レゴ 日本でのレゴ

レゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/02 03:12 UTC 版)

日本でのレゴ

レゴブロックは、1962年から貿易商社の朝日通商が窓口となって日本市場にも導入され始めた。しかし、当初は都市部のデパートや、大きな玩具店などにしか出回ることがなかったうえ、その価格も当時で数百円から数千円と非常に高価であり、裕福な家庭の親が買い与える知育玩具というイメージが強かった。

1969年からは知育玩具輸入販売会社「不二商」がレゴブロックの販売を担当していた[11]が、1978年、レゴ社は現地法人「日本レゴ株式会社」を設立し直接輸入販売を手掛け始めた[12]。レゴブロックはまだ国産品に比して高価な印象があったうえ、ヨーロッパから非常に遠いアジアの市場規模では需要も決して多いとはいえず、発売されるアイテム数も本国に比べると非常に見劣りするものであったが、徐々に日本市場へ浸透していった。

その後、レゴブロックが広く知れ渡るにつれ、似たアイデアのものや、寸法まで同一の商品が1960年代を中心に日本市場にも出回った。このうち特に有名なものは河田ダイヤブロック任天堂N&Bブロックである。ダイヤブロックは「複数の突起を持った表側とこれをはめ込む裏側のある直方体形状」という構造は似ているが、規格寸法は異なる。N&Bブロックは、基本となる直方体の形状と寸法がレゴブロックと寸分たがわず、訴訟にもなった。

レゴブロック自体の知名度と比例するように、欧州に存在するLEGOブロックテーマパークレゴランドの日本進出を期待する声が高まったが、まずレゴランド誘致都市として名乗りを上げた千葉県千葉市は、諸般の事情により2003年に誘致を断念した。それから約10年間が経過した2014年愛知県名古屋市港区に立地する金城ふ頭に日本初のレゴランドとなる「レゴランド・ジャパン」を進出するとの決定が、デンマークのLEGO本社から発表された。2015年には名古屋市内で着工式典が行われ、2017年4月1日にオープンした。

  • 1969年 - 知育玩具輸入販売会社「不二商」がレゴブロックの販売を担当[11]
  • 1978年 - レゴ社は現地法人「日本レゴ株式会社」を設立し直接輸入販売を開始[12]
  • 1989年 - 「日本レゴ株式会社」から「レゴジャパン株式会社」へと組織変更[13]
  • 1990年代 - 千葉県千葉市の幕張地区にレゴランドを誘致する計画が浮上した。しかし日本のバブル崩壊の影響などもあって最終的に計画は断念された。
  • 1991年 - レゴ社とナムコが提携し、プライズマシン用のレゴブロックのミニセットを製造。車の他、お城や海賊のセットなどがラインナップされた(ナムコの季刊無料雑誌『ノワーズ』第3号および第7号)。
  • 1998年 - レゴお城シリーズに「忍者」テーマが登場。以後3年ほど継続された。内容的には「外国から見た日本趣味」的な色が濃いものの、服装や小物などの造形は比較的正確なものといえた。カバヤ食品が、レゴブロックのミニセットとガムをパッケージにした玩具菓子の販売を始める。テーマはお城、テクニック、バイオニクルなど多岐に渡った。天皇皇后(いずれも当時)がレゴランドビルンを訪問。
  • 1999年 - 1990年代末より、レゴブロックをサブカルチャー的なアイテムとしてとらえる動きが多くなる。渋谷パルコにて「レゴ・マニアックス展」が開催されたのに続いて、翌2000年にも「レゴ・デラックス展」が開催されている。また、同年より「スター・ウォーズシリーズ」が発売されたことで、従来あまりレゴブロックに縁がなかったファン層の獲得に成功した。
  • 2000年 - 前年の松屋銀座における小規模な展覧会「建築家とレゴ展」を踏み台に青山スパイラルで「レゴと建築展」が開催された。日本初のレゴ専門店「クリックブリック」の展開が始まった。
  • 2002年 - コカ・コーラ社のプロモーションとして、「サッカー」テーマのミニセットが飲料のオマケに付いていた。コカ・コーラ社からは、これ以外にも「スタジオ」シリーズのプロモーションセットがリリースされた。
  • 2003年 - 渋谷パルコにて「レゴで作った世界遺産展」が開催された。これは全国各地を巡回したあと、さらに新作を加えて2008年にも同所で開催された。
  • 2004年 - 栃木県那須郡那須町にある遊園地「那須ハイランドパーク」で、「レゴ博」が開催された。これを契機として、2006年より常設展示の「レゴスタジアム」がオープン。東京タワー渋谷浅草などの日本の風景を総数約150万個のレゴブロックで再現している。レゴモデルビルダーの仕事場を忠実に再現した「レゴビルダー工房」や、限定商品や新製品を扱うショッピングエリア、自由に遊べるプレイエリア「ふあふあ&プレイエリア」なども設置されている。
  • 2005年 - テレビ東京系の番組「TVチャンピオン」にて、レゴブロックをテーマにした対決が放映された。これは2008年の第3回まで続き、2010年2011年には復活特番として開催されている。第2回では決勝をデンマークのレゴランドにまで遠征して行った。なお、第2回まではレゴという商標は表立っては使用されず、「ブロック玩具王選手権」として放映された。
  • 2006年 - 人型ロボットを製品ラインの主役に据えた「エクソ・フォース」テーマの展開が始まった。日本的な人物名とカラフルなツンツン髪などアニメ的な容姿のキャラクター、パッケージやロボットのボディに配された漢字などが、日本のロボットアニメを強く意識していることを伺わせている。このシリーズの日本における販売プロモーションには「超時空要塞マクロス」などのアニメ作品のメカデザイナーとして知られる河森正治が関わっており、その影響もあってシリーズ最後期にはよりアニメ的センスを加えた製品がリリースされるに至っている。なお、河森は以前より、ロボットの変形システムの検討にレゴブロックを多用していることを公言している。
  • 2008年 - 王子ネピアとのコラボレーションにより、フィギュアスケーター・浅田真央をかたどったジャンボフィグ(ミニフィグを店頭販促用にスケールアップしたもの)を1体制作、応募者に抽選でプレゼントするキャンペーンが実施された。彼女はレゴ好きとして知られ、スケートの大会では演技後に花束などとともにレゴ製品の入った袋を渡されたりするシーンが見られる。
  • 2009年 - 那須ハイランドパークにおいて「レゴタワー(レゴブロックを塔状に積み上げる)」を製作するイベントが開催され、世界新記録(当時)となる高さ29.7メートルのタワーを作ることに成功した。このタワーには43万個ものブロックが使われたという。また、同年11月には無印良品とのコラボレーションで「紙とあそぶレゴブロック」が展開された。
  • 2010年 - ミニフィギュアシリーズを発売。日本ではタカラトミーアーツからガチャガチャで同年7月に第1弾(SIDE A・B各8種の計16種)が発売された。海外ではブラインドによる一般的な販売方法で展開しているが、日本では唯一カプセルトイとしてガチャガチャで発売している。以降のシリーズもガチャガチャで展開している。同年12月には忍者をテーマにした「NINJAGO」を2011年の新シリーズとして発売した。
  • 2011年 - 2009年ごろから有人潜水調査船しんかい6500」をレゴにしようという試みが、レゴ社公認の商品化サイト「LEGO CUUSOO」で行われ、商品化に必要な1,000票以上を獲得、商品化が実現した。この商品は日本限定販売であり、パッケージに日本語の解説文を書き込み、日本語の解説ブックレットが封入されるという初めての試みがなされている。同年1月からは商品の宣伝や一般の子どもたちの作品を紹介する『レゴスタ』をコロコロコミックやテレビ東京(関東ローカル)にて開始した。同年7月には戦艦大和などの大作を制作したことで知られる三井淳平が日本人で初めてのレゴブロックのプロビルダーに認定された。
  • 2014年 - この年限りで日本限定セットとして長年親しまれた赤いバケツ、青いバケツの生産を打ち切る。
  • 2015年(〜2016年) - 昭和シェル石油が同ブランドのハイオクガソリン「V-Power」のプロモーションの一環として、同製品購入者に限りフェラーリのミニキット(車両および情景セット計6種)が購入できるというキャンペーンを行った。2016年2月から第2弾(商品は同一)が行われたが、今回はそれだけでなく同社の決済システム「EasyPay」新規会員には同キットが1点プレゼントされた[14]
  • 2015年 - 愛知県名古屋市の金城ふ頭地区にレゴランドが初進出することが決まり、着工式典が挙行された。
  • 2017年4月1日 - 日本国内初のレゴランドとなる「レゴランド・ジャパン」がグランドオープン。

  1. ^ Management - LEGO Group - About us - LEGO.com US”. The LEGO Group. 2019年12月30日閲覧。
  2. ^ Niels B. Christiansen - About us - LEGO.com US”. The LEGO Group. 2019年12月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e Trangbæk, Roar Rude (2021年3月3日). “Annual Report 2020”. The Lego Group. 2021年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月30日閲覧。
  4. ^ Ownership”. The Lego Group. 2021年12月5日閲覧。
  5. ^ Ownership” (英語). The Lego Group. 2017年4月1日閲覧。
  6. ^ a b c d 「特集 どん底から世界一へ LEGO [湧き出るイノベーション]ヒット連発、組織に秘策」『日経ビジネス』第1779号、日経BP社、2015年2月16日、28-33頁。 
  7. ^ a b 蛯谷敏 (2015年2月16日). “レゴが「ブロック」だけで玩具世界一になれた理由 CEOが語る、知られざるイノベーションの裏側”. 日経ビジネスオンライン. 2015年3月19日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h 「特集 どん底から世界一へ LEGO PART2[崖っぷちからの再生] 制約が革新を生む」『日経ビジネス』第1779号、日経BP社、2015年2月16日、34-37頁。 
  9. ^ 蛯谷敏 (2015年2月17日). “レゴ工場に潜入! ROE58%、超効率経営の心臓部”. 日経ビジネスオンライン. 2015年3月19日閲覧。
  10. ^ レゴ、1400人の人員削減へ 減収減益受け CNN(2017年9月7日)2017年9月9日閲覧
  11. ^ a b 「玩具の歴史 1965-1969年」社団法人日本玩具協会。
  12. ^ a b 「平成12年(行ケ)第101号 審決取消請求事件 判決」 (PDF) 、4頁。
  13. ^ レゴ本社サイトの社史では1992年との記述あり。
  14. ^ 昭和シェル石油 LEGO店頭キャンペーン第2弾
  15. ^ 例として、クレイグ・グレンディ『ギネス世界記録 2014』pp.166-167(2013年9月12日初版、KADOKAWA)など。
  16. ^ Who lives in a house like this? James May to stay in the world's first house made entirely from Lego - MailOnline・2009年9月2日
  17. ^ Demolished! James May's Lego house is knocked down after no-one came forward to save it - MailOnline・2009年9月24日
  18. ^ a b 「【人・story】レゴジャパンマーケティング本部係長 直江和由さん」『FujiSankei Business i.』、2007年4月12日、32頁。
  19. ^ a b c 杉浦志保 (2013年6月7日). “世界に10人しかいないレゴ職人「マスター・ビルダー」ってどんな仕事をするの??”. マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/techplus/article/20130607-legomb/ 2015年3月19日閲覧。 
  20. ^ 日本人2人目の「レゴ職人」コンテスト、大阪で開催 豊中市の25歳、なかやまさんが世界初の女性職人に”. 産経WEST (2015年2月11日). 2018年3月6日閲覧。
  21. ^ LEGOフォートナイトへようこそ!”. Epic Games フォートナイト. 2023年12月10日閲覧。
  22. ^ Epic Games、『フォートナイト』内で新しいサバイバル・クラフトゲーム「レゴ フォートナイト」をリリース”. 2023年12月10日閲覧。
  23. ^ 『レゴ フォートナイト』配信開始!無料で無限に遊べるサバイバルクラフトゲームが爆誕!!”. Ascii Games. 2023年12月10日閲覧。
  24. ^ レゴ®フォートナイト®が待望のリリース!”. 2023年12月10日閲覧。
  25. ^ マイクラに強力なライバル出現 新作ゲーム『レゴ フォートナイト』配信開始”. Foebes Japan. 2023年12月10日閲覧。
  26. ^ レゴ×「フォトナ」の世界でサバイバルアクション! 「LEGO Fortnite」先行プレイレポート”. Game Watch. 2023年12月10日閲覧。
  27. ^ レゴ®DCスーパーヴィランズ【公式サイト】”. ワーナー ゲーム. 2022年12月29日閲覧。
  28. ^ レゴ®インクレディブル・ファミリー【公式サイト】”. ワーナー ゲーム. 2022年12月29日閲覧。
  29. ^ レゴ®ムービー2 ザ・ゲーム【公式サイト】”. ワーナー ゲーム. 2022年12月29日閲覧。
  30. ^ 新戦略「大人のレゴ」の全貌 - テレビ東京 2022年4月14日






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レゴ」の関連用語

レゴのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レゴのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレゴ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS