リック・ディアス リック・ディアスの概要

リック・ディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/16 18:07 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
機動戦士Ζガンダム > エゥーゴ > リック・ディアス

作中の登場勢力のひとつである反地球連邦組織「エゥーゴ」の量産機。スポンサー企業であるアナハイム・エレクトロニクス社(AE社)と共同開発した機体で、旧ジオン公国軍のドムリック・ドムに似た太めの体型が特徴。軽量・高強度の新素材ガンダリウムγ合金を装甲・構造材に採用しており、見た目に似合わない高機動性を発揮する。

『Ζガンダム』第1話から登場し、クワトロ・バジーナの偽名でエゥーゴ入りした元ジオン公国軍大佐シャア・アズナブルと、同じく元ジオン兵の部下たちがおもに搭乗する。当初クワトロ機はジオン時代からのパーソナルカラーである赤、一般機は黒を基調に塗装されているが、ほかのエゥーゴ兵士たちもクワトロにあやかって赤に塗装した結果、こちらの色が制式カラーとなる。

メカニックデザイン永野護

当記事では続編の『機動戦士ガンダムΖΖ』や、その他メディアミックス作品に登場するバリエーション機・発展機の解説も行う。

機体解説

諸元
リック・ディアス
RICK DIAS
型式番号 RMS-099 / MSA-099
所属 エゥーゴ
製造 アナハイム・エレクトロニクス社
全高 21.6m[1] / 18.7m[2] / 18m[3]
頭頂高 18.7m[1]
本体重量 32.2t[3]
全備重量 54.7t[3]
装甲材質 ガンダリウムγ[3]
出力 1,833kW[3]
推力 37,400kg×2[3]
総推力:74,800kg[1]
センサー
有効半径
11,500m[3]
武装 クレイ・バズーカ
ビーム・ピストル
ビーム・サーベル
バルカン・ファランクス
トリモチ・ランチャー
搭乗者 (メインパイロット)
クワトロ・バジーナ
アムロ・レイ
エマ・シーン
アポリー・ベイ
ロベルト
トリッパー
バッチ
ボティ
アスナ・エルマリート
ジャック・ベアード
(一時的に搭乗)
フランクリン・ビダン
カミーユ・ビダン(テレビ版)
ファ・ユイリィ(テレビ版)
その他 姿勢制御バーニア×7[3]

アナハイム・エレクトロニクス社とエゥーゴが共同開発した機体であり[4]、リニアシートとガンダリウムγ、試作型のムーバブルフレームを採用した初の第2世代モビルスーツとなる[5]。また、アナハイム・ガンダムに分類される機体でもある[6]

開発スタッフには旧ジオン公国系の技術者が多く参加しており[2]、ドムシリーズの最終量産型ドワスが直接の原型となったとされる[7][注 1][注 2]。加えて、ガンダムタイプの技術フィードバックも行われた[10]。特に、アナハイム・エレクトロニクスが宇宙世紀0083年に開発した「ガンダム試作2号機」は直系の先行機と呼べるものである[11]。装甲とフレーム部材にはガンダリウムγを採用[12]。ガンダリウムγの採用から、のちのエゥーゴ指導者ブレックス・フォーラ准将によって「γガンダム(ガンマガンダム)」と名付けられた[4][注 3]。しかし、その外観から「ガンダムの名を使うのは、先代のガンダムに申し訳ない」「別のコードネームを使いたい」とするクワトロの希望により、宇宙用の機体を意味する「リック」[注 4]喜望峰の発見者バーソロミュー・ディアス(この名にはエゥーゴの活動が折り返し地点に到達したことから、という意味も込められている[4][注 5])の「ディアス」を合わせ、リック・ディアスとした[8]

ガンダリウムγによる軽量化と[12]ブースター・バインダーによるAMBAC機能により軽快な運動性を示した[4]。また、連邦軍のものより高性能なセンサーを使用しているため、ミノフスキー粒子の下では連邦軍の機体より遠距離から相手を捕捉できる[2]高性能だが量産機としてはコストが高く[15]、大出力な機体特性と操縦性のタイトさは元ジオン出身パイロットにこそ好評だったが、連邦出身パイロットには不評だった[16]。エゥーゴ主力機の座はよりコストが低いネモに譲る[15]なお、ティターンズ側の主力となったマラサイは、本来リック・ディアスの代替機として準備されていたものである。[要出典]

本来の型式番号はMSA-099だが、グリプス戦役開戦までは地球連邦軍の目からエゥーゴの動きを欺くため、RMS-099とされた[17][注 6][注 7]

機体構造

装甲
クワトロ・バジーナ大尉(シャア・アズナブル)がアクシズからもたらした新素材「ガンダリウムγ」を採用[4]。また、装甲にはチョバム・アーマー、スペースド・アーマー(中空装甲)、リアクティブ・アーマー(爆発反応装甲)等、戦車に使われている装甲がすべて使用されている[20]。機体各部のスラスターは装甲の内側に配置するジオン系列の特徴が見受けられる[11]
フレーム
エゥーゴが保有していた試作型ムーバブル・フレームをアナハイム社の手で改良を加え、導入した[5][注 8]。同時に、本機にはエゥーゴ独自のブロックビルドアップ機構も導入されている[21]。また、本機は装甲のみならずフレーム部にもガンダリウムγを用いる事により軽量化が図られ、ペイロードや運動性も向上している[12]。ただし、本機のムーバブル・フレームはモノコック構造と混合した最初期モデルであり、ガンダムMk-IIのものほどの柔軟性はない[22]。また、フィールドモーターもガンダムMk-IIほどの性能ではなく[13]、後続の百式と比較しても、躯体のレスポンスやエネルギー消費においては劣る[23]
頭部
メインカメラはモノアイをさらに高機能化したもので[4]、機体前面の状況をすべて把握しつつ、広角/魚眼レンズ的な視覚を補正して直視に近い映像として全天周囲モニターに投影する[4]。この方式はシステム小型化が容易なうえに可動部が少ないため、メンテナンス性に優れている[10]。このデバイスもまたアクシズから持ち込まれた技術の1つである[24]
胴体内に大型のジェネレーターを搭載したため[11]、通常腹部にあるコクピットブロックは首の位置に上部1/3が露出する形で組み込まれ頭部で蓋をする構造になっており、パイロットは頭部左側にあるハッチから搭乗する。緊急時にはコクピットブロックが射出される機能も備わっている[10]
ブースター・バインダー[10]
通常バックパックが配置される背部には、ブースター・バインダーを2基備える[10]。これは背部に設置されたプロペラント(推進剤)タンク、AMBAC作動肢、スラスターとスタビライザー兼用の装備[10]ガンダム試作2号機のフレキシブル・バインダーの延長上に位置するものと考えられており[25]、取り外しが効くため、シールド[注 9]や投擲武器[注 10]としても使用できる。

武装・装備

クレイ・バズーカ
AEツィマッド社製[26](型式番号:AE/ZIM.C-BAZ-531[26])。口径300mm[26]、装弾数はマガジンに7発+1発[2](5発[26])。
敵機鹵獲のため、粘着榴弾などを装填可能[10]。不使用時にはバインダー基部をラッチとして固定され、背部にマウントされる。
ビーム・ピストル
ボウワ社製[26](型式番号:BP-L-86[26])。エネルギー・チャージ式とされるが[2]、のちの百式ビーム・ライフルと共通のEパック式であるとする資料もある[26][注 11]。装弾数は10発[2](18発[26])。
不使用時は背部の「ライドレーザーラック」[注 12]に収められる。ラックに搭載した状態でも対後方・対空武装として射撃可能であり、前腕に2本並べてマウントすることもある[注 13]
ビーム・ライフル
本来ガルバルディβ用の携行兵器だが、クレイ・バズーカを携行しない場合の標準装備となる[28]。テレビ版『機動戦士Ζガンダム』第15話・第34話、劇場版『機動戦士Ζガンダム A New Translation』にて使用場面が確認される。
ビーム・サーベル
不使用時はライドレーザーラック下部に装着されている[注 12]。のちの百式ネモも標準装備とする。出力0.4MW[29]
バルカン・ファランクス
頭部に装備。2連装で、発砲時にはカバーが展開する構造となっている。口径55mm[2]。古代ギリシャのファランクス戦法やそれにあやかった旧世紀の火器に倣って命名された[10]
トリモチ・ランチャー(多目的ランチャー)[30]
マニピュレーターの指基部にが設けられている。トリモチや信号弾、照明弾などを射出できる[10]。漫画『機動戦士Ζガンダム Define』では、他機種と共通したマニピュレーターに手甲を被せ、その手甲にトリモチランチャーを内蔵しているというアレンジが加えられている[31]
バリュート
バリュートを装備することにより大気圏への突入、サブフライトシステムに搭乗することにより重力下での空中戦もそれぞれ可能となっている。

劇中での活躍

主にテレビ版『機動戦士Ζガンダム』での本機についての内容を記述する。

第1話にクワトロの機体以下3機が登場。クワトロ機のみ赤い塗装でアポリー・ベイロベルトらの機体は黒い塗装だった。グリーンオアシスでの戦闘では迎撃に現れたジムIIハイザックなどの複数機を相手に、機体の高機動性をもって対等以上に渡り合う。その機体性能は、第5話にて連邦軍(実質ティターンズ)側の技師だったフランクリン・ビダンが深い関心を寄せるほど優秀なものだった。フランクリンはクワトロ機をアーガマから奪取し、アレキサンドリアへ持ち帰ろうとしたところを、流れ弾により撃墜される。映画版ではフランクリンの持ち出した機体は艦砲射撃により撃墜され、小説版ではフランクリンは本機を持ち帰ろうとしたところをレコア・ロンドに射殺される。

ジャブロー降下作戦(テレビ版ではその少し前、ティターンズ艦艇強奪のためのグラナダ襲撃に際して)において、アポリーとロベルトがクワトロ機と同じ赤い塗装に統一された機体に搭乗する。プラモデル『MG RMS-099 リック・ディアス』の取扱説明書によれば、もともとエゥーゴはゲリラ的な活動を行っていたために本機を識別しにくい色にしていたが、ティターンズとの本格的な衝突に際して色を塗り替えたとされている。劇中ではロベルトの「味方に撃たれないため」と語る発言があるほか、アポリーの「大尉の色は人気がある」と語る発言からも、彼らの間で評判の高い色へと変更されたことが仄めかされた[注 14]。しかし、雑誌企画『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』ではアーガマ隊所属機のカラーリングである設定がなされた[注 15]

ケネディ宇宙港でのシャトル防衛戦で、ロベルト機はブラン・ブルタークの駆るアッシマーにより撃墜される。アポリーが宇宙へ帰還してからは、地上に残された機体を引き継ぐ形でアムロ・レイが搭乗する。その後も士官級のパイロットの多くが搭乗し、アーガマの主力、ひいてはエゥーゴの中核を担う名機として活躍する。

しかし、テレビアニメ版『機動戦士Ζガンダム』本編を指して「敵と味方のMSデザインが混在しており、分かりにくい」という意見が出たため、続編『機動戦士ガンダムΖΖ』では敵味方のMSデザインのフォーマットが、前作『機動戦士ガンダム』に準じて戻された。それにより、エゥーゴのMSはツインアイとゴーグルアイ、ネオ・ジオン軍のMSはモノアイタイプ[注 16]といった具合に分けられた。本機はアーガマの戦力としては登場せず、第3話の時点で格納庫に2機置かれていたが、劇中では使用されなかった。それに対してネオ・ジオンのMSとしては、本機の派生機であるシュツルム・ディアスが登場し、劇中でエゥーゴ側と交戦している。

漫画『機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル』では、白く塗装されたアスナ・エルマリート機が登場する。強化人間となったティターンズ所属のエリシア・ノクトンのギャプランと交戦し、両機とも撃墜される。

アニメ『Gのレコンギスタ』では、キャピタル・ガード養成学校の学術研究ライブラリー内にて「前世紀のクラシック・コレクション」として、他のMSとともに展示されている。

デザイン

メカニックデザインは、永野護の描いた百式の初期稿を元に、永野護自身が再度デザイン・クリンナップを行っている。初期の『Ζ』MS群で最初のオリジナルMSである(他のMSは既存のガンダム、ジム、ザク、ガルバルディのアレンジだった)ために、リック・ディアスには独自性を持つ意匠が必要とされた。その結果、『重戦機エルガイム』で永野のデザインを支持したファンには受け入れられたものの、従来のガンダムのファンには「こんなのMSじゃない」と拒絶されたと永野は語っている[32]

設定画のうち、上方パース設定だけは藤田一己が起こした。その際、上腕を角ばった形に描いているが、実は永野は上腕を楕円のような形状と想定していた。これは放送当時に発売されたプラモデルを永野自身が改造し、シュツルム・ディアスを製作した際に明かしている[33]

脚部はソ連製戦車、T-72に使われていたような鋳造構造であり、設定画の脚部のディテールアップ稿では、鋳造の湯口の穴の痕や装甲表面のザラザラとした質感も描き込まれている。またハニカム装甲、チョバム装甲、爆発装甲のいずれもが採用されていることが設定画に謳われている[34]これは本機のデザインを担当した永野護が戦車マニアであり、そのこだわりによるものである[要出典]

設定の変遷

当初は、装甲材にガンダリウムγを使用してはいるものの、機体構造にムーバブル・フレームを採用していないという設定だった。しかし、のちに第2世代MSの条件が「装甲およびフレームの材質がガンダリウムγ」「全天周モニターとリニアシートを装備」「ムーバブル・フレームを採用」と変更されたため、完成度はガンダムMk-IIに採用されているものに及ばないながら、アナハイム社が独自に開発した最初期のムーバブル・フレームが採用されているという設定に改められた(ただし、ガンダリウム合金ではないガンダムMk-IIと同様に完全な第2世代MSとは言いがたい過渡期のMSであり、第1.5世代MSとも呼ばれる)[要出典]。なお、機体の性格上シールドは不要と言われているが、永野自身が描いた『月刊ニュータイプ』1994年1月号掲載のイラストでは、丸い小型のシールドを本機小隊が掲げて進軍する姿が描かれている。

ティターンズが同時期に開発したガンダムMk-IIと比較されることも多い。ガンダムMk-IIがオフェンス面(攻撃力)で優れているのに対し、リック・ディアスはディフェンス面(防御力)に優れており、両者の性能は伯仲している[35]。小説版『Ζ』第1巻では、ガンダムMK-IIはリック・ディアスよりもスラスターのパワーが勝り、総合的なキルレシオは両者ほぼ互角、という旨のくだりがある。

アムロ・レイとシャア・アズナブルが共通して搭乗する唯一のMS[要出典]であり、漫画『機動戦士Ζガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのレポートより―』では、「ジオンの忘れ形見であるキャスバル・レム・ダイクンが設計に携わり、連邦のエースパイロットであったアムロ・レイが搭乗した」ということで、その点に注目したジオン残党も存在したとしている[36]

バリエーション




注釈

  1. ^ また、ドムタイプにガンダム系の機能を掛け合わせた機体とも呼ばれる[8]
  2. ^ クワトロ・バジーナによってアナハイムにもたらされたドワス改が原型とした媒体もみられる[9]
  3. ^ この『γガンダム』という呼称は、ガンダリウムγの採用と、RX-78ガンダムとガンダムGP02をα、βと数えて(リック・ディアスの開発にはGP02にも携わった旧ジオン公国系技術者が多く参加していた)3番目のガンダムとした事に起因している[13]。この際の命名以降、νガンダムまでのアナハイム・エレクトロニクス製ガンダムにはギリシア・アルファベットを冠したコードネームが慣例となった[6]
  4. ^ 機種名の冠詞「リック」(RICK)は「MS-09R リック・ドム」と同じく宇宙用を意味する[14]が、宇宙戦専用であった「リック・ドム」と違い、本機の実際の仕様は汎用機であり、地球上の大気圏内・有重力下でも運用に支障はない。
  5. ^ この命名の経緯はアニメと若干ストーリーの異なる小説版で語られたものであり、アニメの劇中では語られないものの、『機動戦士ガンダムΖΖ』の第1話「プレリュードΖΖ」などで確認できるうえ、関連資料でも設定として記載されている。ただし、「ディアス」に関しては「エゥーゴの活動が折り返し地点に到達した」云々といった記述は小説版にはなく、ブレックス・フォーラから意味を問われたクワトロ自身は「喜望峰の発見者でそういった名前の人がいた」といった程度の認識で、「ゴロで意味はない」とする趣旨の発言をする。
  6. ^ 当時の地球連邦軍における型式番号の命名規則は、各開発拠点に割り当てられた10-19の数値の後に開発順で1桁の数字がつけられる方式がとられているが、09で始まる基地は存在しない。
  7. ^ MSA-009とする資料もある[18][19]
  8. ^ 一方で、基本フレームは地球連邦軍の規格を流用し、経費削減と製造期間の削減を図ったとする資料も存在する[4]
  9. ^ 第4話参照。
  10. ^ 第13話参照。
  11. ^ 『U.C. ARMS GALLERY 03』では、スペックでの出力は百式のビーム・ライフルBR-M-87と同じ2.8MWとされるが、本文ではM-87の出力はL-86の2倍とされている。
  12. ^ a b ビーム・サーベルの設定画より[27]
  13. ^ 月刊「コミックボンボン」別冊『Ζガンダムを10倍楽しむ本』の永野護によるピンナップに見られる。また、アニメ『ガンダムビルドファイターズ』第3話にてこの使用方法が再現されている。
  14. ^ 実際は当時、テレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』を制作していたサンライズのセル彩色現場で赤の塗料が大量に余っており、制作コストを下げるために在庫処分目的で赤いMSを多くしたということであった[要出典]
  15. ^ 連載時のみでムックには未収録。
  16. ^ ただし、クィン・マンサは除く(頭部のデザインがガンダムMk-Vから挿げ替えられたため。詳細はクィン・マンサ#機体解説を参照)。
  17. ^ ビーム・ピストルの形状は『SD CLUB』第12号掲載小説の挿絵で確認できるが、上方からのみで量産型のものとの判別は難しい。
  18. ^ 膝アーマーがガルバルディβのもので、下腕部の形状も通常機と異なる。
  19. ^ 以上が「移動用ロケット推力」。ほかに「スラスター推力」として「7,900kg×2」が記載されているが、総推力には計上されていない。なお、『RE/100 MSK-008 ディジェ』付属説明書では総推力を「74,000kg(ロケット)+15,800kg(ジェット)」としている。

出典

  1. ^ a b c d 『ジ・アニメ特別編集 機動戦士Ζガンダム PART3』近代映画社、1986年4月、84頁。
  2. ^ a b c d e f g 『1/144 リック・ディアス』説明書、バンダイ、1985年5月。
  3. ^ a b c d e f g h 『機動戦士Ζガンダムを10倍楽しむ本』講談社、1985年5月、98頁。
  4. ^ a b c d e f g h プラモデル「リック・ディアス」組立説明書, 1/144スケールモデル HGUC, No.33, バンダイ, (2002年6月) 
  5. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』バンダイ、1989年3月、38頁。(ISBN 978-4891890186)
  6. ^ a b 『ガンダムセンチネル』大日本絵画、1989年9月初版発行、73頁。(ISBN 978-4499205306)
  7. ^ プラモデル「リック・ドム」組立説明書, 1/144スケールモデル フルカラーモデル, No.01, バンダイ, (1988年7月) 
  8. ^ a b 機動戦士Ζガンダム 第一部 カミーユ・ビダン』角川スニーカー文庫、1987年11月、82頁。(ISBN 978-4044101046)
  9. ^ アナハイム・ラボラトリーログ 第4回矢立文庫、2017年2月20日。
  10. ^ a b c d e f g h i 『MG 1/100 リック・ディアス』バンダイ、2004年5月、組立説明書。
  11. ^ a b c 『電撃ホビーマガジン』2004年3月号、メディアワークス、49-53頁。
  12. ^ a b c 『アナハイム・ジャーナル U.C.0083-0099』エンターブレイン、2003年12月、43頁。(ISBN 978-4757716636)
  13. ^ a b 『ガンダムMSヒストリカvol.4』講談社、2010年8月、29-32頁。(ISBN 978-4063700824)
  14. ^ 『機動戦士ガンダムΖΖ』第1話「プレリュードΖΖ」におけるクワトロ・バジーナ大尉の解説ナレーションによる。
  15. ^ a b 『マスターグレード MSA-003 ネモ』バンダイ、2006年2月、組立説明書。
  16. ^ 『電撃ホビーマガジン』メディアワークス、2000年8月号、57頁。
  17. ^ 『データコレクション 機動戦士Ζガンダム 下巻』メディアワークス、1997年6月、4頁・51頁。(ISBN 978-4073065326)
  18. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】 』バンダイ、1989年3月、94頁。(ISBN 4-89189-018-5)
  19. ^ 皆河有伽『総解説 ガンダム事典 Ver.1.5』講談社、2009年、238頁。(ISBN 978-4063757958)
  20. ^ 「ザ・オフィシャルアート・オブ・Ζガンダム」『月刊「ニュータイプ」』創刊号、角川書店、1985年3月。
  21. ^ 『マスターグレード MSN-00100 百式 Ver.2.0』バンダイ、2015年5月、説明書。
  22. ^ 『マスターグレード RMS-099 リック・ディアス』バンダイ、2004年5月、説明書。
  23. ^ 『マスターグレード MSN-00100 百式』バンダイ、2001年3月、説明書。
  24. ^ 『マスターアーカイブ モビルスーツ MSZ-006 Ζガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2012年12月、19頁 (ISBN 978-4797370959)
  25. ^ 『MG 1/100 ガンダム RX-78 GP-02A』バンダイ、1998年6月、組立説明書。
  26. ^ a b c d e f g h 玩具『U.C. ARMS GALLERY 03』バンダイ、2006年8月。
  27. ^ 『MJマテリアル4 機動戦士Ζガンダム メカニック設定集&作例集』バンダイ、1985年6月、31頁。
  28. ^ MJマテリアル ZGUNDAMメカニック設定集&作例集 31p。
  29. ^ 『ジ・アニメ特別編集 機動戦士Ζガンダム』近代映画社、1985年8月、104頁。
  30. ^ テレビ版『機動戦士Ζガンダム』第15話・第34話、劇場版『機動戦士Ζガンダム A New Translation』より。
  31. ^ 『機動戦士Ζガンダム Define』第1巻、角川書店、2011年11月、177頁・178頁。(ISBN 978-4041200674)
  32. ^ 『ファイブスター物語アウトライン』角川書店、2001年12月、104頁。(ISBN 978-4048534635)
  33. ^ 『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』大日本絵画、1986年3月、1988年12月(新装版)、90-91頁。(ISBN 978-4499205252)
  34. ^ バンダイMJマテリアル Z GUNDAMメカニック設定集&作例集 30P。
  35. ^ 『ガンダムMS列伝』PHP研究所、2008年7月、141頁。(ISBN 978-4569670560)
  36. ^ 『機動戦士Ζガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのレポートより―』2巻、角川書店、2012年11月、53頁。(ISBN 978-4041205297)
  37. ^ a b c d e f g h i j k 『SD CLUB』第8号、バンダイ、1990年1月、32頁。
  38. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .25 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.4 MS開発競争編】』バンダイ、1991年2月、48-49頁。
  39. ^ a b 境秀樹・たけばしんご「モビルスーツコレクション・ノベルズAct.5 宿敵の幻影」『SD CLUB』第12号、バンダイ、1990年5月。
  40. ^ a b c d 『モデルグラフィックス別冊 GUNDAM WARS PROJECT Ζ』大日本絵画、1986年3月、67頁。
  41. ^ a b c d e f g h i j k l 『別冊アニメディア 機動戦士ガンダムΖΖ PART.2』学習研究社、1987年3月、91頁。
  42. ^ a b c d e f g プラモデル『HGUC RMS-099B シュツルム・ディアス』説明書、バンダイ、2009年4月。
  43. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【グリプス戦争編】』バンダイ、1989年3月、52-53頁。
  44. ^ a b 『機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、74頁。
  45. ^ 『ニュータイプ100%コレクション7 機動戦士ガンダムΖΖ』角川書店、1987年10月、47頁
  46. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0084-0089』竹書房、2009年11月、168頁。(ISBN 978-4812440315)
  47. ^ 『GUNDAM WARS II MISSION ΖΖ』大日本絵画、1987年2月、1994年1月(新装版)、82頁。(ISBN 978-4499205269)
  48. ^ 『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼 ビジュアルブック コンプリートファイル』メディアワークス、2013年1月、21頁。
  49. ^ 『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼 ビジュアルブック コンプリートファイル』メディアワークス、2013年1月、34-36頁。(ISBN 978-4048913102)
  50. ^ 『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼 ビジュアルブック コンプリートファイル』メディアワークス、2013年1月、34頁・35頁。
  51. ^ 『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼 ビジュアルブック コンプリートファイル』メディアワークス、2013年1月、36頁。
  52. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『B-CLUB』第7号、バンダイ、1986年5月、12-14頁。
  53. ^ a b c 『機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1989年2月、65頁。
  54. ^ 『B-CLUB』第7号、バンダイ、1986年5月、47頁。
  55. ^ a b c d e f g h i j 『ジ・アニメ特別編集 機動戦士Ζガンダム PART2』近代映画社、1986年1月、100頁。
  56. ^ a b 『ニュータイプ100%コレクション4 機動戦士Ζガンダム メカニカル編2』角川書店、1986年11月、82頁。
  57. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p プラモデル『1/144 MSK-008 ディジェ』付属説明書、バンダイ、1986年2月。
  58. ^ a b c d e f g h i j k l m 『RE/100 MSK-008 ディジェ』付属説明書、バンダイ、2015年6月。
  59. ^ a b 『データコレクション5 機動戦士Ζガンダム 下巻』メディアワークス、1997年7月、17頁。
  60. ^ 『ホビージャパン別冊 機動戦士Ζガンダム』1986年5月、70頁。
  61. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1988年3月、50-51頁。
  62. ^ a b 『モデルグラフィックス別冊 GUNDAM WARS II MISSION ΖΖ』大日本絵画、1987年2月、124頁。
  63. ^ a b c d 『プロジェクトファイル Ζガンダム』SBクリエイティブ、2016年10月、40-41頁。ISBN 978-4-7973-8699-8
  64. ^ 『ラポートデラックス12 機動戦士Ζガンダム大辞典』1986年8月、70頁。
  65. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1988年3月、50-51頁。
  66. ^ a b メカニカル”. 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト. 2018年8月16日閲覧。
  67. ^ a b c 「カトキハジメ メカニカルアーカイブス『機動戦士ガンダムNT』Vol.1」、『月刊ガンダムエース』2019年1月号、KADOKAWA、2018年11月26日、 25頁。
  68. ^ 機動戦士ガンダムNT パンフレット特別版, 創通サンライズ, (2018), pp. 3,11, JAN 4988105612020 
  69. ^ 『ニュータイプ100%コレクション4 機動戦士Ζガンダム メカニカル編 2』角川書店、1998年8月(1986年11月初版)、82頁。(ISBN 978-4048529815)
  70. ^ 『GREAT MECHANICS 22』双葉社、2006年9月、ISBN 978-4575464320、近藤和久のインタビューより[要ページ番号]
  71. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『ホビージャパン』1986年12月号、52-56頁。
  72. ^ 『月刊ホビージャパン9月号別冊 Modeler's Material Series:9 機動戦士ガンダムΖΖ“モビルスーツ・イン・アクション”』1986年12月、35頁。
  73. ^ a b c d e f g h i j k 『B-CLUB SPECIAL15 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、67頁。
  74. ^ 「DIJEH SE-R」食玩『FW GUNDAM CONVERGE 18』パッケージ、2015年3月。
  75. ^ a b c d e f g h i 『月刊ガンダムエース』2017年12月号、KADOKAWA、 68-69頁、 JAN 4910124011270。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リック・ディアス」の関連用語

リック・ディアスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リック・ディアスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリック・ディアス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS