リーフ賞 リーフ賞の概要

リーフ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/11 04:28 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

リーフ賞は、2017年現在、大賞および18の部門賞からなり、授賞式前年の1月から当年6月までの18ヶ月間の間に完成した応募作品を対象に選考される。

部門

2017年度のリーフ賞の部門は以下のとおり。授賞式の約2か月前に、各部門3作品から4作品のショートリスト作品が発表され、授賞式当日に各部門賞が発表される。さらに、各部門賞を獲得した作品10点が、自動的に大賞選考のショートリスト作品となり、この中から大賞受賞作品が発表される。

  • 大賞 (Overall Winner)
  • 生涯貢献部門 (Lifetime Achievement of the Year)
  • 個人住宅部門 (Residential Building of the Year (single occupancy))
  • 集合住宅部門 (Residential Building of the Year (multiple occupancy))
  • 商業建築部門 (Commercial Building of the Year)
  • 公共建築部門 (Public Building of the Year)
  • 複合建築部門 (Mixed-Use Building of the Year)
  • 国際インテリアデザイン(完成)・国際インテリアデザイン(FUTURE)部門 (International Interior Design Award)
  • アーバンデザイン部門 (Urban Design of the Year
  • 若手建築家部門 (Young Architect of the Year)
  • 構造デザイン部門 (Best Structural Design of the Year)
  • 持続可能な開発(完成)・持続可能な開発(FUTURE)部門 (Best Sustainable Development)
  • 開発部門 (Developer and Development Project of the Year)
  • ファサード部門 (Best Façade Design and Engineering of the Year)
  • リファービッシュ部門 (Refurbishment of the Year)
  • FUTURE(施工中)・FUTURE(図面)部門 (Best Future Building of the Year)
  • ホスピタリティ(完成)・ホスピタリティ(FUTURE)部門 (Hospitality Building of the Year)

大賞受賞作品

開催年 受賞者 作品 所在地
2005年 ヘニング・ラーセン・アーキテクツ
 デンマーク
コペンハーゲンIT大学 コペンハーゲン
 デンマーク
2006年 デイヴィッド・チッパーフィールド
イギリス
ベレス・エ・ベンツ バレンシア
スペイン
2007年 スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル
アメリカ合衆国
ARB Bank リヤド
サウジアラビア
2008年 シュミット・ハマー・ラッセン
 デンマーク
パフォーマー・ハウス シルケボー
 デンマーク
2009年 ウッズ・バゴット
オーストラリア
カタール・サイエンス&テクノロジー・パーク ドーハ
カタール
2010年 ボーガートマン・アンド・パートナーズ
 南アフリカ共和国
サッカーシティ国立競技場 ヨハネスブルク
 南アフリカ共和国
2011年 OBR
イタリア
Milanofiori Housing Complex ミラノ
イタリア
2012年 藤本壮介建築設計事務所
日本
武蔵野美術大学図書館 東京都小平市
日本
2013年 archi5
フランス
Marsan Mediatheque モン=ド=マルサン
フランス
2014年 アトリエ・ジャン・ヌーヴェル&PTW ARCHITECTS
フランス
One Central Park シドニー
オーストラリア
2015年 中村拓志+NAP建築設計事務所
日本
リボンチャペル 広島県尾道市
日本
2016年 Ian Ritchie Architects Ltd.
イギリス
Sainsbury Wellcome Centre for Neural Circuits and Behaviour ロンドン
イギリス
2017年 II BY IV DESIGN
カナダ
The Residences of 488 University Ave トロント
カナダ
2018年 ザハ・ハディッド・アーキテクツ
イギリス
ポートハウス アントワープ
ベルギー
2019年 MOZHAO ARCHITECTS
中国
Zishe·Planting Pavilion and Planting Terrace Shenzhen
中国


開催地

リーフ賞授賞式は毎年場所を変えて開催される。これまでの開催日時および開催地は以下のとおり。

  • 第1回 2004年
  • 第2回 2005年
  • 第3回 2006年9月16日 ドバイ、マリオット・ホテル
  • 第4回 2007年11月29日 ロンドン、ザ・ウォルドルフ・ヒルトン
  • 第5回 2008年10月23日 ロンドン、ザ・ドーチェスター
  • 第6回 2009年9月4日 ベルリン、ザ・リッツ・カールトン ベルリン
  • 第7回 2010年9月10日 ロンドン、インターコンチネンタル ロンドン・パークレーン
  • 第9回 2012年9月21日 ロンドン、フォーシーズンズホテル ロンドン
  • 第13回 2016年10月14日 ロンドン、Millenium Glouster Hotel ロンドン
  • 第14回 2017年9月21日 ロンドン、The Royal Horseguards Hotel ロンドン
  • 第15回 2018年10月18日 フランクフルト、Frankfurt Marriott Hotel フランクフルト
  • 第16回 2019年10月24日 ベルリン、Berlin Marriott Hotel ベルリン



「リーフ賞」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リーフ賞」の関連用語

リーフ賞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リーフ賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリーフ賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS