ミュージカル・テニスの王子様 ミュージカル・テニスの王子様の概要

ミュージカル・テニスの王子様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 03:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

テニスの王子様以前にも漫画原作のミュージカルは存在したが、「男性のみのキャスト陣」「少年漫画の舞台化」「スポーツ物」との条件が揃った作品は過去類を見ず、当初は製作者側も手探り状態で作り上げた。製作者・出演者を含めてテニスのルールを知っていたのは初代大石役を務めた土屋のみであり、公演で使用したラケットは土屋の私物であった。また、人によっては近寄りがたさを感じる「演劇」という媒体であった上、「人気漫画作品の舞台化」と言うメディア展開は、当時としては一般的にはまだ馴染みの薄いものであった。そのため、初演当初は原作・アニメファンの認知度や関心も低く、前売りチケットはほとんど売れず、初日は座席が3分の1しか埋まらなかった[1]。しかし、口コミなどにより徐々に客足は増加、千秋楽では立ち見客が出るまでとなり、追加公演や原作を追う形でのシリーズ公演を重ねる人気ミュージカルとなった。

テニスの王子様の成功を受け、集英社では週刊少年ジャンプの連載作品を次々にミュージカル化し、他社も追従したことから、現在では2.5次元ミュージカルの元祖とされている[誰によって?]

初演から現在までに累計観客動員数100万人以上を記録し、特に若い女性から熱狂的な支持を受けている。2014年には観客動員数170万人を突破[2]

2003年に始まり、そして2010年に全国大会決勝の「The Final Match 立海 Second feat. The Rivals」、「Dream Live 7th」の公演をもってミュージカル・テニスの王子様は完結した。2011年から「ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン」と称し再び一から開始し、2014年の「全国大会 青学VS立海」、「Dream Live 2014」をもって完結した。2015年より、「ミュージカル・テニスの王子様3rdシーズン」が開幕する。

以下は1stシーズンとして分類された内容について記載するので、以降のシーズンは各ページを参照のこと。

公演リスト

ミュージカル『テニスの王子様』
2003年4月30日 - 5月5日 - 東京芸術劇場
ミュージカル『テニスの王子様』2003年夏追加公演
2003年8月7日 - 15日 日本青年館大ホール 他
ミュージカル『テニスの王子様』Remarkable 1st Match 不動峰
2003年12月30日 - 2004年1月5日 ゆうぽうと簡易保険ホール 他
ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 1st
2004年6月13日 東京体育館
ミュージカル『テニスの王子様』More than Limit 聖ルドルフ学院
2004年7月29日 - 8月15日 東京芸術劇場 他
ミュージカル『テニスの王子様』in winter 2004-2005 side 不動峰 〜special match〜
2004年12月29日 - 2005年1月2日 東京芸術劇場
ミュージカル『テニスの王子様』in winter 2004-2005 side 山吹 feat. 聖ルドルフ学院
2005年1月8日 - 23日 東京メルパルクホール 他
ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2nd
2005年5月4日 東京ベイNKホール
ミュージカル『テニスの王子様』The Imperial Match 氷帝学園
2005年8月8日 - 20日 日本青年館 他
ミュージカル『テニスの王子様』The Imperial Match 氷帝学園 in winter 2005-2006
2005年12月19日 - 2006年1月2日 日本青年館 他
ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 3rd
2006年3月28日 - 29日 Zepp Tokyo
ミュージカル『テニスの王子様』Advancement Match 六角 feat. 氷帝学園
2006年8月3日 - 27日 日本青年館 他
ミュージカル『テニスの王子様』Absolute King 立海 feat.六角 〜 First Service
2006年12月13日 - 2007年1月27日 日本青年館 他
ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 4th
2007年3月30日 - 31日 パシフィコ横浜
ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 4th Extra
2007年5月17日 - 20日 梅田芸術劇場
ミュージカル『テニスの王子様』Absolute king 立海 feat. 六角 〜 Second Service
2007年8月2日 - 9月9日 日本青年館 他
ミュージカル『テニスの王子様』Progressive Match 比嘉 feat. 立海
2007年12月12日 - 2008年2月11日 日本青年館 他
ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 5th
2008年5月17日 - 18日・24日 - 25日 横浜アリーナ 他
ミュージカル『テニスの王子様』The Imperial Presence 氷帝 feat. 比嘉
2008年7月29日 - 11月3日 日本青年館 他
ミュージカル『テニスの王子様』The Treasure Match 四天宝寺 feat. 氷帝
2008年12月13日 - 2009年3月31日 日本青年館 他
ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 6th
2009年5月2日 - 3日・9日 - 10日 東京体育館 他
ミュージカル『テニスの王子様』The Final Match 立海 First feat. 四天宝寺
2009年7月30日 - 10月4日 日本青年館 他
ミュージカル『テニスの王子様』The Final Match 立海 Second feat. The Rivals
2009年12月17日 - 2010年3月14日 日本青年館 他
ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 7th
2010年5月7日 - 9日・20日 - 23日 横浜アリーナ 他



  1. ^ 【テニミュ】マジ半端ない! 『テニスの王子様ミュージカル』10年の軌跡と魅力を徹底解剖” (2013年11月10日). 2014年5月14日閲覧。
  2. ^ テニミュ10周年、祝!累計観客動員数170万人突破、公演&アトラクション@東京ドームシティ”. animeanime.jp. 株式会社イード (2014年2月8日). 2014年2月8日閲覧。
  3. ^ a b 不動峰初演の際、柳浩太郎が公演直前で交通事故により降板したため、本来の役から変更となった。
  4. ^ a b 玉林中としても登場しており、宮野真守は泉智也、髙木俊は布川公義を務めた。
  5. ^ a b 篠谷聖は2012年9月10日の逮捕により、公式サイトから除名され、彼の出演したDVDおよびCDは廃盤が決定した。“ミュージカル『テニスの王子様』に関する重要なお知らせ”. (2012年9月18日). http://blog.tennimu.com/tennimu.php?blogid=54&archive=2012-9-18 2012年9月20日閲覧。 
  6. ^ 2008年1月11日~14日(香川公演)・1月17日~20日(愛知公演)で篠谷聖の一時降板を受け、代役として出演。


「ミュージカル・テニスの王子様」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミュージカル・テニスの王子様」の関連用語

ミュージカル・テニスの王子様のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミュージカル・テニスの王子様のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミュージカル・テニスの王子様 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS