プロレスラー プロレスラーの概要

プロレスラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/08 16:21 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

呼称

日本においては「プロレスラー」や「レスラー」、もしくは「選手」の呼称が最も一般的だが、女性のプロレスラーと区別する必要がある場合は「男子プロレスラー」と呼ばれる。女性のプロレスラーは、通常「女子プロレスラー」の呼称が用いられる。

アメリカプロレス団体 WWEでは「スーパースター」(英語:Superstar)(女性は2016年中ごろまでは「ディーヴァ」(英語:Diva)、ただし女性プロレスラー以外にも使用される。⇒詳細はディーヴァを参照)、メキシコのプロレス(ルチャリブレ)では「ルチャドール」(女性は「ルチャドーラ」)と呼称される。この他に「ロースター」「スターズ」といった呼称も使用される。

その他、各レスラーのギミックにより

などの呼称が用いられる。

ライセンス、育成

メキシコを除き、プロレスラーとして収入を得るために免許ライセンス)を取得する必要は無い。プロレスラーになるための経路も多岐に渡るが、現状では自分がプロレスラーであると名乗れば、誰でもプロレスラーになれると言える。

ライセンスに対する取り組みは、日本国内ではかつて日本プロレスにおいて団体独自にライセンス発行を行っていた事があり、ルチャリブレの影響を受けたアルシオンでも「ライセンスナンバー制度」を設け、ナンバーを取得しなければ同団体のマットにレスラーとして上がれない仕組みを採っていた。また、2006年に発足したグローバル・レスリング連盟がライセンスの発行を計画していたが、結局実現せずに終わった。このほか、過去にプロレスのみならず格闘技全般を管理する「日本版アスレチックコミッション」創設が東京都議会に陳情されたこともある[1]。2009年には新日本プロレス全日本プロレスプロレスリング・ノアの3団体による共通ライセンスの発行が計画されたが事実上頓挫した(詳細は後述)。

プロレス団体に入門し、道場、寮で練習を積みデビューする
各プロレス団体が定期的に行うオーディションに合格する、あるいは後述のプロレスラー養成所に所属する場合、その養成所がコネクションを持つ団体に入団する。特にアマレスや柔道などのバックボーン有する者であればスカウトされて入団する場合もある。仮に入団出来ても、その厳しさからデビュー出来ずに退団するものは多い。しばしば「夜逃げ」の形でいなくなる者も現れる。高山善廣のように一度夜逃げして出戻りするものや、大手団体から逃げて小規模団体に移った後にデビューする者もいる。
全日本女子プロレスでは入団後、一定期間内に団体内で実施する「プロテスト」に合格しない場合、退団させる方式を取っていた。現在では多くの女子プロレス団体でこの方式が採用され、以前は男女混合のWrestling New Classic、男子団体では元全女の北斗晶が社長を務めるダイヤモンド・リングでも採っていた。
プロレスラー養成所で学ぶ
体力と技術をここで付ける。日本の場合は、養成所での経験があっても入団後しばらく団体内で再度修練を積むことが普通。KAIENTAI DOJOU-FILE CAMPのように養成所が自主興行を行い、そこでデビューする者もいる。アメリカにおいては、養成所を経由してプロのリングに上がるケースが一般的である。また、プロレスラー養成所は引退した有名レスラーが主催するものやプロレス団体が設置しているものが多い。
基本的な動きを学んだだけでデビューする
ライセンス制度が無いため、未経験の者でも客前で試合を行うことがある。アメリカではスポーツ選手のデニス・ロッドマンカール・マローンピート・ローズフロイド・メイウェザー・ジュニア、アクション俳優のミスター・Tがリングに上がったことがある。日本ではタレント滝沢秀明狂言師の和泉元彌着エログラビアアイドルインリン・オブ・ジョイトイなどが試合を行った。また、他の格闘技で活躍する選手、K-1アーネスト・ホーストや総合格闘技のマーク・コールマン宇野薫がリングに上がったことがある。
学生プロレスを経て入団する
学生プロレスで活躍した後、団体に入門しデビューする者がいる。ある程度体ができており、基本的な動きを習得しているため、デビューも早くなるという利点がある。棚橋弘至が有名だがレイザーラモンHGばってん多摩川もこの範疇に入れることができる。かつては、学生プロレス出身者は、特にメジャー団体のレスラー達からは毛嫌いされていた。学生プロレス出身であったMEN'Sテイオー(当時みちのくプロレス)が、初めて新日本プロレスに出場した時には、目の仇にされ、タッチ拒否や袋叩き等の目に遭っている。ただし、現在は棚橋の例にあるように、拒否反応は少ない。近年はガッツワールドプロレスリングのような学生プロレスOBを母体とした団体も存在する。

また、デビュー後も多くの試合で実戦経験を積むことが重要である。単発興行中心のプロモーションでデビューすると月に1試合前後しか出来ないが、巡業を行う団体では月に10試合以上となり、かつての大阪プロレスのように常設会場でほぼ毎日興行を行う団体に至っては月20試合以上を消化する場合もあった。生活と試合経験のため、他団体に出場するレスラーは多い。

共通ライセンス構想

日本では、2009年3月に新日本プロレス(菅林直樹社長・山本小鉄相談役)、全日本プロレス(内田雅之取締役)、プロレスリング・ノア(仲田龍取締役)の3団体の代表による会談が行われ、3団体の共通ライセンスを発行することで合意したことが東京スポーツ紙上で報じられた[2]。背景には、2008年10月にインディー団体の所属レスラーが練習中に死亡する事故が起きたことなどがあるとのことで、3団体の主催試合に出場する外国人選手や他団体所属・フリーの選手については、各団体の判断でその都度ライセンスを発行する方針。また「他団体に干渉するものではない」としているが、門戸は広く解放し、他団体が同ライセンスを導入したい場合には積極的に受け入れる方針とのこと。

6月13日に三沢光晴が試合中の事故で急死したことを受け、7月に開かれた3団体のライセンス委員会では「1年毎に医師の診断書の提出を義務付ける」方針を決定。同年11月にもライセンス発行を開始したいという方針が明らかになった[3]

2010年に入り具体的なライセンスの詳細を3団体で詰めた結果、三沢の一周忌に当たる同年6月13日に3団体合同でライセンス発行開始の記者会見を行う予定だったが、その前日になり全日本が記者会見をキャンセルし共通ライセンスからの離脱を決定(なお離脱の理由は明らかにされていない)。残る新日本・ノアの2団体のみで共通ライセンスを発行する案も浮上したものの、結局同構想は頓挫することとなった[4]

契約形態

大半の選手はプロレス団体と呼ばれる興行会社の「所属」となっている。取締役・従業員といった正社員や、契約社員を含め専属契約を結んでいる者の場合は「所属」、それ以外は本来、フリーランスとなるが、ただ単にその団体へ出場機会が多いだけで「所属」と呼ばれている場合もある。特に日本の場合厳密な契約書は存在せず、口約束・信用のみで契約を結ぶこともある。スタン・ハンセン全日本プロレスとの契約は社長のジャイアント馬場との口約束のみで契約金を受け取っていたと語っている。

アメリカの団体であるWWEは厳密な契約を結び、トップレスラーは契約金以外にも滞在するホテルや航空便での座席に高いクラスを保証されるなどしている。

契約期間は年間契約での更新制、興行ごとなど様々である。団体と契約すると、肖像権や商標権などの束縛が発生することが多い(メジャー団体の場合は、放映権を持つ放送局との権利関係も存在する)。退団後、リングネームや技の名前が商標登録されているために使用できず、リングネームや技の名前を変えることがある。

プロレス団体の経営方針との相違や活動の幅を広げるため、特定の団体に所属しないフリーランスのプロレスラーも多く存在する。フリーランスではあっても、個人事務所を持ち独自で興行を行う者もいる。最近では飯伏幸太紫雷美央のように複数の団体と所属契約を結ぶプロレスラーも現れている。

メジャー団体と呼ばれる大規模団体に所属するか常連としてリングに上がっている者を除けば、大半の者はプロレスラーでの報酬のみでは生活が出来ないため、アルバイトなど他の仕事で生計を支えており、収入実態だけを見ればプロレスラーがむしろ事実上の副業という状態の者も多い。かつて折原昌夫産経新聞のグループ会社のウェブサイトで、「無名選手のファイトマネーは1試合500円である」と述べていた。DDTを主催する高木三四郎はテレビ番組で、高木自身が他団体へ出場する場合のファイトマネーは1試合で5〜10万円で、DDTの若手のギャラは1試合1万円と述べた。その他、レスラーにもよるが飲食店などの店舗を経営したり芸能活動をしていることもある。2014年には大日本プロレス東京スポーツの求人サイトで新人募集を行ったが、その際に給料が「(デビューまでは)全て引かれた上で月額3万円、デビューすると8万円」などと明記されていたためネット上で話題となった[5]

ショーマンシップ

ハルク・ホーガンのパフォーマンス。
観客に勝利をアピールするザ・ロック

プロレスラーにとって、ショーマンシップは重要であり、また要求されるスキルの一つである。だが、特に日本においては武道において真剣勝負を尊ぶ思想の影響から、プロレスもプロスポーツの一つとして真剣勝負であるはずだという間違った認識を持つ者が多く、ショーマンシップが全面に押し出されたプロレスなどのショースポーツについては根強い嫌悪感が存在しており、昭和の頃から『プロレス八百長論』というものが主に他の格闘技のファンである識者から出され、これを根拠としたプロレスの本質からすると的外れ以外の何物でもないバッシングが幾度となく繰り返されてきた状況があった。

現代ではアメリカのWWEが株式上場の際、事業内容を公開するにあたってシナリオ(プロレス用語ブックアングルなどと呼ばれる)の存在を公式に認めたことや、数々の暴露本によって、リングの上で行われている試合はエンターテインメント性に満ちたショーであるという前提が、一般にも認知されてきている。前述のWWEでは試合を行う者をレスラーとは呼称せず、「スーパースター」としている。

これらの要素はプロレスに携わる者にとっては奇術に於いて種を明かすのと同様にタブーであり、レスラー達は手品師が「種も仕掛けもありません」、というのと同様にプロレスがショーであることを一般に口にすることはしない。しかしながら、観客を楽しませる(感動を与える)試合を行うため、それに耐えうる強靭な肉体を維持し、確かな運動技術の上に高度な演出的要因を積み上げている事に成功しているのも事実である。このため、武藤敬司や、獣神サンダー・ライガーなどはプロレスを「芸術」と称した。プロレスラーとしての鍛錬を積んでいなければおよそ生命に関わりかねないほどの激しい技の応酬は、素人には真似のできるものではない。

またプロレスは上記の通り競技ではないため八百長とは言えないが、興行や、興行を盛り上げるための各種演出に対して「事前に勝敗が決まっていることをマスメディアを含めたプロレス業界が認めず、勝敗を真剣に争っているように見せている」と主張する者もいる。ただし、WWEのように台本の存在を公言している団体や、ハッスルのように「ファイティング・オペラ」などと称してエンターテイメントであることを公言している団体も存在する。

日本でのプロレス団体(興行会社)運営には、多数(大抵年間100試合以上)の興行開催が必要であり、団体数も多く競合が激しいため、観客を魅了できる試合を常時提供できることが最重要となる。そのため、膠着が多いシュート(真剣勝負)は興行団体にとっては必要以上にレスラーを消耗させるものであるため極力避けるべきものであり、プロレスファンからもガチンコで発生するような単に凄惨なだけの試合展開は好まれない。また、レスラーの多くは、試合の勝敗よりもいかに観客を満足させる面白い試合を行うこと、プロレスの業界用語で「しょっぱい」と表現されるようなつまらない試合を行わないことを重要視する。かつてアントニオ猪木はリング上で「どうですかお客さぁーん?」と問いかけたことや、吉村道明がプロレスラーを「職業戦士」と呼んだことにもその一端は垣間見られる。特にファンから「しょっぱい」という評判が付く事は、選手としての長期的な格や活動にもマイナスに響いてくる為、レスラーたちは試合の敗北以上に恐れ嫌がる。この為、レスラーは肉体の鍛練、技の開発以外にも、相手の技を引き立たせられる受け身の取り方、その他のリング上での様々なパフォーマンス、客を盛り上げ、あるいは笑わせる芸、果てには相手に技を掛けられた時の苦痛の表情の見せ方に至るまで、様々な研究を積み重ねている。また、ベテランの域に達し、体力・持久力の衰えなどから魅力ある試合を観客に提供できなくなった自覚を得てプロレスラー廃業を決意する者も見られる。かのルー・テーズは「試合の出来に納得が出来なくなった」としてプロレスラーとしてのリタイヤを決意したが、このように「試合の敗戦」ではなく「試合の出来」に自身で納得できなくなり、プロレスラーからの廃業を決意したという旨のコメントは過去にも数多い。また、人並み外れた強靭さを見せることも商売であるため、病気や負傷による療養・闘病の姿が公になることを極端に嫌うレスラーは多く、後述するがプロレスラー廃業後にはプロレスの表舞台やマスコミの前に全く姿を見せなくなる人物も多い。

つまり、プロレスラーにとって最も重要な要素は、肉体と精神の両面の強靱さとプロレスの格闘技術の高さを誇示し、観客を熱狂・興奮させるショーマンシップの能力であると言える。興行(ハウス・ショー)の中においては自らの役割を確実に果たすことが求められるのである。鍛え抜かれた肉体も、磨き上げられた数々の技も、そして技を掛けられて苦痛に歪む表情も、究極的には全て観客に面白い試合を提供する為のものであり、観客からの評価が勝敗や獲得タイトル以上に重要な価値を持つのが、プロレスの興行としての特徴であり、ボクシングや総合格闘技など他の格闘技興行との大きな違いである。

たとえ試合で圧倒的な強さを示して勝利したところで、観客たちが喜ぶ面白い試合を提供できない、すなわち集客力に欠けるプロレスラーは、観客のみならず興行師(プロモーター)、そしてプロレス団体の経営陣からも好まれない。特にフリーランスや事実上それに近いスタイルで活動するプロレスラーにとっては、知名度と人気、そしてそれに支えられる集客力こそが様々な団体のリングを渡り歩く為の最大のセールスポイントになる。またかつてのアメリカでは「有料入場の観客数によってファイトマネーが変動する」制度が広く採用されており、メインイベンターが客を集められない場合にはその他の出場選手もファイトマネーを減らされるため、集客力に欠けるプロレスラーはレスラー仲間からも嫌われた。実際坂口征二は若手時代の1969年デトロイト地区でザ・シークとのタイトルマッチに挑むことになった際の心境について「私は『勝てるだろうか?』というプレッシャーよりも、むしろ『日本人の私がシークに挑戦して、お客さんが入ってくれるだろうか?』というプレッシャーに悩まされた」と回想している[6]

試合や興行を構築するためには、前述の強靱性以外にも表現力や適応力が求められる。試合中のアクシデントで負傷・流血していたり、高所から転落しようとも、試合はそのまま続行されることが原則である。また、対戦相手がいわゆる「しょっぱい」レスラーでも、見るに耐えうる試合に仕立て上げなければならない。技を失敗した後にうまく他の技で観客の失望感を消したり、盛り上がらなかった試合でも終了後に乱闘などの揉め事を意図的に発生させるなどの適応性が求められるのである。また、試合中の不慮のアクシデントによる負傷などで生じた相手レスラーのパフォーマンスの低下のリカバー[7]など、興行を盛り上げる為に咄嗟の機転を効かせる事が求められる事もある。

プロレス業界やプロレス関連のマスコミなどでは、このようなリング内外での表現力や適応力が高いプロレスラーを称賛する言葉としてほうき相手に試合ができる」という言葉が存在する。DDTプロレスリングでは実際にダッチワイフヨシヒコがプロレスラーとして試合に参戦しており、単なる人形を相手にプロレスラーが試合を組み立て成立させるその技術を見ることができる。同様に、総合的なレスリング技術・プロレス理論に優れ、どのような対戦相手であってもそのパフォーマンスを引き立たせ、なおかつ自身の存在感も誇示できるような高い技能を持つ万能なプロレスラーを称賛するものとして「立って良し、寝て良し」という言葉がある。たとえトップスターではなくとも、このような形で高評価を得る事はプロレスラーにとって大きな財産となる。

また、興行ビジネスであるためトップスター以外にも引き立て役・脇役といったポジションのレスラーも必要となる。ジョバーと呼ばれる者がスターに技を掛けられ倒されることでスターの強さやテクニックを演出し、際立たせるのである。身長やルックスなどでトップスターにはなれなくとも、興行の上で必要とされれば団体との契約を続けられることも特徴である。セル(Selling)という用語があり、これは相手レスラーを映えさせること・映えさせる能力である。デビュー間もない新人がベテラン相手の試合で健闘しているように見えるのは、新人本人の努力と練習の成果もあるにせよ、何よりもベテランが新人を引き立たせる戦い方を心得ているからこそである。

また、華がない・容貌が悪い・技術的な未熟などの点でトップにはなれないレスラーは、各団体内で自身のポジションを確立することが必要である。WWEのオーナーであるビンス・マクマホンは契約しているレスラーに、トップの器が無いと判断した時はそれを明確に伝え、別の目立ち方や役回りを提案するという。

このように、たとえどんな状況にあっても一定水準の試合内容をキープし、なおかつ対戦相手を最大限引き立たせるジョバーは興業全体から見ても大変重要な役割であり、またレスラー間の評価へと直結する。たとえば映画であれば主演俳優だけが一流スターで、いくら目立って良い演技をしても決して名作にはならず、主演以上に敵役や脇役にその重要性があるのと同じである。

しばしレスラー同士の評価をして「彼はグッドジョバーだ」といった表現が使われる事があるが、これはレスラーにとっては最大の褒め言葉であると同時に賛美と言える。

日本人レスラーの場合は「xxさんは柔らかい」といった言葉を用いる場合が多い。「柔らかい」イコール戦いやすい相手という意味であり、いかに受け・試合運び・セル(Selling)がうまい選手であるかという表現である。

トップスター以外のレスラーの中には、ショーマンシップの能力とは別に、なんらかの裏方的な立場を兼ねており、その方面の能力の高さで団体運営に携わり、傍らでレスラーとしてリングに上がっているという者も見られる。実際、レスラーとしてはリング上ではスターの影に隠れるポジションであったとしても、マッチメイクやブック・アングル作成の担当者として、あるいは、若手育成の為の指導役・相手役、そしてデビュー間もない若手にとっての「リング上で最初に乗り越えなければならない壁」の役目として、団体にとって大切な存在となっているプロレスラーは洋の東西を問わず少なからず見られる。また、レスラーとしてはもっぱら第1試合担当であっても、プロレス業界有数の人脈の幅広さと情報収集能力の高さから、営業面の顔役的な存在として団体の盛衰をも直接左右するほどに重要かつ必要不可欠な存在であると他団体の関係者からも認知されていた永源遙[8]のようなケースもある。

プロレスラーの強さ

プロレスラーは「強くなければならない」という見方もされ、その常人離れした「強さ」を見せることもプロレスラーにとっては重要な商品価値である。

これは、リング上の展開に説得力を持たせる意味もあり、新日本プロレスはストロング・スタイルと称して全面的に押し出していた。また、リング外で一般人から挑まれたとき、あるいはリング上で何らかの意図を持った対戦相手から潰しにかかられたときに対処するためであるとも言われる。しかしながら、相手を負傷せしめたり、団体の意図に背いて一方的に攻め立て対戦相手の商品価値を暴落させる行為はプロレス業界としては許されるものではなく、そのようなトラブルを起こすレスラーは業界から干されることにもなる。武藤敬司は「アメリカで一度としてリング上で仕掛けられたことはない」と証言しており、格闘技としてのスキルの高さや体力的な強さは必須ではあっても、相手を確実に打ち負かすという“真剣勝負の強さ”は必ずしもプロレスラー必携の要素ではないといえる。

一方では、普段はジョバーとしてトップレスラーや若手を引き立てる役に徹している人物であっても、実際には格闘技術・体力両面で団体屈指の戦闘能力の持ち主であり、万一リング内外でのトラブルや団体間の揉め事などからシュートの事態になった時には団体のエース級をも凌ぐ力量を発揮する強い戦力になる人物としてプロレスファンに認知されている人物も見られる。このように「プロレスラーとしての強さ」と「真剣勝負・シュートでの強さ」はまた別ということがいえる。

受けの美学

プロレスラーやプロレスファンの間には古くから「受けの美学」という思想が綿々と存在している。これは「トップレスラーは、相手の技を耐えて相手を引き立たせ、その上で逆転して勝つ技術とパワーが無ければならない」という信念に基づいており、相手を精神的にも肉体的にも凌駕するべき、という考え方である。この考え方は、大相撲の「横綱相撲」と通じるものがあり、相手の攻めを受けて、「魅せて勝つ」ことこそが上位の相撲として捉えられていることと同様である。難度が高い技を受けきって「魅せて勝てる」レスラーは、観客のみならず、同業レスラーからも賞賛を浴びる。漫画アニメ、ゲームに登場するプロレスラーのトップクラス格のキャラクターは概して「打たれ強い」「タフ」といった設定や傾向を持っている。

プロレスラーはその考え方をリングの上で表現して観客を楽しませている。しかしその「受けの美学」が誤解され、「なぜあんな技をよけないのか?」といった批判にもならない的外れなクレームがあることも事実で、それが一般に「真剣勝負」として受け取られない一因にもなっている。こうした「受けの美学」を否定するレスラーも現れ、UWFのようなショー的要素を排除したプロレス(ただし事前に勝敗は決まっている)が産まれたり、そこからさらに発展して総合格闘技戦に主戦場を移すプロレスラーも多くなっている。

だがジャイアント馬場の「シュートを超えたもの、それがプロレス」という言葉や、猪木の「(技を)9受けて10返す」といった言葉が象徴するように、プロレスはケンカやアマチュアボクシングと違い、ただ単に相手を見事に叩き潰して勝利すればそれでいいという物ではない。観客を満足させ、感動させる事にも、時に優秀な戦績を超える重要な商業的価値があり、それこそが多くのプロレスラーの目指している理想の姿でもある。このため、相手の技を受けまくった上で負けたレスラーが観客から拍手や声援を受ける一方で勝者が罵声を浴びたり、まったく観客の興味を惹かずに相手にされなかったり、ということが試合内容次第で多々起きる。良くも悪くも、試合内容で観客を納得させ、ハートを掴めないプロレスラーはプロレスラーではないとも言える。


  1. ^ 「日本版アスレチックコミッション」 - 東京都議会議員 早坂よしひろ 公式ホームページ
  2. ^ 東京スポーツ・2009年3月18日付 7面
  3. ^ プロレスに「医師の出場許可書」を義務化 - 日刊スポーツ・2009年7月28日
  4. ^ 東京スポーツ・2011年3月6日付 28面
  5. ^ 「大日本プロレス」求人広告の待遇と特典が率直すぎる - ねとらぼ・2014年5月23日
  6. ^ 東京スポーツ・2009年5月20日付「格斗半世紀」第57回
  7. ^ この種の逸話としては、アンドレ・ザ・ジャイアントキラー・カーンのエピソードが有名。
  8. ^ 永源はレスラー引退後もプロレスリング・ノア常務取締役を長く務め、所属団体の営業面の一翼を担っていた。
  9. ^ 2007年9月5日付 ABC News(英文リンク)
  10. ^ ラッシャー木村が典型的な例で、2004年に「体力の限界」を理由に引退を表明したが、現役引退直後に脳梗塞で倒れていたことは、2010年の死去まで隠され続けた。
  11. ^ 一般的にはこのような状態となり、明確な引退発表を行わないままプロレスラーとしての活動が途絶えた者はセミリタイヤ状態として形容される事が多い。ただし、安定した収入が得られるようになった後に、本業の合間に趣味程度の割合でリングに復帰する者も散見される。
  12. ^ ただし実際には数試合限定復帰をしている。詳しくは小林邦明を参照。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プロレスラー」の関連用語

プロレスラーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プロレスラーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロレスラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS