ムウ・ラ・フラガ 劇中での活躍

ムウ・ラ・フラガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/02 05:17 UTC 版)

劇中での活躍

機動戦士ガンダムSEED

開戦初期にメビウス・ゼロに搭乗し、月面エンデュミオン・クレーター上でのグリマルディ戦線において、ザフト軍のジン5機を撃墜する[4]。敵軍一掃を狙う地球連合軍により暴走させられたサイクロプスからも逃れ無事生還している[4]。通常MS1機はMA5機に相当する戦力であるとされていた事から、ムウは「エンデュミオンの鷹」の異名で呼ばれ、英雄扱いされた。この裏には、地球連合軍上層部がエンデュミオン・クレーターでの惨敗を糊塗するため、彼の戦績を大々的に宣伝したと言う事情がある[4]。ムウは生来特殊な空間認識能力を持っており、同じくこの能力を持つパイロットたちから成るメビウス・ゼロ部隊に所属していたが、他のパイロットたちはグリマルディ戦線で戦死したため、劇中当初の段階ではメビウス・ゼロの有線式ガンバレルを操作可能なのはムウただ1人となっていた[4]

地球連合軍が開発したG兵器のパイロットとして着任する新兵5名を乗せた輸送艦に、護衛として2人の部下と共に同乗し、ヘリオポリスを訪れていたが、クルーゼ隊の襲撃により乗艦が撃墜されてしまう。その後、アークエンジェルの搭乗員となる。アークエンジェルでは、ムードメーカーとして、キラの良き兄貴分となった。艦長としての重責がのしかかるマリューに対しては、何かと彼女の相談に乗り、アドバイスを与えていた。マリューとは後に恋仲になる。パイロットとしてはナチュラルの中で、トップクラスの能力の持ち主であり、メビウス・ゼロでディアッカバスターと互角に渡り合った。

地球降下後は、ランチャーストライカー装備のスカイグラスパーに搭乗する。アフリカの砂漠でバルトフェルド隊、アデン湾インド洋上でのモラシム隊、オーブ近海でのザラ隊との戦闘を経て、オーブ出航後のマーシャル諸島におけるザラ隊との交戦では、搭乗機が被弾しながらもバスターを中破させた。

アークエンジェルがアラスカ基地に到着後、「エンデュミオンの鷹」の名声を利用せんとする軍の思惑により、士官学校教官職への転属命令を受ける。同様に転属命令を受けたナタルフレイと共に艦を降りるが、時を同じくしてザフト軍のアラスカ基地攻略戦が開始され、基地内に潜入していたクルーゼを感知し探し出す。クルーゼの言動や、もぬけの殻となっていた司令室、さらに地下深くに設置されたサイクロプスの存在から、地球連合軍の企てを看破し、アークエンジェルのクルーにその事実を伝えるために舞い戻った[5]

アークエンジェルと共に地球連合軍を脱走し、オーブに身を寄せた後は、モルゲンレーテにて修復され、新たにナチュラル用のOSが搭載されたストライクのパイロットとなる。その後、連合によるオーブ解放作戦ではエールストライク(HD版ではマルチプルアサルトストライカーを装着)で出撃。これがMSによる初陣となる[6]。その後アークエンジェルはクサナギと共にオーブから宇宙へ脱出後、エターナルと合流する。メンデル宙域においてドミニオンの襲撃を受け、ランチャーストライクで出撃。エターナルを追撃して来たクルーゼのゲイツとコロニー・メンデル内部で交戦、負傷する。MSから降り、クルーゼを追った際には、彼の出生の秘密を聞かされ驚愕する。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦ではエールストライクで出撃、クルーゼのプロヴィデンスとの交戦となり、機体は中破。アークエンジェルへの帰投間際、ドミニオンより発射されたローエングリンから仲間を、そして恋人のマリューを守るため身を挺してその盾となり、ストライクは爆散し、MIA(戦闘中行方不明)となった[7][8]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

仮面をつけた謎の連合兵、ネオ・ロアノークとして登場。ファントムペインにより、新たな人格を植え付けられる[9]ロゴスの有する特殊部隊「ファントムペイン」を率いて、アーモリーワンを襲撃し、ザフト軍のセカンドステージシリーズMS、カオスガイアアビスを強奪する[10]。アーモリーワンから母艦ガーティ・ルーで離脱する際には、エグザスで出撃し、敵を陽動しつつながらも追撃して来るザフト軍MSを数機撃墜した[11]。デブリ帯において、ファントムペインを追撃してきたミネルバを翻弄し、小惑星の中に閉じ込めるが脱出され、ガーティ・ルーが損傷し、撤退した[12]

ユニウスセブン落下事件後、ミネルバ討伐の任を受け、地球に降下する。インド洋での戦闘では、MSの大部隊を指揮し、シンインパルスと戦闘になるが、アスランセイバーに牽制され、撃墜には及ばなかった。

その後、オーブ軍を煽動し、ミネルバを追い詰めるも、突如現れたアークエンジェルとフリーダム、そしてオーブ代表首長カガリにより戦場は混乱し、ミネルバを討つには至らなかった。この後、ステラを死なせたくないと願ったシンと相対し、ステラの返還を受けた[13]。しかし、度重なる任務失敗によりジブリールから与えられた次の命令は、ザフトとの直接の戦闘指揮ではなく、ザフトに友好的な地球連合勢力圏であるベルリン市街へのステラを乗せたデストロイによる攻撃であった。デストロイの護衛としてネオはウィンダムで出撃するが、デストロイを止めに来たキラのフリーダムに撃破され不時着し、コクピットから放り出され、気絶した。

この時に仮面が外れ、その素顔を目撃したマリュー達の意向でアークエンジェルに収容される。検査の結果、パーソナルデータがムウのものと100%一致したため、アークエンジェルクルーは彼をムウ本人と認識したものの、彼本人は全く身に覚えがない上、捕虜として拘束された揚句、クルー達からは本来大佐なのにかつてのムウの呼び名だった「少佐」と呼ばれ、度々愚痴をこぼしていた。

アークエンジェルのオペレーション・フューリーへの介入直前、マリューにスカイグラスパーを与えられ解放される。しかし別れるときに涙を流した彼女のことが気になり、「ミネルバが嫌いだから」と理由をつけて助太刀に現れる。ミネルバにミサイルを当てるなどして支援するも、自身も被弾し、再びアークエンジェルへと着艦した(このとき一瞬だが、アラスカでアークエンジェルに緊急着艦した記憶がフラッシュバックしている)。戦闘終了後、自分が誰なのかを知るため、そして自分の身体と、言葉で表現できない何かで覚えているマリューのため、アークエンジェルに残って戦うことを選んだ。アークエンジェルが正式にオーブ軍に編入されてからは一佐に任官され、オーブに残るカガリからアカツキを託された。

生年月日に至っては、本来のムウより1年ほども遡らせたネオとしての記憶を植え付けられていることが、本人の口から語られている。

メサイア攻防戦においては、シラヌイパックに換装したアカツキで出撃し、アークエンジェルとエターナルをミネルバを中心とするザフト軍の攻撃から守った。ミネルバがアークエンジェルに向けて放ったタンホイザーをアカツキで受け止め防いだ際、失われていた「ムウ・ラ・フラガ」としての記憶が(ドミニオンのローエングリンをストライクで受け止めた記憶をたどって)完全に蘇った。その後、アスランのインフィニットジャスティスと共にレクイエムを破壊しメサイアの陥落を見届けた後、マリューのいるアークエンジェルにムウとして戻って行った。『スペシャルエディション 完結編「自由の代償」』では、終戦後にマリューやバルトフェルドと共に地球で暮らす姿が描かれた。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX3」初回限定版に、特典として封入された両澤千晶書き下ろしの新作ドラマCD「OMAKE quarters Vol.3」では、二次大戦の停戦後に「現在進められてる新たな安全保障の枠組み」の交流出向プログラムに志願し、ザフトからオーブ軍に交流出向することになったシンとルナマリアの2人を預かっているほか、戦後も感情的なしこりが残るシンとアスランの仲立ちをするために飲みニケーションの場を設けている。

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

メサイア攻防戦後のC.E.75年、新設された世界平和監視機構「コンパス」に所属し、総裁であるラクスやキラたち仲間とともに紛争解決に尽力する。本作でも引き続き大佐の階級にあり、ムラサメ改のパイロットとしてアークエンジェルに所属している。キラたち連合軍時代からの仲間や、かつてネオとして敵対したシンたちを年長者として面倒を見ている。

ユーラシア連邦からの独立国であるファウンデーション王国の依頼を受けてブルーコスモスゲリラの鎮圧作戦に参加するが、友軍であるはずの女王親衛隊ブラックナイトスコード(ブラックナイツ)に洗脳されてユーラシア国境内に侵入するという禁を犯したキラが反逆者の汚名を着せられ、その現場を目の当たりにしたシンやアークエンジェル隊もろとも口封じとして抹殺されかける。自身のムラサメ改もブラックナイツの攻撃で損傷するが、沈みゆくアークエンジェルの甲板に残されたマリューを救出し、シュラの操作で発射されたユーラシア軍基地内の戦術核ミサイルが着弾する前にオーブへと脱出する。潜伏先であるアカツキ島でアスランからファウンデーションの経歴と目的を知らされたあと、1年前に搭乗したアカツキを再度受領し、戦いを生き残ったもう1隻の「コンパス」母艦「ミレニアム」に乗って宇宙にいるファウンデーション軍との決戦に挑む。仲間たちがラクス救出やファウンデーション軍艦隊と交戦しているあいだに、ミラージュコロイド展開状態でレクイエム本体と第一中継ステーションの中間ポイントへと近づき、新武装の「A-GXQ754/V2 ゼウスシルエット」の大型砲を用いて第一中継ステーションを発射直前で破壊しつつ、ヤタノカガミの特性を生かしてレクイエム本体のビームを跳ね返し、その余波でレクイエムを一時的に機能不全にさせることに成功する。ファウンデーション軍やザフト反乱軍と交戦後、合流したシンのデスティニーSpec IIにゼウスシルエットとレクイエム破壊を託す。戦闘終結後、マリューが待つミレニアムに帰還し、彼女と熱い抱擁と口づけを交わす。


  1. ^ 「OMAKE quarters Vol.3」においてオーブ軍の階級呼称が変更されている
  2. ^ a b 後藤リウ「機動戦士ガンダムSEED 5 終わらない明日へ」角川スニーカー文庫 242-246頁。(ISBN 4-04-429105-5)
  3. ^ 『機動戦士ガンダムSEED』44話
  4. ^ a b c d 『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVol.2 DESTINY MSV編』ホビージャパン 160-162頁。(ISBN 4-89425-415-8)
  5. ^ ムウが自軍である地球連合が仕掛けたサイクロプス自爆作戦で生還するのは、アラスカの前にグリマルディ戦線でのグリマルディ・クレーターの戦いで生還しているので、合計2回も遭遇していることになる
  6. ^ 『機動戦士ガンダムSEED』38話
  7. ^ ムウが死亡した描写として、ムウのヘルメットが宇宙空間に浮かんでいるシーンがあるが、『スペシャルエディション完結編 鳴動の宇宙』においてはカットされており、ストライクの残骸のみのシーンとなっている。
  8. ^ 『機動戦士ガンダムSEED』49話
  9. ^ アニメディア 2005年11月号 9頁 特殊設定・森田繁が語るところによる
  10. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第1話
  11. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第3話
  12. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第4話
  13. ^ 『『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』』30話
  14. ^ 『愛と戦いのロボット 完全保存版』ぴあ、2006年、95頁。ISBN 4-8356-1010-5 


「ムウ・ラ・フラガ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ムウ・ラ・フラガ」の関連用語

ムウ・ラ・フラガのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ムウ・ラ・フラガのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムウ・ラ・フラガ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS