ボストン 歴史

ボストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/17 07:33 UTC 版)

歴史

開拓・独立後の製造業

植民地時代のボストン。昔のショーマット半島は、狭い地峡だけで本土へつながり、マサチューセッツ湾とチャールズ川河口のバックベイに囲まれていた。市内でネイティブ・アメリカンらの遺跡が発掘されており、それによれば紀元前5000年から人が居住していた[23]

1630年9月7日にイングランドから来た清教徒たちの手によってショーマット半島に築かれた[11]マサチューセッツ湾植民地の清教徒は、1620年にプリマス植民地(現在のマサチューセッツ州ブリストル郡プリマス郡バーンスタブル郡)を建設した入植者(ピルグリム)と混同されることがある。しかし、両者は異なる宗教的実践を有しており、歴史的に見て別々のグループである。ボストンはオリバー・クロムウェルの台頭から当分ロイヤリストであるアンソニー・アービー一族の地盤だった[24]。1652年造幣局が設立されたが、まだ鉱山開発の余裕も技術もない時代であったのでずっと銀貨を悪鋳しており、1684年に本国が植民地の特許状を取り消し閉鎖してしまった[25]1691年10月7日にプリマス植民地をメイン植民地などと共にマサチューセッツ湾植民地に付属するという公式宣言がなされ、マサチューセッツ湾岸県が設立された。この宣言は翌年5月14日に有効になった[26]

ボストンは17世紀にアカディアと交易して繁栄した。カナダは麦・魚・毛皮を産した。しかし通貨供給量が足りなかった。原住民の貝殻玉を1670年まで法貨とするほどであったが、サンゴバン等のガラス製レプリカにより価値を喪失した。そこでアカディアの商人は、特産物の倉荷証券と引き換えにボストンから生活物資を調達した。ポート・ロワイヤルの要塞を守る軍靴等がボストンから調達された。ボストン商人もアカディアへ出張した。ポート・ロワイヤルに倉庫をもって、砂糖・蜜・酒・服・食器・その他日用雑貨を売った。結果としてフランスからカナダへ送られた正貨は慢性的に流出した。イギリス・フランス間のアカディアはドイツ・フランス間のアルザスと似て、国益より地縁と商売を取った。[27][28]

地元教会と懇ろであったボストン商人ヒュー・ホール・ジュニアは、ジョン・レバレットの孫(祖父に同名、7代目ハーバード大学学長)に南海会社重役へ紹介してくれるよう頼んでいた[29][注釈 1]。1720年に南海泡沫事件が起こった。

1721年から翌年にかけて、ボストンに天然痘が大流行した。接種技術は輸入された。フリーメイソンを含む人、そして物・金・郵便・病原体がボストン港で往来した。1721年と1728年には土地を担保に発券する公立銀行が設立された。市場経済に巻き込まれた農民・職人勢力の一部からも支持されて、反体制派の中産階級が通貨不足を打開するという目的で設立を推進した[30]。1739年から1740年代初頭にかけて植民地では、銀行券を土地兌換とするか、または厳格に銀兌換とするかで、前者を支持する中産階級以下と、後者を支持する大商人・大地主との間に、深刻な対立・抗争が起こった。1741年に銀行規制法ができて、これら土地兌換銀行と銀兌換銀行の両方を解散させてしまった。ジョージ王戦争の戦費を調達するため政府証券が増発されて、銀行・通貨をめぐる改革運動は立ち消えとなった[31]

関税官吏ジョン・マルコムを襲うボストン市民。左手ではその数週間前に起きたボストン茶会事件で茶が投げ捨てられる場面が描かれている。(1774年1月)

七年戦争が起こる頃にはイングランド銀行の金融力がイギリス帝国を支配した。1770年代にイギリスは主に課税面で13植民地に対する支配を強めようとした。このことが、ボストン市民をアメリカ独立戦争の開戦へ駆り立てることとなった[11]ボストン虐殺事件ボストン茶会事件に加え、レキシントン・コンコードの戦いバンカーヒルの戦いボストン包囲戦などの初期のいくつかの戦闘もボストンまたはその近郊で起こった。この時ポール・リビアがイギリス軍の進撃を伝えるために徹夜で馬を飛ばしたのは有名な出来事である。

1783年パリ条約が締結され、ロイヤリストが馴染みのアカディアへ逃亡した。1784年7月5日にジェイムズ・ボーディンジョン・ハンコックといった名望家がマサチューセッツ銀行を創立した[32]。ジェイムズは初代頭取となった。マサチューセッツ銀行は、当時の法的に従属する関係に関わらず、第一合衆国銀行に対等で競争的な経営を展開したといわれる[33]。この銀行は1928年に旧植民地信託銀行となった。翌年ファースト・ボストン(現クレディ・スイス)に買収されたが、しかしグラス・スティーガル法により再び別れた。旧植民地信託銀行は1968年パットマン報告書によるとボストンの信託資産総額における38.0%を運用した。1996年にボストン銀行となり、2005年にバンカメとなった。

アメリカ合衆国が独立してからも国際貿易港であるボストンは栄え続けた。輸出品は従来と変わらずラム酒タバコなどであった[34]。当時、初期の入植者の子孫たちは、国の社会的・文化的エリートと見なされるようになり、後にアダムズ家などを輩出しボストン旧家と呼ばれた[35]。彼らをふくむ保守派が、1786年に起こったシェイズの反乱をきっかけとして、アメリカ合衆国憲法を制定しようとする政治活動に発破をかけた[36]

ナポレオン戦争中に制定された1807年通商禁止法1812年戦争により、ボストン・カナダ間の貿易業はかえって保護・独占的となり栄えたが、それは政府の規制が及ばなかったので戦時中も継続した[37]。その間に製造業が市の経済の重要な要素となり、それは1800年代半ばまでに経済的な重要性において国際貿易を抜いた。1900年代初めまで、ボストンは全米で最大の製造業の中心地の一つとなり、被服・皮革製品の生産で知られた[10]。市の周りを流れる小河川網によって市と周辺地域がつながれていたことで、商品の出荷が容易になり、工場の数は激増した。その後は緻密な鉄道網によってこの地域の産業・商業の発展が促された。

投資家の130年に渡る大航海

1822年にボストン市民の投票により、正式名称が"ザ・タウン・オブ・ボストン"から"ザ・シティ・オブ・ボストン"へと変更された[38]。1822年3月4日、市民により、市の設立憲章が受諾された[39]。ボストンが市へ移行した当時、人口は4万6226人であり、市域はわずか12km2(4.7 mi2)であった[39]1830年にボストン旧家のエイモリー家を当事者としたハーバード大学対エイモリー事件に判決が下り、ハーバード大学よりも投資家の判断が尊重された。1844年望厦条約が結ばれてからボストンの貿易が再び活気付いた。同年にチャールズ・グッドイヤー加硫法の特許を取得した[40]1851年ジョン・モルガンがボストンのイングリッシュ・ハイスクールへ入学した。

ジョン・ハンコック・タワーに反射して見えるトリニティ教会

1820年代にボストンの人口が増え始めた。1840年代後半のジャガイモ飢饉では多くのアイルランド人がアメリカ大陸へわたってきて、ボストン市の民族的構成を劇的に変化させた[41]1850年までに、ボストンに住むアイルランド人は約3万5000人に達していた[42]。ボストン旧家のエイモリー・ローウェルは、当然のようにハーバード大学を卒業し、手形交換所であるサフォーク銀行の経営者となった。彼がボストンの銀行間に連携組織をつくり、1837年から1857年までの経済恐慌に事なきを得たので、政治と血縁による絆が従来に増して堅くなった[43]

1847年にオールド・コロニー鉄道ミルトンと結ばれた。ミルトンはボストン旧家の避暑地であったが、鉄道開通により閨閥の集住地となった。

19世紀後半、ボストンに住み始めるアイルランド人・ドイツ人レバノン人・シリア人・フランス系カナダ人ユダヤ系ロシア人ユダヤ系ポーランド人の数が増えていった。19世紀の終わりには、ボストンの中心部が互いに異なる民族の移民居住地でモザイク化していた。イタリア系はノースエンド、アイルランド系はサウスボストンとチャールズタウン、ロシア系ユダヤ人はウェストエンドに住んだ。アイルランド系とイタリア系の移民はローマ・カトリックを持ち込んだ。多様な民族が多様な資本をもちこみ、困窮しがちな移民を互いに独立した慈善組織が世話していたが、見かねた市は公的かつ一元的な救貧政策を打ち出した[44]

ドーチェスターの丘から望んだボストン(1841年)

19世紀半ばから末にかけて、ボストン旧家は手厚く文芸を支援した。ナサニエル・ホーソーンヘンリー・ワズワース・ロングフェローオリバー・ウェンデル・ホームズ・シニアジェイムズ・ラッセル・ローウェルジュリア・ウォード・ハウジョン・ロスロップ・モトリージョージ・バンクロフト (歴史家)サミュエル・モリソンラルフ・ワルド・エマーソンメリー・ベーカー・エディなどの作品が知られる。エマーソンはミルトン閨閥である。

また、ボストンは奴隷制度廃止運動の中心地ともなった[45]。サミュエル・ジョンソン[46]チャールズ・フォックス・ホベイのパートナーであったが、ともにウィリアム・ロイド・ガリソンを支援した。ボストンは、1850年逃亡奴隷法に強く反対し[47]1854年のバーンズ逃亡奴隷事件の後、フランクリン・ピアース大統領はボストンを見せしめにしようとした[48][49]

ボストンにとっても大不況 (1873年-1896年) は暗い時代だった。1872年ボストン大火に遭い、その焼け跡から復興しなければならなかった。1889年11月にエドワード・L・カニングハムというミルトン閨閥フォーブズ家ラッセル家・ジョンソン家)の一人が自宅で射殺された。遺族メアリー・A・カニングハムの遺言によって、自宅の土地は1905年にカニングハム公園となった[50]。フィデリティのエドワード・ジョンソン2世は公園管理会に参加している[51]1890年代に名家出身のトーマス・ウィリアム・ローソンがいわゆるハゲタカファンドの地元ガス業界乗っ取りに手を貸した。数十人の議員に賄賂を払ったのである。1899年アナコンダ銅鉱山会社にローソンが参加した。この会社にはウィリアム・ロックフェラーだけでなくロスチャイルド家も出資をした。

1907年恐慌の時にジェシー・リバモアユニオン・パシフィック鉄道株の空売りで大もうけした。1914年ジョセフ・P・ケネディがコロンビア・トラスト・カンパニーのホワイトナイトになった。このころの投資信託は常識のようにポートフォリオが非公開であった。1924年スウェーデン系アメリカンであったエドワード・レフラーが最初のミューチュアルファンドを始めようとした。しかし勤めていたマサチューセッツ・インベスターズ・トラストは乗り気で無く、その他多くの点でもレフラーと意見が違った。そこでレフラーは12月にMIT ファンドを売る別会社をつくって距離をとった。パートナーにウィリアム・エイモリー・パーカーという証券マンがいた。彼は大統領を出したクィンシー家とハーバードに勝訴したエイモリー家の閨閥の出身で、仕事の大体がルートセールスだった。会社は数回社名を変えてインコーポレーテッド・インベスターズに落ち着いた。1928年にレフラーの会社は持株会社を3つも作った。それぞれがファンドを売って、その資金でレフラーの会社の株を買い、それを担保に銀行借入と社債発行まで行い、その資金でまたレフラーの会社の株を買った。こうして極端にレバレッジをかけてあったところへ暗黒の木曜日がやってきて、9月30日に78ドルだったのが6週間で43ドルに下落した。MIT も4割近く下がった。1932年、ステート・ストリートは資産の8割を喪失していた。1935年、連邦法案が投資信託会社のキャピタルゲインに課税を決めた。そこには、一般投資家への善意と恩恵があれば適用しないという文言が付されていた。それでMIT会長のメリル・グリスウォードがオープンエンド会計に前向きになった。ボストン旧家出身のグリズウォルドはガストン・アンド・スノー法律事務所のパートナーだった。ニューヨークで興ったクローズドエンド型のミューチュアルファンドは議会でのロビー活動で圧倒されていた。それからオープンエンド陣営は世論を代表する証券取引委員会と何年も格闘した。1940年にようやく法整備がなされた。しかしアレゲーニー・コーポレーションのような会社がミューチュアルファンドを売っていたので、一般投資家は商品に触ろうともしなかった。この会社は鉄道資本の性なのかモルガンの息子と関係し、ペコラ委員会の標的となってスキャンダラスに倒産したA.テクノロジーの後継であった。ファンドの不振が響いて、ボストンは産業面でも低迷が続いていた。そしてボストンは1950年代にドレフュス・ファンドの台頭を許した。その発売元は後にカール・アイカーンが働くドレフュス商会(現バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)だった。

投資環境としての開発

ボストンの埋立て事業
1775年ころ、ショーマット半島と本土は狭い地峡でつながっている
1842年、チャールズ川の埋立て前
1880年、大規模な埋立ての後

1631年から1890年までの間に市の面積は土地の埋立てによって3倍に広がった。臨海地域に広がる湿地、沼地、波止場の切れ込みなどが埋め立てられた[52][53]。これを、ウォルター・ミューア・ホワイトヒルは「丘を切り崩して入り江を埋める」と表現した。特に埋立てが進んだのは1800年代であった。1807年から、ビーコンヒルの頂上部分から取られた土で、大西洋の水面が20ヘクタール埋め立てられた。これは後のヘイマーケット・スクエア地区である。現在のマサチューセッツ州会議事堂は、こうして低くなったビーコンヒルの上に建っている。19世紀中頃の埋立てによって、現在のサウスエンド地区、ウエストエンド地区、フィナンシャル・ディストリクト、チャイナタウンの大部分が誕生した。ボストン大火の後には、その瓦礫がダウンタウンの臨海地区の埋め土に使われた。19世紀半ばから末にかけては、ボストンコモン(公園)西側に広がっていたチャールズ川の塩水を含む湿地帯2.4 km2近くが埋め立てられた。これに用いられたのは、ニーダム・ハイツ地区の丘から鉄道で輸送された土であった。さらに、ボストンは1868年にロックスベリー、1879年にドーチェスターを併合、1874年にはブライトン、ウェスト・ロックスベリー(現在のジャマイカ・プレイン、ロズリンダルおよびウェスト・ロックスベリーを含む)、チャールズタウンの三つの町を併合した[54]

ガバメント・センター

20世紀初頭ないし中頃には、工場の老朽化・陳腐化・安い労働力を求める企業の流出に伴い、ボストンは衰退を始めた[11]。それは第二次世界大戦から30年も続いた。そしてプロパガンダから復興事業がスタートした。ローウェル協会が中心となり、地元公共放送局(WGBH-TV)を立ち上げた。1957年に設立されたボストン再開発局(BRA)の指揮の下に、ボストンは様々な都市再開発事業を実施した。1958年、再開発局はウェストエンド地区の古い町並みを一新するプロジェクトを開始したが、広範囲にわたる取り壊しは、当局に対する市民からの猛反発を招いた[55]。再開発局はその後、ガバメント・センターの建設などのプロジェクトにおいては都市再生の手法の見直しを行った。この点、パリ改造で近代都市計画を草分けたフランスのストラスブールと1960年に姉妹都市となったのは興味深いことである。1965年、アメリカで最初の地域医療センターであるコロンビア・ポイント医療センターが、ドーチェスター地区で開業した。同センターは、主に隣接する大規模なコロンビア・ポイント公営住宅群(1953年設立)に医療サービスを提供した。これを設立したのは、ハーバード大学のジャック・ガイガーとタフツ大学のカウント・ギブソンという2人の医師であった。1990年にガイガー・ギブソン地域医療センターとして生まれ変わり、現在も診療を行っている[56]

1970年代エクイティ・ファンディング事件が取りざたされる一方で、市の経済は急に上向いた。マサチューセッツ総合病院ベス・イズリアル・ディーコンネス医療センター、ブリガム・アンド・ウイメンズ病院などの病院は、医療技術の革新や患者ケアの分野でアメリカにおける先駆けとなった。ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、タフツ大学、ボストン・カレッジボストン大学ノースイースタン大学といった大学の存在により、多くの学生がボストンに集まった。その一方で、1974年以降には人種差別廃止に向けたバス通学をめぐって対立が生じ、1970年代半ばには公立学校周辺でけんかや暴行事件が相次いだ。

コロンビア・ポイント半島にあるジョン・F・ケネディ図書館(2007年)

コロンビア・ポイント公営住宅は、1953年にドーチェスター半島に建設されたが計画はうまくいかず、1988年にはここに住むのはわずか350世帯となっていた。町は荒廃し、治安も悪かった。1984年に、ボストンは民間の開発業者であるコーコラン・マリンズ・ジェニソンに管理を委託し、同社の行った再開発・再活性化によって、公営住宅はハーバー・ポイント・アパートと呼ばれる、低所得者層に限らない、魅力のある居住地域となった。1988年に入居が開始し、1990年までに完成した。連邦政府の公営住宅事業が所得層を問わない民間住宅に転換した例としては、アメリカ国内初であり、1992年に始まった連邦政府の公営住宅再活性化プログラムのモデルとなった[57]

21世紀初頭においてボストンは学術・科学技術・政治の各面で中心的存在となっている。しかし、ニューヨーク・タイムズ紙に買収されたボストン・グローブ紙のように、消えてしまった地元企業[58]ノースカロライナ州シャーロットに基盤を置くバンク・オブ・アメリカ2004年に買収されたフリートボストン・フィナンシャルのように、統合・買収によりなくなってしまった地域金融機関もある。ボストンを拠点とする百貨店であるジョーダン・マーシやフィリーンズも、ニューヨークを拠点とするメイシーズに吸収された。

メイシーズの経営者は、クーン・ローブリーマン・ブラザーズゴールドマン・サックス、他多数のユダヤ系金融機関の経営者とひとつの閨閥をつくっていた[59]


注釈

  1. ^ 今日のハーバードは有名なピューリタンファンドを擁するフィデリティ・インベストメンツと癒着している。出典の続きからは独立の気運が高まるまでの様子がよく分かる。
  2. ^ 1位〜3位はニューヨークサンフランシスコシカゴである。ニュージャージー州パターソンなどのように、これより人口密度が高い市はたくさんあるが、これらは広域の町の都市区域である。
  3. ^ 証券代行業務とは、信託銀行または証券代行専門会社が、株式の発行会社から株式事務の委託を受け発行会社に代わって行う、株式に関する複雑な事務処理。株主名簿の管理、株主総会に関する事務、配当金振込に関する事務など。
  4. ^ 25万を超える都市中。Carfree Database Results—Highest percentage (Cities over 250,000)”. Bikes at Work Inc. (2007年). 2007年2月26日閲覧。

出典

  1. ^ a b c d e Norman Dalager. “What's in a nickname?”. The Boston Globe. 2008年6月12日閲覧。
  2. ^ Boston Travel & Vacations”. Britania. 2008年10月7日閲覧。
  3. ^ Population and Housing Occupancy Status: 2010 – State – County Subdivision, 2010 Census Redistricting Data (Public Law 94-171) Summary File”. United States Census Bureau. 2011年3月23日閲覧。
  4. ^ State & County QuickFacts – Boston (city), Massachusetts”. United States Census Bureau (2013年1月10日). 2013年2月5日閲覧。
  5. ^ Table 1. Annual Estimates of the Population of Metropolitan and Micropolitan Statistical Areas: April 1, 2010 to July 1, 2011 (CBSA-EST2011-01)” (CSV). United States Census Bureau, Population Division. 2013年1月18日閲覧。
  6. ^ Table 2. Annual Estimates of the Population of Combined Statistical Areas: April 1, 2010 to July 1, 2011 (CBSA-EST2011-02)” (CSV). United States Census Bureau, Population Division. 2013年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月18日閲覧。
  7. ^ Steinbicker, Earl (2000). 50 one day adventures in Massachusetts, Rhode Island, Connecticut, Vermont, New Hampshire, and Maine. Hastingshouse/Daytrips Publishers. pp. 7. ISBN 0803820089 
  8. ^ a b c Points of Pride”. Boston Public Schools. 2009年5月23日閲覧。
  9. ^ a b Fagundes, David; Grant, Anthony (April 28, 2003). The Rough Guide to Boston. Rough Guides. ISBN 1-84353-044-9 
  10. ^ a b c d e Boston: Economy”. Thomson Gale (Thomson Corporation) (2006年). 2007年4月28日閲覧。
  11. ^ a b c d Banner, David (2007年). “BOSTON HISTORY—The History of Boston, Massachusetts”. SearchBoston.com. 2009年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月17日閲覧。
  12. ^ Banner, David. “Going to College in Boston”. SearchBoston. 2009年4月5日閲覧。
  13. ^ Boston City Guide”. World Travel Guide. 2009年4月8日閲覧。
  14. ^ Pittsburgh article”. post-gazette.com (2008年). 2008年8月3日閲覧。
  15. ^ Hampson, Rick (2005年4月19日). “Studies: Gentrification a boost for everyone”. USA Today (USATODAY.com). http://www.usatoday.com/news/nation/2005-04-19-gentrification_x.htm 2009年5月2日閲覧。 
  16. ^ Heudorfer, Bonnie; Bluestone, Barry (2004年). “The Greater Boston Housing Report Card” (pdf). Center for Urban and Regional Policy (CURP), Northeastern University. pp. 6. 2007年2月19日閲覧。
  17. ^ Cost of living – The world's most expensive big cities”. City Mayors (2008年7月28日). 2009年5月2日閲覧。
  18. ^ Cost of Living Index for Selected U.S. Cities, 2005”. Information Please Database. Pearson Education (2007年). 2009年5月2日閲覧。
  19. ^ Quality of Living global city rankings 2009 – Mercer survey”. Mercer (2009年4月28日). 2009年5月8日閲覧。
  20. ^ 仲野博文 (2013年10月4日). “脅えるアメリカ社会 ボストンマラソン爆弾事件の衝撃”. ダイヤモンド・オンライン. http://diamond.jp/articles/-/42575 2013年10月5日閲覧。 
  21. ^ Read @Kearney: A question of talent: how human capital will determine the next global leaders” (英語). www.kearney.com. 2020年2月20日閲覧。
  22. ^ GFCI 30 Rank - Long Finance”. www.longfinance.net. 2021年10月23日閲覧。
  23. ^ Archaeology of the Central Artery Project: Highway to the Past”. Commonwealth Museum—Massachusetts Historical Commission (2007年). 2007年4月6日閲覧。
  24. ^ Richard Gurnham, The Story of Boston, The History Press, 2014, Chapter.5 and 6.
  25. ^ 浅羽良昌 『アメリカ植民地土地銀行史論』 日本経済評論社 1990年 p.70.
  26. ^ Timeline of Plymouth Colony 1620-1692”. Plimoth Plantation (2007年). 2007年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月31日閲覧。
  27. ^ 木村和男 『カナダ史』 山川出版社 1999年 pp.95-96.
  28. ^ リチャード・ポムフレト 『カナダ経済史』 昭和堂 1991年 pp.220-221.
  29. ^ Mark Valeri, Heavenly Merchandize: How Religion Shaped Commerce in Puritan America, Princeton University Press, 2010, pp.178-179
  30. ^ 浅羽良昌 『アメリカ植民地土地銀行史論』 第5章
  31. ^ 浅羽良昌 『アメリカ植民地土地銀行史論』 第8-10章
  32. ^ Old Colony Trust Co. Retrieved 2017/4/4
  33. ^ 松元幸雄 「第1次合衆国銀行ボストン支店とマサチュセッツ銀行」 『環境と経営』(静岡産業大学論集) 3(2), 47-52, 1997-10
  34. ^ Colonial Boston”. University Archives. 2009年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月2日閲覧。
  35. ^ Boston, Massachusetts”. U-S-History.com. 2009年5月2日閲覧。
  36. ^ 宮沢俊義 『世界憲法集』 岩波書店 1970年 24-25頁
  37. ^ 木村和男 『カナダ史』 p.132.
  38. ^ About Boston”. City of Boston (2006年). 2007年5月8日閲覧。
  39. ^ a b State Street Trust Company; Walton Advertising and Printing Company (1922) (TXT). Boston: one hundred years a city. 2. Boston: State Street Trust Company. https://archive.org/stream/bostononehundred02stat/bostononehundred02stat_djvu.txt 2009年4月20日閲覧。 
  40. ^ "The Boston Belting Company, Roxbury India Rubber Company, and Charles Goodyear", November 8, 2011
  41. ^ 伊藤章治『ジャガイモの世界史』中公新書、2008年、62頁。ISBN 978-4-12-101930-1 
  42. ^ People & Events: Boston's Immigrant Population”. WGBH/PBS Online (American Experience) (2003年). 2007年5月4日閲覧。
  43. ^ Thomas H. O'Connor, Bibles Brahmins ans Bosses: A History of Boston, Trustees of the Public Library of the City of Boston, 1991, p.87.
  44. ^ 小室輝久 「一九世紀中葉ボストン市の救貧行政改革」 法律論叢 78(4・5), 59-80, 2006-03
  45. ^ Boston African American National Historic Site”. National Park Service (2007年4月28日). 2007年5月8日閲覧。
  46. ^ 1860年生、1932年没。父はエイモス・ジョンソン
  47. ^ Fugitive Slave Law”. The Massachusetts Historical Society. 2009年5月2日閲覧。
  48. ^ The "Trial" of Anthony Burns”. The Massachusetts Historical Society. 2009年5月2日閲覧。
  49. ^ 150th Anniversary of Anthony Burns Fugitive Slave Case”. Suffolk University (2004年4月24日). 2008年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月2日閲覧。
  50. ^ William P. Fall, "Celebrating Cunningham Park’s Centennial Anniversary", Spring 2005, Newsletter of the Milton Historical Society
  51. ^ Edward Crosby Johnson, II は、サミュエル・ジョンソン(1860-1932)の一人息子。
  52. ^ The History of Land Fill in Boston”. iBoston.org (2006年). 2006年1月9日閲覧。
  53. ^ なお参照:Howe, Jeffery (1996年). “Boston: History of the Landfills”. Boston College. 2007年4月30日閲覧。
  54. ^ Historical Atlas of Massachusetts. University of Massachusetts. (1991). pp. 37 
  55. ^ Collins, Monica (2005年8月7日). “Born Again”. The Boston Globe. 2007年5月8日閲覧。
  56. ^ Roessner, Jane. "A Decent Place to Live: from Columbia Point to Harbor Point – A Community History," Boston: Northeastern University Press, c2000. Cf. p.80, "The Columbia Point Health Center: The First Community Health Center in the Country."
  57. ^ Cf. Roessner, p.293. "The HOPE VI housing program, inspired in part by the success of Harbor Point, was created by legislation passed by Congress in 1992."
  58. ^ Feeney, Mark; Mehegan, David (2005年4月15日). “Atlantic, 148-year institution, leaving city”. The Boston Globe. 2007年3月31日閲覧。
  59. ^ Birmingham, Stephen (1967). Our Crowd: The Great Jewish Families of New York. New York: Harper & Row.
  60. ^ Elevation data—Boston”. U.S. Geological Survey (2007年). 2007年2月19日閲覧。
  61. ^ Bellevue Hill, Massachusetts”. Peakbagger.com (2007年). 2007年3月21日閲覧。
  62. ^ アーカイブされたコピー”. 2004年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2004年2月3日閲覧。
  63. ^ Kings Chapel Burying Ground, USGS Boston South (MA) Topo Map”. TopoZone (2006年). 2007年4月29日閲覧。
  64. ^ Boston - A City of Neighborhoods”. City of Boston. 2009年6月18日閲覧。
  65. ^ Boston Skyscrapers”. Emporis.com (2005年). 2005年5月15日閲覧。
  66. ^ About the SEHS”. South End Historical Society (2007年). 2007年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月19日閲覧。
  67. ^ Boston Common”. CelebrateBoston.com (2006年). 2007年2月19日閲覧。
  68. ^ Franklin Park”. City of Boston (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  69. ^ Boston Daily Normals”. NWS Taunton, MA (2006年). 2006年4月19日閲覧。
  70. ^ Boston Temperature Records”. NWS Taunton, MA (2006年). 2006年2月9日閲覧。
  71. ^ Weather”. City of Boston Film Bureau (2007年). 2007年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月29日閲覧。
  72. ^ Historical Weather for Boston, Massachusetts, United States of America”. Weatherbase (2008年). 2008年4月6日閲覧。
  73. ^ Massachusetts—Climate”. city-data.com (Thomson Gale) (2005年). 2007年4月29日閲覧。
  74. ^ May in the Northeast”. Intellicast.com (2003年). 2009年5月23日閲覧。
  75. ^ Wangsness, Lisa (2005年10月30日). “Snowstorm packs October surprise”. The Boston Globe. 2007年4月29日閲覧。
  76. ^ Ryan, Andrew (2007年7月11日). “Sea breeze keeps Boston 25 degrees cooler while others swelter”. The Boston Globe. 2009年3月31日閲覧。
  77. ^ Ryan, Andrew (2008年6月9日). “Boston sea breeze drops temperature 20 degrees in 20 minutes”. The Boston Globe. 2009年3月31日閲覧。
  78. ^ NowData - NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2011年12月14日閲覧。
  79. ^ Climatological Normals of Boston”. Hong Kong Observatory. 2010年5月11日閲覧。
  80. ^ American FactFinder”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  81. ^ 2005 challenges”. United States Census Bureau (2007年2月16日). 2007年4月28日閲覧。
  82. ^ a b Boston city, Massachusetts—DP-1, Profile of General Demographics Characteristics: 2000”. United States Census Bureau (2000年). 2007年5月4日閲覧。
  83. ^ Boston city, Massachusetts—DP-3. Profile of Selected Economic Characteristics: 2000”. United States Census Bureau (2000年). 2007年5月4日閲覧。
  84. ^ US Cities Over 100,000: Ranked by Population Density: 1990”. Wendell Cox Consultancy. 2007年10月1日閲覧。
  85. ^ Boston's Population Doubles—Every Day” (pdf). Boston Redevelopment Authority—Insight Reports. 2009年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月23日閲覧。
  86. ^ 2007 ACS Demographic and Housing Estimates: Boston
  87. ^ Boston, Massachusetts”. Sperling's BestPlaces (2009年). 2009年5月23日閲覧。
  88. ^ Boston city, Massachusetts—DP-2, Profile of Selected Social Characteristics: 2000”. United States Census Bureau (2000年). 2007年5月4日閲覧。
  89. ^ “12.9% in Seattle are gay or bisexual, second only to S.F., study says”. The Seattle Times (The Seattle Times Company). (2006年). http://seattletimes.nwsource.com/ABPub/zoom/html/2003432941.html 2009年5月1日閲覧。 
  90. ^ 不況の米国で犯罪が減る不思議 - このときの市警本部長ウイリアム・ブラットンはその手腕を買われてニューヨーク市警本部長に任命され、「ニューヨークの奇跡」と呼ばれる犯罪率の激減をもたらした(JBpress
  91. ^ a b Winship, Christopher (2002年3月). “End of a Miracle?” (pdf). Harvard University. 2007年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月19日閲覧。
  92. ^ Boston Police Department's Monthly Crime Statistics”. CityOfBoston.gov (2005年). 2009年5月23日閲覧。
  93. ^ Boston MA Crime Statistics (2004—New Crime Data)”. areaConnect.com (2007年). 2007年2月19日閲覧。
  94. ^ Leadership Through Innovation: The History of Boston's Economy” (pdf). Boston Redevelopment Authority (2003年). 2009年5月23日閲覧。
  95. ^ Top 100 NIH Cities”. SSTI.org (2004年). 2007年2月19日閲覧。
  96. ^ Boston Economy”. Advameg Inc. (2007年). 2007年6月20日閲覧。
  97. ^ 革新的都市ランキング、NYが首位 東京は2位に後退(写真=ロイター)”. 日本経済新聞 (2019年11月13日). 2021年11月13日閲覧。
  98. ^ 米民間調査、2021年世界の都市別スタートアップ・エコシステム・ランキングを発表(米国) | ビジネス短信”. ジェトロ. 2021年11月13日閲覧。
  99. ^ This is BCG—History—1963”. The Boston Consulting Group (2007年). 2009年5月23日閲覧。
  100. ^ Cities of the World—Boston Economy”. city-data.com (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  101. ^ AeA ranks Atlanta 10th-largest U.S. cybercity.
  102. ^ About the Port—History”. Massport (2007年). 2007年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月28日閲覧。
  103. ^ About Logan”. Massport (2007年). 2007年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月9日閲覧。
  104. ^ Census and You” (pdf). US Census Bureau. pp. 12 (1996年1月). 2007年2月19日閲覧。
  105. ^ a b Boston: Light Rail Transit Overview”. Light Rail Progress (2003年5月). 2007年2月19日閲覧。
  106. ^ Westwood—Route 128 Station, MA (RTE)”. Amtrak (2007年). 2007年5月9日閲覧。
  107. ^ Downeaster. P2. Amtrak. 2016年5月23日. 2016年7月3日閲覧 (PDFファイル)
  108. ^ Shurtleff, Arthur A. (January 1911). “The Street Plan of the Metropolitan District of Boston”. Landscape Architecture 1: 71–83. 
  109. ^ MacLaughlin, Nina (2006). “Boston Can Be Bike City...If You Fix These Five Big Problems”. The Phoenix - Bicycle Bible 2006. 
  110. ^ Bicycle Commuting and Facilities in Major U.S. Cities: If You Build Them, Commuters Will Use Them—Another Look” (pdf). Dill bike facilities. pp. 5 (2003年). 2007年4月4日閲覧。
  111. ^ Boston People”. city-data.com (2007年). 2007年5月5日閲覧。
  112. ^ Phelan, Joseph (November 2004). “Boston Marathon”. Artcyclopedia. 
  113. ^ Baker, Billy (2008年5月25日). “Wicked good Bostonisms come, and mostly go”. The Boston Globe. Boston.com. 2009年5月2日閲覧。
  114. ^ Who We Are”. Handel and Haydn Society (2007年). 2007年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月28日閲覧。
  115. ^ About Boston Harborfest!”. Boston Harborfest. 2013年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月23日閲覧。
  116. ^ Frequently Asked Questions”. Boston 4 Celebrations Foundation (2009年). 2009年5月23日閲覧。
  117. ^ General Information: Introduction and History”. Boston Athenæum (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  118. ^ Wardrop, Josh B. (2006年9月25日). “A look at the Hub’s place in rock ’n’ roll history”. Panorama Magazine. 2009年5月23日閲覧。
  119. ^ Faneuil Hall Boston, the Cradle of Liberty”. CelebrateBoston.com. 2009年4月11日閲覧。
  120. ^ The Freedom Trail: For Visitors”. The Freedom Trail Foundation. 2009年6月26日閲覧。
  121. ^ Weiss, Adam (2007年3月26日). “Inside the Boston Accent Podcast”. Boston Behind the Scenes. 2009年5月2日閲覧。
  122. ^ Keefe, Patrick Radden (2007年10月22日). “Ben Affleck's Boston in Gone Baby Gone”. Slate Magazine. The Washington Post Company. 2009年5月2日閲覧。
  123. ^ Voices – The Voices Recordings”. BBC. 2009年5月2日閲覧。
  124. ^ History of the Union Oyster House. Union Oyster House, Boston, MA”. Union Oyster House. 2010年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月14日閲覧。
  125. ^ WriteBoston – T.i.P”. City of Boston (2007年). 2009年5月23日閲覧。
  126. ^ Arbitron - Market Ranks and Schedule, 1–50”. Arbitron (Fall 2005). 2007年2月18日閲覧。
  127. ^ DMA Listing”. Nielsen Media (2006年). 2007年2月18日閲覧。
  128. ^ The Route 128 tower complex”. The Boston Radio Archives (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  129. ^ Fenway Park”. ESPN.com. 2009年4月1日閲覧。
  130. ^ 1903 World Series—Major League Baseball: World Series History”. Major League Baseball at MLB.com (2007年). 2009年5月23日閲覧。
  131. ^ Bill Nowlin (2008年). “The Boston Pilgrims Never Existed”. Baseball Almanac. 2008年4月3日閲覧。
  132. ^ Braves History”. MLB.com. 2009年5月2日閲覧。
  133. ^ National Hockey League (NHL) Expansion History”. Rauzulu's Street. 2009年4月1日閲覧。
  134. ^ NBA History – NBA Growth Timetable”. Basketball.com. 2009年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月1日閲覧。
  135. ^ NBA Finals: All-Time Champions”. NBA (2007年). 2007年2月20日閲覧。
  136. ^ The History of the New England Patriots”. New England Patriots (2007年). 2011年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月29日閲覧。
  137. ^ Bruins drop Canucks for first Stanley Cup title since 1972”. USA TODAY. 2011年8月24日閲覧。
  138. ^ Win would truly make Boston Title Town”. ESPN BOSTON (2011年). 2011年8月24日閲覧。
  139. ^ Bertagna, Joe (2001年12月27日). “The Beanpot At 50 - Still Inspiring and Still Growing”. Beanpot Hockey. 2007年4月28日閲覧。
  140. ^ B.A.A. Boston Marathon Race Facts”. Boston Athletic Association (2007年). 2007年4月29日閲覧。
  141. ^ Patriots’ Day and the Red Sox”. Red Sox Connection (2007年). 2009年5月23日閲覧。
  142. ^ The Boston Public Schools at a Glance: School Committee”. Boston Public Schools (2007年3月14日). 2007年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月28日閲覧。
  143. ^ A Guide to the City of Boston's Zoning Board of Appeal Process” (PDF). City of Boston (2000年10月). 2007年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月14日閲覧。
  144. ^ Massachusetts Federal Buildings”. United States General Services Administration (2007年2月1日). 2010年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月29日閲覧。
  145. ^ Massachusetts's Representatives—Congressional District Maps”. GovTrack.us (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  146. ^ About Boston”. Bunker Hill Community College (2006年). 2007年6月1日閲覧。
  147. ^ Largest Employers in the City of Boston” (PDF). Boston Redevelopment Authority (1996-1997). 2009年5月23日閲覧。
  148. ^ History of NESL”. New England School of Law (2006年). 2009年5月23日閲覧。
  149. ^ Laczkoski, Michelle (2006年2月27日). “BC outlines move into Allston-Brighton”. The Daily Free Press (Boston University). 2009年5月23日閲覧。
  150. ^ A Brief History of New England Conservatory”. New England Conservatory of Music (2007年). 2008年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月28日閲覧。
  151. ^ Kladko, Brian (2007年4月20日). “Crimson Tide”. Boston Business Journal. 2007年4月28日閲覧。
  152. ^ Van Sack, Jessica (2006年1月9日). “College’s students extend giving hands” (英語). The Patriot Ledger. http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_action=print&p_docid=12733565A0927C58 2009年5月29日閲覧。 
  153. ^ The Best Education in the Biggest Cities”. Forbes. (2002). 
  154. ^ Boston public schools”. Boston Globe (2005年11月3日). 2007年9月29日閲覧。
  155. ^ About Boston Public Schools”. United Nations Association of the United States of America. 2009年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月30日閲覧。
  156. ^ http://www.bostonyouthzone.com/teenzone/employment/byf/
  157. ^ Overview”. MASCO—Medical Academic and Scientific Community Organization (2007年). 2007年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月21日閲覧。
  158. ^ Facility Listing Report”. United States Department of Veterans Affairs (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  159. ^ MGH Havard”. 2009年1月7日閲覧。
  160. ^ Boston Medical Center—Facts” (pdf). Boston Medical Center (2006年11月). 2007年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月21日閲覧。
  161. ^ Boston Medical Center”. Children's Hospital Boston (2007年). 2007年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月14日閲覧。
  162. ^ About BWSC”. Boston Water and Sewer Commission. 2009年5月23日閲覧。
  163. ^ "Your Drinking Water: Massachusetts Water Resources Authority, 2006 Drinking Water Report" (Press release). Massachusetts Water Resources Authority. 19 June 2007. {{cite press release2}}: |access-date=を指定する場合、|url=も指定してください。 (説明)
  164. ^ Massachusetts News and Analysis”. US Department of Health and Human Services - National Energy Affordability and Accessibility Project (2003年9月). 2009年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月28日閲覧。
  165. ^ Boston Utilities”. Boston Central (2004年). 2007年4月28日閲覧。
  166. ^ a b c Boston Sister Cities”. The City of Boston. 2009年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月5日閲覧。
  167. ^ 京都市の姉妹都市(世界地図)”. 京都市情報館. 京都市総合企画局. 2009年10月25日閲覧。
  168. ^ Twinning, cooperation and international solidarity” (French). Strasbourg.eu. 2009年4月5日閲覧。
  169. ^ Boston Strasbourg Sister City Association”. Boston-Strasbourg Sister City Association (BSSCA). 2009年4月5日閲覧。
  170. ^ Twinning agreements – Boston”. Barcelona City Council. 2009年4月5日閲覧。
  171. ^ The twin cities of Padua” (Italian). Padovanet. Comune di Padova (2008年6月4日). 2009年4月5日閲覧。
  172. ^ Sister cities – Boston”. City of Melbourne. 2009年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月5日閲覧。
  173. ^ International Sister Cities”. Taipei City Council. 2011年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月5日閲覧。
  174. ^ US Trip: Ma Meets Boston Mayor”. Taipei City Government (2006年3月23日). 2009年4月5日閲覧。
  175. ^ Town twinning”. Boston Borough Council. 2009年4月5日閲覧。
  176. ^ Partnership of the Historic Bostons”. Partnership of the Historic Bostons. 2009年4月5日閲覧。
  177. ^ Boston” (Hebrew). Haifa Municipality. 2009年4月5日閲覧。
  178. ^ Press Office of the Municipality of Valladolid (2007年9月18日). “Valladolid and Boston have signed a protocol of friendship between the two cities” (Spanish). Ayuntamiento de Valladolid. 2009年4月5日閲覧。






ボストンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボストン」の関連用語

ボストンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボストンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボストン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS