residents”. Transport for London. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月7日閲覧。
  193. ^ Mulholland, Hélène (2009年3月16日). “Boris Johnson mulls 'intelligent' congestion charge system for London”. The Guardian (UK). オリジナルの2011年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yoK1Mq9U?url=http://www.guardian.co.uk/politics/2009/mar/16/boris-johnson-congestion-charge 2009年9月1日閲覧。 
  194. ^ Santos, Georgina, Kenneth Button, and Roger G. Noll. "London Congestion Charging/Comments." Brookings-Wharton Papers on Urban Affairs.15287084 (2008): 177,177–234.
  195. ^ Table 3 in Santos, Georgina, Kenneth Button, and Roger G. Noll. "London Congestion Charging/Comments." Brookings-Wharton Papers on Urban Affairs.15287084 (2008): 177,177–234.
  196. ^ 労働・運転者の問題 - 国土交通省
  197. ^ http://www.minicabsinlondon.com/
  198. ^ 人がある目的をもってある地点からある地点まで移動することを総称して「トリップ」と呼ぶ。[1]
  199. ^ Transport for London. London Buses. Transport for London. ISBN 978-0-946265-02-2. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. http://www.tfl.gov.uk/corporate/modesoftransport/1548.aspx 2008年6月6日閲覧。 
  200. ^ London's bus improvements get Parliamentary seal of approval”. Transport For London (2006年5月23日). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月5日閲覧。
  201. ^ London Black Cabs”. London Black Cabs. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  202. ^ Tube — Transport for London”. Transport for London. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  203. ^ Tramlink Factsheet”. Transport for London (Summer 2009). 2010年3月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月19日閲覧。
  204. ^ NFM 98. National Fares Manuals. London: Association of Train Operating Companies (ATOC Ltd). (January 2008). Section A 
  205. ^ Eurostar”. Eurostar. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  206. ^ Highspeed”. Southeastern. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月5日閲覧。
  207. ^ Transport for London. London Underground: History. ISBN 978-0-904711-30-1. オリジナルの2007年5月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070502045940/http://www.tfl.gov.uk/corporate/modesoftransport/londonunderground/1604.aspx 2008年6月6日閲覧。 
  208. ^ a b Shanghai now the world's longest metro”. Railway Gazette International (2010年5月4日). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月4日閲覧。
  209. ^ Key facts. Transport for London. オリジナルの2011年12月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111215025236/http://www.tfl.gov.uk/corporate/modesoftransport/londonunderground/1608.aspx 2009年10月15日閲覧。. 
  210. ^ Schwandl, Robert (2001). London Underground. UrbanRail.net. ISBN 978-3-936573-01-5. オリジナルの2006年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061006013919/http://de.geocities.com/u_london/london.htm 2006年9月24日閲覧。 
  211. ^ “Oyster card celebrates 150th Tube anniversary”. BBC News London. (2012年12月10日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-20641351 2013年1月10日閲覧。 
  212. ^ Tube breaks record for passenger numbers”. Transport for London – Tfl.gov.uk (2007年12月27日). 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月5日閲覧。
  213. ^ London 2012 Olympic Transport Infrastructure. (PDF)”. Alarm UK. 2008年6月6日閲覧。
  214. ^ London voted best for transport. London: BBC News. (29 August 2006). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/london/5294790.stm. 
  215. ^ London Underground Major Regeneration Scheme, United Kingdom
  216. ^ Solved after 16 years - the mystery of victim 115 Thursday, 22 January, 2004, 11:37 GMT BBC
  217. ^ London transport: Bus, Underground and Overground prices rise 2 January 2012 Last updated at 11:12 GMT BBC
  218. ^ London Tube and bus fares to rise by 6% in 2012 28 November 2011 Last updated at 17:23 GMT BBC
  219. ^ London 2012: Tube use record broken three times in succession 6 August 2012 Last updated at 05:38 GMT
  220. ^ BAA Heathrow: Official Website”. BAA. 2008年4月27日閲覧。
  221. ^ Heathrow Airport Terminal 5”. TMC Ltd. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  222. ^ “Heathrow runway plans scrapped by new government”. BBC News. (2010年5月12日). オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yo1J2Xuu?url=http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/london/8678282.stm 2011年1月30日閲覧。 
  223. ^ Taking a ride on Heathrow’s ULTra Personal Rapid Transit System”. Pocket Lint (2011年9月19日). 2011年12月27日閲覧。
  224. ^ BAA Gatwick: Gatwick Airport”. BAA. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  225. ^ BAA Stansted : Stansted Airport. BAA. (2008). ISBN 978-0-86039-476-1. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. http://www.stanstedairport.com/ 2008年4月27日閲覧。 
  226. ^ London Luton Airport. London Luton Airport. ISBN 978-0-11-510256-1. オリジナルの2011年5月19日時点におけるアーカイブ。. http://www.london-luton.co.uk/en/ 2008年4月27日閲覧。 
  227. ^ London City Airport — Corporate Information”. London City Airport Ltd.. 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  228. ^ Transport for London: Woolwich Ferry, 50 years on Retrieved 8 September 2013
  229. ^ a b Numbers of students in London”. London Higher. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月26日閲覧。
  230. ^ QS World University Rankings Results 2011”. QS Quacquarelli Symonds Limited. 2010年9月23日閲覧。
  231. ^ Hipwell, Deirdre (2007年9月23日). “The Sunday Times Good University Guide 2007 – Profile for London School of Economics”. The Times (London). オリジナルの2011年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yoK36cad?url=http://www.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/education/sunday_times_university_guide/article2496158.ece 2008年6月6日閲覧。 
  232. ^ FT Global MBA Rankings”. Financial Times. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年1月25日閲覧。
  233. ^ About the University”. University of London (2006年2月20日). 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年6月3日閲覧。
  234. ^ Colleges and Institutes”. University of London. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月23日閲覧。
  235. ^ About London Met Archived 2009年1月24日, at the Wayback Machine. London Metropolitan University, August 2008
  236. ^ “University of the Arts London”. The Guardian (UK). (2008年5月1日). オリジナルの2011年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yoK4mSBu?url=http://www.guardian.co.uk/education/2008/may/01/universityguide.highereducation42 2010年8月27日閲覧。 
  237. ^ Carvel, John (2008年8月7日). “NHS hospitals to forge £2bn research link-up with university”. The Guardian (UK). オリジナルの2011年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yoK5JH6x?url=http://www.guardian.co.uk/society/2008/aug/07/health.highereducation 2010年9月6日閲覧。 
  238. ^ Brown, Jonathan (2006年4月11日). “Jafaican and Tikkiny drown out the East End's Cockney twang”. The Independent (London). オリジナルの2011年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5yoK682mq?url=http://www.independent.co.uk/news/uk/this-britain/jafaican-and-tikkiny-drown-out-the-east-ends-cockney-twang-473688.html 2008年8月22日閲覧。 
  239. ^ Piccadilly Lights”. Land Securities. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月3日閲覧。
  240. ^ a b c d Theatres and concert halls.”. Your London. 2008年1月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  241. ^ 2001: Public houses. British Broadcasting Corporation. オリジナルの2011年5月20日時点におけるアーカイブ。. http://www.bbc.co.uk/history/trail/local_history/city/street_03.shtml?publichouses 2008年6月4日閲覧。. 
  242. ^ Oxford Street gets its own dedicated local police team. The Londoner. (September 2006). オリジナルの2007年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070930204913/http://www.london.gov.uk/londoner/06sep/p7a.jsp 2007年6月19日閲覧。. 
  243. ^ Chinatown — Official website”. Chinatown London. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  244. ^ One Queen, Two Birthdays”. Royal Government. 2008年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年9月27日閲覧。
  245. ^ a b c d London in Literature,”. Bryn Mawr College. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  246. ^ Working Title Films”. Universal Studios. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  247. ^ a b London's top 40 artists. British Broadcasting Corporation London. (6 April 2006). ISBN 978-0-89820-135-2. http://www.bbc.co.uk/london/content/articles/2006/04/06/garycrowley_londontop40_feature.shtml 2008年9月9日閲覧。 
  248. ^ Punk”. allmusic. 2012年7月26日閲覧。
  249. ^ History of music in London”. The London Music Scene. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月2日閲覧。
  250. ^ London 1908”. International Olympic Committee. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月5日閲覧。
  251. ^ London 1948”. International Olympic Committee. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月5日閲覧。
  252. ^ England — Introduction”. Commonwealth Games Federation. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月3日閲覧。
  253. ^ London Defeats Doha to host 2017 International Athletics Championships”. Gamesbids.com. 2011年12月13日閲覧。
  254. ^ Wembley Stadium History — Official Website”. Wembley National Stadium Limited.. 2008年4月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月29日閲覧。
  255. ^ Wembley Stadium — Presspack — Facts and Figures. Wembley National Stadium Limited. オリジナルの2008年5月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080516051636/http://www.wembleystadium.com/pressbox/presspack/factsandFigures.htm 2008年6月6日閲覧。. 
  256. ^ Premiership Rugby: Clubs”. Premier Rugby. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月5日閲覧。
  257. ^ RFU apply for two additional concerts at Twickenham Stadium in 2007. The Twickenham Rugby Stadium. オリジナルの2008年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080625050620/http://www.rfu.com/microsites/twickenham/index.cfm?StoryID=14822 2008年6月6日閲覧。. 
  258. ^ About Lord's—the home of cricket — official website”. MCC (2008年). 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月29日閲覧。
  259. ^ The Brit Oval — Official Website”. Surrey CCC (2008年). 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月29日閲覧。
  260. ^ Wimbledon — official website”. The All England Tennis and Croquet Club (AELTC). 2008年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月29日閲覧。
  261. ^ Flora London Marathon 2008”. London Marathon ltd. 2008年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月29日閲覧。
  262. ^ The Oxford and Cambridge Boat Race — Official Website”. The Oxford and Cambridge Boat Race. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月29日閲覧。
  263. ^ Jack Malvern. Richmond, in Surrey, is the most widely copied British place name worldwide, Timesonline 29 December 2008. The original byline for the article in The Times of the same day was "The 55 corners of foreign fields that will be for ever ... Richmond" (page 9). Cites The Times Universal Atlas of the World. https://www.webcitation.org/5yoKJBWF8?url=http://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/article5409039.ece
  264. ^ a b London is twinned with New York, Moscow and Berlin. Interesting Facts About London”. insideguide to London. 2011年7月27日閲覧。See Fact 2 by Big Ben photo.
  265. ^ a b Friendship agreement to be signed between London and Delhi”. Mayor of London (2002年7月25日). 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月23日閲覧。
  266. ^ Twinning agreements”. Making Joburg an entry point into Africa. City of Johannesburg. 2009年11月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月28日閲覧。
  267. ^ Barfield, M (2001年3月). “The New York City-London sister city partnership (PDF)”. Greater London Authority. 2010年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年10月26日閲覧。
  268. ^ Shanghai Foreign Affairs”. Shfao.gov.cn (2009年7月27日). 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月23日閲覧。
  269. ^ Beijing, London establish sister city ties”. Gov.cn (2006年4月10日). 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月23日閲覧。
  270. ^ Mayors of London and Dhaka, Bangladesh sign friendship agreement”. Mayor of London (2003年9月10日). 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月23日閲覧。
  271. ^ London, UK”. Sister cities of Los Angeles, Inc.. 2011年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月13日閲覧。
  272. ^ Les pactes d'amitié et de coopération”. Paris.fr. 2010年5月23日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ロンドン」に関係したコラム

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

  • CFDのココア取引とは

    ココアは、カカオ豆から作られる食品です。チョコレートもカカオ豆から作られます。カカオの生産は、赤道の南緯20度、および、北緯20度以内の高温多湿な地域で栽培されます。カカオの主な生産地域は西アフリカや...

  • FXの為替レートを変動させるロンドンフィキシングとは

    ロンドンフィキシング(London Fixing)とは、マーケットメイカーがイギリスのロコ・ロンドン金市場で金の値決めをすることです。ロコ・ロンドン金市場は、世界各国のマーケットメイカーの集まる最大級...

  • CFDのスプレッド比較

    CFD業者ではほとんどの銘柄にスプレッドを設定しています。下の図は、GMOクリック証券の「日本225」の注文画面です。これは、8419ポイントで売り注文ができ、8422ポイントで買い注文ができることを...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ロンドンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロンドンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロンドン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS