ボルタ電池とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 電池 > ボルタ電池の意味・解説 

ボルタ電池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/28 08:08 UTC 版)

ボルタ電池(ボルタでんち、: Pila di Volta: voltaic pile)とは、イタリア物理学者、アレッサンドロ・ジュゼッペ・アントニオ・アナスタージオ・ヴォルタ伯爵(アレッサンドロ・ボルタ)が考えた起電力0.76ボルト一次電池であり、最初のガルバニ電池である。1794年に発明されたボルタ電堆を改良したもので、1800年に発明された[1][2][3]。原音に即して「ヴォルタ電池」という表記もある[4][5]


  1. ^ Volta, Alessandro (1800). “On the Electricity Excited by the Mere Contact of Conducting Substances of Different Kinds” (フランス語) (PDF). Philosophical Transactions of the Royal Society of London 90: 403–431. doi:10.1098/rstl.1800.0018. オリジナルの2013年12月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131215220637/electrochem.cwru.edu/estir/hist/hist-01-Volta-1.pdf 2015年11月8日閲覧。. 
  2. ^ Volta and the Battery”. 2015年11月8日閲覧。
  3. ^ Dibner, Bern (1964). Alessandro Volta and the Electric Battery. Franklin Watts. pp. 111–131. OCLC 247967 
  4. ^ 電池の実験 - 大阪市立科学館
  5. ^ Sanpo Web - 産報出版


「ボルタ電池」の続きの解説一覧




ボルタ電池と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ボルタ電池のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボルタ電池のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボルタ電池 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS