ロスアラモス国立研究所 ロスアラモス国立研究所の概要

ロスアラモス国立研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/18 09:38 UTC 版)

ロスアラモス国立研究所
Los Alamos logo.svg
ロゴ
Los Alamos aerial view.jpeg
ロスアラモス国立研究所(1995年)
正式名称 Los Alamos National Laboratory
日本語名称 ロスアラモス国立研究所
略称 LANL
所在地 アメリカ合衆国
ニューメキシコ州ロスアラモス
北緯35度52分32秒西経106度19分27秒座標: 北緯35度52分32秒 西経106度19分27秒
予算 21億ドル(2013年度)
人数 9000
所長 チャールズ・マクミラン
活動領域 安全保障基礎科学
設立年月日 1943年
所管 アメリカ合衆国エネルギー省
Los Alamos National Security, LLC
プロジェクト マンハッタン計画
参加プロジェクト arXiv, National High Magnetic Field Laboratory, Joint Genome Institute
ウェブサイト http://www.lanl.gov/
テンプレートを表示

概要

ロッキー山脈の南端の美しい森林に囲まれた広大な敷地(約110平方キロメートル)に2100棟もの施設が立ち並び、科学者・エンジニア2500名を含む1万人もの所員が勤務している。現在でも核兵器開発やテロ対策など合衆国の軍事・機密研究の中核となる研究所であるが、同時に生命科学、ナノテクノロジー、コンピュータ科学、情報通信、環境、レーザー、材料工学、加速器科学、高エネルギー物理、中性子科学、核不拡散、安全保障、核テロを抑止する核緊急支援隊の育成など、さまざまな先端科学技術について広範な研究を行う総合研究所でもある。アメリカ国内外の研究機関との共同研究も盛んであり、多くの外国人研究者を受け入れている。年間予算は21億ドルで(2013年度)[1]、合衆国の頭脳が集まる名実ともに世界最高の研究機関であり、「合衆国の至宝」 と称される。研究所は「The world's greatest science protecting America(アメリカを守る世界で最も偉大な科学)」を標榜する。

人類最初の核実験トリニティで生じた火球

1943年に設立され、当時は「プロジェクトY」というコードネームで呼ばれていた。初代所長はロバート・オッペンハイマー。21名ものノーベル賞受賞者を擁するマンハッタンプロジェクトで開発・製造された原子爆弾が、広島市に投下された「リトルボーイ」、および長崎市に投下された「ファットマン」である(詳細は広島市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下を参照)。

マンハッタン計画にあたり、機密保持のために徹底的な管理を求めた軍上層部に対し、自由な気風で研究を進めようとした科学者たちは反発し、科学者の主張はおおむね認められた。ロスアラモスは原爆開発の中心地であると同時に、レオ・シラードら68名の科学者が日本への原子爆弾投下に反対してアメリカ合衆国大統領へ請願書を送り、世界で最初の反原爆運動の舞台ともなった。

第二次世界大戦後は、ソビエト社会主義共和国連邦の脅威に対抗するため、エドワード・テラーらが水素爆弾の開発を行ったが、オッペンハイマーらは原子爆弾の廃絶を訴え、マンハッタン計画を推進した科学者たちはテラー派とオッペンハイマー派に分かれ、激しく対立した。テラー派はローレンス・リバモア国立研究所を設立したうえ、赤狩りを利用してオッペンハイマーを失脚させた。ロスアラモスは冷戦期においても核開発競争や戦略防衛構想の中心であり続け、軍事研究におけるロスアラモスの圧倒的優位が東側陣営の軍事費増大を通じて経済基盤の疲弊を引き起こし、冷戦終結の一因となったと言われている。

サンディア国立研究所はロスアラモス国立研究所のエンジニア部門(Z部門)が独立したものであるうえ、ローレンス・リバモア国立研究所はロスアラモスと競合させることを目的として1952年に設立された。複雑系の研究で有名なサンタフェ研究所も、ロスアラモスの科学者らによって設立された。

1999年には、ロスアラモス国立研究所に勤務していた台湾系アメリカ人科学者李文和英語版中華人民共和国のスパイとして起訴される事件が起こり[2]、その後も放射性物質の厳重な管理を怠ったり、機密情報を収めたディスクを紛失したりするなどの不祥事を続けざまに引き起こしたため、2004年7月16日に活動を一時停止した。

ロスアラモス国立研究所は、政府が所有して大学などが運営を行うGOCO形式 (Government Owned Contractor Operated) の研究所であり、アメリカ合衆国エネルギー省の委託でカリフォルニア大学システムが60年以上にわたり管理・運営を行ってきた。2005年に行われた競争入札の結果、2006年6月からはカリフォルニア大学システム、ニューメキシコ大学、ニューメキシコ州立大学、ベクテル社 (Bechtel)、BWX Technologies、Washington Group Internationalらで構成するLos Alamos National Security (LANS) という連合組織による運営体制に移行した。




  1. ^ Facts, Figures, LANL, 2013年10月28日閲覧
  2. ^ US of A vs. Wen Ho Lee, Grand Jury indictment”. FAS. 2017年5月9日閲覧。


「ロスアラモス国立研究所」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロスアラモス国立研究所」の関連用語

ロスアラモス国立研究所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ロスアラモス国立研究所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロスアラモス国立研究所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS