マイアミ・ドルフィンズ 歴史

マイアミ・ドルフィンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 01:54 UTC 版)

歴史

創設者で初代オーナーのジョー・ロビー

チームはジョー・ロビーとダニー・トーマスによって創設され[2]1966年AFLに加盟した。最初の4シーズンはジョージ・ウィルソンヘッドコーチの下で15勝39敗2分の成績しか残すことはできなかった。しかし1970年にポール・ブラウンの教え子であり、ボルチモア・コルツ第3回スーパーボウルに出場させたドン・シュラがヘッドコーチになると好成績をあげるようになる。

1970年に10勝4敗の好成績をあげて地区優勝を果たし初のプレーオフ進出を果たした。この年はオークランド・レイダースにプレーオフで敗れたが、QBボブ・グリーシーRBのラリー・ゾンカ、ジム・キイック、WRのポール・ウォーフィールドを擁したチームはこの年からAFC東地区で4年連続優勝を果たすこととなった。

1971年にはディビジョナル・プレーオフでダブルオーバータイムまでもつれNFL史上最長となった82分40秒のカンザスシティ・チーフスとの試合を制するなどして第6回スーパーボウル出場を決めたがダラス・カウボーイズに3-24で敗れた。

1972年、スーパーボウルで勝利し、全勝優勝を果たした。

1972年、ドン・シュラヘッドコーチに率いられたチームはシーズンを14勝0敗の全勝で終え、プレーオフでも負けなく[3]第7回スーパーボウルワシントン・レッドスキンズを14-7で破りスーパーボウル初優勝を果たし、シーズン無敗のパーフェクトシーズンを達成した[4]。このシーズン第5週のチャージャーズ戦でエースQBのボブ・グリーシーが負傷し、それ以降の試合を控えQBだったアール・モラルが先発した[5]。グリーシーはピッツバーグ・スティーラーズとのAFCチャンピオンシップゲームで復帰し、スーパーボウルでも先発出場した。またノーネームディフェンスと呼ばれた[6]ラインバッカーのニック・ブオニコンティ、ディフェンシブエンドのビル・スタンフィル、ディフェンシブタックルのマニー・フェルナンデス、セイフティのディック・アンダーソン、ジェイク・スコットらの守備はリーグ1の成績を残した。

ドルフィンズは1シーズンのラッシング記録を作り、ゾンカとマーキュリー・モリスは2人とも1000ヤードラッシャーとなった。2人のランニングバックが1000ヤードラッシャーとなったのはNFL初の記録であった。この攻撃は後にプロフットボール殿堂入りを果たすOTのジム・ランガー、Gのラリー・リトルら強力なオフェンスラインによって支えられた。

1973年シーズンも12勝2敗でレギュラーシーズンを終え、第8回スーパーボウルではミネソタ・バイキングスを24-7で破りスーパーボウル連覇を遂げた。翌1974年も地区優勝を果たしたが、プレーオフ初戦でオークランド・レイダースに敗れ、スーパーボウル3連覇はならなかった[7]。このシーズン終了後、ゾンカ、キイック、ウォーフィールドの3人がワールド・フットボール・リーグ(WFL)に移籍しチームを離れた。

1976年チームは6勝8敗に終わったが続く5シーズン中4シーズンに10勝以上をあげた。1977年、10勝4敗で終えたがボルチモア・コルツに地区優勝を奪われプレーオフを逃した。1978年にはワイルドカードでプレーオフ出場を果たしたがヒューストン・オイラーズに敗れた。

1979年、ゾンカが復帰し10勝6敗で地区優勝を果たしたがプレーオフではピッツバーグ・スティーラーズに敗れた。

1980年、ボルチモア・コルツ戦でQBボブ・グリーシーが肩を負傷、ルイジアナ州立大学出身のデビッド・ウッドリーが先発することになった。グリーシーはこの後復帰することなくシーズン終了とともに引退した。チームは8勝8敗でプレーオフを逃した。

1981年、11勝4敗1分で地区優勝を果たした。この年のQBはウッドリーとドン・ストロックが先発した。チームはプレーオフでサンディエゴ・チャージャーズと対戦、第1Qだけで相手に24点をあげられてリードを許したが38-38と追いつき延長の末38-41で敗れた[8] (Epic in Miami

ストライキでシーズンが短縮された1982年には、7勝2敗でAFC2位となり第17回スーパーボウルまで進んだがワシントン・レッドスキンズに敗れた。このシーズンのドルフィンズのディフェンスはボブ・バウムハウワー、ビル・バーネット、ライル・ブラックウッド、キム・ボカンバー、グレン・ブラックウッド、ダグ・ベターズ、ボブ・ブルジンスキーらBの頭文字の選手がそろっていたためキラーBディフェンスと呼ばれた。またこの年から1987年まで、Cドワイト・スティーブンソンらオフェンスラインが相手に許したサックは、6年連続リーグ最少であった[9]

マリーノ時代

1984年には2年目のQBダン・マリーノがNFLシーズン記録となる48本のタッチダウンパスを投げて第19回スーパーボウルまで進みサンフランシスコ・49ersと対戦した。マリーノ対ジョー・モンタナとして注目された試合はモンタナに軍配があがりドルフィンズはまたしても優勝を逃した。

1990年代初めには同地区のライバル、バッファロー・ビルズと激しく地区優勝を争ったがビルズが4年連続スーパーボウルに出場することとなった。

1992年は地区優勝を果たしてホームアドバンテージを持っていたが、ワイルドカードプレーオフでヒューストン・オイラーズを相手に32点差からの逆転で勝ち上がったビルズにAFCチャンピオンシップゲームで敗れてスーパーボウル出場は果たせなかった。

1994年11月27日のジェッツ戦でダン・マリーノはアーロン・グレンにサックされそうになったがスパイクするフェイクを見せた後、マーク・イングラムへの逆転のTDパスを成功させた。このプレイは"The Fake Spike"として知られている( (Clock Play)。

1995年ドン・シュラがプレーオフも含めて347勝とNFLヘッドコーチ歴代最多勝利(それまでの記録はジョージ・ハラスの324勝)退任、ダラス・カウボーイズで2度のスーパーボウルを制したジミー・ジョンソンが後任となりGMを兼任した。

ジョンソンの就任2年目の1997年からチームは3年連続でワイルドカードでプレーオフ出場を果たしたがいずれも初戦で敗退した。

1999年10月の試合でマリーノが負傷し戦線を離脱[10]、シーズン終了後NFLのQB記録を数々塗り替えたマリーノが現役を引退した。彼が在籍している間チームは地区優勝5回、プレーオフには10回出場し、スーパーボウルにも1回出場を果たした。

2000年以降

2000年1月16日ジョンソンは突如辞任を発表、彼の下で長年アシスタントコーチを務めているデイブ・ウォンステッドが後任となりチームは2000年2001年とプレーオフに出場したが、2004年チームが1勝8敗となったところで母校、ピッツバーグ大学のヘッドコーチに就任するため辞任、ジム・ベイツが指揮を執り残り7試合を3勝4敗で終えた。

2002年3月8日にニューオーリンズ・セインツとのトレードで2つの1巡目指名権を含む4つのドラフト指名権と引き換えに、リッキー・ウィリアムズ英語版を獲得した。

2005年、チームはルイジアナ州立大学のヘッドコーチ、ニック・セイバンを新ヘッドコーチに迎えた。

2006年、ジェイソン・テイラーが最優秀守備選手に選ばれた[9]

2007年シーズンはトレント・グリーンがエースQBとなったが4試合が終了したところでグリーンは故障者リスト入りしてしまった。残りの試合はクレオ・レモン、ジョン・ベックが先発したがその後その時点でNFLのリーディングラッシャーを走っていたRBのロニー・ブラウンも失ってしまった。このシーズンニューヨーク・ジャイアンツとのホームゲームがロンドンで行われた。これはNFLのレギュラーシーズンのゲームが北米大陸以外で行われる初の試合となった。この試合後2001年からチームに在籍したWRのクリス・チェンバースをサンディエゴ・チャージャーズに放出した。12月16日のボルチモア・レイブンズ戦に延長の末勝利したがこのシーズン1勝に終わり15敗した8チーム目となった。シーズン終盤、ビル・パーセルズがチームのフロント入りを果たした。第15週の12月16日のボルチモア・レイブンズ戦に延長の末22-16で勝ち連敗を16で止めた。しかしこのシーズンは1勝に終わりレギュラーシーズンに15敗した[11]8チーム目となった。(その後2008年にデトロイト・ライオンズがシーズン16連敗で記録を更新した。)

シーズン終了とともにGMのランディ・ミューラー、ヘッドコーチのキャム・キャメロンは解任された。またシーズンオフに2人のプロボウル選出選手を放出した(LBのザック・トーマスとは再契約をせず、DEのジェイソン・テイラーをワシントン・レッドスキンズのドラフト2巡目指名権とトレードした。)。新ヘッドコーチにはパーセルズがダラス・カウボーイズのヘッドコーチを務めていた時のアシスタントコーチであるトニー・スパラノが就任[12]、ドラフト全体1位でミシガン大学のOTのジェイク・ロングを獲得した。またブレット・ファーヴを獲得したニューヨーク・ジェッツのQB、チャド・ペニントンと契約を結んだ[11]

ワイルドキャットからパスを投げようとするロニー・ブラウン

2008年シーズンも開幕戦・第2週と連敗スタートであったが、第3週のニューイングランド・ペイトリオッツ戦に38-13で勝利し、ロードゲームでの連敗を11で止めたばかりか、ペイトリオッツが2006年シーズンの第15週以来続けてきたレギュラーシーズンでの連勝も21で止めた[13](なお2006年シーズンの第14週の相手はこのドルフィンズである)。この試合で導入し大成功したオフェンス・プレー「ワイルドキャット・フォーメーション」は、2008年シーズンのトレンドとなり、ドルフィンズのみならず、NFLの多くのチームが導入した。前年の1勝15敗から11勝5敗と大きく勝ち星をあげたチームは2000年以来の地区優勝を果たした。前年より10勝多く勝ち星を積み上げたチームはこれまでに1999年のインディアナポリス・コルツのみであった。プレーオフではボルチモア・レイブンズと対戦し敗れた。

2009年、スティーブ・ロスにより買収される。落札額は、11億ドル。米スポーツ界のフランチャイズ契約で最高額を記録した。シーズン早々にエースQBペニントンを怪我で失ったがQBチャド・ヘニーが先発QBとなった。シーズン終盤まで7勝6敗と大混戦のプレーオフ争いに参加したが最後の3試合に連敗してプレーオフを逃した。

2010年、ディフェンスコーディネーターにマイク・ノーランが就任した[14]。シーズンではエースQBのペニントン、2番手QBのチャド・ヘニーが故障がちで苦戦を強いられて[15]プレーオフを逃した[16]

2011年2月、ポール・ソリアイをフランチャイズ選手に指定した[17]。第4週にエースQBのヘニーがシーズン絶望となり[18]、マット・ムーアが先発QBとなった。チームは開幕から7連敗し、その後3連勝したが、4勝9敗となったところで、スパラノヘッドコーチは解任されトッド・ボウルスアシスタントヘッドコーチが暫定ヘッドコーチに就任した[19]。ボウルスが指揮を執った初戦、この年加入したレジー・ブッシュが自己ベストの203ヤードを走る活躍を見せて勝利した[20]。ボウルスヘッドコーチ就任後の3試合でチームは2勝1敗の成績をあげて[21]、6勝10敗でシーズンを終えた。シーズン終了後の1月20日、チームはグリーンベイ・パッカーズのオフェンスコーディネーターを務めていたジョー・フィルビンを新ヘッドコーチとして発表した[22]

2012年、チームはドラフト1巡目(全体8位)で指名したライアン・タネヒルを開幕QBに指名した。

2013年10月、ジョナサン・マーティンが心の病となりチームを離脱した。その背景には、チームメートのリッチー・インコグニートから人種差別的中傷のボイスメールを受けるなどの嫌がらせを受けたことが明らかとなった[23]。インコグニートはNFLから無期限の出場停止処分を受けた[24]。2014年2月14日、独立した調査機関による調査報告書が公表され、マーティンだけでなくアシスタントトレーナーもパワーハラスメントを受けていたと指摘がなされた[25]

地区一位を続けるニューイングランド・ペイトリオッツの陰で不振を続けたが、2016年には新HCにアダム・ゲイズを迎え、8年ぶりにワイルドカードでプレーオフ進出を果たした。2017年2018年には連続してプレーオフを逃し、アダム・ゲイズは解雇された。後任はニューイングランド・ペイトリオッツのプレーコーラーを務めていたブライアン・フローレスとなった。2019年3月、ドラフト指名権とのトレードでライアン・タネヒルをテネシー・タイタンズへ放出した[26]。4月、アリゾナ・カージナルスのQBジョシュ・ローゼンをドラフト指名権とのトレードで獲得した。この年は地区最下位となった。

2020年は前年に獲得したライアン・フィッツパトリックとドラフト1巡目(全体5位)ルーキーのトゥア・タゴヴァイロアの2人のQBが先発試合を分け合い、10勝を挙げながらもプレーオフを逃した。

2021年は開幕戦の勝利の後7連敗を喫したが、その後は7連勝を重ねたものの、地区3位となり5年連続してプレーオフを逃した。シーズン直後、HCのフローレスが解雇された。後任にはサンフランシスコ・フォーティーナイナーズのOCマイク・マクダニエルが就任した。2022年3月24日、WRタイリーク・ヒルカンザスシティ・チーフスから2022年のNFLドラフト1巡目(全体29番目)、2巡目、4巡目、さらに2023年のNFLドラフト4巡目、6巡目と交換にトレードで得た[27]


  1. ^ フロリダ州の愛称にちなんだ
  2. ^ 創設後、トーマスはロビーにチームの株を売却し、ロビーがオーナーに就任した
  3. ^ 最終ゲームで達成された2つの偉大な記録”. NFL JAPAN (2010年12月16日). 2010年12月19日閲覧。
  4. ^ 2007年シーズン16勝0敗の成績を残したニューイングランド・ペイトリオッツが史上2度目となるシーズン完全制覇を目指したがニューヨーク・ジャイアンツスーパーボウルで敗れ再現はならなかった。
  5. ^ シュラ、モラルは、1969年にもエースQB不在のボルチモア・コルツをスーパーボウルに導いている。
  6. ^ オフェンス選手に比べてスーパースターがいなかったため
  7. ^ Brian Ditullio (2010年12月2日). “Dolphins Vs. Raiders (Sea Of Hands)”. bleacherreport.com. 2013年8月4日閲覧。
  8. ^ リーグ史上に残るオーバータイム名勝負トップ5”. NFL JAPAN (2011年7月19日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  9. ^ a b チーム別ドラフト成功トップ5 -ドルフィンズ-”. NFL JAPAN (2013年4月12日). 2013年4月14日閲覧。
  10. ^ Alex Marvez (1999年10月28日). “Marino Out, Huard In For 2 More Weeks”. サン・センティネル. 2014年3月4日閲覧。
  11. ^ a b 昨季1勝から大躍進、ドルフィンズ復活の6つの理由とは?”. NFL JAPAN (2008年12月7日). 2011年12月25日閲覧。
  12. ^ 4人の新ヘッドコーチが挑戦”. NFL JAPAN. 2011年12月25日閲覧。
  13. ^ ドルフィンズ ペイトリオッツの連勝記録止める”. AFP (2008年9月22日). 2008年9月22日閲覧。
  14. ^ ドルフィンズ、DEダグラスと2年契約で合意”. NFL JAPAN (2010年7月24日). 2011年12月25日閲覧。
  15. ^ ドルフィンズ快勝、地区優勝争いに踏みとどまる”. NFL JAPAN (201-11-29). 2011年12月25日閲覧。
  16. ^ 【第16週プレビュー】ドルフィンズ、手負いの獅子退治で勝率5割を”. NFL JAPAN (2010年12月25日). 2011年12月25日閲覧。
  17. ^ 年俸27倍増! ドルフィンズDTソリアイが契約延長”. NFL JAPAN (2011年2月27日). 2011年12月25日閲覧。
  18. ^ ドルフィンズに痛手、先発QBヘニーが今季絶望に”. NFL JAPAN (2011年10月7日). 2011年12月25日閲覧。
  19. ^ ドルフィンズ、ついにスパラノHCを解任”. NFL JAPAN (2011年12月13日). 2011年12月25日閲覧。
  20. ^ RBブッシュがラン203ヤード、ドルフィンズ新体制で勝利”. NFL JAPAN (2011年12月19日). 2011年12月25日閲覧。
  21. ^ レイダース、新指揮官候補にドルフィンズ暫定HC浮上”. NFL JAPAN (2012年1月12日). 2012年1月21日閲覧。
  22. ^ 新HC就任のドルフィンズ、正QB候補にパッカーズのフリン”. NFL JAPAN (2012年1月21日). 2012年1月21日閲覧。
  23. ^ ドルフィンズHC、Gインコグニート出場停止処分に言及”. NFL JAPAN (2013年11月5日). 2013年11月13日閲覧。
  24. ^ ドルフィンズQBタネヒル、「インコグニートは良いチームメイト」”. NFL JAPAN (2013年11月7日). 2013年11月13日閲覧。
  25. ^ いじめ問題の調査結果、トレーナーへの人種差別も発覚か”. NFL JAPAN (2014年2月15日). 2014年2月16日閲覧。
  26. ^ ドルフィンズ側は2019年ドラフト6巡指名権も差し出している。
  27. ^ Chiefs trading WR Tyreek Hill to Dolphins for multiple draft picks, including 2022 first-rounder”. NFL. 2022年3月24日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

マイアミ・ドルフィンズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マイアミ・ドルフィンズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイアミ・ドルフィンズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS