ヨドバシカメラ サービス

ヨドバシカメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/21 00:21 UTC 版)

サービス

ゴールドポイントカード

ゴールドポイントカード

ヨドバシカメラが行っているポイントサービスを受ける際に使用されるカード。

1989年4月、日本で初めてバーコードを用いたカードによってポイントカードの使用を始めた[42]。開始当初はCD売場限定で、表面の地色は青緑色の紙製、有効期限は1年間(売場での手続による引継は可能)であった。1990年11月に全売場で利用可能なプラスチック製の「ゴールドポイントカード」に移行した。専用のポイントカードを発行し、ポイントを電磁的に管理する、今日のポイントカードシステムは、このヨドバシカメラが最初に考案したと言われる[43]

従来の大型店舗ではいわゆる「値引交渉」が一般的であったものの、店員とのやりとりが煩わしい、実勢価格が見えにくい、値引額が交渉次第という消費者間での不公平等の側面があった。これらの問題を解決し、さらに店舗側は値引き交渉に携わる時間・人員コストを削減し、かつ顧客(リピータ)を獲得する手段として考え出したとされる。その際、ポイントが通貨の代わりの様に使用される為、創業者の藤沢昭和大蔵省に何度も掛け合って実現された経緯がある。

ポイントはポイントカードに記録されるのではなく、本部のコンピュータに記録されているため、万一紛失してもポイントが失われることがない。開始当初は紛失時の再発行制度がなかったが、後にバーコード番号が分かれば情報誌「The Point Network」などから有料で再発行が可能になり、現在は複数枚の同一名義カードを1枚に集約できるなど、利便性が向上した。なお、最後の利用から1年(後に2年)が経過するとポイントが失効する(カード本体はそのまま使用可能)。ヨドバシカメラではポイントサービスで顧客が得たポイントのことを「ゴールドポイント」と呼ぶ。

消費税の税率が3%だった時代には、当初は内税表示を行っていた。その後1992年から「消費税は頂きません」と方針を転換したが、1997年4月に税率が5%となり、利益が圧迫されるようになったため、1年後の1998年4月1日から外税表示となった(2004年4月1日からは法律の改正に伴い再度内税表示に)。この時、ポイント加算率が5%上乗せされ、現金、Jデビット、プリペイド式の電子マネーでの支払いの場合5%→10%、クレジットカードとショッピングローンの場合3%→8%となった(後に登場するVISAデビットカードも8%)。さらに特定商品、および期間限定で加算率が上乗せされることもある。2015年6月25日からは、「ヨドバシドットコム」とポイント情報を共通化させた利用者を対象に、クレジットカードでの加算率が現金同様の10%に改善された[44]

1998年にスタートしたインターネット通販では、購入時に発生したポイントをポイントカードに貯めることができ、ネットと店舗をリンクさせた先駆けであった。長らくポイント使用は店舗に限られていたが、2006年7月5日よりヨドバシカメラのECサイト「ヨドバシドットコム」および携帯電話対応ECサイト「モバイルヨドバシ」でも、ポイントが使用可能になった。ただし、店頭でアクセスキー発行を受け、ヨドバシドットコムまたはモバイルヨドバシでアクセスキーを利用しポイント共通化手続をすることが必要である(従来からの「ヨドバシドットコム」「モバイルヨドバシ」利用者も改めてポイント共通化手続きが必要)。

東京消防庁東芝京浜急行電鉄東京都福利厚生事業団(東京都職員)など、一部に団体契約のゴールドポイントカード(事業団カード)が存在し、現金・デビット支払時には通常カードよりも+2%ポイント還元率が上乗せされる。(最大で12%還元)

一部商品で還元率が異なるが、詳細は以下の通り。

商品 還元率
下記の商品以外 10%
アップル製品(MacBook / Pro , Mac Pro , 純正周辺機器)
家庭用ゲーム機本体(Nintendo Switch除く)
5%
書籍 3%
アップル製品(iPad,iPad Pro)
Microsoft Surfaceシリーズ本体
Nintendo Switch
1%

ゴールドポイントカード・プラス

2005年よりソニーファイナンスインターナショナルとの提携クレジットカードである「ヨドバシゴールドポイントカードIC eLIO」が発行されていたが、2009年以降の同社の事業縮小に伴い、2010年11月1日より同カードに関わる全ての事業をヨドバシカメラが2010年春に設立した完全子会社ゴールドポイントマーケティング(GPM)吸収分割方式で譲渡し、カード名称が「ゴールドポイントカード・プラス」へ変更された。クレジットのプロセシング(決済)業務については三井住友カード、入会審査業務についてはセディナ旧OMC)と丸井の合弁会社であるプロセントへ委託している。

カード発行会社についてもGPMへ変更されているが、承継前に入会した会員について、従来の「ヨドバシゴールドカード IC eLIOカード」のままで「ゴールドポイントカード・プラス」のサービスに移行された。

なお、2012年5月中旬以降発行のカードからEdyが廃止され、既存カードの更新または再発行に関しても、楽天Edyが付かないカードへ変更となる[45]

特徴

  • 入会費・年会費無料。クレジットカードの国際ブランドVisaと、プリペイド式電子マネーEdyの決済手段を持つ。ゴールドポイントカードアプリを経由しない場合、他社クレジットカード決済によるゴールドポイント還元率は現金支払いの還元率より2%下がるが、このカードなら現金支払いと同様の還元率となる。
  • 公共料金など月極めで支払うものや他店でのVISA決済合計金額の1%が翌月のクレジット代金引落時にゴールドポイントとして付与される(ただし、Edyチャージはポイント付与対象外)。つまりヨドバシカメラでの買い物なら、通常のポイント還元率は11%となる。
  • クレジット支払いではなく、通常のゴールドポイントカードとして提示した上で現金やゴールドポイントで支払いをする事も可能。
  • Edyで支払った場合、ゴールドポイントが200円毎に1ポイント付与される(おサイフケータイによる「Edyでヨドバシゴールドポイント」と同一サービス)。
  • 通常のクレジットカードでは扱えない、24回超-60回の分割払いがヨドバシに限り利用できる(要分割払手数料)。
  • 「ヨドバシゴールドポイントIC eLIO」に付帯されたサービスのうち、ソニーファイナンス提供のeLIO決済、ソニープロダクツセキュリティ(ソニー製品購入時の無料補償サービス)等は継承されず、2010年10月31日をもって終了した。代替サービスとして、プラス及びIC eLIOで購入した商品に盗難・破損・水没・火災等偶発的な事故が発生した際に購入から90日以内・一年間最大100万円までを保障する「お買い物プロテクションサービス」が2010年12月16日から開始された。(一部対象外商品有り・一回につき免責3,000円となる。)
    • これとは別に、年会費(3,900円/年)が必要になる代わりに「お買い物プロテクションサービス」の適用範囲拡大(期間が一年に延長、ヨドバシで購入したノートパソコン・VISA加盟店での買い物分も対象になる)等の付加サービスが付いたゴールドポイントカード・プラス会員専用アップグレードオプション「ヨドバシ・プレミアム」が開始された。

ゴールドポイントワランティ(延長保証)

店舗のみで実施されている延長保証制度。購入金額の5%分のゴールドポイントで、5年間の自然故障の修理代金を1回に限り負担する(メーカー保証期間中を除く)。負担金額は2年目が購入金額の80%、3年目が70%、4年目が60%、5年目が50%となる。出張修理の場合、いったん修理代を支払い、後日店頭にてポイントで返還される。

  • 一部商品を除き、税込10,000円以上の製品に適用される。
  • エアコン・冷蔵庫・14V型以上のテレビ・洗濯機は、保証期間中何度でも全額負担。また出張修理可能。

2007年2月14日から、修理に使えるポイント、アフターサービスポイントサービスが開始された。ゴールドポイント会員がヨドバシ各店で買い物すると通常のポイントとは別に還元される。1ヶ月のポイント充当以外の総利用金額の1%が翌月10日頃に還元される。貯まったアフターサービスポイントは1ポイント=1円として、修理などの料金として使える。なおアフターサービスポイントの有効期限は5年間である。 2012年3月31日購入分を以って新規加算は終了。

おサイフケータイ版ゴールドポイントカード

モバイルFelicaに対応する、「ゴールドポイントカードアプリ」を提供している。4キャリア(NTTドコモiモードFelicaauEZ FeliCaソフトバンクモバイルS!FeliCaウィルコムウィルコムICサービス)対応である。利用時は、POSレジスタに接続されたICカードリーダライターに、アプリをインストールした携帯電話をかざすことで、会員の認証を行う。また、ポイント残高等アプリ上で確認ができる。

電子マネー類の処理は、2015年10月以降はTFペイメントサービスのクラウド型決済プラットフォーム“Thincacloud”が採用されている[46]が、それ以前はローソンで採用されていたNEC製の「複数の電子マネー・モバイルクレジット決済に対応するICリーダライタおよび、POSレジでEdyiDなどの処理を行っていた。そのため、かつては取り扱いレジが限定されていたEdy等の電子決済が多くのレジに対応しているほか、ポイント管理から決済までを、同一リーダライタで、携帯電話を別装置に置き換えることなく処理できるようになった。

なお、付与されるゴールドポイントの付与率は、EdyやSuica等のプリペイド式電子マネー決済は現金と同率、iDなどのポストペイ式電子マネー決済は、クレジットカードと同率になる。ただし、ヨドバシのクレジットカードである「ゴールドポイントカードIC eLIO」は、同節記述の取り扱いとなる。

また、2009年11月26日からは、おサイフケータイでEdyをヨドバシカメラ及び他のEdy利用可能店舗で利用することでゴールドポイントが200円ごとに1ポイント加算される「Edyでヨドバシゴールドポイント」を開始している。




  1. ^ 国鉄が「やまてせん」から「やまのてせん」と読み方を変えたのは1971年である。

出典

  1. ^ a b c d e f 株式会社ヨドバシカメラ 第53期決算公告
  2. ^ 物販系EC市場の売上高トップはAmazon.co.jp、2位ヨドバシ.comの10倍以上、出店数は楽天が最多~インプレス調査
  3. ^ "家電「宇都宮の陣」熱く ヨドバシカメラ 県内1号店開店"朝日新聞2005年4月24日付朝刊、栃木中央版27ページ
  4. ^ ヨドバシHD、本社移転 カメラ博物館も計画、日本経済新聞・2019年3月18日
  5. ^ 株式会社ヨドバシカメラ. “ヨドバシカメラの歩み”. 2011年2月26日閲覧。
  6. ^ ヨドバシカメラ中部・東海エリア初出店! マルチメディア名古屋松坂屋店 2015年10月29日(木)開店!、ヨドバシカメラ・2015年10月16日
  7. ^ a b お買い物がますます楽しくなる空間へ 「松坂屋名古屋店 2015秋 ヨドバシカメラオープン」、大丸松坂屋百貨店・2015年6月9日
  8. ^ “ヨドバシ、松坂屋名古屋店に出店 11月開業”. 日本経済新聞. (2015年6月9日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ09H8G_Z00C15A6000000/ 2015年6月9日閲覧。 
  9. ^ “松坂屋名古屋店内にヨドバシが出店 中部初、11月開業へ”. フジサンケイビジネスアイ. (2015年6月9日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/150609/bsd1506091639011-n1.htm 2015年6月9日閲覧。 
  10. ^ “ヨドバシカメラ、中部に初進出 松坂屋名古屋店に出店”. 朝日新聞デジタル. (2015年6月10日). http://www.asahi.com/articles/ASH695SBTH69OIPE029.html 2015年6月10日閲覧。 
  11. ^ a b c ヨドバシカメラが松坂屋名古屋店にオープン 中部初 - 中日新聞(2015年10月29日 11時14分)
  12. ^ ヨドバシが名古屋進出 中部初、松坂屋に入居 - 産経ニュース(2015.10.29 13:56)
  13. ^ a b c 名古屋ヨドバシオープン 悲願の東海進出 - 読売新聞(2015年10月30日
  14. ^ アイティメディア株式会社(ITmedia Mobile). “らしさをぎゅっと凝縮:ヨドバシカメラ“悲願”の名古屋出店 計画を早めた幾つかの理由(2ページ目)”. 2011年10月31日閲覧。
  15. ^ “JR東海の名駅前新ビルにビックカメラ”. メ〜テレ. (2015年5月14日). http://www.nagoyatv.com/news/?id=106681&p=3 2015年6月9日閲覧。 
  16. ^ “ビックカメラ、名古屋駅前JR高層ビルに出店 ヨドバシが断念”. 日本経済新聞. (2015年5月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ14I4Y_U5A510C1TI0000/ 2015年6月9日閲覧。 
  17. ^ “ヨドバシ、15年メド原宿に出店 スマホ・美容家電に重点”. 日本経済新聞. (2013年8月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD280K1_Y3A820C1TJ1000/ 2015年6月9日閲覧。 
  18. ^ サニーサイドアップと電通、原宿駅近くに新商業施設 五輪見据え企業PRの場に”. シブヤ経済新聞 (2018年12月7日). 2019年5月20日閲覧。
  19. ^ “「山交百貨店」跡地、ヨドバシカメラに 県内初、開店時期は未定”. 毎日新聞. (2019年11月13日). オリジナルの2019年11月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191113123504/https://mainichi.jp/articles/20191113/ddl/k19/020/228000c 2019年11月13日閲覧。 
  20. ^ “山交の建物 ヨドバシと売買契約”. NHK甲府放送局. (2019年11月12日). オリジナルの2019年11月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191112090502/https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20191112/1040008312.html 2019年11月12日閲覧。 
  21. ^ “甲府の山交百貨店跡地、ヨドバシカメラが進出”. 日本経済新聞. (2019年11月12日). オリジナルの2019年11月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191112112848/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52082870S9A111C1L83000/ 2019年11月12日閲覧。 
  22. ^ “ヨドバシ来春開店へ 山交百貨店跡の新店舗”. 毎日新聞. (2020年5月28日). オリジナルの2020年5月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/save/https://mainichi.jp/articles/20200528/ddl/k19/020/117000c 2020年5月28日閲覧。 
  23. ^ “<ヨドバシ>仙台新ビル18年10月開業”. 河北新報. (2016年4月13日). http://www.47news.jp/localnews/miyagi/2016/04/post_20160413071845.html 
  24. ^ “ヨドバシカメラ、仙台に国内最大級の家電店 14年めど”. 日本経済新聞. (2011年6月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGF0104Q_R00C11A6MM8000/ 
  25. ^ “「ヨドバシカメラ マルチメディア仙台」が移転増床-1.5倍の売り場に50万点”. 仙台経済新聞. (2012年4月26日). http://sendai.keizai.biz/headline/1157/ 2014年6月21日閲覧。 
  26. ^ “【売買】ヨドバシカメラが新宿西口本店隣のMY新宿第2ビルを取得”. 日経BPネット. (2010年11月4日). http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/nfm/news/20101025/543949/ 2015年6月9日閲覧。 
  27. ^ “MY新宿第2と一体開発/ヨドバシカメラ新宿西口本店”. 建設通信新聞. (2014年11月11日). http://www.kensetsunews.com/?p=39778 2015年6月9日閲覧。 
  28. ^ “札幌西武跡のヨドバシ売却合意 85億円 2月下旬引き渡し”. 北海道新聞. (2011年1月6日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/267398.html 2015年6月9日閲覧。 
  29. ^ “旧西武の解体、4月にも着手 札幌・ヨドバシ 開業、14年以降の可能性”. 北海道新聞. (2011年2月10日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/272443.html 2015年6月9日閲覧。 
  30. ^ 「オムニチャネル」を支えるヨドバシの物流インフラ IT&家電ビジネス、2014年7月号(2015年8月24日閲覧)。
  31. ^ ヨドバシ・ドット・コムが王者アマゾンを猛追 年商1000億円へ 驚異の成長力のヒミツは?(1ページ目) 産経新聞社、2015年7月7日(2015年8月24日閲覧)。
  32. ^ ヨドバシカメラ送料無料に
  33. ^ 「当日配送可」は物流だけの差なのか~ヨドバシ・ドット・コムで冷蔵庫を買ってみた(4ページ目) ダイヤモンド社三谷宏治)、2014年5月29日(2015年8月24日閲覧)。
  34. ^ ヨドバシの通販がアマゾンを超える?「来店客にネットで買わせる」巧みな戦術で急成長 Business Journal(サイゾー)、寺尾淳、2015年5月18日(2015年8月24日閲覧)。
  35. ^ ヨドバシ・ドット・コムが王者アマゾンを猛追 年商1000億円へ 驚異の成長力のヒミツは?(2ページ目) 産経新聞社、2015年7月7日(2015年8月24日閲覧)。
  36. ^ ヨドバシ・ドット・コムが王者アマゾンを猛追 年商1000億円へ 驚異の成長力のヒミツは?(3ページ目) 産経新聞社、2015年7月7日(2015年8月24日閲覧)。
  37. ^ 「当日配送可」は物流だけの差なのか~ヨドバシ・ドット・コムで冷蔵庫を買ってみた(5ページ目) ダイヤモンド社三谷宏治)、2014年5月29日(2015年8月24日閲覧)。
  38. ^ 『ヨドバシエクストリーム』即配サービス本日開始、通販購入品を最短2時間30分で無料配達。東京23区と一部の市からengaget日本語版、2016年9月15日(2017年7月31日閲覧)
  39. ^ アマゾンより速い!ヨドバシ.comがスゴすぎる?ヤマダと真逆、卓越した非常識経営(3ページ目) Business Journal、2015年7月3日(2015年8月23日閲覧)。
  40. ^ 会社法人としては現在の朝日放送グループホールディングス。放送局としては現在の朝日放送テレビ朝日放送ラジオ
  41. ^ 川﨑宗則のCM出演情報(オリコン)
  42. ^ 税務大学校 税大論叢58号
  43. ^ ポイントカード発祥はヨドバシカメラらしいexcite 2013年6月15日閲覧
  44. ^ ヨドバシ・ドット・コム会員の登録でさらに店舗でのお買い物がお得で便利になりました - ヨドバシカメラ 2015年6月25日
  45. ^ ゴールドポイントカード・プラス GOLD POINT CARD + | 株式会社ゴールドポイントマーケティング
  46. ^ クラウド型決済プラットフォーム「シンカクラウド」全店に導入完了 ヨドバシカメラで交通系電子マネー、楽天Edy、iD、QUICPay決済サービス刷新 -1台の決済機で電子マネー決済とヨドバシゴールドポイントを共存-” (日本語). トッパン・フォームズ株式会社. 2018年7月30日閲覧。
  47. ^ ヨドバシのカルティエに偽物?直営店「偽造品」と判断 asahi.com Archived 2010年2月24日, at the Wayback Machine.
  48. ^ ヨドバシカメラ、職安法抵触の疑い ヘルパーが棚卸し asahi.com オリジナルの2007年5月24日時点によるアーカイブ。
  49. ^ ヨドバシなど提訴27歳派遣社員と母親「笑顔足りない」50回殴打1,800万円賠償要求しんぶん赤旗
  50. ^ ヨドバシカメラ違法派遣暴行事件
  51. ^ ヨドバシカメラ:少年への有害玩具販売で書類送検 大阪 毎日新聞 2008年9月26日
  52. ^ ヨドバシカメラを書類送検 高校生に強力なエアガンを販売 産経新聞 2008年9月26日
  53. ^ a b c d e ヨドバシ.com - 個人情報の利用目的と第三者提供について”. www.yodobashi.com. 2018年4月17日閲覧。
  54. ^ a b ヨドバシ、石井スポーツを買収”. ITmedia News. アイティメディア株式会社 (2019年4月3日). 2019年10月10日閲覧。
  55. ^ ラッピングバス人気投票 結果発表 仙台市交通局(2014年10月28日)





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヨドバシカメラ」の関連用語

ヨドバシカメラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヨドバシカメラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヨドバシカメラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS