レゴ レゴランド (テーマパーク)

レゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/02 03:12 UTC 版)

レゴランド (テーマパーク)

レゴランドはレゴのテーマパークで、デンマークイギリス日本など世界の数箇所にある。世界の有名なランドマークをレゴブロックで再現した巨大モデルがなど展示されているほか、さまざまなアミューズメント施設を備える。

レゴランド・ディスカバリー・センター」はレゴランドより小規模な屋内型アトラクション施設。

レゴビルダー

モデルビルダー

レゴ社の社員として、イベントの展示作品を作るとともに、子供向けの制作教室を開いている[18]。レゴ社の各国法人が募集し、テストの結果レゴ社本社より認定される。日本では2002年にレゴジャパンの直江和由が認定されたのが第1号である[18]

マスターモデルビルダー

レゴランド・ディスカバリー・センターごとに1名だけ配属され、施設内で開催するワークショップの運営、モデル考案、制作を行うとともに、イベント用の大きな作品の制作を行っている[19]。コンテストで選ばれ、各レゴランド・ディスカバリー・センターの運営元の社員となる[19]。日本では「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」に所属する大澤よしひろが最初[19]。「レゴランド・ディスカバリー・センター大阪」のマスターモデルビルダーとなったなかやまかんなは、世界で13人目、世界初の女性である[20]

レゴ認定プロビルダー

レゴブロックの名前とブロックを使ってビジネスをすることをレゴ本社が承認する制度。認定プロビルダーは、レゴブロックを使った制作や啓蒙などさまざまなビジネスを行っている。レゴの製品開発の支援を取ることもある[6]。レゴの専任担当者が情報を集めて候補者に直接コンタクトを取り、手続を経たうえで認定される。プロビルダーはレゴ社の所属ではない社外の人間であるが、レゴの担当者と直接連絡を取ることができ、レゴを使ったアイデアの相談なども行える。日本では2011年に三井淳平が初めて選ばれた。

LEGOフォートナイト

2023年12月3日、レゴ社はアメリカのゲーム会社Epic Gamesとパートナーシップを締結し、同社のゲーム『フォートナイト』でプレイできる新たなゲームモードとして『LEGOフォートナイト[21]』をリリースすることを発表し、同年12月7日に正式にリリースされた[22]。キャッチコピーは「キミの冒険をはじめよう!」。

バトルロイヤルモードの島(約2km四方)約20個分の広大なフィールドを舞台に、クラフトアイテムや食料などを集めたり、野生生物と戦ったり、建物を建てたりして自分だけの世界を作ることができる[23]。レゴ社は公式サイトにて本モードを「究極のサバイバルクラフトアドベンチャー」と紹介している[24]。登場するフォートナイトのキャラクターは全てミニフィグをモチーフにした「LEGOスタイル」にアレンジされており、今後のアップデートで更なるLEGOスタイルが追加されていく予定。また、マルチプレイにも対応しており、最大7人の他のプレイヤーと一緒に冒険することができる。

本モードは、配信開始より国内外の様々なメディアから高い評価を得ている。Foebes JapanのPaul Tassiは、LEGOフォートナイトを「Minecraftに真正面から挑むものである」と述べており、ブランド力のあるフォートナイトとレゴのパートナーシップによるものであるからこそ、これほどの巨大タイトルに対抗できる勢いを生み出すことができると、本モードへの期待を示した[25]。また、本モードの人気が伸びず失敗してしまうケースについて「失敗すればとてつもない時間の無駄になるが、私はそうはならないと思う」とも述べている。さらに、Game Watchの畠中健太は、草木、影、火などの描写が非常に美しくリアルでありながら、キャラだけでなく牛や羊といった動物なども細部まで細かくレゴ化されており、フォートナイトの中に「レゴらしさ」を練り混ぜている点を高く評価した[26]


  1. ^ Management - LEGO Group - About us - LEGO.com US”. The LEGO Group. 2019年12月30日閲覧。
  2. ^ Niels B. Christiansen - About us - LEGO.com US”. The LEGO Group. 2019年12月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e Trangbæk, Roar Rude (2021年3月3日). “Annual Report 2020”. The Lego Group. 2021年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月30日閲覧。
  4. ^ Ownership”. The Lego Group. 2021年12月5日閲覧。
  5. ^ Ownership” (英語). The Lego Group. 2017年4月1日閲覧。
  6. ^ a b c d 「特集 どん底から世界一へ LEGO [湧き出るイノベーション]ヒット連発、組織に秘策」『日経ビジネス』第1779号、日経BP社、2015年2月16日、28-33頁。 
  7. ^ a b 蛯谷敏 (2015年2月16日). “レゴが「ブロック」だけで玩具世界一になれた理由 CEOが語る、知られざるイノベーションの裏側”. 日経ビジネスオンライン. 2015年3月19日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h 「特集 どん底から世界一へ LEGO PART2[崖っぷちからの再生] 制約が革新を生む」『日経ビジネス』第1779号、日経BP社、2015年2月16日、34-37頁。 
  9. ^ 蛯谷敏 (2015年2月17日). “レゴ工場に潜入! ROE58%、超効率経営の心臓部”. 日経ビジネスオンライン. 2015年3月19日閲覧。
  10. ^ レゴ、1400人の人員削減へ 減収減益受け CNN(2017年9月7日)2017年9月9日閲覧
  11. ^ a b 「玩具の歴史 1965-1969年」社団法人日本玩具協会。
  12. ^ a b 「平成12年(行ケ)第101号 審決取消請求事件 判決」 (PDF) 、4頁。
  13. ^ レゴ本社サイトの社史では1992年との記述あり。
  14. ^ 昭和シェル石油 LEGO店頭キャンペーン第2弾
  15. ^ 例として、クレイグ・グレンディ『ギネス世界記録 2014』pp.166-167(2013年9月12日初版、KADOKAWA)など。
  16. ^ Who lives in a house like this? James May to stay in the world's first house made entirely from Lego - MailOnline・2009年9月2日
  17. ^ Demolished! James May's Lego house is knocked down after no-one came forward to save it - MailOnline・2009年9月24日
  18. ^ a b 「【人・story】レゴジャパンマーケティング本部係長 直江和由さん」『FujiSankei Business i.』、2007年4月12日、32頁。
  19. ^ a b c 杉浦志保 (2013年6月7日). “世界に10人しかいないレゴ職人「マスター・ビルダー」ってどんな仕事をするの??”. マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/techplus/article/20130607-legomb/ 2015年3月19日閲覧。 
  20. ^ 日本人2人目の「レゴ職人」コンテスト、大阪で開催 豊中市の25歳、なかやまさんが世界初の女性職人に”. 産経WEST (2015年2月11日). 2018年3月6日閲覧。
  21. ^ LEGOフォートナイトへようこそ!”. Epic Games フォートナイト. 2023年12月10日閲覧。
  22. ^ Epic Games、『フォートナイト』内で新しいサバイバル・クラフトゲーム「レゴ フォートナイト」をリリース”. 2023年12月10日閲覧。
  23. ^ 『レゴ フォートナイト』配信開始!無料で無限に遊べるサバイバルクラフトゲームが爆誕!!”. Ascii Games. 2023年12月10日閲覧。
  24. ^ レゴ®フォートナイト®が待望のリリース!”. 2023年12月10日閲覧。
  25. ^ マイクラに強力なライバル出現 新作ゲーム『レゴ フォートナイト』配信開始”. Foebes Japan. 2023年12月10日閲覧。
  26. ^ レゴ×「フォトナ」の世界でサバイバルアクション! 「LEGO Fortnite」先行プレイレポート”. Game Watch. 2023年12月10日閲覧。
  27. ^ レゴ®DCスーパーヴィランズ【公式サイト】”. ワーナー ゲーム. 2022年12月29日閲覧。
  28. ^ レゴ®インクレディブル・ファミリー【公式サイト】”. ワーナー ゲーム. 2022年12月29日閲覧。
  29. ^ レゴ®ムービー2 ザ・ゲーム【公式サイト】”. ワーナー ゲーム. 2022年12月29日閲覧。
  30. ^ 新戦略「大人のレゴ」の全貌 - テレビ東京 2022年4月14日






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レゴ」の関連用語

レゴのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レゴのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレゴ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS