ライオン 保全状態

ライオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/28 00:44 UTC 版)

保全状態

2002-2004年現在のアフリカでの野生個体数は16500-47000頭と推測されているが、1990年代初めになされた調査では1950年には10万-40万頭までいたとされていた[112][113]。生息地の減少と人間との衝突が種を脅かす最大の原因と考えられる[114][115]。ライオンたちがいま生き残っている地域はそれぞれが孤立した状態にあり、近親繁殖が進んでしまうため、遺伝的な多様性が失われている。西アフリカにおけるライオンの数は中央アフリカのそれと非常に差があり、交配する個体の交替が全くと言っていいほどなされない。

保護には国立公園や禁猟区を設置し維持することが求められる。ザンビアのエトーシャ国立公園、タンザニアのセレンゲティ国立公園、南アフリカのクルーガー国立公園などが有名である。このエリアの外では人間や家畜と接触するために問題が起こってしまうため、たいていライオンのほうが排除される[116]。亜種インドライオンはインド西部にあるギル国立公園が最後の生息地となっている。そこは1,412平方キロメートルの面積を持ち、2006年4月の時点でおよそ359頭の生息が確認されている。アフリカと同様にこの公園に非常に近いところに大勢の人間が暮らしているため、ライオンと家畜や地元民、保護団体のあいだで問題が生じている[117]。亜種インドライオンを復活させるプロジェクトが計画され、インドのマディヤ・プラデシュ州にある野生動物保護区に複数頭がまとめられた.亜種インドライオンが生き残るためには遺伝子プールとを確保し、遺伝的多様性を広げ、維持することが重要なのである。

樹皮のかけらと戯れるライオンの子供。

かつて動物園の基亜種は人気があったが、個別に飼育されることでバーバリライオンの野生個体数が減っていくという結果につながった。イギリス、ケント州のポート・リム野生動物公園にいた12頭はモロッコ王が所有していたペットの子孫であった[118]。他にも基亜種と考えられる個体11頭がエチオピアの首都アディスアベバの動物園で発見されている。こちらは皇帝ハイレ・セラシエが飼っていたライオンの子孫である。ワイルドリンク・インターナショナルはオックスフォード大学と共同で、国際的なバーバリーライオン・プロジェクトを立ち上げている。これは世界中のバーバリーライオンを同定し、繁殖することで定期的にモロッコのアトラス山脈にある国立公園に再導入していくというものである[105]

アフリカで生息数が減っているという事実が明らかになると、それを食い止めるために幾つもの保護プログラムが組まれるようになった。本種はSSP(Species Survival Plan )に含まれる動物であり、動物園と水族館が団結して生存の可能性を高める努力が行っている。この計画はもともと亜種インドライオンを対象に1982年に始まったものだが、北アメリカにいる亜種インドライオンの多くがアフリカ産の亜種と交配され、遺伝的に純粋ではないことが判明したために棚上げされていた。アフリカのライオンを対象にした計画は1993年に持ち上がる。これはとりわけ南アフリカの亜種に重点を置いたものであったが、飼育個体の遺伝的多様性を判断するという難題が課せられていた。ほとんどの個体はその血統がはっきりしていないためである[22]

南アフリカのプレトリア大学はライオンの人工授精による出産を研究し、2018年8月25日、世界で初めて2頭の誕生に成功した[119]

人食いライオン

ふつう人を襲うことはないが、例がないわけではない。非常に有名になったものにツァボの人食いライオンがいる。これは1898年にケニア(当時はイギリス領東アフリカ)のツァボ川に架橋する工事の最中に起こった悲劇で、ケニア-ウガンダ間に鉄道を敷くための9ヶ月に合計で28人の工夫が犠牲になったものである。1991年にはザンビアでも事件が起き、ムフエのルアングワ渓谷で6人がかみ殺されている[120]。この人食いライオンたちを撃ち殺したハンターは、ライオンたちが捕食行動を行っていたと詳細に記している。ツアボとムフエの事件には類似点が見られ、どちらのライオンも平均よりも巨大な体躯を持ち、たてがみがなかった。そして虫歯に苦しんでいるらしきところも共通していたが、この虫歯も含めた疾患によるストレスという説を支持する研究者は皆無である。博物館のコレクションに加えられた人食いライオンたちの顎と歯の分析が示しているのは、虫歯はいくつかの付随的な条件を示すことはあるかも知れないが、ライオンたちが人を襲ったのは人間の多い地域で食糧が不足したためだという可能性が最も高いということである[121]。ツアボの事件を中心に人食いライオン一般を研究した学者は、病気になったり傷を負ったライオンが人を襲う傾向にあることは認めたが、そういった行動は決して異常ではなく、機会さえあればむしろ当然のものだとしている。家畜や人間に遭遇するなどの要因さえあれば、ライオンはいつでも人間を獲物にしうるということである。著者たちはこういった人間との関係は古生物学の記録によればヒョウや他の霊長類にも十分に確認できると記している[122]。ライオンがどのように人を襲うのかという傾向については体系だてられた調査が存在する。アメリカとタンザニアの科学者は、タンザニアの地方でライオンの被害が増加していると報告している。それによれば1990年から2005年にかけて数が増しており、少なくとも563の村が襲われ、1世紀も前に有名になったツアボの事件の被害者数をはるかに越えるスピードで人間が殺されている。たとえばルフィジ県のセルー国立公園周辺やモザンビーク国境沿いのリンジ地方などで事件が多発している。人口が増えてより辺境に暮らす人が多くなったことも原因の一つだが、著者たちが主張しているのはライオンの保護プログラムが危険を放置したままにしているということである。これらのケースではプログラムがそのまま被害につながっているからである。リンジでのケースは、村から出た人間がライオンに襲われた例として記録されている[123]

シカゴの博物館に展示されるツァボの人食いライオン(剥製)。

『エデンの人食いライオン』の著者ロバート・R・フランプは、南アフリカのクルーガー国立公園を夜中に横切るモザンビークの難民が定期的にライオンに遭遇し、殺されていると指摘し、公園側もそれが問題となっていることを認めている。公園がアパルトヘイトの対象となり、難民が夜中にそこを通らなければならなくなって以降、10年間で数千もの人々が犠牲になっているとフランプは言う。国境が封鎖されるまでの100年近く、モザンビークの人間は日中を比較的安全に歩いて通ることができたのだ[124]

パッカーの試算によると、毎年200人以上のタンザニア人がライオンを含め、ワニ、ゾウ、カバ、蛇に殺されている。実際の数字はこの倍に達することもありえ、少なくともそのうち70がライオンによるものである。彼は1990年から2004年までの記録をつくり、タンザニアでのライオンが815人を襲い、そのうち563人を食い殺しているとしている。パッカーとイカンダは欧米流の保護プログラムがこういった側面にも責任を持たねばならないとする数少ない論者でもある。ライオンの保護と人命への倫理的な配慮を両立させなければ、長期的な成功はなしえないからである[123]

2004年にはタンザニアの南で人食いライオンが射殺されている。ルフィジ県の鉱山地帯にある村々で事件を起したこのライオンは、少なくとも35人を襲い、食い殺したとされている[125][126]。GTZのコーディネーターであるロルフ・D・バルダス博士は、臼歯の下に大きな膿瘍があったことが人を襲った原因である可能性が高いと語った。このライオンの臼歯にはいくつかの亀裂さえあり、「特にものを噛む時にはおそらくひどい痛みを感じていた」[127]。GTZとはドイツの開発協力機構で、この20年間タンザニア政府と協同で野生動物の保護に取り組んでいる。彼によれば、他のライオンと同様にこの個体も巨大な体躯をもち、たてがみが無く、そして歯に問題を抱えていた。

『All-Africa』の記録は、ツアボの事件ではなく、あまり知られていない1930年代の終わりから40年代にかけてのタンガニーカ(いまのタンザニア)での人食いライオンの事例を集めたものである。それによれば保護区の巡視員でありプロのハンターであるジョージ・ラシュビーが駆除したプライドには、現代で言うンジョレ地区で3世代にわたって1500から2000もの人々を食い殺してきたとされているものがあった[128]

飼育

概要

飼育個体

18世紀後半には動物園の目玉になっていた。彼らのような大型のネコ科とともに、ゾウやサイ、カバなどの脊椎動物や霊長類なども人気を博していた。かつて動物園はこういった珍しい動物を可能なかぎり集めていたのである[129]。現代の動物園の多くはもっと的を絞っているのが普通だが[130]、それでも世界中の動物園や国立公園には1,000を超えるアフリカ産の個体と100を超える亜種インドライオンがいる。彼らは大使のような扱いを受け、教育や観光、環境保護のために駐在していると考えられている[131]。飼育個体は20年以上生きることもあり、ハワイのホノルル動物園にいた「アポロ」は22歳まで生きて2007年8月に死んだ。1986年に産まれた彼の姉妹2頭は、2007年8月現在も存命である[132]。なお、日本では、横浜市立野毛山動物園にいたオス「モドリ」(2008年3月に24歳で死亡)が最高齢である。繁殖プログラムは異なる亜種を交配しないよう、血統を明らかにする必要がある。そうしなければ保護する価値がわからなくなってしまう[133]

歴史

紀元前850年頃にはアッシリア王によって飼育された[20]アレクサンドロス3世(アレクサンダー大王)もまた北インドから調教された個体を献上されたといわれている[134]古代ローマでは、皇帝たちは剣闘士と戦わせるようになる。スッラポンペイウスカエサルといった名高い人物たちはしばしば一度に何百頭という個体を集めて殺戮させるよう命じていた[135]。東洋ではインドの王妃が飼育した。マルコ・ポーロの記すところによれば、クビライ・ハンは室内にライオンを飼っていたという[136]。ヨーロッパで初めて「動物園」が貴族や王家の間だで流行したのは13世紀のことである。17世紀頃までにはハーレム(seraglios)と呼ばれ、驚異の部屋の延長として当時は見世物小屋(menageries)という名も定着していた。ルネサンス期にはフランス、イタリアからヨーロッパ全土へと広がった[137]。イギリスではこのハーレム文化があまり栄えることはなかったが、13世紀にジョン王がロンドン塔につくったハーレムの中で飼われていた。おそらく1125年にヘンリー1世が始めた初期の見世物小屋が起源だと考えられる[138][139]。それはオックスフォードのそばのウッドストック近くにあり、マームズベリのウィリアムはライオンたちがそこで飼われていたと記録している[140]

こういった施設は貴族の富と権力とを表すものであり、とりわけ巨大なライオンやゾウたちのような動物はそのまま力のシンボルとなった。これは突き詰めると、人間が自然を支配しているということを誇示するためのものでもあった。ライオンのような大自然の「王」が怯える姿や、サイを前にしたゾウが尻込みする様に17世紀の好事家たちは驚き、そして喜んだのだった。見世物小屋が一般大衆に受け入れられるようになると、このような動物同士の決闘は次第に見られなくなっていった。大型動物をペットにするという伝統は19世紀まで続くが、その頃にはかなり奇矯な振る舞いとみなされるようになった[141]

デューラーによるライオンのスケッチ(1520年ごろ)

ロンドン塔には常にライオンがいたわけではなく、たとえばヘンリー6世の妃であったマーガレット・オブ・アンジューのような趣味人が探し出したり、贈られたりした時に見ることができた。記録によれば、当時のイギリスでの飼育環境は貧弱なもので、フィレンツェなどとは開きがあったという[142]。18世紀頃には見世物小屋は大衆に開かれたものとなり、3ペンス半を払うか餌となる犬猫をもってくれば入場料となった[143]。エクセターにあるもう一つの小屋も19世紀はじめまでライオンを見世物にしていた。ウィリアム4世によってロンドン塔のmenagerieは閉じられ、動物たちはロンドン動物園に移された。こちらが一般に公開されるようになったのは1828年4月27日のことであった[144]

野生動物の取引がされるようになり、それが隆盛を極めるのは植民地貿易が進んだ19世紀のことである。本種はごく一般的かつ安価な生き物だと考えられていた。トラよりは高値がついたものの、キリンやカバなどの巨大で輸送が難しい動物ほどではなく、ましてパンダとは比べものにならなかった[145]。他の動物と同様に、彼らは自然由来の単なる商品とみなされ、捕獲や輸送に関してほとんど省みられるということがなかった[146]。さらにライオンを追いかけるハンターという英雄的なイメージが広く知られるようになり、長年にわたってそれが支配的なものとなった[147]。冒険者やハンターたちはありがちなマニ教善悪二元論を利用して、その冒険譚に彩りを加え、自ら英雄として振舞ったのである。こうして人食いライオンは人食いライオンなのだという考えが大型のネコ科動物にはあてはめられ、「大自然の驚異とそれを克服する悦び」という構図がつくられた[148]

メルボルンの動物園

ライオンが飼育される窮屈で不潔な環境が一変したのは、1870代になってロンドン動物園に大きく住みよいケージがつくられてからである[149]。20世紀の初めになると、カール・ハーゲンベックがより本来の生態にあうような囲い込み法を考案した。これはさらに開けた敷地をもうけて砂利を混ぜた岩山をつくり、柵の代わりに掘割を備えたものだった。このデザインは、その後、オーストラリアのメルボルンシドニーなどで取り入れられている。ハーゲンベックの設計は普及したとはいえ旧式の柵と檻も1960年代まで動物園では当たり前のものであった[150]。1990年代になると、敷地はさらに広げられ、自然環境になぞらえられるとともに、鉄網や薄いガラスなどが使用され、見物客はかつてないほどライオンの側まで近寄ることができるようになった。いまではライオンたちの住環境は自然のそれと非常に近く、彼らの欲求に従ってさらにあるがままに近づける現代的なガイドラインが採用されている。巣穴はいくつかに分散させ、ライオンたちが横たわる場所には陽射しと木陰のどちらも過不足がなくなるようにし、水はけをよくするとともに歩きまわれるスペースも確保するということに重点が置かれる[131]

日本では1931年にエチオピア帝国使節団訪日の際、昭和天皇への土産としてつがいのライオンが贈られ、「アリ」と「カテリーナ」と名付けられて上野動物園で飼育された[151]。翌年と翌々年に子供を産み、各地の動物園に贈られた[151]

調教

檻の中のライオンをてなずける調教師のスケッチ(19世紀)

ライオン狩り(Lion-baiting)とは他の動物とライオンを戦わせる血なまぐさいスポーツ(ブラッド・スポーツ)のことである。たいていその相手は犬たちであり、記録によれば古代から17世紀まで行われていた。ウィーンでは1800年、イギリスでは1825年に禁止されている[152][153]

サーカスなどの見世物にするためにライオンを調教することも昔からなされていた。現代でもジークフリード&ロイといったエンターティナーがいる。これはライオンだけでなく、トラやヒョウ、ピューマなどにも試みられていた。この分野の先駆者は19世紀初めのフランス人アンリ・マーティンと、アメリカ人のアイザック・ヴァン・アンバーグである。二人は世界中をまわり、無数の追随者を生んだ[154]。ヴァン・アンバーグは1838年にイギリスを訪れた際に、ヴィクトリア女王の前でもその腕を披露している。マーティンは「マイソールのライオンたち」というパントマイムを考案し、アンバーグはすぐにそのアイディアを借用した。これらの出し物はそれまでサーカスの目玉だった馬術にとってかわったが、実際にライオンのショーが大衆の関心を集めたのは20世紀初めに映画に登場してからである。これは前世紀的なライオンとの決闘と同じような構図でもって動物に対する人間の優位を誇示するものであった[154]。調教師の支配力と監督力を極端なまでに証明するものが、ライオンの口にその頭を突っ込むパフォーマンスである。今日ではライオン調教師の象徴ともいえるパフォーマンスであるが、これを初めて行ったのはアメリカ人のクライド・ベイティ(1903年-1965年)だとされている[155]

養殖と狩猟

南アフリカ共和国などの国では、単に種の保存を目的とするだけでなく、狩猟用に飼育されている場合がある。このようなライオンたちは、幼獣の時期にはエコツーリズムなどの観光の資源として利用される。観光客は代金を支払い、子ライオンを抱いたり、ミルクを与えたりして楽しむ。そしてライオンは成長すると、狩猟のために野に放され、狩猟愛好家の標的となる。生まれた時から人間に飼育されたライオンに、猟師から逃れるすべはない。狩猟の顧客はアメリカ人が多い[156]

東洋においてトラの骨の酒(虎骨酒)が珍重されているが、20世紀末になるとトラは保護され、代わりにネコ科の大型獣が用いられるようになった。2008年よりライオンの骨も利用され、養殖されたライオンの骨が国際取引される[157]


注釈

  1. ^ インドの個体群はワシントン条約附属書I
  2. ^ 例えば万年青では葉先が巻き込むものを獅子葉と言い、この芸を持つものは往々にしてこの名を持つ。

出典

  1. ^ Appendices I, II and III (valid from 28 August 2020)<https://cites.org/eng> (downroad 09/19/2020)
  2. ^ a b c UNEP (2020). Panthera leo. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (downroad 09/19/2020)
  3. ^ a b c d e f g Bauer, H., Packer, C., Funston, P.F., Henschel, P. & Nowell, K. 2016. Panthera leo (errata version published in 2017). The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T15951A115130419. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T15951A107265605.en. Downloaded on 19 September 2020.
    Breitenmoser, U., Mallon, D.P., Ahmad Khan, J. & Driscoll, C. 2008. Panthera leo persica. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T15952A5327221. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T15952A5327221.en. Downloaded on 19 September 2020.
    Henschel, P., Bauer, H., Sogbohoussou, E. & Nowell, K. 2015. Panthera leo(West Africa subpopulation). The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T68933833A54067639. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2015-2.RLTS.T68933833A54067639.en. Downloaded on 19 September 2020.
  4. ^ a b c d e f g h i j Sarah K. Haas, Virginia Hayssen, and Paul R. Krausman, "Panthera leo," Mammalian Species, No. 762, American Society of Mammalogists, 2005, Pages 1-11.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Luke Hunter 「ライオン」山上圭子訳『野生ネコの教科書』今泉忠明監修、エクスナレッジ、2018年、197-207頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 成島悦雄 「ネコ科の分類」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、150-171頁。
  7. ^ a b c IUCN SSC Cat Specialist Group, "Panthera leo," Cat News, Spacial Issue 11, 2017, Pages 71-73.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l 小原秀雄 「ライオン」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ6 アフリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2000年、14-18、151-152頁。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x Karl G. van Orsdol 「ライオン」今泉忠明訳『動物大百科 1 食肉類』今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編、平凡社、1986年、36-41頁。
  10. ^ a b c Nowak, Ronald M. (1999). Walker's Mammals of the World. Baltimore: Johns Hopkins University Press. ISBN 0-8018-5789-9 
  11. ^ Smuts, G.L. (1982). Lion. Johannesburg: Macmillian South Africa (Publishers)(Pty.) Ltd.. p. 231. ISBN 0-86954-122-6 
  12. ^ 最強の動物といえば…ベスト3は「ライオン」「ゾウ」「トラ」 アンケート結果 : 何でも調査団(@niftyニュース)”. NIFTY Corporation. 2019年2月4日閲覧。
  13. ^ Simpson DP (1979). Cassell's Latin Dictionary (5th ed.). London: Cassell Ltd.. p. 342. ISBN 0-304-52257-0 
  14. ^ Liddell, Henry George Scott, Robert (1980). A Greek-English Lexicon (Abridged Edition). United Kingdom: Oxford University Press. p. 411. ISBN 0-19-910207-4 
  15. ^ Simpson, J., Weiner, E. (eds), ed. (1989). "Lion". Oxford English Dictionary (2nd edition ed.). Oxford: Clarendon Press. ISBN 0-19-861186-2 |edition=にed.など余分の文字が入力されています。 (説明)
  16. ^ yourdictionary.com”. 2007年8月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年8月26日閲覧。. As in other ancient scripts, in Ancient Egyptian only the consonants are written. No distinction was made between 'l' and 'r'.
  17. ^ Linnaeus, Carolus (1758) (Latin). Systema naturae per regna tria naturae :secundum classes, ordines, genera, species, cum characteribus, differentiis, synonymis, locis.. 1 (10th ed.). Holmiae (Laurentii Salvii). p. 41. http://www.biodiversitylibrary.org/page/726936 2008年9月8日閲覧。 
  18. ^ Rudnai, Judith A. (1973). The social life of the lion. Wallingford: s.n.. ISBN 0-85200-053-7 
  19. ^ The Gir - Floristic”. Asiatic Lion Information Centre. Wildlife Conservation Trust of India (2006年). 2007年9月14日閲覧。
  20. ^ a b Schaller, p. 5
  21. ^ Heptner, V.G.; A. A. Sludskii (1989). Mammals of the Soviet Union: Volume 1, Part 2: Carnivora (Hyaenas and Cats). New York: Amerind. ISBN 9004088768 
  22. ^ a b Past and present distribution of the lion in North Africa and Southwest Asia.”. Asiatic Lion Information Centre (2001年). 2006年2月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年6月1日閲覧。
  23. ^ a b Guggisberg, C. A. W. (1961). Simba: the life of the lion.. Cape Town: Howard Timmins 
  24. ^ Wildlife Conservation Trust of India (2006年). “Asiatic Lion - History”. Asiatic Lion Information Centre. Wildlife Conservation Trust of India. 2007年9月15日閲覧。
  25. ^ Wildlife Conservation Trust of India (2006年). “Asiatic Lion - Population”. Asiatic Lion Information Centre. Wildlife Conservation Trust of India. 2007年9月15日閲覧。
  26. ^ a b ライオンのたてがみは何のためにあるか知ってる?きっとあなたの知ってる理由じゃないかも!?” (日本語). FUNDO. 2022年5月6日閲覧。
  27. ^ Davis, D. D. (1962). “Allometric relationships in Lions vs. Domestic Cats”. Evolution 16 (4): 505–514. doi:10.1111/j.1558-5646.1962.tb03240.x. 
  28. ^ Calder, W. A. (1996). “Skeletal muscle”. Size, Function, and Life History. Courier Corporation. pp. 17–21. ISBN 978-0-486-69191-6. https://books.google.com/books?id=-iBS6-2OO3wC&pg=PA19 
  29. ^ Ross Barnett, Nobuyuki Yamaguchi, Beth Shapiro, Simon YW Ho, Ian Barnes, Richard Sabin, Lars Werdelin, Jacques Cuisin, Greger Larson, "Revealing the maternal demographic history of Panthera leo using ancient DNA and a spatially explicit genealogical analysis," BMC Evolutionary Biology, Volume 14: 70, 2014.
  30. ^ Li, G.; Davis, B. W.; Eizirik, E. & Murphy, W. J. (2016). “Phylogenomic evidence for ancient hybridization in the genomes of living cats (Felidae)”. Genome Research 26 (1): 1–11. doi:10.1101/gr.186668.114. PMC 4691742. PMID 26518481. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4691742/. 
  31. ^ Piras, P.; Silvestro, D.; Carotenuto, F.; Castiglione, S.; Kotsakis, A.; Maiorino, L.; Melchionna, M.; Mondanaro, A. et al. (2018). “Evolution of the sabertooth mandible: A deadly ecomorphological specialization”. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology 496: 166−174. Bibcode2018PPP...496..166P. doi:10.1016/j.palaeo.2018.01.034. 
  32. ^ Schaller, p. 122
  33. ^ Schaller, p. 120–121
  34. ^ a b c Schaller, p. 33
  35. ^ a b Nowell K, Jackson P (1996). “Panthera Leo” (PDF). Wild Cats: Status Survey and Conservation Action Plan. Gland, Switzerland: IUCN/SSC Cat Specialist Group. pp. 17–21. ISBN 2-8317-0045-0. http://carnivoractionplans1.free.fr/wildcats.pdf 
  36. ^ Schaller, p. 133
  37. ^ Heinsohn, R.; C. Packer (1995). “Complex cooperative strategies in group-territorial African lions”. Science 269 (5228): 1260–1262. doi:10.1126/science.7652573. PMID 7652573. 
  38. ^ Morell, V. (1995). “Cowardly lions confound cooperation theory”. Science 269 (5228): 1216–1217. doi:10.1126/science.7652566. PMID 7652566. 
  39. ^ Jahn, Gary C. (1996). “Lioness Leadership”. Science 271 (5253): 1215. doi:10.1126/science.271.5253.1215a. PMID 17820922. 
  40. ^ Schaller, p. 37
  41. ^ Schaller, p. 39
  42. ^ Schaller, p.44
  43. ^ Schaller, p. 248
  44. ^ Speed of Animals”. Fact Monster. 2009年10月6日閲覧。
  45. ^ Schaller, p. 247–248
  46. ^ Schaller, p. 237
  47. ^ Dr Gus Mills. “About lions—Ecology and behaviour”. African Lion Working Group. 2016年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月20日閲覧。
  48. ^ Pienaar U de V (1969). “Predator-prey relationships amongst the larger mammals of the Kruger National Park”. Koedoe 12: 108–176. 
  49. ^ "Among the Elephants", Iain and Oria Douglas-Hamilton, 1975
  50. ^ Kemp, Leigh. “The Elephant Eaters of the Savuti”. go2africa. 2012年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月8日閲覧。
  51. ^ Whitworth, Damien (2006年10月9日). “King of the jungle defies nature with new quarry”. The Australian. オリジナルの2009年6月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090627144915/http://www.news.com.au/galleries/ 2007年7月20日閲覧。 
  52. ^ Lion Prides of Africa (2008年10月17日). “Elephant Kill at Savute Safari Lodge”. 2022年7月26日閲覧。
  53. ^ Leiden University (2011年10月25日). “Lions of West Africa : ecology of lion (Panthera leo Linnaeus1975) populations and human-lion conflicts in PendjariBiosphere Reserve, North Benin”. 2022年7月26日閲覧。
  54. ^ The Art of Being a Lion pg 186, Christine and Michel Denis-Huot, Friedman/Fairfax, 2002
  55. ^ Hayward, Matt W.; Graham Kerley (2005). “Prey preferences of the lion (Panthera leo)”. Journal of Zoology 267 (3): 309–322. doi:10.1017/S0952836905007508. 
  56. ^ a b Menon, Vivek (2003). A Field Guide to Indian Mammals. Delhi: Dorling Kindersley India. ISBN 0-14-302998-3 
  57. ^ Schaller, p. 213
  58. ^ a b Lion”. Honolulu Zoo. 2007年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月12日閲覧。
  59. ^ Stander, P. E. (1992). “Cooperative hunting in lions: the role of the individual”. Behavioral Ecology and Sociobiology 29 (6): 445–454. doi:10.1007/BF00170175. 
  60. ^ オスの仕事、カバを襲うライオン ナショナルジオグラフィックニュース 2012年7月11日付 2016年6月13日閲覧
  61. ^ CBSNEWS (2011年3月16日). “Older elephants demo anti-lion moves”. 2018年9月8日閲覧。
  62. ^ Schaller, p. 153
  63. ^ Schaller, p. 29
  64. ^ a b Schaller, p. 174
  65. ^ Asdell, Sydney A. (1993) [1964]. Patterns of mammalian reproduction. Ithaca: Cornell University Press. ISBN 978-0-8014-1753-5 
  66. ^ Schaller, p. 142
  67. ^ Schaller, p. 143
  68. ^ a b Scott, Jonathon; Scott, Angela. (2002), Big Cat Diary: Lion, p. 45
  69. ^ Scott, Jonathon; Scott, Angela. p. 45
  70. ^ Macdonald, David (1984). The Encyclopedia of Mammals. New York: Facts on File. p. 31. ISBN 0-87196-871-1 
  71. ^ a b Packer, C., Pusey, A. E. (May 1983). “Adaptations of female lions to infanticide by incoming males” (PDF). American Naturalist 121 (5): 716–728. doi:10.1086/284097. オリジナルの2007-07-10時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070710114115/http://www.lionresearch.org/current_docs/6.pdf 2007年7月8日閲覧。. 
  72. ^ Scott, Jonathon; Scott, Angela; p. 46
  73. ^ Crandall, Lee S. (1964). The management of wild animals in captivity. Chicago: University of Chicago Press. OCLC 557916 
  74. ^ Scott, Jonathon; Scott, Angela. p. 68
  75. ^ Bagemihl, Bruce (1999). Biological Exuberance: Animal Homosexuality and Natural Diversity. New York: St. Martin's Press. pp. 302–305. ISBN 0-312-19239-8 
  76. ^ Srivastav, Suvira (15–31 December 2001). “Lion, Without Lioness”. TerraGreen: News to Save the Earth. Terragreen. 2008年5月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月21日閲覧。
  77. ^ Schaller, p. 85
  78. ^ Sparks, J (1967). “Allogrooming in primates:a review”. In Desmond Morris. Primate Ethology. Chicago: Aldine. ISBN 0-297-74828-9  (2007 edition: 0-202-30826-X)
  79. ^ (ドイツ語)Leyhausen, Paul (1960). Verhaltensstudien an Katzen (2nd ed.). Berlin: Paul Parey. ISBN 3-489-71836-4 
  80. ^ Schaller, p. 85–88
  81. ^ Schaller, p. 88–91
  82. ^ Schaller, p. 92–102
  83. ^ Schaller, p. 103–113
  84. ^ M. W. Hayward. “Prey preferences of the spotted hyaena (Crocuta crocuta) and degree of dietary overlap with the lion (Panthera leo)” (PDF). Journal of Zoology. doi:10.1111/j.1469-7998.2006.00183.x. http://www.zbs.bialowieza.pl/g2/pdf/1598.pdf. 
  85. ^ a b Interactions between Hyenas and other Carnivorous Animals from Hans Kruuk’s The Spotted Hyena: A Study of Predation and Social Behaviour The University of Chicago Press, Chicago 60637, 1972
  86. ^ Interactions with hyenas, jackals and vultures from The Serengeti lion: a study of predator-prey relations by George B. Schaller, University of Chicago Press, 1976
  87. ^ Dereck and Beverley Joubert (1992年). Eternal Enemies: Lions and Hyenas (DVD). National Geographic 
  88. ^ Competitive interactions between spotted hyenas and lions in the Etosha National Park, Namibia by Trinkel, Martina; Kastberger, Gerald. African Journal of Ecology, Volume 43, Number 3, September 2005 , pp. 220-224(5), Blackwell Publishing
  89. ^ O'Brien, S., D. Wildt, M. Bush (1986). "The Cheetah in Genetic Peril". Scientific American 254: 68–76.
  90. ^ Schaller, p. 293
  91. ^ a b c d 永戸豊野 「『アジア最後のライオン』を守る」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2000年、21頁。
  92. ^ 特定動物リスト (動物の愛護と適切な管理)環境省・2020年9月19日に利用)
  93. ^ ヘロドトス『歴史』第7巻126(岩波文庫版下巻79頁)。アリストテレス『動物誌』第6巻第31章(岩波文庫版上巻334頁)、第8巻29章(下巻108頁)。
  94. ^ ヘロドトス『歴史』第7巻125(岩波文庫版下巻79頁)。
  95. ^ 中国伝統吉祥図案 編集:李祖定 P.22[要文献特定詳細情報]
  96. ^ V.G Heptner & A.A. Sludskii (1992). Mammals of the Soviet Union, Volume II, Part 2. Leiden u.a.: Brill. ISBN 9004088768 
  97. ^ Scott, Jonathon; Scott, Angela. (2002) Big Cat Diary: Lion, p. 80
  98. ^ Wood, The Guinness Book of Animal Facts and Feats. Sterling Pub Co Inc (1983), ISBN 0-85112-235-3
  99. ^ Jungle Photos Africa Animals mammals - lion natural history Wood, G. 1983. The Guinness book of animal facts and feats. Sterling Pub. Co. Inc. 3rd. edition. 256 pp.
  100. ^ Schaller, p. 28
  101. ^ Trivedi, Bijal P. (2005年). “Are Maneless Tsavo Lions Prone to Male Pattern Baldness?”. National Geographic. 2018年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月7日閲覧。
  102. ^ a b Trivedi, Bijal P. (2002年8月22日). “Female Lions Prefer Dark-Maned Males, Study Finds”. National Geographic News. National Geographic. 2018年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月1日閲覧。
  103. ^ a b West, Peyton M.; Packer, Craig (August 2002). “Sexual Selection, Temperature, and the Lion's Mane”. Science 297 (5585): 1339–43. doi:10.1126/science.1073257. PMID 12193785. 
  104. ^ Barnett, Ross; Nobuyuki Yamaguchi, Ian Barnes and Alan Cooper (August 2006). “Lost populations and preserving genetic diversity in the lion Panthera leo: Implications for its ex situ conservation”. Conservation Genetics 7 (4): 507–514. doi:10.1007/s10592-005-9062-0. 
  105. ^ a b Yamaguchi, Nobuyuki; B. Haddane (2002). “The North African Barbary lion and the Atlas Lion Project”. International Zoo News 49: 465–481. 
  106. ^ Munson, Linda (March 3, 2006). “Contraception in felids”. Theriogenology 66 (1): 126–134. doi:10.1016/j.theriogenology.2006.03.06. PMID 16626799. 
  107. ^ Trivedi, Bijal P. (2002年6月12日). “To Boost Gene Pool, Lions Artificially Inseminated”. National Geographic News. National Geographic. 2018年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月20日閲覧。
  108. ^ (ドイツ語) Koenigswald, Wighart von (2002). Lebendige Eiszeit: Klima und Tierwelt im Wandel. Stuttgart: Theiss. ISBN 3-8062-1734-3 
  109. ^ McBride, Chris (1977). The White Lions of Timbavati. Johannesburg: E. Stanton. ISBN 0-949997-32-3 
  110. ^ Tucker, Linda (2003). Mystery of the White Lions—Children of the Sun God. Mapumulanga: Npenvu Press. ISBN 0-620-31409-5 
  111. ^ The rare white lions.”. Maxine Annabell. 2019年2月4日閲覧。
  112. ^ Bauer H, Van Der Merwe S (2002). “The African lion database”. Cat news 36: 41–53. 
  113. ^ Chardonnet P (2002). Conservation of African lion. Paris, France: International Foundation for the Conservation of Wildlife 
  114. ^ AWF Wildlife: Lion”. African Wildlife Foundation. 2007年8月29日閲覧。
  115. ^ NATURE. The Vanishing Lions”. PBS. 2007年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月20日閲覧。
  116. ^ Roach, John (2003年7月16日). “Lions Vs. Farmers: Peace Possible?”. National Geographic News. National Geographic. 2018年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月1日閲覧。
  117. ^ Saberwal, Vasant K; James P. Gibbs, Ravi Chellam and A. J. T. Johnsingh (June 1994). “Lion-Human Conflict in the Gir Forest, India”. Conservation Biology 8 (2): 501–507. doi:10.1046/j.1523-1739.1994.08020501.x. 
  118. ^ Barbary Lion News”. 2005年12月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  119. ^ 「人工授精でライオン誕生、世界初 南ア」フランス通信社(2018年10月1日)2019年4月20日閲覧。
  120. ^ Man-eaters of the Field Museum: Lion of Mfuwe”. Field Museum of Natural History. Field Museum of Natural History (2007年). 2010年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月16日閲覧。
  121. ^ Patterson, Bruce D.; Ellis J. Neiburger, Ellis J.; Kasiki, Samuel M. (February 2003). “Tooth Breakage and Dental Disease as Causes of Carnivore-Human Conflicts”. Journal of Mammalogy 84 (1): 190–196. doi:10.1644/1545-1542(2003)084<0190:TBADDA>2.0.CO;2. http://www.bioone.org/perlserv/?request=get-abstract&doi=10.1644%2F1545-1542(2003)084%3C0190%3ATBADDA%3E2.0.CO%3B2 2007年7月6日閲覧。. 
  122. ^ Peterhans, Julian C. Kerbis; Thomas Patrick Gnoske (2001). “The Science of Man-eating”. Journal of East African Natural History 90 (1&2): 1–40. doi:10.2982/0012-8317(2001)90[1:TSOMAL]2.0.CO;2. オリジナルの2007年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071030031426/http://www.man-eater.info/gpage6.html 2007年7月7日閲覧。. 
  123. ^ a b Packer, C.; Ikanda, D.; Kissui, B.; Kushnir, H. (August 2005). “Conservation biology: lion attacks on humans in Tanzania”. Nature 436 (7053): 927–928. doi:10.1038/436927a. PMID 16107828. 
  124. ^ Frump, RR (2006). The Man-Eaters of Eden: Life and Death in Kruger National Park. The Lyons Press. ISBN 1-592288-92-8 
  125. ^ Daniel Dickinson (2004年10月19日). “Toothache 'made lion eat humans'”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/africa/3756180.stm 2007年7月20日閲覧。 
  126. ^ Ludger Kasumuni (2006年8月28日). “Terror from man-eating lions increasing in Tanzania”. IPPmedia.com. 2010年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月8日閲覧。
  127. ^ Baldus, R (march 2006). “A man-eating lion (Panthera leo) from Tanzania with a toothache”. European Journal of Wildlife Research 52 (1): 59–62. doi:10.1007/s10344-005-0008-0. 
  128. ^ Rushby GG (1965). No More the Tusker. London: W. H. Allen 
  129. ^ de Courcy, p. 81
  130. ^ de Courcy, p. 82
  131. ^ a b Dollinger P, Geser S. “Animals: WAZA'S virtual zoo - lion”. WAZA'S virtual zoo. WAZA (World Association of Zoos and Aquariums). 2006年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月7日閲覧。
  132. ^ Aguiar, Eloise (August 2007). “Honolulu zoo's old lion roars no more”. Honolulu Advertiser. http://the.honoluluadvertiser.com/article/2007/Aug/08/ln/hawaii708080394.html 2007年9月4日閲覧。. 
  133. ^ Frankham, Richard; Ballou, Jonathan; Briscoe, David (2009). Introduction to Conservation Genetics. Cambridge University Press. p. 437. ISBN 0521702712. https://books.google.co.jp/books?id=vLZKnsCk89wC&pg=PA437&dq=conservation+lion+breeding+captivity+subspecies+separate&q=&redir_esc=y&hl=ja 2010年9月12日閲覧。 
  134. ^ Smith, Vincent Arthur (1924). The Early History of India. Oxford: Clarendon Press. p. 97 
  135. ^ Thomas Wiedemann, Emperors and Gladiators, Routledge, 1995, p. 60. ISBN 0-415-12164-7.
  136. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, p. 17.
  137. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, pp. 19–21, 42.
  138. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, p. 20.
  139. ^ Owen, James (2005年11月3日). “Medieval Lion Skulls Reveal Secrets of Tower of London "Zoo"”. National Geographic Magazine. National Geographic. 2018年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月5日閲覧。
  140. ^ Blunt, p. 15
  141. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, pp. 24–28.
  142. ^ Blunt, p. 16
  143. ^ Blunt, p. 17
  144. ^ Blunt, p. 32
  145. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, p. 122.
  146. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, pp. 114, 117.
  147. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, p. 113.
  148. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, pp. 173, 180–183.
  149. ^ Blunt, p. 208
  150. ^ de Courcy, p. 69
  151. ^ a b 『マスカルの花嫁―幻のエチオピア王子妃』山田一廣、朝日新聞社 (1998/3/1) p91
  152. ^ Hone, William (2004) [1825–1826]. “July”. In Kyle Grimes. The Every-Day Book. University of Alabama at Birmingham. p. 26. オリジナルの2008年6月24日時点におけるアーカイブ。. http://www.uab.edu/english/hone/etexts/edb/indices/index.html#jul 2007年9月5日閲覧。 
  153. ^ Blaisdell, Warren H. (November 1997). “How A Lion Fight Caused England To Stop The Breeding Of Both Ring And Pit Bulldogs”. American Bulldog Review 3 (4). オリジナルの2008年4月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080424001716/http://www.american-bulldog.com/how_a_lion.htm 2007年9月5日閲覧。. 
  154. ^ a b Baratay & Hardouin-Fugier, p. 187.
  155. ^ Feldman, David (1993). How Does Aspirin Find a Headache?. HarperCollins. ISBN 0-06-016923-0 
  156. ^ “狩猟用の飼育ライオンが1週間逃亡中、南ア”. フランス通信社. (2013年1月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/2921839?pid=10124646 2013年1月19日閲覧。 
  157. ^ ライオンの骨、伝統薬人気がもたらす危機 南アAFP/Jean Liou, 2012年08月27日18:58, 2013年1月25日閲覧。
  158. ^ DISCOVERY CHANNEL Archived 2012年5月29日, at the Wayback Machine.






ライオンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ライオン」の関連用語

ライオンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ライオンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのライオン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS