プール 歴史

プール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/31 16:25 UTC 版)

歴史

オリンピック

初期のオリンピックにおいて水泳競技は河川で実施されていた[9]近代オリンピック第1回のアテネオリンピック1896年)の水泳競技はゼア湾で[9]、第2回のパリオリンピック(1900年)の水泳競技はセーヌ川の河畔で[9]、第3回のセントルイスオリンピック1904年)の水泳競技は人工湖で開催された[9]

オリンピックの水泳競技で初めてプールが使用されたのは、1908年ロンドンオリンピックで、陸上競技場のフィールド部分に全長100mのプールが設けられた[9]。しかし、初期のオリンピックプールにはコースロープがなく、1920年アントワープオリンピックで進路妨害の問題が発生したことから、1924年パリオリンピックで初めてコースロープが設置された[9]

なお、2008年北京オリンピックからプール外での水泳競技であるオープンウォータースイミングが正式採用されている[9]

日本

日本では、会津藩校日新館に設けられた水練場あるいは水練水馬池が、最古のプールとされている。当時の藩校の中では、日新館と長州藩校の明倫館の2校を除いて施設が設けられていなかったとも言われている。また日本最古の温水プールは1917年に東京YMCAに開設された。

設備

プールの構造

プール排水口

プールの材質にはRC製、アルミ製、ステンレス製、FRP製などがあるが、FRP製を除いて規格を満たせば水泳競技の公認プールとすることができる[3]

プールの形状は、底面の形状により、フラット(底面が平面)、レギュラー(プール中央に向かって若干勾配。プールサイド側より中央の方が深い)、片寄せ(片側に勾配)、飛び込み兼用、シンクロ兼用、飛び込み用などがある[10]

プールの排水口は、その膨大な水量を素早く排出するため、銭湯などと比べて非常に大きな物が取り付けられている。通常は金網などで安全対策が行われるが、死亡・負傷事故も起きている。金網や柵が外れて全身が吸い込まれたり、金網や柵があって排水口が小さく作られていても、足だけ嵌り込まれたり、身体の一部が強い水流で排水口に密着することが原因である[11]。こうした危険に対処するため、学校用FRP製プールで国内シェアトップのヤマハ発動機では、排水口を複数設置して(1つあたりの)流水圧の低減を図る、排水口部分の構造をL字型にしてその上から金網を張る、といった措置を取っている。同社製のプールでは2016年時点で一度も事故は発生していないという[12]

プールの付帯設備

  • プールフロア
    利用者の身長に合わせてプールの一定の区画の水深を浅くする必要がある場合には、プールフロア(プールの水深を調節するためのプラスチック製の台)が設置される。
  • 可動床
    プールの床面を昇降させ利用目的に適した水深に変えることができるシステム。主として公共プール、学校プールに、約300箇所建設された。屋外プールに設置されたケースもあるが、多くは通年使用の屋内プールに設置されている。
  • 洗浄設備
    プールに入る前の洗浄設備として、足洗い場、シャワー、腰洗い槽などが設置される場合がある[10]
  • 洗面・洗眼・うがい設備
    プールに入った後の洗浄設備として洗面・洗眼・うがい設備が設置される場合がある[10]。学校では出口が上向きで二手に分かれている蛇口(洗眼器、洗眼水栓)の設置が多かったが、目を洗いすぎないよう指導が変更され、設置しない学校も増えている[13]

管理

プールには屋外に設置されだけ使用されるプールと、屋内に設けられていて室温や水温が調節・管理された通年使用可能なタイプがある。またそのうち通常より水温が高めに設定された温水プールもある。防火用水や非常用水の水源として利用される場合は、使用時期以外にも貯水・管理されている(清掃などで水を抜く場合には消防本部への事前通知を要する)が、水質管理までは行われていない施設が大半である。

水質

通常のプールは不特定多数の人間が利用するため、衛生上、水質管理が必要となる。一般的には殺菌消毒のためにプールと付帯施設の足洗い場・腰洗い槽に塩素系消毒剤が加えられている。消毒剤は次亜塩素酸ナトリウム次亜塩素酸カルシウム塩素化イソシアヌール酸のいずれかであり、遊離残留塩素は0.4ppm~1.0ppmを保持しなくてはならない。水道水基準(0.1ppm~1.0ppm)に比較してわずかに高めだが、有機物(人体や汚れ)と接したり太陽光紫外線を浴びることなどによって残留塩素濃度が低下するため、定期的な濃度維持が必要である。加える方法はプール・足洗い場・腰洗い槽に消毒剤を直接投入する方法と塩素供給機器に消毒剤を入れて水に溶かす方法がある[14]

日本では厚生労働省が「遊泳用プールの衛生基準について」(平成19年5月28日健衛発第0528003号)を定めている[15][16]。この基準では、水素イオン濃度濁度過マンガン酸カリウム消費量・遊離残留塩素大腸菌、一般細菌、総トリハロメタンの7項目について衛生基準が示されており、また循環ろ過方式等の浄化設備を備えることも必要とされる[15][16]

また、いわゆる1条校のプールにあっては文部科学省が「学校環境衛生基準」を定めている[17]。なお、学校における水泳プールは学校保健法(昭和33年法律第56号)に基づく衛生管理が実施されているため「遊泳用プールの衛生基準について」(平成19年5月28日健衛発第0528003号)の適用対象外となっている[15]

プールはプール熱などの感染症の媒介となりやすいため、病気に罹患している場合や回復した直後などはプールへの入場が禁止されている。

目が赤くなる原因がプール内の尿と塩素の化合物が原因であることがわかった[18]

アメリカ合衆国では、感染源がプールや温浴施設等と判明している集団感染のうち、58%はクリプトスポリジウム症であったことが報告されている。アメリカ疾病対策センターの専門家は、消毒剤に対する耐性を持つ菌等の存在を踏まえてプールの水を飲まないことを勧めている[19]

安全性

Safety

大量の水を蓄えた施設であるため、溺れたり、飛び込み時に頭などを打ったり[20] する事故が度々発生している。このため学校の水泳授業や部活動では教員らが安全に注意を払うほか、ライフガードや監視員を配置しているプールもある。また未就学児童や小学校低学年では声も物音も立てずに沈んで溺れる事もあるため注意が必要である。

事故・判例
平成19(わ)779 業務上過失致死 さいたま地方裁判所 平成20年5月27日
  • 平成21年(ワ)第610号 損害賠償請求事件 大分地方裁判所 平成23年3月30日
  • 2013年7月、沖縄県与那国町立プールの水泳授業において中学3年生男子生徒がプール底に頭部から激突、頸椎損傷により首から下が不随の後遺症を負い要介助生活[21]
  • 2014年7月、名古屋市立昭和橋中学校の水泳授業で2年生男子生徒がプールに飛び込んだ際プール底に頭部を強打、脊髄損傷により首から下が麻痺の後遺症を負い要介助生活。
平成24年(ネ)第316号 損害賠償請求控訴事件 名古屋高等裁判所 平成24年10月4日
  • 高知市潮江小プールで3年女児重体 夏休み開放中、10人監視 高知新聞 2018年7月24日
  • 認定あけぼのこども園プール事故検証委員会報告書 (※PDF) 平成29年3月 認定あけぼのこども園プール事故検証委員会 那須塩原市
  • 湯梨浜町立羽合小学校プール事故調査報告書(※PDF)平成29年6月27日 湯梨浜町立羽合小学校児童事故調査委員会 湯梨浜町
  • 『The Promise: A Tragic Accident, a Paralyzed Bride, and the Power of Love, Loyalty, and Friendship[22]』 Rachelle Friedman (著) 2014年5月6日出版 ※結婚式前夜の宴会で、友人が定番の余興で新婦を邸宅のプールに突き落としたところ[23]、新婦がプール底に激突して半身不随となり、車椅子生活となった日々を綴った手記。
  • 2017年8月24日午後3時半、私立認可保育所「めだか保育園」(さいたま市)において、職員がプール用具の片付けの最中、約3分間に目を離していた所、女児園児(当時4歳)がうつ伏せで浮いているのを発見、翌日に死亡した。埼玉県警は業務上過失致死容疑で園長と保育士の2人を書類送検[24]
  • 2020年7月10日午後3時頃、山口県消防学校にて防府市消防本部所属の21歳男性職員(学生)が水難救助訓練中に溺水。心肺停止状態で病院に搬送されたが、翌日午前5時過ぎに死亡[25]
その他
感染症

6月から夏季にかけて広まる咽頭結膜熱(「プール熱」と通称される)、皮膚接触で感染する水疱性膿痂疹(とびひ)、伝染性軟属腫(水いぼ)、クリプトスポリジウム症[27] 等がプール利用時に感染する可能性がある。専門医による診療と治療、遊泳を控える事で感染を防ぐ事が可能。


  1. ^ プールは泳がずとも運動に 水中歩行で無理なく鍛える『日本経済新聞』朝刊別刷りNIKKEIプラス1(2018年7月15日)2018年8月5日閲覧。
  2. ^ 多度峡天然プール 三重県観光連盟(2018年8月5日閲覧)。
  3. ^ a b c d e f 建築思潮研究所 『建築設計資料 (41) 体育館・武道場・屋内プール』建築資料研究社、1993年、17頁。 
  4. ^ 国際水泳連盟 (FINA) による規格
  5. ^ ベースボール・マガジン社による解説
  6. ^ 第4章水泳指導と安全 学校体育実技指導資料第4集「水泳指導の手引(三訂版)」(文部科学省) (PDF)
  7. ^ 短水路世界記録 (FINA)
  8. ^ 長水路世界記録 (FINA)
  9. ^ a b c d e f g 瀧澤次朗『知れば100倍楽しめる!オリンピックの秘密』彩図社、2008年、108-109頁
  10. ^ a b c 学校における水泳プールの保健衛生管理”. 財団法人日本学校保健会. p. 40-46. 2022年7月6日閲覧。
  11. ^ プール監視員の道/吸水口・排水口の事故事例の一覧(2018年8月5日閲覧)。
  12. ^ 「YAMAHA」のプールが、学校でどんどん増えていったワケ (4/7)
  13. ^ 目洗う蛇口「平成の遺産」? プールの授業で洗眼器使われず”. 北国新聞. 2022年7月6日閲覧。
  14. ^ 南海クリヤー・クリヤー 南海化学
  15. ^ a b c 遊泳用プールの衛生基準”. 厚生労働省. 2013年4月14日閲覧。
  16. ^ a b 衛研ニュース 第4号”. 川崎市衛生研究所. 2013年5月14日閲覧。
  17. ^ [改訂版]学校環境衛生管理マニュアル 「学校環境衛生基準」の理論と実践”. 文部科学省. 2013年4月14日閲覧。
  18. ^ http://nspf.org/en/NewsNew/15-05-19/Healthy_Pools_Red_Eye.aspx
  19. ^ プールの水に寄生虫や病原菌、集団感染の原因に”. CNN (2018年5月17日). 2018年5月19日閲覧。
  20. ^ 「飛び込みで後遺症 中学プール事故で和解へ/岐阜・多治見」 産経WEST(2018年2月20日)2018年8月5日閲覧。
  21. ^ 水深1mプール飛び込み大事故に「授業で禁止」がなぜ 朝日新聞 2019年5月20日
  22. ^ The Promise: A Tragic Accident, a Paralyzed Bride, and the Power of Love, Loyalty, and Friendship - Amazon.co.jp
  23. ^ 日本で言うところのハレの場における胴上げのような余興。
  24. ^ 笠原真 (2018年8月27日). “プール4歳死亡、保育園長ら書類送検へ 監視に過失疑い”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/sp/articles/ASL8V53CYL8VUTNB00H.html 2022年8月26日閲覧。 
  25. ^ 訓練中に学生が死亡 学校が謝罪 NHK 2020年7月11日
  26. ^ 藤澤安貴夫「学校における水泳プールの保健衛生管理に関する研究」学位論文(2010/3) 兵庫教育大学
  27. ^ プールで泳いでクリプトスポリジウムに感染!!神奈川県衛生研究所 感染症情報センター(2018年12月6日閲覧)。
  28. ^ Neale RE, Purdie JL, Hirst LW, Green AC (November 2003). “Sun exposure as a risk factor for nuclear cataract”. Epidemiology 14 (6): 707-12. doi:10.1097/01.ede.0000086881.84657.98. PMID 14569187. 
  29. ^ ナイトプール、ちょっとプレミアムな夏の夜日本経済新聞』電子版及び夕刊2017年8月14日
  30. ^ 朝日デジタル 2018年2月23日- 景色とプール・温泉がひとつにつながるプリンスホテルの「インフィニティ」を紹介
  31. ^ Leitereg, Neal J. (2015年3月26日). “Chris Bosh drops price on hilltop estate in Pacific Palisades”. ロサンゼルス・タイムズ. http://www.latimes.com/business/realestate/hot-property/la-fi-hotprop-chris-bosh-mansion-20150326-story.html 2018年9月16日閲覧。 
  32. ^ Osborne, Claudia (2015年3月4日). “14 Enchanting Infinity Pools That Are Built to Take Your Breath Away”. Traveling Sage. 2015年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月16日閲覧。






プールと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プール」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プールのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS