ホウ素 生産

ホウ素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/28 07:31 UTC 版)

生産

ホウ素化合物の生産はホウ酸塩が容易に入手可能なため、単体ホウ素を経由せずに生産される。

初期の単体ホウ素の合成方法は、ホウ酸をマグネシウムもしくはアルミニウムを用いて還元することによって生産されていた。しかしこの方法では純粋な単体ホウ素を得ることができず、常に金属ホウ化物が不純物として混在した。純粋な単体ホウ素は、揮発性のハロゲン化ホウ素を高温条件下で水素還元させることによって得られる。半導体産業で用いられる超高純度ホウ素は、高温条件下でのジボランの分解によって合成され、その後ゾーンメルト法チョクラルスキー法によってさらに精製される[102]

ホウ素の同位体である10Bは高い中性子吸収能を有するが、天然ホウ素中の同位体存在率はおよそ20 %でしかないため、同位体を分離して10Bを濃縮する必要がある。その方法としては、蒸留法や化学的交換法があり、蒸留法では低沸点のホウ素化合物であるハロゲン化ホウ素を用いた低温蒸留が、化学的交換法では有機ホウフッ化化合物を用いた気液交換反応が利用される[103]。また、蒸留法と化学的交換法を組み合わせた化学交換蒸留法という方法も開発されており[85]、現代の濃縮ホウ素の生産のほとんどは化学交換蒸留法によって行われている[104]

市場動向

2014年の世界のホウ素の生産量は鉱石ベースで372万トンであり、そのうち177万トンはトルコで生産された[95]。B2O3換算での世界のホウ酸塩の生産能力は2008年には年間200万トン以下であったが、2012年はおよそ年間220万トンまで増加している[99]アメリカ地質調査所が2015年に発表したMineral Commodity Summariesでは、ホウ酸塩の世界需要はアジアや南米での需要の伸びに牽引されて継続的に増加すると予測されている。また、ヨーロッパなどでは地球温暖化対策として建築物のエネルギー収支を改善するために建築基準がより厳しく改正されたため、断熱ガラス用途のホウ素の需要が伸びるとも予想されており、それらに伴って世界的なホウ酸塩の生産量は増加すると見られている[95]

世界で産業利用されているおもなホウ素鉱石はコールマン石英語版ウレキサイトホウ砂ケルナイト英語版の4つであり、この4種類の鉱石でホウ素生産の90 %が賄われている。これらの鉱石は主にナトリウム含有量の差によって使い分けられており、たとえばウレキサイトはホウ酸の、ホウ砂は四ホウ酸ナトリウムの原料として利用されている[95]。ホウ素の主要な用途の一つであるガラス向けにはナトリウム含有量が低いことが求められるため、主要な4鉱石の中で唯一ナトリウム塩でなくカルシウム塩 (CaB6O11) を主成分としているコールマン石が有用な原料として利用されている。しかしながらコールマン石には不純物として多くのヒ素も含有されているため、近年の環境規制の強化に伴ってその処理が問題となっている。たとえば、アメリカのニューメキシコ州マグダレナ近郊では高品質のコールマン石が産出されるが、ヒ素含有量の多さのため鉱山建設が幾度も延期されている。このようなヒ素処理の問題は、ホウ素生産量の伸びを制限する要因にもなっている[99]

ホウ素の主要な生産者は、アメリカの「リオ・ティント」グループトルコ国営企業である「Eti Mine Works」の2社である。リオ・ティントはカリフォルニアにある露天掘りの鉱山からホウ砂およびケルナイトを生産しており、2012年にはこの鉱山のみで世界のホウ素生産量の25 %を賄っている。Etiはトルコ全域におけるホウ素鉱石の採掘権を有しており、2012年の世界のホウ素生産量の50 %弱を賄っている[99]中国には3,200万トンのホウ素鉱石が埋蔵されていると見積もられているが[95]、アメリカやトルコで産出するホウ素鉱石がおよそ25–30 %のB2O3を含むのに対して、中国産のものではおよそ8.4 %とB2O3含有量が少なく低品位である[105]。そのため、高品質なホウ酸塩の急速な需要増を補うために、中国の四ホウ酸ナトリウムの輸入量は2000年から2005年までに100倍も増加し、同期間中のホウ酸の輸入量も年に28 %ずつ増加した[106][107]。アメリカ地質調査所のMineral Commodity Summaries (2015) においても、中国の輸入量は2015年以降も増加していくと予測されている[95]


  1. ^ Fernando, W.T.M.L.; O'Brien, L.C.; Bernath, P.F. (1990). “Fourier Transform Spectroscopy: B4Σ−X4Σ. J. Chem. Phys. 93: 8482. Bibcode1990JChPh..93.8482F. doi:10.1063/1.459287. オリジナルの2012-07-31時点におけるアーカイブ。. https://webcitation.org/69YsDcX0o?url=http://bernath.uwaterloo.ca/media/78.pdf. 
  2. ^ Etymology of Elements”. Innvista. 2009年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月6日閲覧。
  3. ^ Shipley, Joseph T. (2001). The Origins of English Words: A Discursive Dictionary of Indo-European Roots. JHU Press. ISBN 978-0-8018-6784-2. https://books.google.co.jp/books?id=m1UKpE4YEkEC&pg=PA83&redir_esc=y&hl=ja 
  4. ^ a b c d 斉藤 (1965) 4頁。
  5. ^ 斉藤 (1965) 3-4頁。
  6. ^ 地熱エネルギー入門(翻訳)序章”. 日本地熱学会. 2014年1月19日閲覧。
  7. ^ a b Garrett, Donald E. (1998). Borates: handbook of deposits, processing, properties, and use. Academic Press. pp. 102; 385-386. ISBN 0-12-276060-3 
  8. ^ a b Calvert, J. B.. “Boron”. University of Denver. 2009年5月5日閲覧。
  9. ^ Hildebrand, G. H. (1982) "Borax Pioneer: Francis Marion Smith." San Diego: Howell-North Books. p. 267 ISBN 0-8310-7148-6
  10. ^ a b Gay Lussac, J.L. and Thenard, L.J. (1808) "Sur la décomposition et la recomposition de l'acide boracique," Annales de chimie [later: Annales de chemie et de physique], vol. 68, pp. 169-174.
  11. ^ a b Davy H (1809). “An account of some new analytical researches on the nature of certain bodies, particularly the alkalies, phosphorus, sulphur, carbonaceous matter, and the acids hitherto undecomposed: with some general observations on chemical theory”. Philosophical Transactions of the Royal Society of London 99: 33-104. doi:10.1098/rstl.1809.0005. https://books.google.co.jp/books?id=gpwEAAAAYAAJ&pg=PA140&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q&f=false. 
  12. ^ Weeks, Mary Elvira (1933). “XII. Other Elements Isolated with the Aid of Potassium and Sodium: Beryllium, Boron, Silicon and Aluminum”. The Discovery of the Elements. Easton, PA: Journal of Chemical Education. p. 156. ISBN 0-7661-3872-0. https://books.google.com/books?id=SJIk9BPdNWcC&pg=PA156 
  13. ^ ベルセリウスはホウフッ化塩の還元、特にホウフッ化カリウムを金属カリウムとともに加熱することでホウ素を単離した。以下を参照のこと。Berzelius, J. (1824) "Undersökning af flusspatssyran och dess märkvärdigaste föreningar" (Part 2) (Investigation of hydrofluoric acid and of its most noteworthy compounds), Kongliga Vetenskaps-Academiens Handlingar (Proceedings of the Royal Science Academy), vol.12, pp.46-98; 特にpp.88ff. Reprinted in German as: Berzelius, J. J. (1824) "Untersuchungen über die Flußspathsäure und deren merkwürdigste Verbindungen", Poggendorff's Annalen der Physik und Chemie, vol. 78, pages 113-150.
  14. ^ Weintraub, Ezekiel (1910). “Preparation and properties of pure boron”. Transactions of the American Electrochemical Society 16: 165-184. https://books.google.co.jp/books?id=e5USAAAAYAAJ&pg=PA165&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q&f=false. 
  15. ^ a b Laubengayer, A. W.; Hurd, D. T.; Newkirk, A. E.; Hoard, J. L. (1943). “Boron. I. Preparation and Properties of Pure Crystalline Boron”. Journal of the American Chemical Society 65 (10): 1924-1931. doi:10.1021/ja01250a036. 
  16. ^ Borchert, W. ; Dietz, W. ; Koelker, H. (1970). “Crystal Growth of Beta-Rhombohedrical Boron”. Zeitschrift für Angewandte Physik 29: 277. OSTI 4098583. 
  17. ^ 斉藤 (1965) 5頁。
  18. ^ 村上 (2004) 70頁。
  19. ^ a b c SYNTHESIS AND CHARACTERIZATION OF MgB2 SUPERCONDUCTING WIRES”. p. 3 (2008年). 2014年1月11日閲覧。
  20. ^ a b Boron, B”. Testbourne Ltd.. 2014年1月11日閲覧。
  21. ^ 宇野、木村 (2008) 11頁。
  22. ^ コットン、ウィルキンソン (1987)、286頁。
  23. ^ コットン、ウィルキンソン (1987)、285頁。
  24. ^ 櫻井、鈴木、中尾 (2003)、33頁。
  25. ^ 白井 (2008) 43頁。
  26. ^ a b c d e Holleman, Arnold F.; Wiberg, Egon; Wiberg, Nils; (1985). “Bor” (German). Lehrbuch der Anorganischen Chemie (91-100 ed.). Walter de Gruyter. pp. 814-864. ISBN 3-11-007511-3 
  27. ^ コットン、ウィルキンソン (1987)、286-287頁。
  28. ^ コットン、ウィルキンソン (1987)、292頁。
  29. ^ a b コットン、ウィルキンソン (1987) 301頁。
  30. ^ 斉藤 (1965) 79頁。
  31. ^ a b 斉藤 (1965) 80頁。
  32. ^ N. N. Greenwood、A. Earnshaw (1997). Chemistry of the Elements. Elsevier. pp. 152, 155. ISBN 0080501095 
  33. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 308頁。
  34. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 300頁。
  35. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 311頁。
  36. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 312-313頁。
  37. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 314頁。
  38. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 316頁。
  39. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 315頁。
  40. ^ 櫻井、鈴木、中尾 (2003) 38-39頁。
  41. ^ 斉藤 (1965) 95-97頁。
  42. ^ 炭素入門”. 東洋炭素. 2014年1月16日閲覧。
  43. ^ Engler, M. (2007). “Hexagonal Boron Nitride (hBN) - Applications from Metallurgy to Cosmetics”. Cfi/Ber. DKG 84: D25. ISSN 0173-9913. http://www.esk.com/uploads/tx_userjspresseveroeff/PR_0712_CFI_12-2007_Hexagonales-BN_e_01.pdf. 
  44. ^ Greim, Jochen and Schwetz, Karl A. (2005). Boron Carbide, Boron Nitride, and Metal Borides, in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry. Wiley-VCH: Weinheim. doi:10.1002/14356007.a04_295.pub2 
  45. ^ 斉藤 (1965) 167頁。
  46. ^ a b コットン、ウィルキンソン (1987)、289頁。
  47. ^ 斉藤 (1965) 167-168頁。
  48. ^ コットン、ウィルキンソン (1987)、290頁。
  49. ^ 斉藤 (1965) 177頁。
  50. ^ a b 鉱物資源マテリアフロー ホウ素 (B)”. 石油天然ガス・金属鉱物資源機構. 2014年1月25日閲覧。
  51. ^ 斉藤 (1965) 181頁。
  52. ^ 土浦宏紀、栂裕太、守谷浩志、佐久間昭正 (2009). “Nd2Fe14B永久磁石の磁気異方性”. 固体物理 (アグネ技術センター) 44 (10). http://www.apph.tohoku.ac.jp/kiso/files/0910_kotai.pdf 2014年1月25日閲覧。. 
  53. ^ a b コットン、ウィルキンソン (1987)、316-319頁。
  54. ^ 斉藤 (1965) 134頁。
  55. ^ Wiberg 2001, p. 930.
  56. ^ a b Housecroft & Sharpe 2008, p. 331.
  57. ^ Donohue 1982, p. 48.
  58. ^ Lundström, T (2009). "The solubility in the various modifications of boron". In Zuckerman, J. J.; Hagen, A. P. (eds.). Inorganic reactions and methods. Vol. 13: The formation of bonds to group-I, -II, and -IIIB elements. New York: John Wiley & Sons. pp. 196–97. ISBN 0470145498
  59. ^ a b Oganov, A. R.; Chen, J.; Ma, Y.; Glass, C. W.; Yu, Z.; Kurakevych, O. O.; Solozhenko, V. L. (2009-02-12). “Ionic high-pressure form of elemental boron”. Nature 457 (7027): 863-868. arXiv:0911.3192. Bibcode2009Natur.457..863O. doi:10.1038/nature07736. PMID 19182772. 
  60. ^ Wentorf Jr, R. H. (1965). “Boron: Another Form”. Science 147 (3653): 49-50 (Powder Diffraction File database (CAS number 7440-42-8)). Bibcode1965Sci...147...49W. doi:10.1126/science.147.3653.49. PMID 17799779. 
  61. ^ Hoard, J. L.; Sullenger, D. B.; Kennard, C. H. L.; Hughes, R. E. (1970). “The structure analysis of β-rhombohedral boron”. J. Solid State Chem. 1 (2): 268-277. Bibcode1970JSSCh...1..268H. doi:10.1016/0022-4596(70)90022-8. 
  62. ^ Will, G.; Kiefer, B. (2001). “Electron Deformation Density in Rhombohedral a-Boron”. Zeitschrift für anorganische und allgemeine Chemie 627 (9): 2100. doi:10.1002/1521-3749(200109)627:9<2100::AID-ZAAC2100>3.0.CO;2-G. 
  63. ^ Talley, C. P.; LaPlaca, S.; Post, B. (1960). “A new polymorph of boron”. Acta Crystallogr. 13 (3): 271. doi:10.1107/S0365110X60000613. 
  64. ^ Solozhenko, V. L.; Kurakevych, O. O.; Oganov, A. R. (2008). “On the hardness of a new boron phase, orthorhombic γ-B28”. Journal of Superhard Materials 30 (6): 428-429. doi:10.3103/S1063457608060117. 
  65. ^ a b c Zarechnaya, E. Yu.; Dubrovinsky, L.; Dubrovinskaia, N.; Filinchuk, Y.; Chernyshov, D.; Dmitriev, V.; Miyajima, N.; El Goresy, A. et al. (2009). “Superhard Semiconducting Optically Transparent High Pressure Phase of Boron”. Phys. Rev. Lett. 102 (18): 185501. Bibcode2009PhRvL.102r5501Z. doi:10.1103/PhysRevLett.102.185501. PMID 19518885. 
  66. ^ Nelmes, R. J.; Loveday, J. S.; Allan, D. R.; Hull, S.; Hamel, G.; Grima, P.; Hull, S. (1993). “Neutron- and x-ray-diffraction measurements of the bulk modulus of boron”. Phys. Rev. B 47 (13): 7668. Bibcode1993PhRvB..47.7668N. doi:10.1103/PhysRevB.47.7668. 
  67. ^ Madelung, O., ed (1983). Landolt-Bornstein, New Series. 17e. Berlin: Springer-Verlag 
  68. ^ Kumashiro, Y, ed (2000). “Boron and boron-rich compounds”. Electric Refractory Materials. New York: Marcel Dekker. pp. 589‒654 (633, 635). ISBN 082470049X 
  69. ^ Barth, S. (1997). “Boron isotopic analysis of natural fresh and saline waters by negative thermal ionization mass spectrometry”. Chemical Geology 143 (3-4): 255-261. doi:10.1016/S0009-2541(97)00107-1. 
  70. ^ Liu, Z. (2003). “Two-body and three-body halo nuclei”. Science China Physics, Mechanics & Astronomy 46 (4): 441. Bibcode2003ScChG..46..441L. doi:10.1360/03yw0027. 
  71. ^ G. シャルロー 著、曽根興二、田中元治 訳『定性分析化学II ―溶液中の化学反応』共立出版、1974年、572-573頁。 
  72. ^ a b c d e 肥料分析法(農林水産省農業環境技術研究所法)”. 農林水産消費安全技術センター. 2014年3月8日閲覧。
  73. ^ 環境保健クライテリア No.204 ホウ素”. 国立医薬品食品衛生研究所. p. 1. 2014年3月8日閲覧。
  74. ^ 日本工業規格 JIS K 8863、JIS H 0102
  75. ^ a b c 吉田和久、竹原公、原田義一 (2013). “ホウ素の新しい電気化学的分析方法”. THE CHEMICAL TIMES (関東化学) 228 (2). http://www.kanto.co.jp/times/pdf/CT_228_01.pdf. 
  76. ^ a b 日本工業規格 JIS G 1227 附属書1
  77. ^ 日本工業規格 JIS G 1227 附属書2-5
  78. ^ 厚生労働省『食品衛生検査指針 理化学編』日本食品衛生協会、2005年、438-440頁。ISBN 978-4889250039 
  79. ^ Azomethine H”. 同仁化学研究所. 2014年3月9日閲覧。
  80. ^ 日本工業規格 JIS G 1227 附属書5
  81. ^ 篠原敏雄 ほか (2003). “陰イオン交換分離/誘導結合プラズマ発光分析法による鉄鋼中ホウ素の定量”. 分析化学 (日本分析化学会) 52 (9): 851. doi:10.2116/bunsekikagaku.52.851. https://doi.org/10.2116/bunsekikagaku.52.851. 
  82. ^ 斉藤 (1965) 52-53頁。
  83. ^ 公開特許公報 2002-350369、財団法人電力中央研究所、"ホウ素濃度の計測方法およびこれを利用する計測装置"
  84. ^ 閔庚薫、鈴木俊夫. “ガラス構造の分光学的解析技術”. 旭硝子研究報告 59: 29-30. https://www.agc.com/english/rd/library/2009/59-05.pdf. 
  85. ^ a b 宍戸、岡田 (2008) 156頁。
  86. ^ Haruyuki Yasui, Kaoru Awazu, Noriaki Ikenaga, Noriyuki Sakudo (2008). “Synthesis and characterization of BN thin films prepared by plasma MOCVD with organoboron precursors”. Vacuum 83 (3): 582-584. doi:10.1016/j.vacuum.2008.04.030. 
  87. ^ 余語利信、松雄茂、中重治 (1987). “トリアンモニアデカボランとアンモニアからの窒化ホウ素の合成(2. 気相反応法)(<特集>新技術によるセラミックスの合成と評価(I))”. 窯業協會誌 (社団法人日本セラミックス協会) 95 (No.1097): 105. NAID 110002313558. 
  88. ^ Edward Anders, Mitsuru Ebihara (1982). “Solar-System Abundances of the Elements.”. Geochimica et Cosmochimica Acta 46 (11): 2363-2380. doi:10.1016/0016-7037(82)90208-3. 
  89. ^ 中村航 (2013). “超新星爆発における希少元素合成”. 天文月報 (日本天文学会) 第106巻 (9月号): 598-601. https://www.asj.or.jp/geppou/contents/2013_09.html. 
  90. ^ 斉藤 (1965) 7頁。
  91. ^ 斉藤 (1965) 17、21頁。
  92. ^ a b 環境保健クライテリア No.204 ホウ素”. 国立医薬品食品衛生研究所. 2015年6月2日閲覧。
  93. ^ 斉藤 (1965) 10-13、15頁。
  94. ^ 斉藤 (1965) 25頁。
  95. ^ a b c d e f g h i j k Mineral Commodity Summaries 2015 Boron”. アメリカ地質調査所. 2015年5月28日閲覧。
  96. ^ Kistler, R. B. (1994). “Boron and Borates”. Industrial Minerals and Rocks (Society of Mining, Metallurgy and Exploration, Inc.): 171-186. http://kisi.deu.edu.tr/cahit.helvaci/Boron.pdf. 
  97. ^ Zbayolu, G.; Poslu, K. (1992). “Mining and Processing of Borates in Turkey”. Mineral Processing and Extractive Metallurgy Review 9 (1-4): 245-254. doi:10.1080/08827509208952709. 
  98. ^ Kar, Y.; Şen, Nejdet; Demİrbaş, Ayhan (2006). “Boron Minerals in Turkey, Their Application Areas and Importance for the Country's Economy”. Minerals & Energy - Raw Materials Report 20 (3-4): 2-10. doi:10.1080/14041040500504293. 
  99. ^ a b c d INDUSTRY REPORT //Borates”. STORMCROW CAPITAL LTD.. 2015年5月28日閲覧。
  100. ^ U.S. Borax Boron Mine”. The Center for Land Use Interpretation, Ludb.clui.org. 2013年4月26日閲覧。
  101. ^ Boras”. Rio Tinto (2012年4月10日). 2012年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月26日閲覧。
  102. ^ Berger, L. I. (1996). Semiconductor materials. CRC Press. pp. 37-43. ISBN 0-8493-8912-7 
  103. ^ 斉藤 (1965) 64頁。
  104. ^ 谷内廣明、下条純、萬谷健一 (2003-12). “濃縮ボロン製品の今後の展望”. 神戸製鋼技報 (神戸製鋼) 53 (3). http://www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/53_3/023-025.pdf 2014年1月19日閲覧。. 
  105. ^ Minerals Yearbook 2012 Boron”. アメリカ地質調査所. p. 4. 2015年5月28日閲覧。
  106. ^ The Economics of Boron, 11th edition. Roskill Information Services, Ltd.. (2006). ISBN 0-86214-516-3 
  107. ^ Raw and Manufactured Materials 2006 Overview”. 2009年5月5日閲覧。
  108. ^ 斉藤 (1965) 184頁。
  109. ^ 谷口英嗣、町田嗣樹、齋藤洋輔 (2012). “地学現象の再現実験 : 洗濯糊 (polyvinyl alcohol: PVA) スライムを用いた粘弾性流体の再現”. 城西大学研究年報. 自然科学編 (城西大学) 35: 13-14. http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-09149775-3502. 
  110. ^ 櫻井、鈴木、中尾 (2003) 39-40頁。
  111. ^ 斉藤 (1965) 157-158、165頁。
  112. ^ 櫻井、鈴木、中尾 (2003) 41頁。
  113. ^ a b 2011 Minerals Yearbook”. アメリカ地質調査所. 2014年2月15日閲覧。
  114. ^ Pfaender, H. G. (1996). Schott guide to glass (2 ed.). Springer. p. 122. ISBN 0-412-62060-X 
  115. ^ Herring, H. W. (1966年). “Selected Mechanical and Physical Properties of Boron Filaments”. NASA. 2008年9月20日閲覧。
  116. ^ Layden, G. K. (1973). “Fracture behaviour of boron filaments”. Journal of Materials Science 8 (11): 1581-1589. Bibcode1973JMatS...8.1581L. doi:10.1007/BF00754893. 
  117. ^ Kostick, Dennis S. (2006年). “Mineral Yearbook: Boron” (PDF). United States Geological Survey. 2008年9月20日閲覧。
  118. ^ Cooke, Theodore F. (1991). “Inorganic Fibers—A Literature Review”. Journal of the American Ceramic Society 74 (12): 2959-2978. doi:10.1111/j.1151-2916.1991.tb04289.x. 
  119. ^ Johansson, S.; Schweitz, Jan-Åke; Westberg, Helena; Boman, Mats (1992). “Microfabrication of three-dimensional boron structures by laser chemical processing”. Journal Applied Physics 72 (12): 5956-5963. Bibcode1992JAP....72.5956J. doi:10.1063/1.351904. 
  120. ^ 井上敏也 監修『レコードとレコード・プレーヤー』ラジオ技術社、1979年昭和54年)においてカンチレバーの素材として紹介されている。
  121. ^ DL305”. DENON. 2015年5月10日閲覧。
  122. ^ PUカートリッジ F-8L”. 産業技術史資料データベース. 2015年5月10日閲覧。
  123. ^ AT150MLX”. audio-technica. 2015年5月10日閲覧。
  124. ^ DL1000A”. DENON. 2015年5月10日閲覧。
  125. ^ 音楽再生の頂点を目指した高級スピーカーシステム 「DS-MA1」を発売”. 三菱電機エンジニアリング. 2015年5月10日閲覧。
  126. ^ SC-R99”. DENON. 2015年5月10日閲覧。
  127. ^ May, Gary S.; Spanos, Costas J. (2006). Fundamentals of semiconductor manufacturing and process control. John Wiley and Sons. pp. 51-54. ISBN 0-471-78406-0 
  128. ^ Sherer, J. Michael (2005). Semiconductor industry: wafer fab exhaust management. CRC Press. pp. 39-60. ISBN 1-57444-720-3 
  129. ^ Zschech, Ehrenfried; Whelan, Caroline and Mikolajick, Thomas (2005). Materials for information technology: devices, interconnects and packaging. Birkhäuser. p. 44. ISBN 1-85233-941-1 
  130. ^ 小澤純夫 (2010). “資源問題に直面するモータ用永久磁石の研究動向と課題”. 科学技術動向 (科学技術・学術政策研究所) 2010年9月号: 12. http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/stfc/stt114j/report1.pdf. 
  131. ^ 土浦宏紀、栂裕太、守谷浩志、佐久間昭正 (2009). “Nd2Fe14B永久磁石の磁気異方性”. 固体物理 (アグネ技術センター) 44 (10). http://www.apph.tohoku.ac.jp/kiso/files/0910_kotai.pdf 2014年1月25日閲覧。. 
  132. ^ 使用済み製品からのネオジム磁石の回収・リサイクルシステムに関する調査研究”. 産業環境管理協会 資源・リサイクル促進センター. 2014年4月5日閲覧。
  133. ^ Gogotsi, Y. G. and Andrievski, R.A. (1999). Materials Science of Carbides, Nitrides and Borides. Springer. p. 270. ISBN 0-7923-5707-8 
  134. ^ 原子力用 B4C 制御材”. 日本セラミックス協会. 2014年4月6日閲覧。
  135. ^ Weimer, Alan W. (1997). Carbide, Nitride and Boride Materials Synthesis and Processing. Chapman & Hall (London, New York). ISBN 0-412-54060-6 
  136. ^ Komatsu, T.; Samedima, M.; Awano, T.; Kakadate, Y.; Fujiwara, S. (1999). “Creation of Superhard B-C-N Heterodiamond Using an Advanced Shock Wave Compression Technology”. Journal of Materials Processing Technology 85 (1-3): 69-73. doi:10.1016/S0924-0136(98)00263-5. 
  137. ^ 高圧下溶融法によるヘテロカーボンの合成と電気特性”. 熊本県産業技術センター. 2014年4月6日閲覧。
  138. ^ Wentorf, R. H. (1957). “Cubic form of boron nitride”. J. Chem Phys. 26 (4): 956. Bibcode1957JChPh..26..956W. doi:10.1063/1.1745964. 
  139. ^ 中村 (2008) 132頁。
  140. ^ NEWS SCAN 2007年10月号 低圧で作れる超硬材料”. 日経サイエンス. 2014年4月6日閲覧。
  141. ^ 公開特許公報 H10-251095、科学技術庁無機材質研究所、"二ホウ化レニウム単結晶の製造方法"
  142. ^ Schmidt, Jürgen; Boehling, Marian; Burkhardt, Ulrich; Grin, Yuri (2007). “Preparation of titanium diboride TiB2 by spark plasma sintering at slow heating rate”. Science and Technology of Advanced Materials 8 (5): 376. Bibcode2007STAdM...8..376S. doi:10.1016/j.stam.2007.06.009. 
  143. ^ Solozhenko, V. L.; Kurakevych, Oleksandr O.; Le Godec, Yann; Mezouar, Mohamed; Mezouar, Mohamed (2009). “Ultimate Metastable Solubility of Boron in Diamond: Synthesis of Superhard Diamondlike BC5”. Phys. Rev. Lett. 102 (1): 015506. Bibcode2009PhRvL.102a5506S. doi:10.1103/PhysRevLett.102.015506. PMID 19257210. 
  144. ^ Qin, Jiaqian; He, Duanwei; Wang, Jianghua; Fang, Leiming; Lei, Li; Li, Yongjun; Hu, Juan; Kou, Zili et al. (2008). “Is Rhenium Diboride a Superhard Material?”. Advanced Materials 20 (24): 4780-4783. doi:10.1002/adma.200801471. 
  145. ^ 山本順三「無垢材・無暖房の家―断熱・防音・透湿!奇跡の工法」ISBN 4778201167
  146. ^ 西方里見『最高の断熱・エコ住宅をつくる方法』 ISBN 4767809517
  147. ^ “原子力用 B4C 制御材”. セラミックス 42 (No. 8): 610. (2007). http://www.ceramic.or.jp/museum/contents/pdf/2007_8_04.pdf. 
  148. ^ 原子炉機器(PWR)の原理と構造”. 一般社団法人 高度情報科学技術研究機構. 2015年5月10日閲覧。
  149. ^ 核燃料輸送容器の臨界安全性と遮蔽安全性”. 一般社団法人 高度情報科学技術研究機構. 2015年5月10日閲覧。
  150. ^ 松尾義之 (2011). “鈴木 章 北海道大学名誉教授 人生を決めた2冊の本”. 産学官連携ジャーナル 7 (No. 9): 5-15. https://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2011/09/articles/1109-02/1109-02_article.html. 
  151. ^ 斉藤 (1965) 157-158、187頁。
  152. ^ 京都大学農学部植物栄養学研究室
  153. ^ http://jstshingi.jp/abst/p/07/jst/05/0504.pdf
  154. ^ Ross O. Nable, Gary S. Bañuelos, Jeffrey G. Paull, "Boron toxicity", Plant Soil 193, 181-193 (1997). doi:10.1023/A:1004272227886
  155. ^ http://www.dwlbc.sa.gov.au/land/topics/rootzone/boron.html
  156. ^ Kyoko Miwa, Junpei Takano, Hiroyuki Omori, Motoaki Seki, Kazuo Shinozaki, Toru Fujiwara, "Plants Tolerant of High Boron Levels", Science 318, 1417 (2007). doi:10.1126/science.1146634
  157. ^ Mahler, R. L.. “Essential Plant Micronutrients. Boron in Idaho”. University of Idaho. オリジナルの2009年10月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091001005107/http://info.ag.uidaho.edu/Resources/PDFs/CIS1085.pdf 2009年5月5日閲覧。 
  158. ^ Functions of Boron in Plant Nutrition” (PDF). U.S. Borax Inc.. 2009年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月31日閲覧。
  159. ^ Blevins, Dale G.; Lukaszewski, KM (1998). “Functions of Boron in Plant Nutrition”. Annual Review of Plant Physiology and Plant Molecular Biology 49: 481-500. doi:10.1146/annurev.arplant.49.1.481. PMID 15012243. 
  160. ^ Nielsen, Forrest H. (1998). “Ultratrace elements in nutrition: Current knowledge and speculation”. The Journal of Trace Elements in Experimental Medicine 11 (2-3): 251-274. doi:10.1002/(SICI)1520-670X(1998)11:2/3<251::AID-JTRA15>3.0.CO;2-Q. 
  161. ^ Boron”. PDRhealth. 2008年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月18日閲覧。
  162. ^ Zook, E. G. (1965). “Total boron”. J. Assoc. Off Agric. Chem 48: 850. 
  163. ^ United States. Environmental Protection Agency. Office of Water, U. S. Environmental Protection Agency Staff (1993). Health advisories for drinking water contaminants: United States Environmental Protection Agency Office of Water health advisories. CRC Press. p. 84. ISBN 0-87371-931-X. https://books.google.co.jp/books?id=trUdm-GXchIC&pg=PA84&redir_esc=y&hl=ja 
  164. ^ Vithana, En; Morgan, P; Sundaresan, P; Ebenezer, Nd; Tan, Dt; Mohamed, Md; Anand, S; Khine, Ko; Venkataraman, D; Yong, Vh; Salto-Tellez, M; Venkatraman, A; Guo, K; Hemadevi, B; Srinivasan, M; Prajna, V; Khine, M; Casey, Jr; Inglehearn, Cf; Aung, T (2006-07). “Mutations in sodium-borate cotransporter SLC4A11 cause recessive congenital hereditary endothelial dystrophy (CHED2)”. Nature Genetics 38 (7): 755-7. doi:10.1038/ng1824. ISSN 1061-4036. PMID 16767101. 
  165. ^ Diego G. Ogando et al. (2013-10-01). “SLC4A11 is an EIPA-sensitive Na+ permeable pHi regulator”. American Journal of Physiology - Cell Physiology 305 (7): 16-27. doi:10.1152/ajpcell.00056.2013. 
  166. ^ Nielsen, Forrest H. (1997). Plant and Soil 193 (2): 199. doi:10.1023/A:1004276311956. 
  167. ^ Garrett, Donald E. (1998). Borates. Academic Press. p. 385. ISBN 0-12-276060-3. https://books.google.co.jp/books?id=imMJJP5T5rsC&pg=PA385&redir_esc=y&hl=ja 
  168. ^ Klotz, J. H.; Moss, JI; Zhao, R; Davis Jr, LR; Patterson, RS (1994). “Oral toxicity of boric acid and other boron compounds to immature cat fleas (Siphonaptera: Pulicidae)”. J. Econ. Entomol. 87 (6): 1534-1536. PMID 7836612. 
  169. ^ 化学物質安全性カード 水素化ホウ素ナトリウム”. 国立医薬品食品衛生研究所. 2014年2月1日閲覧。
  170. ^ Environmental Health Criteria 204: Boron”. the IPCS (1998年). 2009年5月5日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホウ素」の関連用語

ホウ素のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホウ素のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホウ素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS