レゲエ 音楽的特徴

レゲエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/08 06:00 UTC 版)

音楽的特徴

狭義におけるレゲエのアンサンブル、およびレゲエバンドにおいて使用される楽器は、ドラムセットベースギターキーボードパーカッション、そしてトロンボーンサキソフォーントランペットによって構成されるホーンセクションである[13]

最も特徴的な演奏様式はドラムとベースによるリズム隊によって形作られる特有のグルーヴを中心に、リズムギターやキーボードが第2、第4拍目にアクセントを置きオフビートを刻むものである[13]。これはクラーベをリズムの基本にするドミニカ共和国メレンゲマルティニークズークセントルシアのビギン (en)などの近隣のカリブ海地域の音楽とは全く異なる演奏様式である[14]

レゲエのリズムはしばしばレギュラービートシャッフルビートを同居させ、ポリリズムを形成する[15][16]BPMは72から92の間であることが多く[16]、音数は少ないものの隙間でグルーヴを感じさせるように演奏される[17]。またレゲエのリズムのことをジャマイカ英語で「リディム」と言い、しばしば曲名だけではなくリディム自体にも名前がついている。

1970年代におけるボブ・マーリーの世界的ヒットなどを経て、レゲエの演奏様式はアフリカラテン・アメリカアジアなど世界の様々なポピュラー音楽にも取り入れられて演奏されるようになった。また、ジャズロックヒップホップなど異なるジャンルとの融合や、レゲエ風アレンジも多く見られる。

楽器と奏法

ドラムス

スライ・ダンバー(1979年)

標準的なドラムセットが使用されることが多い。スネアドラムはしばしばティンバレスのような非常に高い音にチューニングされ、演奏ではリム・ショットが多用される。また、ロックやポップスなどと異なりシンバルを使ったフィルインはあまり用いられず、ハイハットを叩く際はアクセントをつけず平板なビートを刻むことが多い[16][18][19]

レゲエにおけるドラムビートは、「ワンドロップ (One Drop)」、「ロッカーズ (Rockers)」、「ステッパーズ (Steppers)」などに分類することができる。

ワンドロップ
1拍目にアクセントがなく、3拍目のみがスネアドラムのリムショットとバスドラムによって強調される[20]カールトン・バレットが開発したとされるこのリズムは[注釈 3][20]、レゲエを特徴づける要素の一つである[20]。代表的楽曲はボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの「ワン・ドロップ (One Drop)」など。
フライング・シンバル
ワンドロップのドラムに、通常はギターやキーボードが強調する2拍目、4拍目をハイハットのオープンショットによって強調する奏法[21]。1974年にカールトン・サンタ・デイヴィス (en) が開発し、1975年まで流行した[21]。代表曲はジョニー・クラーク (en)「ムーブ・アウト・オブ・バビロン (Move Out of Babylon)」など[21]
ロッカーズ
ルーディメンツを下敷きにしたマーチングバンド風のフレーズをスネアドラムで叩く。その戦闘的にも聞こえるビートから「ミリタント・ビート」とも呼ばれている[22]スライ・ダンバーによって開発された[22]。代表的楽曲はマイティ・ダイアモンズ「アイ・ニード・ア・ルーフ (I Need A Roof)」(1976年)など。
ステッパーズ
スライ・ダンバーが開発した4拍子の4拍すべてに固い4つ打ちのバスドラムを打つリズムである[23][24]。代表的楽曲はボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ「エクソダス」など。この曲でカールトン・バレットは、4分の4拍子を刻む4つ打ちのバスドラムに8分の6拍子を刻むハイハットの3連打を絡めている。

ベース

標準的なエレキベースが使用されるが、極端に重低音を強調した音にチューニングされる[25]。 レゲエにおいてベースはうねるようなベースラインを繰り返し、転調も少ない[25]

ギター

アール・チナ・スミス(2009年、スウェーデン)

標準的なエレキギターが使われることが多いが、アコースティックギターが使用されることもある。 レゲエにおいてギターはカッティング奏法で2拍目・4拍目のオフビートを強調することが多い[17]。カッティング奏法といってもファンクのように空ピック[注釈 4]を多用することはなく[17]、所々で空ピックや実音で引っ掛けるフレーズでスイングを演出する[17]。バンドによってはカッティング奏法を担当するリズムギターブルース風やロック風のメロディリフの演奏を担当するリードギターの二本を用意することもある。

パーカッション

パーカッションとしては、ボンゴカウベルシェイカービンギ・ドラムギロクラベス等が使用される。1990年代以降ではAKAI MPC等のサンプラーが使用されることもある。

ボーカル

レゲエには多彩なボーカルスタイルが存在する。ソロ・シンガーボーカル・デュオ[注釈 5]ボーカル・トリオ[注釈 6]ディージェイ[注釈 7]、シンガーとディージェイのデュオ[注釈 8]、ディージェイ同士のデュオ[注釈 9]などである。

なお、レゲエ特有の歌唱法としてはディージェイによるトースティング、ディージェイとシンガーの中間的歌唱法であるシングジェイ (en) がある。

レゲエの歌詞

レゲエは「レベル・ミュージック(rebel music、反抗の音楽)」であるといわれる。その理由はレゲエの歌詞はしばしば社会政治物質主義植民地主義などへの批判や反抗を主題とするからである[26]。これはジャマイカ国民の90%以上が黒人奴隷またはマルーンの子孫であることにより醸成された疎外感や抵抗の歴史、ラスタファリ運動キリスト教バプティスト派の宗教的影響が大きい[26]。しかし、全てのレゲエ・アーティストがラスタファリアンというわけではなく[27]、全てのレゲエの歌詞が反抗的というわけではない。ジャマイカの伝統音楽であるメントと同様のコミカルな歌詞や、フォークロアに基づく説話的歌詞、ゲットーの貧しい暮らしへの嘆き、男女の愛、人生の機微、音楽への陶酔、新しいダンスの方法など、レゲエにおける歌詞の主題は多岐に亘る[26][28][29]

以下、他のポピュラー音楽に比べて特に独自性の高い、レゲエの歌詞の主題について補足する。

ラスタファリ運動

ハイレ・セラシエ1世

特にラスタファリアンのレゲエ・アーティストは、エチオピア帝国最後の皇帝ハイレ・セラシエ1世を「ジャー現人神)」と、ジャマイカのジャーナリスト企業家マーカス・ガーベイ預言者と考え、アフリカ回帰 (en) を主義とする宗教的運動であるラスタファリズムを、しばしば作品の主題とする[26]。アーティストは自らを戦士ライオンイスラエル民族になぞらえ、「バビロンと戦いこれを打ち破り、ザイオンに帰還する」などと原理主義的に描写する[26]

ラスタファリアンでないアーティストもしばしば(黒人の)人種的プライドを誇ったり、反転した価値観[注釈 10]を訴える[26]

大麻

ピーター・トッシュ(左)とロビー・シェイクスピア(右)(1978年、ジャマイカ)

ラスタファリ運動がジャマイカで流行した1960年代末以降、大麻はレゲエの歌詞の中で頻繁に取り上げられる主題の一つである[30]。ジャマイカにおける大麻は19世紀半ば以降プランテーションでの人手不足を補うため導入されたインド系移民によってもたらされた[注釈 11][注釈 12]。ジャマイカでは大麻は「ガンジャ」や「ハーブ」などと呼称され、「ガンジャ・チューン (ganja tune)」などと称される大麻による効能や瞑想、または大麻が非合法とされているが故の苦難をテーマとした楽曲が多く発表されている[30]。最も古いガンジャ・チューンは1966年ドン・ドラモンドによる器楽曲「クール・スモーク (Cool Smoke)」などである[30]ウェイラーズキャッチ・ア・ファイア』(1972年)のマーリーがガンジャのジョイントをくゆらすジャケットや、ピーター・トッシュ『解禁せよ (en)』(1976年)などの作品群のヒットによって、レゲエと大麻の結びつきはジャマイカ以外の国々においても有名なものとなった。しかし一方で、ジャマイカには1913年より施行された危険薬物法 (Dangerous Drugs Act) があり[注釈 13]、大麻の所持、売買、喫煙にはそれぞれに応じた罰金刑、懲役刑が科されている[30][31]。トッシュ、ブジュ・バントンニンジャマンらレゲエアーティストもこの法律を根拠に科刑された経験がある。

ホモフォビア

ブジュ・バントン(2006年、フィンランド)

特に1990年代以降のダンスホールレゲエ楽曲を中心に、レゲエの歌詞にはしばしば異性愛を尊重し、同性愛者などの「性的逸脱者」を「バティボーイ (en:Batty boy)」などと呼び[注釈 14]、激しく批判するホモフォビア的内容のものがある[32]。これら同性愛者批判はジャマイカ国民の大多数を占める保守的キリスト教信者やラスタファリアンが持つ信仰に基づく性倫理観[注釈 15]の影響や、植民地時代が長らく続いたことによる母系社会化と相対的な男性の地位低下等のジャマイカ特有の社会的、歴史的事情の影響がある[33]。また、ジャマイカでは法律 Offences Against the Person Act 第76条、79条によって男性間の性交をはじめとする「性的逸脱」が違法とされており、違反者には10年以下の禁固刑が課せられている[34](その一方、女性間の同性愛行為に対する直接な法的言及はない[35])。

1990年代以降、ブジュ・バントン、エレファント・マンビーニ・マンシズラ、ケイプルトン (en) らがイギリスに本部を置くアウトレイジ! (en) 等の同性愛団体・人権団体から差別的発言について抗議を受けていたが[32]2007年には上記のアーティストに加えT.O.K (en)、バウンティ・キラー (en)、ヴァイブス・カーテル (en) らが、アウトレイジ!らが起こしたキャンペーン「Stop Murder Music」との交渉により、今後は同性愛嫌悪を助長する歌詞を歌う事を止め、同性愛者に対する暴力に反対するとの合意書「レゲエ特別配慮規定 (Reggae Compassionate Act)」[注釈 16]に署名[36][37]、その調印書類が同性愛人権活動家のピーター・タッチェル (en) の公式サイトで公開されるなど[38]、一時は両者間が歩み寄りの一歩を踏み出したかのように見られた。しかし、ブジュ・バントンとビーニ・マンは直後にこの署名を否定し[37]、同性愛団体・人権団体との対立が再燃。両団体の抗議により、2人の欧米ライブツアーは幾度も抗議活動に見舞われたり、中止に追い込まれる等[39][40][41]表現の自由と人権問題の狭間を揺れ動く、依然根の深い問題となっている。

一方、2012年7月にレズビアンであることをカミングアウトしたダイアナ・キングは自身の公式Facebookで発表した声明文において、「正直に話すと、オープンに認めることはずっと怖くてできなかった。私のキャリアや家族、愛する人たちにどんなネガティブな影響を与えるか、分からなかったから」、「私がずっと抱いていた深い恐怖、それはジャマイカの人たちが長年のホモフォビアによって私を受け入れないということ。」、「私のような人たちを毎日のように迫害し、打ちのめし、牢獄に入れ、強姦し、殺してきたという不快な現実を、私はこれまでずっと、あまりにも多く見てきた。ただ自分自身であろうとする人たちを、あるいは、ただそうと疑われただけの人たちを」と語り、このように同性愛者に差別的なジャマイカにおける政治的/文化的土壌を批判している[42][43][35]

非一貫性

ジミー・クリフ(1997年)

レゲエの歌詞には「ルードボーイ」、「ラガマフィン」、「ギャングスタ」、「バッドマン (en)」など不良悪漢を意味する語がしばしば現れる。ルードボーイとラスタは必ずしも対立する概念ではなく、実際には多くのアーティストがルードボーイであり同時にラスタでもあるが、そのような非一貫性はレゲエの歌詞に頻出する主題の一つである[26]

例えばジミー・クリフの楽曲「ザ・ハーダー・ゼイ・カム (en)」では、曲の前半で生ある内の救済を希求しながら、後半ではむしろ死による救済を願う内容になっている[44]。また、ボブ・マーリーはあらゆる人種間の平和を願う「ワン・ラヴ/ピープル・ゲット・レディ」と同じ黒人であってもラスタファリアンでないものを非難する「クレイジー・ボールドヘッド (Crazy Baldhead)」という相反する内容の楽曲を発表している。

しかしながら、アフリカン・ディアスポラと植民地時代の奴隷経験によって培われたこの非一貫性、二重性は必ずしも(特にジャマイカの)レゲエアーティストの中で矛盾として受け取られておらず、レゲエの歌詞の特徴の一つとなっている[26][45]

サウンド・チューン

後述するように、ジャマイカの音楽はサウンド・システムダブ・プレートというそのサウンド・システム独自のレコードをかけ、互いに競い合う文化がある。そのため自分のサウンドを称えたり、相手のサウンドをけなしたりする曲が古くはレゲエ以前の時代からリリースされていた。そのような曲のことを「サウンド・チューン (sound tune)」、または「サウンド・アンセム (sound anthem)」と呼ぶ。

最古のサウンド・チューンはプリンス・バスターによる「Three Against One」や「The King, The Duke And The Sir」(ともに1963年発表のスカ楽曲)である[46]。しかし、それ以前から各サウンドシステムはアメリカ合衆国産のレコードをサウンド・チューンとしてプレイしていた。例えばコクソン・ドッドのサー・コクソンズ・ダウンビート (Sir Coxsone's Downbeat)は、アメリカ合衆国のリズムアンドブルースグループ、ウィリス・ジャクソン楽団1951年に発表した「レイター・フォー・ザ・ゲイター (Later For the 'Gator)」を「コクソン・ホップ (Coxsone Hop)」と勝手に改名した上で島内で独占的にプレイし、1950年代の間人気を博していた[47]

言語

特にジャマイカでは、レゲエの歌詞はジャマイカの公用語である英語ではなく、ジャマイカ・クレオール語パトワ)で歌唱されることが多い[48][49]。これについて、ダブポエットのオク・オヌオラ (en) は「パトワとレゲエは同じリディムを持っている。人々のリディムだ。英語をレゲエのビートに乗せたとしても上手くいかない。そのときはリディムが変わってしまうだろう」と発言している[48]。日本のNAHKIや、ドイツのジェントルマン、イタリアのアルボロジー (en) ら、ジャマイカ出身やジャマイカ系でないアーティストがパトワで歌唱するケースも少なくない。一方で、パトワは英語を母語としている者にとっても聴き取りが難しいため、シャギーなどはジャマイカ人であっても、国際的市場を意識し主に英語で歌唱している[50]。また、しばしば「アイヤリック (Iyaric)」などと呼称されるラスタファリアン特有の語彙が使用される[51]




  1. ^ レゲエにおけるカッティング奏法のことをスキャンク (skank) という。
  2. ^ ジャマイカでは慣例的にメントを「カリプソ」とも称するが、メントとトリニダード・トバゴのカリプソとは異なる音楽ジャンルである。
  3. ^ 「ワンドロップ」の開発者としては、バレットの他にウィンストン・グレナン (en)、ヒュー・マルコム (Hugh Malcolm)、ジョー・アイザックス (Joe Isaacs) が言及される。
  4. ^ 左手で弦に軽く触れた状態でピッキングすること
  5. ^ メイトーンズ (en)、アイタルズ (en)、ブライアン&トニー・ゴールド (en) など。
  6. ^ カルチャー (バンド)ジャスティン・ハインズ&ザ・ドミノスなど。
  7. ^ DJ、Deejay。本項ではラジオパーソナリティ選曲者と区別するためトースティングをする者を「ディージェイ」と表記する。
  8. ^ チャカ・デマス&プライヤーズ (en) など
  9. ^ クリント・イーストウッド&ジェネラル・セイント (en)、ミチガン&スマイリー (en) など。
  10. ^ ガンジャやルードボーイの称揚や暴力的な反抗・抵抗など
  11. ^ 「ガンジャ (ganja)」、「カリ (collie)」(以上大麻のこと)「チラム (chillum)」(大麻用吸引具の一種のこと)、などはヒンディー語を語源としている。鈴木 (1995)
  12. ^ 中央アフリカのコンゴ系奴隷から伝わったという異説もある。鈴木 (1995)
  13. ^ 当初は万国阿片条約締結を受けて、アヘンの取締りを主目的として立法された。鈴木 (1995)
  14. ^ その他の呼称としては「バティマン (batty man)」、「チチマン (chi chi man)」、「ソドマイト (sodomite)」、「ファゴット (faggot)」、「プンハイ・マン (pungai man)」などがある。ドナ・P・ホープ「ホモは死ぬべきだ」、森本 (2008, p.36)
  15. ^ レビ記18:22「あなたは女と寝るように男と寝てはならない。これは憎むべきことである」をはじめ、「レビ記」20:13「女と寝るように男と寝る者は、ふたりとも憎むべき事をしたので、必ず殺されなければならない。その血は彼らに帰するであろう」や「創世記1:28および29「神は彼らを祝福して言われた、『生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ』」「 神はまた言われた、『わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、種のある実を結ぶすべての木とをあなたがたに与える。これはあなたがたの食物となるであろう』」、「ローマの信徒への手紙1:26-27「それゆえ、神は彼らを恥ずべき情欲に任せられた。すなわち、彼らの中の女は、その自然の関係を不自然なものに代え、男もまた同じように女との自然の関係を捨てて、互にその情欲の炎を燃やし、男は男に対して恥ずべきことをなし、そしてその乱行の当然の報いを、身に受けたのである」といった聖書の記述は同性愛嫌悪の根拠としてしばしばレゲエの歌詞に引用される。ホープ、森本 (2008, p.33)
  16. ^ 森本は同合意書を「レゲエ思いやりの決意表明」と訳している。
  17. ^ 選曲者の意。1970年代まではオペレーター (operator) と呼ばれることもあり、セレクターとの区別はなかった。
  18. ^ レーベルは1957年に創業開始。
  19. ^ JBCは1958年に国営化、1987年再び分割民営化され、ラジオ部門はRJRに吸収合併された
  20. ^ ZQIが民営化
  21. ^ 同楽曲のプロデューサーは後にジャマイカの首相となるエドワード・シアガである。
  22. ^ その多くは7インチ盤で流通している。
  23. ^ 独立記念行事である「フェスティバル」は独立の翌年1963年より開催
  24. ^ ダブの発明者はリー・ペリー、またはエロル・トンプソンとする異説もある。
  25. ^ 当初はウェイラーズとしてデビューしたが、1974年に大幅なメンバーチェンジが行われ、表記のバンド名となった。
  26. ^ 最も速いものでBPM=180程になった。北中 (2007, p.24)
  27. ^ 同部門は1992年より「ベスト・レゲエ・アルバム部門」と改名された。
  28. ^ ただし「ダブ・ポエトリー」という呼称は1979年、ジャマイカの詩人オク・オヌオラによって名づけられた。鈴木 (2000, pp.90 - 92)
  29. ^ 例えば、1999年の西インド諸島大学全学部における男性:女性の割合は28:72である。大西, (2001, p.10)
  30. ^ サンズ・オブ・ニガスのリーダーのラス・マイケル (en) とは別人。
  1. ^ a b O'Braien Chang & Chen (1998, p.10)
  2. ^ “レゲエ音楽、ユネスコの無形文化遺産に登録”. ロイター通信. REUTRS. (2018年11月30日). https://jp.reuters.com/article/music-reggae-idJPKCN1NZ071 2019年5月6日閲覧。 
  3. ^ Doumerc (2003, pp.81 - 82)
  4. ^ O'Braien Chang & Chen (1998, pp.10 - 13)
  5. ^ ジャマイカの伝統:ジョンカヌーの歴史とその音楽” (日本語). ワールドレゲエニュース (2009年1月28日). 2010年3月3日閲覧。
  6. ^ Cassidy & Le Page (2003, p.380)
  7. ^ a b c d e The History of Jamaican Music 1959-1973” (英語). niceup.com. 2010年8月25日閲覧。
  8. ^ Barrow & Dalton (2003, p.108)
  9. ^ Turner & Schoenfeld (2003)
  10. ^ a b Badger
  11. ^ White (2006, p.16)
  12. ^ (2004年) Various Artists『To The King』のアルバム・ノーツ [CD]. USA: Lion of Zion Records.
  13. ^ a b Prahlad (2001, pp.47 - 48)
  14. ^ a b Constantinides (2002)
  15. ^ 石川武「リズム・トラック考」『RM レゲエ・マガジン』第45号、1995年、 p.93。
  16. ^ a b c Archard (1998, pp.64 - 65)
  17. ^ a b c d マニュアル・オブ・エラーズ (2010, pp.62 - 63)
  18. ^ 石川武「リズム・トラック考」『RM レゲエ・マガジン』第42号、1994年、 pp.45 - 47。
  19. ^ 石川武「リズム・トラック考」『RM レゲエ・マガジン』第44号、1994年、 pp.50 - 51。
  20. ^ a b c Moskowitz (2005, p.23)
  21. ^ a b c Barrow, Steve (1998年). Johnny Clarke『Dreader Dread 1976 - 1978』のアルバム・ノーツ [CD, PDF]. イギリス: Blood & Fire.
  22. ^ a b 「Jamaican Producers」『ROVE』第30号、2010年2月、 p.39。
  23. ^ Veal (2007, p.32)
  24. ^ Veal (2007, p.128)
  25. ^ a b Habekost (1993, p.59)
  26. ^ a b c d e f g h 「レゲエとジャマイカ社会」『RM レゲエマガジン』第36号、1993年、 pp.176 - 183。
  27. ^ 石井(2006, p.161)
  28. ^ Prahlad (2001, pp.58 - 59)
  29. ^ ソニア・スタンリー・ナイア「『今はボーグルの時代だ』- ジャマイカのダンスホールにおけるダンスとアイデンティティー」、森本(2008, pp.83 - 86)
  30. ^ a b c d 鈴木慎一郎「Yard Livity part 5 - ジャマイカのガンジャ文化」『RM レゲエマガジン』第46号、1995年、 pp.129 - 132。
  31. ^ Dangerous Drugs Act (PDF)” (英語). ジャマイカ法務省. pp. pp.6 - 10 (1996年). 2010年8月26日閲覧。
  32. ^ a b 森本幸代「Yard Man Philosophy ジャマイカと同性愛、ダンスホールアーティストのバッシング」、『Rove Vol.21』、2008年, pp.109 - 114
  33. ^ 大西 (2001, pp.4 - 5)
  34. ^ Offences Against the Person Act (PDF)” (英語). ジャマイカ法務省. pp. p.40 (2005年). 2010年8月26日閲覧。
  35. ^ a b Matt Akersten (2012年7月2日). “[http://www.samesame.com.au/news/international/8622/Jamaican-singer-Diana-King-Yes-I-am-a-lesbian.htm Jamaican singer Diana King: "Yes!! I am a lesbian"]”. same same. 2012年7月3日閲覧。
  36. ^ GayJapanNews (2007年7月3日). “レゲエ・アーティストら ホモフォビックな歌を歌わないことに同意”. 2010年9月9日閲覧。
  37. ^ a b GayJapanNews (2007年8月17日). “「レゲエ特別配慮規定」署名のレゲエ・アーティスト 署名の事実を否定”. 2010年9月9日閲覧。
  38. ^ ピーター・タッチェル公式サイト (2008年4月11日). “BEENIE MAN'S SIGNED STATEMENT - REGGAE COMPASSIONATE ACT”. 2010年9月9日閲覧。
  39. ^ TicketNews (2009年8月31日). “AEG Live and Live Nation axe Buju Banton concerts due to controversy”. 2010年9月9日閲覧。
  40. ^ The New Zealand Herald (2009年11月12日). “Controversial anti-gay rapper to perform at Big Day Out”. 2010年9月9日閲覧。
  41. ^ De Telegraaf (2007年6月23日). “Beenie Man ook geweerd van festival Brussel”. 2010年9月9日閲覧。
  42. ^ ダイアナ・キング (2012年6月28日). “YES!! I AM A LESBIAN”. 2012年7月3日閲覧。
  43. ^ bmr (2012年7月2日). “ダイアナ・キングがカミングアウト、「ずっと怖くて認められなかった」”. 2012年7月3日閲覧。
  44. ^ 歌詞と対訳2010年3月3日閲覧。
  45. ^ 鈴木 (2000, pp.20 - 35)
  46. ^ 石井(2006, pp.59 - 66)
  47. ^ Brewster & Broughton (2000, p.114)
  48. ^ a b Habekost (1993, p.69, p.92)
  49. ^ 西村 (p.15)
  50. ^ 「SHAGGY インタビュー」『ROVE』第29号、2009年、 p.51。
  51. ^ Thomas, Vaitilingam & Brown (2003, pp.441 - 442)
  52. ^ a b 石井 (1996, pp.16 - 17)
  53. ^ ブラッドリー (2007, pp.14 - 16)
  54. ^ Veal (2007, p.50)
  55. ^ 森穂高「サウンドの誕生と変遷」『STRIVE』第41号、 p.4 - 5。
  56. ^ Various Artists『Take Me To Jamaica』のアルバム・ノーツ. イギリス: The Pressure Sounds.
  57. ^ ブラッドリー(2007, pp.55 - 57)
  58. ^ a b c d HISTORY OF RADIO JAMAICA LTD. (PDF)” (英語). The Jamaican Amateur Radio Association. 2010年8月26日閲覧。
  59. ^ Caribbean Islands Transportation and Communications” (英語). www.country-data.com. 2010年9月2日閲覧。
  60. ^ The History of IRIE FM” (英語). chat-bout.net. 2010年8月31日閲覧。
  61. ^ 石井 (2006, pp.25 - 26)
  62. ^ ブラッドリー (2007, pp.62 - 63)
  63. ^ ブラッドリー (2007, pp.70 - 73)
  64. ^ Fitz-Bartly, G (2000年). “Byron Lee Bio” (英語). The Byron Lee Group. 2010年8月30日閲覧。
  65. ^ The Skatalites Bio” (英語). www.skatalitesmusic.com. 2010年8月30日閲覧。
  66. ^ ブラッドリー (2007, pp.160 - 163)
  67. ^ ブラッドリー (2007, pp.119 - 122)
  68. ^ a b c d ブラッドリー (2007, pp.166 - 187)
  69. ^ 石井(2006, pp.78 - 80)
  70. ^ 北中 (2007, p.22)
  71. ^ barrow & Dalton (2004, p.56)
  72. ^ ブラッドリー (2007, pp.333 - 335)
  73. ^ CD『VERSION DREAD・18DUB HITS FROM STUDIO ONE』ライナーノーツ、HEART BEAT、2006年
  74. ^ a b 「バニー・リー インタビュー」『ROVE』第30号、2010年2月、 pp.30 - 31。
  75. ^ a b c ブラッドリー (2007, pp.208 - 215)
  76. ^ "Shocks Of Mighty: An Upsetting Biography" - www.upsetter.net, 2010年3月3日閲覧。
  77. ^ 石井 (2006, p.43)
  78. ^ a b c ブラッドリー (2007, pp.182 - 213)
  79. ^ a b ブラッドリー (2007, pp.270 - 295)
  80. ^ 鈴木慎一郎「Yard Livity part 3 ガーヴィー以降のガーヴィーズムとUNIA(1)-」『レゲエ・マガジン』44号、1994年、126-129ページ
  81. ^ 鈴木慎一郎「Yard Livity part 12 国家のイデオロギーと音楽 -ジャマイカ・フェスティヴァルの歌について-」『RM レゲエ・マガジン』第53号、1996年、 pp.132 - 135。
  82. ^ 鈴木慎一郎「Yard Livity part 13 国家のイデオロギーと音楽 -ジャマイカ・フェスティヴァルの歌について(2)-」『RM レゲエ・マガジン』第54号、1996年、 pp.145 - 148。
  83. ^ a b c O'Sullivan, Kevin"U-ROY Biography" - www.enotes.com, "Melody Maker"August 21, 1976. 2010年3月3日閲覧。
  84. ^ a b 牧野 (2005, pp.149 - 154)
  85. ^ a b c Takahashi, Kentaro 「Dubwise Revolution」 - 『RIDDIM』Vol.300, 2008年、2010年3月3日閲覧。
  86. ^ https://www.scribd.com/document/447976853/Mother-and-Child-Reunion-is-About-Joe-Hill
  87. ^ Billboard Hot 100チャート・データベース - japan-post.com, 2010年3月3日閲覧。
  88. ^ 北中 (2007, p.26)
  89. ^ French, Howard W. (1991-05-13). “Celebrating Bob Marley, Voice of the Dispossessed”. New York Times (New York Times). http://www.nytimes.com/1991/05/13/arts/celebrating-bob-marley-voice-of-the-dispossessed.html 2010年9月2日閲覧。. 
  90. ^ Barrow & Dalton (2004)
  91. ^ O'Brien Chang & Chen (1998, pp.48 - 56)
  92. ^ 牧野 (2005, pp.207 - 214)
  93. ^ a b c O'Brien Chang & Chen (1998, pp.59 - 61)
  94. ^ BBC - The Story of Reggae - Dancehall - niceup.com, 2010年3月3日閲覧。
  95. ^ a b A Brief History of Dancehall Music - bonjamtv.blogspot.com, 2010年3月3日閲覧。
  96. ^ 「タフ・リディムの現在」『ミュージック・マガジン』第4号、株式会社ミュージックマガジン、1993年。
  97. ^ a b 「クリーヴィー・ブラウニー インタビュー」『ROVE』第30号、2010年2月、 pp.30 - 31。
  98. ^ Ishii Shizuo「Wayne Smith Under Me Sleng Teng」、『Riddim』第295号、2007年、2010年8月31日閲覧。
  99. ^ a b c 北中 (2007, p.24)
  100. ^ 北中 (2007, p.27)
  101. ^ a b c 石井(2006, pp.195 - 197)
  102. ^ Acland (2007, pp.104 - 105)
  103. ^ a b Short History of Immigration” (英語). BBC online. 2010年8月31日閲覧。
  104. ^ General Timeline of Blacks in Britain”. Centre for African American Studies. University of California, Los Angeles. 2010年8月31日閲覧。
  105. ^ a b c d e 牧野 (2005, pp.215 - 235)
  106. ^ VIVID, RADIANT AND UNIQUE – LONDON'S NOTTING HILL CARNIVAL” (英語). The Official London Notting Hill Carnival Website. 2010年8月31日閲覧。
  107. ^ UKシングルチャート・データベース - everyhit.com, 2010年3月3日閲覧。
  108. ^ Shimizu, Norio「GOMA×DON LETTS」『ROVE』第15号、 p.42。
  109. ^ ジャー・シャカ公式サイト Archived 2001年7月21日, at Archive.is - 2010年3月3日閲覧。
  110. ^ a b c Walker (2005, pp.81 - 86)
  111. ^ O'Brien Chang, Chen (1998, p.116)
  112. ^ 大西, (2001, p.10)
  113. ^ Moskowitz (2005, p.243)
  114. ^ Larkin (1998)
  115. ^ a b c Lavaine, Bertrand (2010年2月19日). “Africa pumps up the volume” (英語). rfi English. 2010年8月31日閲覧。
  116. ^ Masters, Carillet & Jean-Bernard (2007, p.45)
  117. ^ South by Southwest (Austin American-Statesman): p.18. (3 1992). 
  118. ^ a b c d 「World Topics」『ROVE』第15号、2007年10月、 pp.52 - 53。
  119. ^ Bundesverband Musikindustrie. “Jahreswirtschaftsbericht 2009”. 2010年9月8日閲覧。
  120. ^ a b c Yadid, Gilad. “Israel Reggae Story - The Soweto” (英語). reggae.co.il. 2010年11月15日閲覧。
  121. ^ a b Khourchid, Maya (2009年5月10日). “Lebanon's Redemption Song - Reggae's popularity rises in Beirut” (英語). nowlebanon.com. 2010年11月15日閲覧。
  122. ^ a b McGowan & Pessanha (1998, pp.128 - 129)
  123. ^ About Olodum” (英語). Olodum Official Home Page (1996年8月). 2010年8月31日閲覧。
  124. ^ 二木崇「ラガ・ヒップ・ホップって何だ!?」『RM レゲエ・マガジン』第40号、1993年4月。
  125. ^ a b 二木崇「続・ラガ・ヒップ・ホップって何だ!?」『RM レゲエ・マガジン』第42号、1993年8月。
  126. ^ a b Coyle (2006, p.88)
  127. ^ Murrell, Spencer & McFarlane (1998, pp.194 - 195)
  128. ^ Makoni (2003, p75)
  129. ^ a b Budoy Marabilesインタビュー (PDF) 」 『Cebu Pot』、Hiroko Sato, Yoshi Tadauchi、2007年6月、 p.11、2010年11月14日閲覧。
  130. ^ Hedman (2001, p.150)
  131. ^ 神波京平「アパッチ・インディアン」『RM レゲエ・マガジン』第43号、1994年10月、 pp.30 - 33。
  132. ^ a b c サワヤリュウコ (1994年). “韓国レゲエ無法地帯” (日本語). 2010年11月15日閲覧。
  133. ^ Bolderson, Claire (2009年5月22日). “Indonesia's reggae ambassador” (英語). BBC NEWS (BBC). http://news.bbc.co.uk/2/hi/8063835.stm 2010年11月15日閲覧。 
  134. ^ a b ROHANTHA REGGAEスペシャルインタビュー” (日本語). DUDE Magazine (2009年7月11日). 2010年11月15日閲覧。
  135. ^ a b c d 花房浩一. “ペッカー” (日本語). smashingmag.com. 2010年8月26日閲覧。
  136. ^ a b 印南敦史 (2009年10月). “ジョー山中×上田正樹インタビュー” (日本語). e-days. 2010年8月26日閲覧。
  137. ^ 小林アツシ (1996年). “『豊田勇造/血を越えて愛し合えたら』ディスクレビュー” (日本語). JARA!. 2010年8月26日閲覧。
  138. ^ Artists こだま和文” (日本語). Delphonic. 2010年8月26日閲覧。
  139. ^ Rankin Taxi Profile” (日本語). bacchanal45.com. 2007年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月9日閲覧。
  140. ^ Endo, Mika「BASS SOUND CONNECTION 第五回:PJ」『STRIVE』第30号、STRIVE、2008年2月、2010年3月3日閲覧。
  141. ^ ナタリー. “東京スカパラダイスオーケストラスペシャルコンテンツ”. 2010年9月9日閲覧。
  142. ^ 一生一緒に 三木道三、結婚していた” (日本語). デイリースポーツ (2009年12月4日). 2010年8月26日閲覧。
  143. ^ 湘南乃風アルバムヒットの軌跡” (日本語). オリコンスタイル (2006年9月20日). 2010年8月26日閲覧。
  144. ^ ROCKERS channel (2010年8月16日). “ジャパニーズ・レゲエ〜ブームとなったきっかけは?〜”. 2010年9月9日閲覧。
  145. ^ オリコン (2006年3月3日). “MEGARYUいよいよブレイク!「J-レゲエ」早くも盛り上がりの気配!”. 2010年9月9日閲覧。
  146. ^ CDJournal.com (2009年8月25日). “ジャケットには“江口ちり”も登場、ジャパレゲ・コンピ『IRIE IRIE』! 発売記念イベント開催も”. 2010年9月9日閲覧。
  147. ^ ナタリー (2010年3月12日). “ジャパレゲファン必携!LIFE STYLE RECORDS初のベスト”. 2010年9月9日閲覧。
  148. ^ BARKS (2008年12月9日). “「愛」をテーマにしたジャパレゲ・コンピ”. 2010年9月9日閲覧。
  149. ^ Global Reggae Conference” (英語). University of the West Indies. 2010年8月25日閲覧。
  150. ^ The rhetoric of Reggae Music” (英語). University of Vermont. 2010年8月25日閲覧。
  151. ^ Reggae music of Jamaica UNESCO
    レゲエがユネスコによって世界文化遺産に正式登録 udiscovermusic 2018年12月1日





レゲエと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レゲエ」の関連用語

レゲエのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



レゲエのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレゲエ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS