マクドナルド 各地域における特徴ある事柄

マクドナルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 06:21 UTC 版)

各地域における特徴ある事柄

ブラジルサンパウロ市の日本人街リベルダージ内のマクドナルド。
書体が日本のものと違う。
ハンガリーのブダペスト西駅にあるマクドナルド
  • ベルギースペインなど、ビールを取り扱っている地域もある[30]。スペインではセットメニューのドリンクにてビールを追加料金なしで選ぶことが出来る。
  • ドイツのマクドナルドは主要駅から降りてすぐ、といったところに組み込まれて設置されていることが多い。値段が高額なためか、集客率は高くない。これはマクドナルドよりも安価なケバブが普及していることなど、移民の解放に伴い外食産業の幅が非常に広くなったためである。
  • ハンガリーブダペスト西駅舎内にあるマクドナルドは高級感にあふれ、一般的に日本人のイメージするマクドナルド店舗のイメージからかけ離れている。そのため、「世界一美しいマクドナルド」などとも形容されることがある。値段はハンガリーのレストランと変わらないくらい高額になる場合がある。
  • オランダでは独自のハンバーガーのクロケットバーガーやサテバーガー(サテはピーナッツソース)がある。ポテトはマヨネーズつきで、スイーツはオランダのりんごケーキ、アペルタルトと、オランダの有名コーヒー会社のアラビカ100%のこだわりコーヒーであり、オランダの食文化と旧植民地のインドネシアの食文化が融合していて水準は日本と比べ物にならない。シーザーサラダも注文できるが値段は近辺のレストランと同等かそれ以上になる可能性がある。
  • ソ連崩壊後のロシアでは、マクドナルドがタコベルその他を抑え常に満員である。これは誇張ではなく、実際にサンクトペテルブルクの地下鉄近くのマクドナルドのテーブルに、爆弾が仕掛けられたテロが発生している[51]
  • インドでは、ヒンドゥー教の教義で牛肉、食習慣上の理由で豚肉が一般的に使用出来ない為、鶏肉が主なメニューの材料である。特に「チキン・マハラジャ・バーガー」は有名である[30]
  • イスラム国家においては、イスラム教におけるハラール認証を受けている。当然のことながら、類の提供やアルコール類を使った調理は一切ないが、代替メニューが充実している。
  • インドネシアではご飯とフライドチキンのセットが存在する。これはハンバーガーセットが高額であるのと、安価な鶏肉が人気であるためである。
  • イスラエルでは、ユダヤ教の教義によりチーズバーガーカシュルートと認められていないため、同国内ではカシュルートに則った店舗と、そうでない店舗が存在する。
  • てりやきマックバーガー」は日本マクドナルドで開発された商品で、本家アメリカ合衆国には無いメニューである。当初期間限定メニューとして販売されたが、人気が出たためレギュラーメニューとなり、さらに香港タイ王国で「サムライポークバーガー」「将軍バーガー」の名称で販売された[30]
  • 菜食主義者向けに「ベジ・バーガー」が準備されている国もある[30]
  • かつて日本にて、を使用した中華洋風メニューの「マックチャオ」「エビチャオ」「ハンバーグチャオ」「カツチャオ」や、「お昼のカツカレー」「ビーフカレー」「チキンカレー」といったカレーメニュー1991年1992年に発売されたことがあった[52]
韓国のマック・バイク
  • 日本および韓国タイ王国などでは、バイク(マック・バイク)による宅配サービス(マック・デリバリー)もある。
  • デンマークの従業員の時給は、18歳超で最低21ドル、18歳未満で最低15ドル[53]
  • 「日本のマクドナルドが、世界で最もサービスが良い」と、ウォール・ストリート・ジャーナルが評価している。その理由は「仕事中に、ため息を吐くスタッフはいないし、従業員同士の長々としたおしゃべりもない」と報じている[54]。しかし、このような従業員の極端なマニュアル対応は日本以外ではほぼ存在せず、日本以外のマクドナルドが安価には楽しめない外食と位置付けられているなどの環境の違いからきている。

McDonald's公式サイトにあるリンクから世界各国のマクドナルド公式サイトを辿ることで、様々なサービスの違いが確認できる。




  1. ^ a b c d e f g Annual Report”. 2017年3月19日閲覧。
  2. ^ 米マクドナルド、イースターブルックCEOによる5つの変化”. IBTimes. 2015年8月30日閲覧。
  3. ^ 食育の時間McDonald's 2012年8月31日 閲覧。
  4. ^ NewsBrief】サンドイッチのサブウェイ、世界店舗数でマクドナルド抜く-The Wall Street Journal 2011年3月8日
  5. ^ セブンイレブン、マクドナルドを抜いてチェーンストア店舗数世界一に - マイコミジャーナル 2007年7月12日
  6. ^ a b 山形浩生 / スタバの未来はどこにある - コーヒー戦争 - 山形浩生 COURRiER Japon 2008年3月号
  7. ^ NEXT LEADER【マネジメント基礎講座】ビジネスリーダー必須のマネジメントスキル Page 3
  8. ^ 【『おもしろい会社』が生き残る vol.2】マクドナルドの過去最高益更新に学ぶ - ハルデザインコンサルティング
  9. ^ 藤田田『ユダヤの商法-世界経済を動かす』(ワニの本 ベストセラーシリーズ、1975年
  10. ^ 『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝-世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者』(レイ・クロック/ロバート・アンダーソン[要曖昧さ回避]共著、野崎稚恵/野地秩嘉翻訳、プレジデント社2007年
  11. ^ 「レイ・クロック 世界を征服した ハンバーガー帝国建国」ダイヤモンド・オンライン
  12. ^ 個人投資家向け会社説明会/日本マクドナルドホールディングス株式会社 (PDF) JASDAQ 2004年4月
  13. ^ 初代ドナルドは現在のドナルドとまったく似ていなかった! ガジェット通信 2009年2月22日
  14. ^ マック、謎のベールに包まれた誕生と繁栄の秘密…実質的創業者を破綻させた「強欲経営」 | ビジネスジャーナル
  15. ^ “米マクドナルドがアイスランドから撤退へ、金融危機で採算取れず”. ロイター. (2009年10月27日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12127220091027 2011年2月14日閲覧。 
  16. ^ “マクドナルド撤退のアイスランド、最後の「マック」に顧客が殺到”. AFP. (2009年11月1日). http://www.afpbb.com/article/economy/2658375/4836934 2011年2月14日閲覧。 
    “アイスランド、マクドナルドの最終営業日前に大行列”. ロイター. (2009年11月1日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-12232820091101 2011年2月14日閲覧。 
  17. ^ McDonald's - Weblio英和和英
    参考:各地域のネイティヴスピーカーによるMcDonald'sの発音forvo
  18. ^ a b “「マック」か「マクド」か マクドナルド「略称」論争再燃(2)”. J-CAST. (2010年7月1日). http://www.j-cast.com/2010/07/01070003.html?p=2 2010年7月6日閲覧。 
  19. ^ マック? マクド? 正しい呼び方をマクドナルドに聞いてみた! - ROCKETNEWS24 2010年7月21日
  20. ^ マクドナルド、関西ではなぜ「マクド」? - 日本経済新聞 2012年1月28日
  21. ^ 『新 日本語の現場』方言の今 *1 (読売新聞東京本社、2005年11月9日付)
  22. ^ マクドナルドの呼び方に異変! 関西若年層の間で「マクド」離れ進む - ROCKETNEWS24 2012年1月30日
  23. ^ a b フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 5』講談社、2004年。
  24. ^ a b 店舗でのサービス 日本マクドナルドHD
  25. ^ 日本マクドナルドホールディングス(2005年) (PDF) JMR生活総合研究所
  26. ^ 「チャレンジ!!60秒サービスキャンペーン」餅が浜店で先行開始 日本マクドナルドHD 2003年7月
  27. ^ a b c 日本マクドナルド、「厨房革命」で起死回生狙うアーカイブ日経BPネット 2002年11月11日
  28. ^ Tomi Kilgore (2014年7月4日). “調査でマックのハンバーガー「一番まずい」―株価にも影響か”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304174304580008140580963532 2014年7月4日閲覧。 
  29. ^ 品質について - よくあるご質問 日本マクドナルド
  30. ^ a b c d e f どこまで知ってる?世界のマクドナルド事情 - 1 / 2 / 3 / 4 / 5 All About 2007年1月17日
  31. ^ 上海の期限切れ肉 米国系企業と伝えず報道(2014.7 GoHoo)
  32. ^ チキンナゲットの2割調達=期限切れ肉使用工場から—日本マクドナルド 時事通信社The Wall Street Journal)
  33. ^ ファミマとマクドナルド、チキンの一部販売停止 中国製、期限切れ疑いで 日本経済新聞
  34. ^ 郁子, 竹下 (2019年11月8日). “マクドナルドのハンバーガーを食べたら「エシカル消費」になる理由。ベンチャーや新聞社ともタッグ” (日本語). www.businessinsider.jp. 2020年1月10日閲覧。
  35. ^ a b c d マック×LINE 「アメリカンヴィンテージ」対象商品購入で限定スタンプがもらえる! - えん食べ
  36. ^ 日本マクドナルド「NIPPON ALL STARS」キャンペーンに登場するナゾの米国人「Mr.ジェームス」とは!? J-CAST 2009年8月10日
  37. ^ Julie Jargon マクドナルドに「ジャンクフード販売」中止要請―ロナルドにも引退勧告(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版、2011年5月18日)
  38. ^ 外部リンク
  39. ^ 3/1 「下手なレストランより優秀」――元ミシュラン三ツ星シェフが「マクドナルド」を絶賛”. JAPAN JOURNALS LTD.. 2007年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月6日閲覧。
  40. ^ Julie Jargon マクドナルドに「ジャンクフード販売」中止要請―ロナルドにも引退勧告(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版、2011年5月18日)
  41. ^ 肥満防止でマックのおまけ禁止 米、条例を可決 共同通信2010年11月10日
  42. ^ 安全・安心への取り組み”. マクドナルド. 2018年9月1日閲覧。
  43. ^ 米で500人以上が食中毒、マクドナルドのサラダに寄生虫”. CNN (2018年8月24日). 2018年9月1日閲覧。
  44. ^ The McLibel TrialMcSPOTLIGHT
  45. ^ “待機時間も給与支払いをと提訴 米マック従業員訴”. 共同通信. 47NEWS. (2014年3月14日). http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014031401001503.html 2014年3月14日閲覧。 
  46. ^ “米マック従業員 3州で一斉提訴”. 東京新聞. (2014年3月14日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014031402000239.html 2014年3月14日閲覧。 
  47. ^ パレスチナ情報センター
  48. ^ Calls for boycott of Israel at Dublin protest(アイリッシュ・タイムズ、2009年1月17日)
  49. ^ Starbucks, McDonald’s, Coca-Cola Face Boycotts Over Gaza Attacks(BNET FOOD、2009年1月12日))
  50. ^ Fatwa for boycott Israeli goods(ザ・タイムズ・オブ・インディア、2009年1月18日)
  51. ^ 外部リンク
  52. ^ 日本マクドナルド/沿革インターネットアーカイブ
  53. ^ “ブログ:マクドナルドで時給2100円稼げる国”. ロイター (ロイター通信社). (2014年5月16日). http://jp.reuters.com/article/jp_blog/idJPKBN0DW0NR20140516 2014年5月19日閲覧。 
  54. ^ OLIVER STRAND (2014年5月3日). “外国人感銘させる日本の「おもてなし文化」―至れり尽くせりのサービス” (日本語). ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702303493804579538982070488444 2016年5月28日閲覧。 
  55. ^ マクドナルドが契約解除。「五輪スポンサー」という名誉と打算 2017年6月17日、日刊工業新聞





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マクドナルド」の関連用語

マクドナルドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マクドナルドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマクドナルド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS