モンド麻雀プロリーグ 歴代優勝者

モンド麻雀プロリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/20 03:07 UTC 版)

歴代優勝者

括弧内は優勝当時の所属団体を、括弧の後の数字は優勝回数を表す。

女流モンド杯

モンド杯

  • 第1回:安藤満(日本プロ麻雀連盟)
  • 第2回:安藤満(同)2
  • 第3回:土田浩翔(同[注 3]
  • 第4回:飯田正人(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 第5回:萩原聖人(俳優[注 4]
  • 第6回:森山茂和(日本プロ麻雀連盟)
  • 第7回:土田浩翔(日本麻雀機構RMU)2
  • 第8回:土田浩翔(同)3
  • 第9回:佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)
  • 第10回:石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 第11回:佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)2
  • 第12回:佐々木寿人(同)3
  • 第13回:滝沢和典(同)
  • 第14回:村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 第15回:山井弘(日本プロ麻雀連盟)
  • 第16回:井出康平(同)
  • 第17回:佐々木寿人(同)4
  • 第18回:白鳥翔(同)
  • 第19回:柴田吉和(同)
  • 第20回:平賀聡彦(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 第21回:柴田吉和(日本プロ麻雀連盟)2
  • 第22回:白鳥翔 (同)2

名人戦

  • 第1回:飯田正人(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 第2回:新津潔(同)
  • 第3回:飯田正人(同)2
  • 第4回:荒正義(日本プロ麻雀連盟)
  • 第5回:小島武夫(同)
  • 第6回:飯田正人(最高位戦日本プロ麻雀協会)3
  • 第7回:前原雄大(日本プロ麻雀連盟)
  • 第8回:新津潔(最高位戦日本プロ麻雀協会)2
  • 第9回:前原雄大(日本プロ麻雀連盟)2
  • 第10回:近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 第11回:近藤誠一(同)2
  • 第12回:金子正輝(同)
  • 第13回:新津潔(同) 3
  • 第14回:沢崎誠(日本プロ麻雀連盟)
  • 第15回:藤崎智(同)
  • 第16回:瀬戸熊直樹(同)

モンド王座決定戦

  • 第1回:土井泰昭(日本プロ麻雀協会)
  • 第2回:滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)
  • 第3回:二階堂亜樹(同)
  • 第4回:土田浩翔(日本麻雀機構・RMU)
  • 第5回:和泉由希子(日本プロ麻雀連盟)
  • 第6回:荒正義(同)
  • 第7回:荒正義(同)2
  • 第8回:前原雄大(同)
  • 第9回:魚谷侑未(同)
  • 第10回:村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 第11回:魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)2
  • 第12回:魚谷侑未(同)3
  • 第13回:近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 第14回:金子正輝(同)
  • 第15回:金子正輝(同)2
  • 第16回:沢崎誠(日本プロ麻雀連盟)
  • 第17回:魚谷侑未(同)4
  • 第18回:2022年9月20日より放送開始予定

  1. ^ 第1回モンド21杯優勝者の安藤満が2004年に死去したため、安藤を除く5名での対局となった。
  2. ^ ただし、第1回は予備予選からの勝ち上がりおよび視聴者推薦(ファン投票)から、第2回は予備予選からの勝ち上がりおよび過去の麻雀プロリーグでの順位率からの出場枠があった。
  3. ^ タイトル獲得当時は日本プロ麻雀連盟所属で、2006年に日本プロ麻雀連盟から独立して日本麻雀機構の設立(2010年に活動休止)・2007年にRMUへの参加(2010年に離脱)を経て、2011年より最高位戦日本プロ麻雀協会所属となる。
  4. ^ 当時はアマチュア。2018年に日本プロ麻雀連盟へ入会
  5. ^ ダブル役満の採用は2014/15年シーズンから。
  6. ^ 1次予選はエントリー者全員で対局し上位24名が2次予選に進出、2次予選は対局前に面接を行い面接の得点(+30p・+20p・+10p・0pの4段階評価)を持ち点として対局を行い上位8名が準決勝進出となる。ここまでの様子は準決勝対局前にダイジェストで放送される。
  1. ^ a b c d e f 麻雀プロリーグ特設コンテンツ - MONDO TV、2014年6月9日閲覧
  2. ^ DVD/関連商品 - MONDO TV、2014年10月5日閲覧
  3. ^ MONDO TVオンデマンド 麻雀 - MONDO TV、2014年10月5日閲覧
  4. ^ MONDO TV-YouTube
  5. ^ 土屋和彦 (PDF) - 株式会社日テレイベンツ、2021年5月27日閲覧
  6. ^ "筒井大輔". 株式会社エル・アミティエ. 2021年5月27日閲覧
  7. ^ "襟川麻衣子". 俳協. 2021年5月27日閲覧
  8. ^ "間宮久美子/テレビ". 株式会社A4. 2021年5月27日閲覧
  9. ^ a b c d e f g 麻雀プロリーグの歴史(1997年 - 2007年)MONDO TV、2014年6月9日閲覧
  10. ^ モンド麻雀プロリーグ18/19 第16回女流モンド杯 - MONDO TV、2018年7月9日閲覧
  11. ^ モンド麻雀プロリーグ18/19 第19回モンド杯 - MONDO TV、2018年10月24日閲覧
  12. ^ モンド麻雀プロリーグ16/17 第11回モンド名人戦 - MONDO TV、2017年1月23日閲覧
  13. ^ モンド麻雀プロリーグ公式ルール”. MONDO TV. 2015年2月21日閲覧。
  14. ^ "佐月麻理子、川原舞子が勝ち上がり 第19回女流モンド杯出場へ/第8回女流モンドチャレンジマッチ". 麻雀ウォッチ. 25 May 2021. 2021年5月27日閲覧
  15. ^ 麻雀BATTLE ROYAL 2014 - MONDO TV、2014年6月9日閲覧
  16. ^ 麻雀 BATTLE ROYAL 生放送スペシャル!
  17. ^ MONDO TV 番組ガイド 2013年11月 (PDF)
  18. ^ 第1回女流モンド新人戦”. 2016年7月12日閲覧。
  19. ^ 強くて、美しい女性プロ雀士たちの華麗なる競演!!「第7回 麻雀さんクイーンCUP」スタート(MONDO21) - News2u・2009年4月10日
  20. ^ プロ雀士・飯田正人スペシャル - MONDO TV、2014年6月9日閲覧
  21. ^ モンド麻雀プロリーグ 役満ベストセレクション - MONDO TV、2014年6月9日閲覧
  22. ^ モンド麻雀プロリーグ 至高の一局 - MONDO TV、2015年10月2日閲覧





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

モンド麻雀プロリーグのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モンド麻雀プロリーグのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモンド麻雀プロリーグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS