ユニコーンガンダム アームド・アーマー

ユニコーンガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 09:52 UTC 版)

アームド・アーマー

RX-0シリーズ用の増加装備[125]。サイコフレーム同士の共鳴性に着目した技術者によって試験的に開発された増加サイコフレーム兵装で[126]、ユニコーンモードでもすべての機能が使用可能とされる[127][注 9]。いずれも、装備する機体に合わせて塗装され、サイコフレームも機体と同じ色に発光する。

原作小説版には登場しない装備であり(追補小説には登場)、アニメ版『UC』の設定創作を担当した関西リョウジによれば、ストーリー後半で昔のMSだけでなく映像オリジナルのMSでのインパクトが必要と考え、単純に新規武装で終わらない、RX-0専用に作られた継続性のある装備としてアームド・アーマーが設定されたという。さらに、バンシィがアームド・アーマーをエピソードごとに各部位に装着し、最終的にそれらすべてを1号機が装着するという「パーフェクト・ユニコーンガンダム」ともいうべき計画もあったが、アニメでは実現しなかった(のちにゲームでフルアーマー・ユニコーンガンダム・プランBとして結実)。脚部に装備するパーツは登場していないが、ある程度の方向性は模索されていたとのこと[128]

ハイパー・ビーム・ジャベリン / アームド・アーマーHJ
プラモデル『マスターグレード フルアーマーユニコーンガンダム Ver.ka』に付属したのが初出。福井からのイメージ(『機動戦士ガンダム』放送当時、クローバーが発売した玩具『ガンダム DX合体セット』に付属した武器の「ソードジャベリン」をもとにしている)を受けてカトキがデザインした[129]。「アームド・アーマーHJ」の名称はユニコーンガンダムPFDの設定で付けられ、"HJ" は "Hyperbeam-Javelin" の略である[130]
アームド・アーマー・シリーズのプロトタイプ[131]。斧と槍の機能を合わせたハルバードに類する武装であり[132]、MSの頭頂高ほどある長い柄をもつが、柄から伸びるグリップを握る形となっている[注 10]。先端にはジャベリン型とアックス型の2種のビーム刃を発生させるビーム発振部をそれぞれ備え、これらにはサイコフレームが内蔵されており、展開時にはスライドして一部露出する。柄を折り畳むことで収納形態になるが、2つ折りのショート・ジャベリン形態でシールドに取り付けることも可能[133]。ジャベリン型のビーム発振部は取り外して柄尻部分へ移動させたり、ビーム・マグナムへの取り付けも可能[133]
小説版およびアニメ版本編で1号機は装備しないが(テレビ版『Re:0096』のオープニング映像ではフルアーマー・ユニコーンガンダムが装備)、アニメ版ではネェル・アーガマに搬入されていた1基(ビーム発振部は1号機に合わせた白でサイコフレームは赤、柄はグレー)の柄を切り詰め、クシャトリヤ・リペアードの失われた左前腕部の代わりに接合されるが、バンシィ・ノルンとの戦闘で軽くいなされたあとに叩き折られている。
漫画版『バンデシネ』では、バンシィ・ノルンが装備している。第14巻表紙によれば、柄の部分も含め機体色に合わせた黒で塗装されている。
アームド・アーマーBS
バンシィ(アニメ版)が右腕に装備する射撃武装。"BS" は "Beam-Smartgun"(ビーム・スマートガン)の略[134]。カトキの「もっと凶暴なキャラクター性を出したい」との提案から、Vダッシュガンダムのビーム・スマートガンやνガンダムのフィン・ファンネルを参考にしている[135]
通常は前腕部甲に2つに折り畳まれており、この状態でも内蔵されているセンサー・ユニットからサイコミュで随時データをパイロットに伝達することでセンサー能力が大きく向上する[126]。射撃時には手を覆うように展開し、センサー・ユニットから得られた空間データを伝達し、その感応波をインテンション・オートマチック・システムを介して[136]フィン状のビーム偏光器と連動させることで高精度の「予測照準」を可能とする[137]νガンダムのフィン・ファンネルと同じ開放式バレルを採用しており、ビーム・マグナムより威力は低いが、必要十分以上の性能をもち、照射時間も長い[138]。また、ビームを歪曲しての射出も可能[139]
アームド・アーマーVN
バンシィ(アニメ版)が左腕に、バンシィ(U.C.0095ver.)が右腕に装備する近接格闘用武装。"VN" は "Vibro-Nail"(ヴァイブロ・ネイル)の略[134][140][注 11]
パイロットの感応波を受信した際のサイコフレームの大幅な強度向上、すなわち「強靭性」のみに注目して開発される[127]。BSと異なり通常時から手を覆うように装備されているが、外装にコーティングがほどこされているため通常のシールドと変わらない耐ビーム性能をもち、サイコフレームの強靭さを利用した質量兵器としても極めて優秀である[126]。展開時には獣の爪を模した4本のクローとなり[138]、いわゆる超振動破砕兵器として内部構造を粉々に破壊することが可能[137]。ビーム・サーベルより場所を選ばない強力な近接兵器である[138]。なお、装備時もビーム・トンファーの展開は阻害されない[140]
『UC』の総作画監督・メカニカルデザインを担当した玄馬宣彦によれば、シールドでも防げない最強クラスの近接兵器(だと思う)とされ、1号機でも当たったら危険だっただろうとのこと[135]
アームド・アーマーDE
漫画版『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』で1号機が単体で装備したのが初出で、その後バンシィ・ノルンフェネクスにも装備された。"DE" は "Defense-Extension"(ディフェンス・エクステンション)の略[142]
RX-0シリーズのシールドの機能拡張を主目的とする、最初期に開発されたアームド・アーマー[143]。シールドに増設する形で、宇宙空間での機動力の強化のためのスラスターと、先端部(腕部にシールドを装備した際の上部)に広域攻撃手段のためのメガ・キャノンを内蔵する[143]。デストロイモードでは本装備も形状を大きく変え、デストロイモードの機動をさらに鋭くし、メガ・キャノンの狙撃性能も正確さを増す[144]。スラスターは上部に4基、下部に2基、いずれもウィング状に展開する部分にあり、背部に装備した状態では可変MS並みの大推力を得、行動範囲の拡大に貢献している[145]。先端には蓋付きのグリップがあり、取り回しやすくなっている[145]
『バンデシネ』では、ネェル・アーガマに搬入されていたものの、1号機の開発に関与したアーロン・テルジェフでさえアームド・アーマーの存在を知らなかったため検証作業に時間がかかり、旧首相官邸ラプラスの調査の際にに装備して初出撃。デストロイモードに変身し、本装備の推力も加えて大推力のクラーケ・ズールに追い付き、ビーム・トンファーで切り刻む。ガランシェールに収容されての地球降下後、ダカールの戦闘で本装備は一旦外され、シールドにビーム・ガトリングガンを装備して戦闘に参加。その後、連邦軍トリントン基地およびラー・カイラムに潜入したスベロア・ジンネマンたちがビスト財団のコンテナから発見して奪取し、ふたたび1号機がシールドに装備する。また、同作品のフルアーマー・ユニコーンガンダムは3基のシールドすべてに本装備を増設している。
アニメ版『UC』では1号機は装備しない。バンシィ・ノルンの本装備はクシャトリヤ・リペアードのファンネル・ミサイルを防御した際に破壊される(この時点ではシールド自体は無事)。
フェネクスは、本装備2基を「ブレード・ルート・フレーム」を介して[146]バックパックに接続しており、爆発的な加速力を発揮する[41]。シールドのサイコフレームで推進機関なしに遠隔誘導できることから、漫画『ラスト・サン』では背部から前腕部に誘導させてメガ・キャノンの発射体制をとっている。劇場アニメ『NT』ではファンネルのように自在に誘導しているが、メガ・キャノンは使用せずに打突攻撃をおこなっている。
ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティは『NT』のフェネクスのようにシールド・ファンネルとして扱い、更にメガ・キャノンを照射することで、ネオ・ジオングと射撃戦を展開している。しかしその途中、ネオ・ジオングの大型ファンネル・ビットに取り付かれた上でジャックを受けて暴走、最終的には自爆させられてしまった。
アームド・アーマーXC
バンシィ・ノルンがバックパックに装備し、デストロイモード時には上方に展開してのような状態となる[145]。"XC" は "Xeno-Connect"(ゼノ・コネクト)の略[142]。漫画『機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン』では、フェネクスにも一時的に装備される。
後期に開発されたアームド・アーマーで、ジェネレーター出力の強化に加え[143]、頭部ブレード・アンテナと連動する拡張機能をもち、パイロットと常時接続をおこないつつ[125]、敵性サイコミュ搭載MSが発する感応波の受信能力、および本機のパイロットの感応波の送信能力を増幅させることで[144]NT-Dの発動条件を緩和し[125]、発動後もパイロットとサイコミュのより高い親和性を維持する[125][145]。これにより、ニュータイプ以外がパイロットでもデストロイモードでの高い戦闘能力を発揮することが可能となっている[145]。だが同機の運用データによれば、リディ・マーセナスは自身の「力」だけでNT-Dを発動させていたとされている[147]。中央にはマウント・ラッチがあり、本装備状態でも背部にシールドをマウント可能[145]
本装備の開発には、かつて存在した「忌むべき技術」が少なからず関係しているとされる[144]。漫画『ラスト・サン』では、本装備は一般人にニュータイプ的な能力を与える代わりに強化人間化させてゆく「ナイトロ」システムの研究施設で開発されており、フェネクスというRX-0の「実機」を入手したことで要求スペックを満たす。フェネクスに装備されるとともにアルベルト・ビストにも渡されるが、後者はナイトロの関連を匂わせない「余所(よそ)行き」のものとされる。
アニメ版『UC』では、バンシィ・ノルンの本装備はネオ・ジオングとの戦闘にて、サイコシャードによって引き起こされた武装破壊現象を仕掛けられた際、直接的な武器ではない本装備も自壊させられた[148][149]
『ラスト・サン』では、フェネクスの本装備はルガー・ルウリバウのビーム・サーベルによって破壊される。

注釈

  1. ^ ただし、書籍などの機体解説の見出しにおいて「RX-0 ユニコーン」とした記載はない。
  2. ^ プランとしては「νガンダム ヘビー・ウェポン・システム装備型において検討されていた」と設定されている[12]
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』の奥付には“本書は「公式設定」ではなく、ガンダムシリーズに登場する「RX-0 ユニコーン」について書かれた歴史的・技術研究書であり、作中のエピソード後に「作中世界の中で刊行された書籍」という設定に基づいて執筆されているため、作中・関連作品などと異なる設定解釈が含まれる場合がありますがご了承ください。”といった旨の注記がある。
  4. ^ RX-0専用のシステムではなく、『機動戦士ガンダムNT』ではナラティブガンダムもNT-Dを機体管制に使用している。
  5. ^ 「ニュータイプ・ドライブ」という名称が、開発に携わった技術者を欺くための表向きの名称であったのか、それとも発動条件の変更を踏まえて改名されたものであったのかは、劇中では明言されていない。また、1号機のシステムがそのように呼ばれていたことをアルベルトが知っていたかどうかも明示されず、知っていてそのように表現したのか、偶然に言い当てていたのかは明らかではない描写になっている。
  6. ^ アニメ版では戦闘中には虹色に発光していない。
  7. ^ 小説版のみ[28]
  8. ^ 『ガンダムUC』『ガンダムNT』で描かれたこれらの解釈はあくまで福井個人の解釈である[71][72]
  9. ^ バンシィ(アニメ版)に付随する設定であり、その後に設定されたアームド・アーマーDEおよびXCにも適用されるかは不明。
  10. ^ 『ガンダム DX合体セット』のソードジャベリンと同じ仕様であり、福井はカトキにこれと、サイコフレームを仕込むことの2点のみ要望したという[129]
  11. ^ 「ヴァイブレーション・ネイル」とする資料もある[141]

出典

  1. ^ UCメカニカルアーカイブス 2010, pp. 42,156.
  2. ^ a b c d e f UCメカニカルアーカイブス 2010, p. 155.
  3. ^ a b c d MGユニコーンVer.ka 2007, p. 5.
  4. ^ UCメカニカルアーカイブス 2010, pp. 44,155.
  5. ^ UCメカニカルアーカイブス 2010, p. 44.
  6. ^ a b c UCメカニカルアーカイブス 2010, p. 159.
  7. ^ a b REMユニコーン記念対談 2021.
  8. ^ MGEXユニコーンVer.ka 2020, p. 34.
  9. ^ UCメカニカルアーカイブス 2010, p. 156.
  10. ^ 福井晴敏「赤い彗星」『機動戦士ガンダムUC 第3巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2010年4月1日、24頁。ISBN 978-4-04-474807-4
  11. ^ 福井晴敏「赤い彗星」『機動戦士ガンダムUC 第3巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2010年4月1日、29頁。ISBN 978-4-04-474807-4
  12. ^ a b プラモデル「ユニコーンガンダム(デストロイモード)」組立説明書, 1/144スケールモデル HGUC, バンダイ 
  13. ^ 『機動戦士ガンダムUC 電撃データコレクション』KADOKAWA、2014年12月12日、28頁。ISBN 978-4-04-869155-0
  14. ^ 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第26号 2019, p. 28-31.
  15. ^ 福井晴敏「赤い彗星」『機動戦士ガンダムUC 第3巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2010年4月1日、31-32頁。ISBN 978-4-04-474807-4
  16. ^ 福井晴敏「パラオ攻略戦」『機動戦士ガンダムUC 第4巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2010年6月1日、250頁。ISBN 978-4-04-474808-1
  17. ^ a b 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、105頁。ISBN 978-4-797-38246-4
  18. ^ 福井晴敏「赤い彗星」『機動戦士ガンダムUC 第3巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2010年4月1日、27頁。ISBN 978-4-04-474807-4
  19. ^ a b c 福井晴敏「宇宙と惑星と」『機動戦士ガンダムUC 第8巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2011年2月1日、157頁。ISBN 978-4-04-474830-2
  20. ^ 福井晴敏「パラオ攻略戦」『機動戦士ガンダムUC 第4巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2010年6月1日、249頁。ISBN 978-4-04-474808-1
  21. ^ プラモデル「シナンジュ」組立説明書, 1/100スケールモデル MG, バンダイ 
  22. ^ PS3専用ゲーム『機動戦士ガンダムUC』「エピソード0:戦後の戦争」より。
  23. ^ 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、126頁。ISBN 978-4-797-38246-4
  24. ^ 『機動戦士ガンダムUC インサイドアニメーションワークス 1』
  25. ^ 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第68号 2020, p. 12-13.
  26. ^ 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、42頁。ISBN 978-4-797-38246-4
  27. ^ a b c 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、43頁。ISBN 978-4-797-38246-4
  28. ^ a b 福井晴敏「虹の彼方に(上)」『機動戦士ガンダムUC 第9巻』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2009年8月26日、166頁。ISBN 978-4-04-715286-1
  29. ^ MGバンシィ 2012.
  30. ^ a b 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、71頁。ISBN 978-4-797-38246-4
  31. ^ a b 『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part2』KADOKAWA、2016年7月21日、143頁。ISBN 978-4-04-104668-5
  32. ^ a b 『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part2』KADOKAWA、2016年7月21日、142頁。ISBN 978-4-04-104668-5
  33. ^ 『週刊ガンダムパーフェクト・ファイル』第180号、デアゴスティーニ・ジャパン、2015年3月3日、8頁。
  34. ^ 『ガンダムユニコーンエース』Vol.3付録「UC MSハンドブック」
  35. ^ 『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part1』KADOKAWA、2013年3月8日、136頁。ISBN 978-4-04-120641-6
  36. ^ a b 「U.C.0096 モビルスーツガイド」『Febri』Vol.23、一迅社、2014年6月20日、20頁。
  37. ^ 『週刊ガンダムパーフェクト・ファイル』第7号、デアゴスティーニ・ジャパン、2011年11月8日、8頁。
  38. ^ プラモデル『RG 1/144 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン』付属説明書、バンダイ、2018年2月、13頁。
  39. ^ プラモデル『MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム Ver.Ka』付属説明書、バンダイ、2007年12月、2頁。
  40. ^ a b HGUCシルヴァバレトサプレッサー 2019.
  41. ^ a b HGUCフェネクスDMNT 2018.
  42. ^ 福井晴敏「虹の彼方に(下)」『機動戦士ガンダムUC 第10巻』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2009年8月26日、168頁。ISBN 978-4-04-715287-8
  43. ^ 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、46-47頁。ISBN 978-4-797-38246-4
  44. ^ 『機動戦士ガンダムUC メカニック&ワールドep1-3』
  45. ^ OVA『機動戦士ガンダムUC』episode7「虹の彼方に」
  46. ^ OVA『機動戦士ガンダムUC』episode7「虹の彼方に」
  47. ^ a b c 『機動戦士ガンダムUC』の始まりから終わりまで 古橋一浩監督、サンライズ小形尚弘プロデューサーインタビュー[後編]”. アニメ!アニメ! (2014年6月6日). 2014年6月6日閲覧。
  48. ^ トレーディングカードアーケードゲームガンダムトライエイジ』TKR3-013「ユニコーンガンダム(シールドファンネル装備)」
  49. ^ 「Chapter 4 EXTRA 作品紹介 機動戦士ガンダムUC ストーリー」『第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 パーフェクトバイブル』KADOKAWA〈エンターブレイン〉、2015年5月23日、632頁。ISBN 978-4-04-733028-3
  50. ^ 「玄馬宣彦 episode 7 メカシーン解説」『機動戦士ガンダムUC メカニック&ワールドep7』双葉社〈双葉社MOOK〉、2014年10月16日、22-31頁。ISBN 978-4-575-46482-5
  51. ^ 「NZ-999 ネオ・ジオング」『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 メカニック・コンプリートブック』双葉社〈双葉社MOOK〉、2016年10月18日、66-67頁。ISBN 978-4-575-46498-6
  52. ^ 『ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第28号、デアゴスティーニ・ジャパン、2019年10月15日、13・17頁。
  53. ^ 福井晴敏「不死鳥狩り」『機動戦士ガンダムUC 第11巻』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2016年3月26日、209-211頁。ISBN 978-4-04-103921-2
  54. ^ 「完全設定資料集」『機動戦士ガンダムNT Blu-ray特装限定版』特典冊子、バンダイナムコアーツ、2019年5月、28頁。
  55. ^ 『機動戦士ガンダムNT 特製ブックレット 報告書-U.C.0097-』4項、15頁。
  56. ^ UCメカニカルアーカイブス 2010, p. 151.
  57. ^ OVA版『機動戦士ガンダムUC』公式ウェブサイトより。
  58. ^ PS3専用ゲーム『機動戦士ガンダムUC』「僕の考えた最強のユニコーン」より。
  59. ^ プラモデル「フルアーマーユニコーンガンダム Ver.Ka」組立説明書, 1/100スケールモデル MG, バンダイ 
  60. ^ 『機動戦士ガンダムUC パーフェクトガイド』角川書店、2009年8月20日、22頁。ISBN 978-4-048-54388-0
  61. ^ 『機動戦士ガンダムUC HGUC モデリングカタログ』大日本絵画、2014年11月4日、203頁。ISBN 978-4-499-23145-9
  62. ^ 『ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第34号、デアゴスティーニ・ジャパン、2020年1月7日、6頁。
  63. ^ UCメカニカルアーカイブス 2010, p. 149.
  64. ^ 『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part2』KADOKAWA、2016年7月21日、109頁。ISBN 978-4-04-104668-5
  65. ^ a b c d RGフルアーマー・ユニコーン 2018.
  66. ^ プラモデル「リゼル」組立説明書, 1/144スケールモデル HGUC, バンダイ 
  67. ^ 「機動戦士ガンダムUC メモリアルブックII」『ガンダムエース2014年7月号』、KADOKAWA、2014年5月26日、 12頁、 JAN 4910124010747
  68. ^ 大人のガンダム大図鑑 2014, pp. 103-105.
  69. ^ 【『機動戦士ガンダムNT』のBlu-rayが5月24日発売!記念企画第1弾 脚本 福井晴敏氏スペシャルインタビュー!】.2019年5月20日閲覧。
  70. ^ 【『機動戦士ガンダムNT』×『機動戦士ガンダムオンライン』 コラボレーション対談 #02】
  71. ^ 福井晴敏 (2018年11月24日). 作家・福井晴敏が語る、ガンダムの新時代. インタビュアー:谷知之. Lmaga.jp.. https://www.lmaga.jp/news/2018/11/52401/ 2018年12月23日閲覧。 
  72. ^ 小形尚弘 (2018年12月6日). 『機動戦士ガンダムNT』プロデューサーに聞く シリーズの未来. インタビュアー:入倉功一. シネマトゥデイ.. https://www.cinematoday.jp/news/N0105394 2018年12月23日閲覧。 
  73. ^ プラモデル「ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム(光の結晶体)」組立説明書, 1/144スケールモデル HGUC, バンダイ 
  74. ^ トレーディングカードアーケードゲームガンダムトライエイジ VS IGNITION』VS1-029「ユニコーンガンダム(サイコシャード)」
  75. ^ ROBOT魂< SIDE MS >ユニコーンガンダム(結晶体Ver.)商品紹介ページ
  76. ^ ニュータイプ伝説ぴあ.
  77. ^ 『週刊ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第03号、デアゴスティーニ・ジャパン、2019年2月19日、22頁。
  78. ^ ROBOT魂 SIDE MS ユニコーンガンダム(結晶体Ver.)インスト
  79. ^ 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、34頁。ISBN 978-4-797-38246-4
  80. ^ 劇場用アニメ『機動戦士ガンダムNT』.
  81. ^ 小説『機動戦士ガンダムNT』, p. 34.
  82. ^ 獅子の帰還 2019track6
  83. ^ コミカライズ版『獅子の帰還』, p. 69.
  84. ^ プラモデル「ユニコーンガンダム」, 1/60スケールモデル PG, バンダイ  店頭配布用フライヤー 福井晴敏著「カイ・シデンのレポート 11/15/0096」
  85. ^ MGバンシィVer.Ka 2018, p. 14.
  86. ^ 『機動戦士ガンダムUC 電撃データコレクション』KADOKAWA、2014年12月12日、91頁。ISBN 978-4-04-869155-0
  87. ^ a b 『機動戦士ガンダムUC-MSV』公式ウェブサイトより。
  88. ^ a b プラモデル「ユニコーンガンダム3号機 フェネクス」組立説明書, 1/100スケールモデル MG, バンダイ 
  89. ^ 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、100頁。ISBN 978-4-797-38246-4
  90. ^ 大人のガンダム大図鑑 2014, pp. 96-101.
  91. ^ a b 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第59号 2020, p. 5-9.
  92. ^ 『機動戦士ガンダムNT 特製ブックレット 報告書-U.C.0097-』5頁。
  93. ^ 『週刊ガンダムパーフェクト・ファイル』第157号、デアゴスティーニ・ジャパン、2014年9月23日、14頁。
  94. ^ 『機動戦士ガンダムNT』前売ムビチケ第2弾 数量限定 特製ブックレット「報告書-U.C.0097-」7頁。
  95. ^ 『機動戦士ガンダムUC コンプリート・アナリシス』宝島社、2018年12月7日、27頁。ISBN 978-4-800-28957-5
  96. ^ 『週刊ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第03号、デアゴスティーニ・ジャパン、2019年2月19日、13頁。
  97. ^ メカニック&ワールドep4-6 2013, p. 25.
  98. ^ MGバンシィVer.Ka 2018, p. 15.
  99. ^ a b 小形尚弘; 吉沢俊一 (2018年11月30日). 『機動戦士ガンダムNT』が示す“ニュータイプ神話の行き着く先”とは何か? ガンダム制作の継承者たちが語った苦悩と希望. インタビュアー:山下達也. エンタメステーション.. https://entertainmentstation.jp/330982 2018年12月17日閲覧。 
  100. ^ MGフェネクス 2014.
  101. ^ 月刊ホビージャパン』2013年9月号、63頁。
  102. ^ GFT限定ガンプラ フェネクス 購入特典小冊子, p. 2.
  103. ^ GFT限定ガンプラ フェネクス 購入特典小冊子, p. 9、17.
  104. ^ GFT限定ガンプラ フェネクス 購入特典小冊子, p. 9.
  105. ^ 福井晴敏「不死鳥狩り」『機動戦士ガンダムUC 第11巻』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2016年3月26日、127頁・137頁。ISBN 978-4-04-103921-2
  106. ^ 福井晴敏「不死鳥狩り」『機動戦士ガンダムUC 第11巻』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2016年3月26日、137頁。ISBN 978-4-04-103921-2
  107. ^ 福井晴敏「不死鳥狩り」『機動戦士ガンダムUC 第11巻』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2016年3月26日、195頁。ISBN 978-4-04-103921-2
  108. ^ ときた洸一「MOBILE SUIT RECORD II」『ガンダムEXA VS』第3巻、角川書店〈角川コミックス・エース〉、2015年7月25日、117頁。ISBN 978-4-04-103344-9
  109. ^ 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、110頁。ISBN 978-4-797-38246-4
  110. ^ GFT限定ガンプラ『HGUC 1/144 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)Ver.GFT』購入特典小冊子、2頁。
  111. ^ a b c d e f 『機動戦士ガンダムNT』前売ムビチケ第2弾 数量限定 特製ブックレット「報告書-U.C.0097-」11頁。
  112. ^ プラモデル「ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.)」組立説明書, 1/144スケールモデル HGUC, バンダイ 
  113. ^ a b 「機動戦士ガンダムNT カトキハジメ メカニカルアーカイブス[第5回]ユニコーンガンダム3号機フェネクス / シルヴァ・バレト・サプレッサー」『月刊ガンダムエース』、KADOKAWA、2019年6月、 34-35頁、 JAN 4910124010693
  114. ^ a b 小説『機動戦士ガンダムNT』, p. 259.
  115. ^ a b 機動戦士ガンダムNT 完全設定資料集, p. 12.
  116. ^ 小説『機動戦士ガンダムNT』, p. 251.
  117. ^ 福井晴敏、武内清人『小説 機動戦士ガンダムNT』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2018年11月26日、52頁。ISBN 978-4-04-107596-8
  118. ^ 【『ガンダムNT(ナラティブ)』パッケージ版発売記念】福井晴敏氏(脚本)×吉沢俊一氏(監督)スペシャルインタビュー。福井氏がニュータイプ論を熱く語る!
  119. ^ 吉沢俊一 (2018年12月7日). 『機動戦士ガンダムNT』に吹き込まれた新たな息吹― 吉沢俊一(監督)インタビュー. インタビュアー:粉川しの. ダ・ヴィンチニュース.. https://ddnavi.com/interview/506160/a/ 2018年12月17日閲覧。 
  120. ^ 福井晴敏、武内清人『小説 機動戦士ガンダムNT』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2018年11月26日、59頁。ISBN 978-4-04-107596-8
  121. ^ 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第63号 2020, p. 8-9.
  122. ^ 『機動戦士ガンダムNT』前売ムビチケ第2弾 数量限定 特製ブックレット「報告書-U.C.0097-」10頁。
  123. ^ 『週刊ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第08号、デアゴスティーニ・ジャパン、2019年3月26日、32頁。
  124. ^ 『ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第27号、デアゴスティーニ・ジャパン、2019年10月1日、33頁。
  125. ^ a b c d PGバンシィ・ノルン 2015, p. 4-5.
  126. ^ a b c HGUCバンシィUM 2012.
  127. ^ a b MGバンシィ 2012, p. 13.
  128. ^ メカニック&ワールドep7 2014, p. 109-116.
  129. ^ a b MGFAユニコーンVer.ka 2011, p. 39.
  130. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ガンダムエース2009 2020.
  131. ^ HGUCクシャトリヤ・リペアード 2014.
  132. ^ メカニック&ワールドep7 2014, p. 40.
  133. ^ a b MGFAユニコーンVer.ka 2011, p. 2-3.
  134. ^ a b プリズマティックモビルズ2 2016, p. 144.
  135. ^ a b メカニック&ワールドep4-6 2013, p. 21.
  136. ^ 『ACE IN THE GUNDAM U.C.0079-U.C.0096 宇宙世紀のエースと専用機の系譜』英和出版社、2015年2月25日、98頁。ISBN 978-4-86545-092-7
  137. ^ a b HGUCバンシィDM 2012.
  138. ^ a b c メカニック&ワールドep4-6 2013, p. 36-38.
  139. ^ 電撃データコレクション 2014, p. 90-93.
  140. ^ a b MGバンシィ 2012, p. 3.
  141. ^ ガンダムウォーVN 2013.
  142. ^ a b プリズマティックモビルズ2 2016, p. 101.
  143. ^ a b c HGUCバンシィ・ノルンUM 2013.
  144. ^ a b c HGUCバンシィ・ノルンDM 2014.
  145. ^ a b c d e f メカニック&ワールドep7 2014, p. 36-38.
  146. ^ MGフェネクス 2014, p. 3.
  147. ^ トライエイジノルンDS 2014.
  148. ^ 『週刊ガンダムパーフェクト・ファイル』第157号、デアゴスティーニ・ジャパン、2014年9月23日、22頁。
  149. ^ 『週刊ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第59号、デアゴスティーニ・ジャパン、2020年8月11日、27頁。
  150. ^ トレーディングカードアーケードゲーム『ガンダムトライエイジ』OA1-048「FAユニコーンガンダム・プランB」
  151. ^ a b c トレーディングカードアーケードゲーム『ガンダムトライエイジ』BG1-044、OA1-048「FAユニコーンガンダム・プランB」
  152. ^ a b 『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part2』KADOKAWA、2016年7月21日、145頁。ISBN 978-4-04-104668-5
  153. ^ 毎弾好評のトライエイジオリジナルMSの裏話が満載!『ガンダムトライエイジ』「BUILD G1弾」特集【第4回】”. GUMDAM.INFO (2014年10月4日). 2018年7月7日閲覧。
  154. ^ 機動戦士ガンダムUC Blu-ray BOX Complete Edition 【RG 1/144 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ 付属版】”. プレミアムバンダイ. 2018年8月24日閲覧。
  155. ^ WALL-G特別映像「機動戦士ガンダムUC ペルフェクティビリティ」9/30より上映スタート!さらに9/28より限定ガンプラ販売開始!”. GUMDAM.INFO (2018年9月27日). 2018年9月28日閲覧。
  156. ^ a b 魂ブログPFD 2020.
  157. ^ ROBOT魂PFDウェブ 2020.
  158. ^ フェネクスが「G-レコ」の世界に登場!実物大ガンダム立像×壁面映像、3月21日より新演出スタート!”. GUMDAM.INFO (2015年3月19日). 2018年7月7日閲覧。
  159. ^ a b c d プラモデル「ユニコーンガンダム3号機フェネクス type RC(デストロイモード)Ver.GFT LIMITED SILVER COATING」組立説明書, 1/144スケールモデル HGUC, バンダイ 
  160. ^ 「実物大ユニコーンガンダム立像」9月24日(日)より展示開始!グランドオープンを前に様々なイベントも実施 - 創通・バンダイナムコホールディングス・バンダイ・サンライズ 4社共同NEWS RELEASE 2017年8月23日 (PDF)
  161. ^ 「実物大ユニコーンガンダム立像」新プロジェクト始動!2017年秋、お台場にて展示開始!”. GUNDAM.INFO (2017年3月5日). 2017年3月5日閲覧。
  162. ^ 変形&発光は圧巻の迫力!「実物大ユニコーンガンダム立像」いよいよ9月24日より展示スタート!”. GUNDAM.INFO (2017年9月23日). 2017年9月23日閲覧。
  163. ^ 「ガンダム:台場のUCガンダム建造中”. まんたんウェブ(株式会社MANTAN) (2017年8月17日). 2017年8月17日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユニコーンガンダム」の関連用語

ユニコーンガンダムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ユニコーンガンダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユニコーンガンダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS