ムクノキとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ムクノキの意味・解説 

ムクノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/15 21:02 UTC 版)

ムクノキ(椋木[2]、椋の木[2]、樸樹[2]学名Aphananthe aspera)はアサ科[注 1]ムクノキ属の落葉高木東アジアに分布する。単にムク(椋)[1]、またはエノキに似るためムクエノキ(椋榎)[1]とも言う。果実は甘酸っぱく、ムクドリなどの小鳥が集まる木で知られる[3]。ざらついた葉が漆器などの研磨剤に、かたい材は運動具などに利用される。


注釈

  1. ^ APG体系ではアサ科に分類されるが、古いクロンキスト体系新エングラー体系ではニレ科に分類されていた[1]
  2. ^ 辞書類の中には、椋にチシャノキを結びつけるもの[6]もエゴノキを結びつけるもの[7]もある。

出典



「ムクノキ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ムクノキ」の関連用語

1
椋榎 デジタル大辞泉
100% |||||

2
100% |||||

3
98% |||||


5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

ムクノキのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ムクノキのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムクノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS