プロボウル エピソード

プロボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/25 01:05 UTC 版)

エピソード

特定の選手への敬意

2008年2007-2008シーズン
ワシントン・レッドスキンズから選出されたクリス・サミュエルズ、クリス・クーリー、イーサン・オルブライトの3人が、前年に殺害されたショーン・テイラーの21番を着けて出場した[14]
2013年2012-2013シーズン
そのシーズン限りでの現役引退を表明していたオールNFCのジェフ・サタデー(当時、グリーンベイ・パッカーズ)が、1プレーだけオールAFCのセンターとして参加し、インディアナポリス・コルツで長年チームメートだったペイトン・マニング(当時、デンバー・ブロンコス)にボールをスナップする特別な役目を果たした[15]

親子での出場

2011年までに5組の親子がプロボウルに選ばれている[16]

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク


  1. ^ Pro Bowl Went Up Against the Grammys and Drew 11.4 Million, the MLB All-Star Game Drew 11 Million 2014年1月28日閲覧。
  2. ^ http://www.afnjapan.com/nfl/44212/
  3. ^ Orr, Conor (2016年6月1日). “Orlando Pro Bowl returning to AFC-NFC format in 2017”. NFL. 2016年6月1日閲覧。
  4. ^ a b “NFL=2017年プロボウルはオーランドで開催”. ロイター. (2016年6月2日). http://jp.reuters.com/article/nfl-idJPKCN0YO08K 2016年8月21日閲覧。 
  5. ^ NFL reveals complete AFC, NFC rosters for 2021 Pro Bowl”. NFL. 2020年12月22日閲覧。
  6. ^ スーパーボウルと同じ会場で開催となった2010年は、スーパーボウル出場チームの選手は、スーパーボウルのチーム練習を離れて、プロボウルの試合中はチームエリアにいるなど、プロボウル・イベントへの参加を義務付けられた。
  7. ^ 河口正史 (2012年1月30日). “プロボウル”. 2012年2月6日閲覧。
  8. ^ コミッショナー、プロボウルの廃止も検討”. NFL JAPAN (2012年2月6日). 2012年2月6日閲覧。
  9. ^ 新イベントから見えるプロボウル振興の試行錯誤”. NFL JAPAN (2016年12月19日). 2020年2月3日閲覧。
  10. ^ NFL、新型コロナの影響を踏まえて2021年プロボウルをキャンセル 2020年10月15日 NFL Japan
  11. ^ NFL to test out two potential rule changes in Pro Bowl”. NFL. 2020年1月22日閲覧。
  12. ^ 2020年プロボウルは28対33でAFCに軍配”. NFL公式サイト日本語版. 2020年1月27日閲覧。
  13. ^ a b 2022 Pro Bowl to feature 'Spot and Choose' method, no kickoffsl”. NFL. 2022年2月3日閲覧。
  14. ^ Peterson helps NFC roar back for Pro Bowl crown”. USAトゥデイ (2008年2月1日). 2014年2月1日閲覧。
  15. ^ CサタデイがQBマニングと再コンビ、「特別な思い出に」”. NFL JAPAN (2013年1月28日). 2014年2月1日閲覧。
  16. ^ CHRISTOPHER PRICE (2011年12月28日). “Like father, like son: Jackie Slater ecstatic for Matthew's Pro Bowl berth”. weei.com. 2012年2月6日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プロボウルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロボウルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロボウル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS