ポリモーフィズム 歴史

ポリモーフィズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 07:11 UTC 版)

歴史

ポリモーフィックな型システムの研究は1960年代から始められている。1967年に計算機科学者クリストファー・ストレイチーが著した講義ノートFundamental Concepts in Programming Languages英語版のなかで、アドホック多相とパラメトリック多相という概念が初めて提唱されている[2]。アドホック多相は「ALGOL68」で実践され、パラメトリック多相は「ML」の型システムで実践された。 1985年に計算機科学者ピーター・ウェグナー英語版ルカ・カーデリ英語版は、「Simula67」の継承と動的ディスパッチによるサブタイピングの機能を説明するためのインクルージョン多相という概念を提唱した[3]。これとストレイチー提唱の二つを合わせて三本柱にした型システム概念が、ポリモーフィズムと呼ばれるようになっている。

1989年にオブジェクト指向動的型付けを説明するためのロー多相英語版という概念が、計算機科学者ミッチェル・ワンド英語版の著作で提唱されているが、知名度は低い。同年にパラメトリック多相における型と型変数の関係視点を逆方向にした[要検証] ジェネリックプログラミングが、計算機科学者アレクサンダー・ステパノフ英語版らの著作で確立されており、これは圏論とのコンセプト類似性から「ポリタイピズム」と解釈されるようになった[4]。1990年代にアドホック多相とジェネリックプログラミングを融合した型クラスが「Haskell」で登場している。2003年の「Scala」はサブタイピングとジェネリックプログラミングを融合した共変性と反変性の機能を導入した。パラメトリック多相は関数型言語の型システムで拡張され続けており、高階カインド多相・型ファミリ・存在型・依存型などが登場している。


  1. ^ polytypismは他の分野で「多型性」と邦訳されることがある。CiNii 論文 - 光の非視覚的作用と概日リズム : 生理的多型性へのアプローチ(<特集>生理人類学のキーワード"生理的多型性"の本質に迫る)
  2. ^ C. Strachey – Fundamental Concepts in Programming Languages http://www.itu.dk/courses/BPRD/E2009/fundamental-1967.pdf
  3. ^ a b Cardelli, Luca; Wegner, Peter (December 1985). “On understanding types, data abstraction, and polymorphism”. ACM Computing Surveys (New York, NY, USA: ACM) 17 (4): 471–523. doi:10.1145/6041.6042. ISSN 0360-0300. http://lucacardelli.name/Papers/OnUnderstanding.A4.pdf. 
  4. ^ ポリタイピックプログラミング(polytypic programming)はジェネリックプログラミングと同一視されることがある。Polytypic Programming in Haskell | SpringerLink
  5. ^ Allen B. Tucker (28 June 2004). Computer Science Handbook, Second Edition. Taylor & Francis. pp. 91–. ISBN 978-1-58488-360-9. https://books.google.com/books?id=9IFMCsQJyscC&pg=SA91-PA5 
  6. ^ Pierce, B. C. 2002 Types and Programming Languages. MIT Press.
  7. ^ Objects and Aspects: Row Polymorphism | Neel Krishnaswami, Department of Computer Science, Carnegie Mellon University
  8. ^ 実例によるPureScript
  9. ^ OCamlで構築するモダンWeb:型付きHTML5プログラミングの実際 | 有限会社ITプランニング | 今井 敬吾





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ポリモーフィズムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポリモーフィズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポリモーフィズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS