ムハンマド・アル=ブハーリー ムハンマド・アル=ブハーリーの概要

ムハンマド・アル=ブハーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/05 01:52 UTC 版)

サマルカンド近郊のブハーリー廟
ブハーリーのハディースに関する旅行行程

出自

ブハーリーは字義通りにはペルシア語におけるブハーラーの形容詞形であり、「ブハーラーの(人)」という意味となる。そのためムハンマド・アル=ブハーリーは「ブハーラー出身のムハンマド」という意味である。

ブハーリーの曾祖父ムギーラはブハーラー出身のゾロアスター教徒であったといい、ブハーラーに進駐して来たアラブ人総督のマワーリーとなりムスリムに改宗したと伝えられる。

功績

ブハーリーの功績として最もよく知られているもののひとつに、預言者ムハンマド(およびその教友たち)の言行録であるハディースの研究があり、その成果はハディース集『真正集』(サヒーフ)として纏められた。生涯に90万ものハディースを収集した言われ、この『真正集』はブハーリーが16年かけてうち2700余りの「真正」(サヒーフ)と判断したハディースを厳選したものである。これはもっとも正確で信頼の置けるハディース集のひとつとされ、同時代人のムスリム・イブン・アル=ハッジャージュの記した同名の『真正集』と並んでスンナ派の6大真正ハディース集の筆頭としてクルアーンに次ぐ権威を持っている。

またそのほかにも、歴史・神学・法学などに関する書物を多く著した。

日本語文献

  • ハディース イスラーム伝承集成』 牧野信也訳、中央公論社 上中下巻、1994年/中公文庫全6巻、2001年 
  • 牧野信也 『イスラームの原点 <コーラン>と<ハディース>』 中央公論社、1996年
  • 牧野信也 『イスラームの根源をさぐる 現実世界のより深い理解のために』 中央公論新社、2005年
  • モンゴメリ・ワット 『ムハンマド 預言者と政治家』 牧野信也・久保儀明訳、みすず書房、2002年、初版1970年
  • 井筒俊彦 『イスラーム思想史』 新版中公文庫BIBLIO、2005年/初版岩波書店、1982年 

関連項目






「ムハンマド・アル=ブハーリー」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ムハンマド・アル=ブハーリー」の関連用語

ムハンマド・アル=ブハーリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ムハンマド・アル=ブハーリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムハンマド・アル=ブハーリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS