プリンスホテル 運営している有料道路

プリンスホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 03:54 UTC 版)

運営している有料道路

その他の運営施設

  • 軽井沢72ゴルフ軽井沢給油所(長野県軽井沢町) - ENEOSガソリンスタンド
  • 有栖川清水(東京都港区) - 旧麻布プリンスホテル跡に設置された料亭

所属スポーツ選手

2004年のグループ再編に伴うリストラ策により売却・廃止した施設

プリンスホテル(コクド・西武鉄道・伊豆箱根鉄道の保有・運営施設を含む)は堤義明の意向などで進出した地方などで不採算の施設も多く、2004年に発覚した西武鉄道株式の有価証券報告書虚偽記載問題による上場廃止で着手された経営再建にあたり、約40箇所の施設を売却または閉鎖した。売却先の意向によって転売されたり、営業終了を検討している施設もあり、運営面で険しい道のりが課せられている。また、西武グループのレジャー施設を網羅した冊子『プリンスホテルレジャーカタログ』(プリンスホテルの売店などで販売されていた)も、2005年版を最後に発行を中止している。

※印はコクド・プリンスホテルの譲渡後に転売もしくは営業休止された施設

シティグループへ売却

以下の施設(スキー・ゴルフリゾート)はシティグループのシティグループ・プリンシパル・インベストメンツ・ジャパン株式会社に売却され、転売されなかった施設については子会社のウィンターガーデン・リゾーツが運営を担っている。

ルートインジャパンへ売却

以下の施設はルートインジャパンへ売却された。

  • 阿蘇プリンスホテル(熊本県) - 併設するゴルフ場と共に売却。運営最終日は2007年6月1日。2008年4月1日より阿蘇リゾートグランヴィリオホテル。
  • 徳島プリンスホテル(徳島県) - 日本たばこ産業 (JT) の工場跡地に建設されたため、同社の完全子会社「株式会社ジェイティ徳島プリンスホテル」が運営していたが、2004年にプリンスホテルに営業譲渡し、株式会社ジェイティ徳島プリンスホテルは清算されている。純然たる西武グループとしての運営はわずか3年だった(運営最終日は2007年6月1日)。2008年4月1日より徳島グランヴィリオホテル。徳島プリンスホテル建設時の経緯により、現在の徳島グランヴィリオホテルにおいても、館内のレストランには週1日の定休日がある。

アパグループへ売却

以下の施設はアパグループへ売却された。

  • 幕張プリンスホテル千葉市幕張新都心) - 2005年12月に売却。現名称はAPAホテル&リゾート東京ベイ幕張。2014年にWEST WING(西館)が増築された他、2016年にはEAST WING(東館)が完成予定であり、合計客室数が2001となる。
  • 妙高パインバレープリンスホテル(新潟県) - 松下興産からの運営受託物件。2000年に提携解消し、松下興産直営の「妙高パインバレーロイヤルパインズホテル」としての営業を経て、2005年7月よりアパリゾート妙高パインバレー

伊東園ホテルズへ売却

カラオケ店チェーン「歌広場」などを運営する株式会社クリアックス系列スタディー(現・株式会社伊東園ホテルズ、東京)は、計3施設を伊豆箱根鉄道近江鉄道から買収。格安ホテルチェーン「伊東園ホテルグループ」に編入して運営している。

  • 大仁ホテル(静岡県) - 名称はそのまま
  • 松崎プリンスホテル(静岡県) - 現・西伊豆松崎伊東園ホテル
  • 彦根プリンスホテル(滋賀県) - 現・彦根ビューホテル

マックアースへ売却

近江鉄道が所有する3施設を売却。

  • 奥琵琶湖マキノプリンスホテル(滋賀県) - 2012年に奥琵琶湖マキノグランドパークホテルとして営業。
  • 国境スキー場(滋賀県) - 2007年に譲渡。2008年より国境高原スノーパークとして営業。
  • 箱館山スキー場(滋賀県) - 2007年にオリックス系のジェイ・マウンテンズ・グループ(東京都)に譲渡。その後、2010年にマックアースに売却。

その他売却・閉鎖された施設

磯子区にあった横浜プリンスホテルの建物
  • 札幌北広島プリンスホテル(北海道) - アンビックスに売却、運営最終日は2007年6月1日。2008年からは「札幌北広島クラッセホテル」として営業中。
  • 札幌北広島プリンスゴルフ場(北海道) - パシフィックゴルフプロパティーズに売却、運営最終日は2007年6月1日。その後「札幌北広島ゴルフ倶楽部」として営業中。
  • 津別スキー場(北海道) - 運営最終日は2007年3月19日
  • 深川スキー場(北海道) - 運営最終日は2007年3月21日
  • 真駒内スキー場(北海道) - 2006年廃止
  • 田沢湖プリンスホテル(秋田県) - 南紀観光(本社・埼玉県草加市)に売却、運営最終日は2007年6月1日。2012年現在は「田沢湖ローズパークホテル」として営業中。
  • 森吉スキー場(秋田県) - 2006年廃止 森吉第1高速リフト(4人乗り)はチェアリフトとしては日本最長の路線であった
  • 森吉ヒュッテ(秋田県) - 2006年廃止
  • 千畑スキー場(秋田県) - 2005年休止、2006年廃止
  • 金ケ崎ゴルフコース(岩手県) - 南紀観光に売却、運営最終日は2007年6月1日
  • 日光菖蒲ヶ浜スキー場(栃木県) - 2005年休止、2006年廃止
  • 日光プリンスホテル(栃木県) - 1976年開業。佐藤秀三設計。第20回BCS賞受賞。中宮祠林業製材工場跡地。2008年11月24日で営業終了。
  • 西武長瀞ホテル(埼玉県) - 2007年1月15日に営業終了
  • 西武園遊園地スノーボードパーク(埼玉県) - 2005年休止
  • 萩山テニスコート(東京都)- 2005年9月に閉鎖。敷地は売却され、2009年に第1号としての東京都認定民設公園「萩山四季の森公園」とその制度を活用した分譲マンションが誕生した。
  • 六本木プリンスホテル(東京都) - 2006年2月閉鎖
  • メルシャン品川アイマックスシアター(東京都)
  • メルシャン軽井沢アイマックスシアター(長野県)
    • メルシャンがオフィシャルパートナー契約をコクドと結び、品川プリンスホテル、エグゼクティブタワー、および、軽井沢プリンスホテル敷地内にて開業・運営していた、IMAX上映劇場。日本国内にある数少ないアイマックス上映施設としてマトリックスハリーポッターシリーズなどの上映を行っていた。
  • 横浜プリンスホテル(神奈川県) - 1937年に建てられた東伏見博英伯爵別邸をもとに1953年7月1日開業[13]、1990年に巨大な新館を開業。2006年6月30日で閉鎖し土地を東京建物に売却した。新館はわずか16年で解体された。その後複合分譲マンションとなる。丘の上に位置するが、敷地内に長い私道の坂(プリンス坂)があり、JR磯子駅までは比較的近かった。また、麓に立っていた西武系列のマンション(プリンス・ハイツ)に施設利用者専用の直結エレベーターがあり、マンションの屋上と丘の上にある立地のホテル地下フロアはプリンスブリッジで結ばれていた。旧東伏見伯爵別邸の建物は2014年から2019年まで、中村孝明プロデュースのレストラン「貴賓館」として営業していた。
  • 横須賀プリンスホテル※(神奈川県) - 2005年フロンティア・ファースト有限会社に売却、2006年4月から三井不動産系のリゾートソリューションが経営するホテルトリニティ横須賀として営業されたが、2008年9月30日で閉鎖、その後、2009年10月1日にメルキュールホテル横須賀にリブランドした。
  • 箱根ピクニックガーデンスノーボードパーク(神奈川県) - 2005年廃止
  • 西熱海ホテル(静岡県)
  • 沼津ホテル(静岡県)
    • 共に伊豆箱根鉄道の所有物件だった。プリンスホテルに売却された下田プリンスホテル共々、2006年8月31日で閉鎖し不動産売却。
  • 燕温泉スキー場(新潟県) - 2006年廃止
  • 妙高温泉室内プール(新潟県) - 2006年廃止
  • 土樽スキー場(新潟県) - 2005年廃止
  • 三国スキー場(新潟県) - 2005年休止、2006年廃止
  • 小千谷山本山高原スキー場(新潟県) - 2005年休止、2006年廃止
  • 野尻湖プリンスホテル(長野県) - 2007年にこやのに売却。 2012年現在は「野尻湖ホテル エルボスコ」として営業中
  • 軽井沢千ヶ滝温泉ホテル(長野県) - 1977年開業。日帰り入浴施設「軽井沢千ケ滝温泉」のみ現存。
  • 湯田中渋温泉ごりん高原スキー場(長野県) - 2007年3月23日廃止。
  • 福井和泉スキー場(福井県) - 近江鉄道所有。2008年に建設会社穴馬組(福井県大野市)に売却し、100%子会社の福井和泉リゾートが運営。
  • 守口プリンスホテル(大阪府) - その後「守口ロイヤルパインズホテル」として営業されたが、現在は「ホテル・アゴーラ大阪守口」にリブランドした。
  • 北九州プリンスホテル(福岡県) - 1989年開業。三菱化学(当時は三菱化成)黒崎事業所元社宅跡地に建設し、運営を受託していた。2007年2月25日に運営受託を撤退。ホテルマネージメントインターナショナル社に土地・建物を売却、従業員も移籍させ[14]、同年2月26日からホテルクラウンパレス北九州として営業を開始した。
  • 長崎プリンスホテル(長崎県) - 現在はベストウエスタンプレミアホテル長崎
  • 生駒高原宮崎小林ゴルフコース(宮崎県) - 2008年に韓国・龜尾開發に売却。現在はジェイズカントリークラブ小林コース。
  • 宮崎日向ゴルフコース(宮崎県) - 2008年に韓国・龜尾開發に売却。ジェイズカントリークラブ日向コースとなったが、2016年に福岡県飯塚市に本社を置くティーティーエス企画に経営会社が変更となり、TTS門川ゴルフ倶楽部となった。しかし、翌年の2017年3月31日付で閉鎖。
  • 鹿児島鹿屋ゴルフコース(鹿児島県) - 2008年に韓国・龜尾開發に売却。現在はジェイズカントリークラブ鹿屋コース。

売却施設のうち、田沢湖・野尻湖・徳島・阿蘇の各プリンスホテルはプリンスホテルの運営最終日から10か月間(2008年3月31日まで)、ライセンス契約でプリンスホテルの名称を使用できた。

その他の理由(上記リストラ以外)で売却・閉館された施設

  • 羽田プリンスホテル - 1964年開業。運営会社は西武百貨店子会社の「羽田プリンスホテル」であった。1968年に運営会社の株式を東京急行電鉄(東急)へ譲渡し、1969年に東急が羽田東急ホテルと羽田プリンスホテルを合併させてプリンスホテルは「羽田東急ホテル別館」へ名称変更。2004年9月に「羽田東急ホテル」は閉館した。2004年12月開業の羽田エクセルホテル東急の実質的な前身施設。
  • プリンスホテルスクール - ホテリエ(ホテル従事者)養成校として1971年に開校。1976年に日本財団の支援によって設立した財団法人日本ホテル教育センターへ譲渡され、『専門学校日本ホテルスクール』として開校している。同窓会組織等は同校が承継している。
  • 麻布プリンスホテル - 大正時代に鷹司公爵邸として建てられた木造近代和風建築で、のちに藤田男爵家が所有。戦災による消失を免れ、1953年に「ホテル藤」として開業。のち「麻布プリンスホテル」と改称し、全30室の和風邸宅ホテルとして外国人に支持された。六本木一丁目に所在したフィンランド領事館の土地と等価交換することが決まったため(領事館跡地は1984~2006年に六本木プリンスホテル)、1981年末に閉鎖。現在、跡地はフィンランド大使館とプリンスホテルの料亭「有栖川清水」。
  • 成田プリンスホテル - 成田空港の開港にあわせ、現在のティエフケー(元日本航空子会社で機内食製造と飲食店・ホテル「成田エアポートレストハウス」を経営)によって竣工。当初は三菱商事トラベルロッジ(オーストラリア)とのジョイントベンチャーによる経営を目論んでいたが、トラベルロッジが撤退し、三菱商事がプリンスへ運営委託する形態で1978年9月に開業。1988年6月に三菱商事が経営権を家主のティエフケーへ売却し、プリンスホテルとしての運営を終了。成田ウインズホテルへ改称後、1997年にホテル日航ウインズ成田へと名称の変遷を辿り、2007年10月に閉館。不動産が売却され、2007年11月に同じ建物で東横イン成田空港として開業している。プリンスホテルから東横インへ移行した唯一のケースである。
  • 箱根仙石原プリンスホテル(初代) - 経営再建策定前の2004年10月に日産自動車に売却し、同社の研修施設となっている。なお、2015年よりホテル大箱根がこのホテルと同じ名称に改称した。ホテル大箱根の1992年開業前の仮称は箱根仙石原プリンスホテル東館。

2011年

グランドプリンスホテル赤坂(新館)

2012年

  • 蒲郡プリンスホテル(愛知県蒲郡市) - 繊維問屋滝兵(現タキヒヨー)の五代目、滝信四郎が明治45年に創業した料理旅館・常盤館が母体。昭和9年に蒲郡ホテルを併設。日本初の国際観光ホテル認定を受ける。昭和55年、タキヒヨーが経営不振の為休業に伴い蒲郡市が株式買取の後、昭和62年に国土計画株式会社へ売却。蒲郡プリンスホテルとして開業。2012年3月に呉竹荘グループに売却され、「蒲郡クラシックホテル」に改称。[17]
  • 奥琵琶湖マキノプリンスホテル(滋賀県高島市) - 1995年開業。2012年3月29日営業終了。マックアースに売却され、翌日より「奥琵琶湖マキノグランドパークホテル」として運営[18]
  • 飯能プリンスホテル(埼玉県飯能市) - 1992年開業。西武池袋線飯能駅の駅ビル「飯能ステーションビル」内に所在。2010年よりレストラン部門はヘリテイジ(同県熊谷市)に移管し「ヘリテイジリゾーツ飯能」に改称。また2012年10月1日より宿泊部門もヘリテイジに移管され「ホテル・ヘリテイジ飯能 sta.」に改称[19][20]、プリンスホテルとしての営業を終了。



  1. ^ No.1の理由|「プリンスホテル」を知る|株式会社プリンスホテル 新卒採用情報” (日本語). recruit.seibugroup.jp. 2020年7月19日閲覧。
  2. ^ 鈴木哲也『セゾン 堤清二が見た未来』五章、ホテル・レジャー、日経BP社、2018年9月21日[要ページ番号]
  3. ^ プリンスホテル、豪社のホテル事業買収 43億円
  4. ^ 「英高級ホテル買収 プリンスホテル 日本流サービス展開」日刊工業新聞』2018年11月14日(3面)2018年12月15日閲覧。
  5. ^ 赤プリ跡地の「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」7月27日開業 朝日新聞デジタル&M 2016年1月15日。
  6. ^ 東京初のラグジュアリーコレクションブランドのホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」7月27日に開業 traicy 2016年1月24日
  7. ^ プリンスホテル 名古屋駅南に広がる大規模再開発エリア「ささしまライブ 24」内「グローバルゲート」に名古屋初のホテルを開業【2017年秋 開業予定】 プリンスホテル 2015年8月20日
  8. ^ 名古屋プリンスホテル:オープンし、開業式典”. 毎日新聞 (2017年10月2日). 2017年10月12日閲覧。
  9. ^ プリンスホテル、静岡・熱海に進出 訪日客需要に的 2018年10月16日日本経済新聞記事
  10. ^ 松花湖プリンスホテル
  11. ^ 東京都江東区潮見の新ホテル名称を「東京ベイ潮見プリンスホテル」に決定、2020年7月開業予定 2018年10月16日日本経済新聞記事
  12. ^ “清水寺近くの小学校跡にホテル、プリンスホテルなど”. 日本経済新聞. (2019年9月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49310000S9A900C1LKA000/ 
  13. ^ 磯子区歴史年表(磯子区役所刊)
  14. ^ ニュースリリース 2006 ホテル事業の譲受けについて 三菱化学 2006年11月9日付
  15. ^ Mortgage Holders Prevail in Auction of Former Maui Prince Hotel Wall Street Journal 2010年5月28日付記事(英語)
  16. ^ 「東京ガーデンテラス(グランドプリンスホテル赤坂跡地開発計画)」内にオープン予定の新ホテル名称を「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」に決定 - プリンスホテル、2015年1月13日
  17. ^ 蒲郡クラシックホテルの歴史”. 蒲郡クラシックホテル (2013年2月20日). 2015年2月23日閲覧。
  18. ^ リニューアルOPEN!! - 奥琵琶湖マキノグランドパークホテル(2012年3月30日付、同年8月25日閲覧)
  19. ^ 当社保有施設の一部施設の賃貸先変更に関するお知らせ - 西武鉄道2012年5月22日
  20. ^ 事業所の営業終了のお知らせ - プリンスホテル2012年5月22日
  21. ^ 「田端プリンスホテル」の名称差し止めを求め提訴 - テレ朝news 2018年6月7日、2018年7月4日閲覧。
  22. ^ プリンスホテル“プリンス”めぐり和解成立 - 日テレNEWS24 2018年9月7日、2018年12月2日閲覧。
  23. ^ 2008年2月3日付・読売新聞
  24. ^ 第169回国会 予算委員会 第10号(平成20年2月18日)
  25. ^ プリンスホテル「真摯に受け止める」港区が事情聴取 朝日新聞2008年3月28日
  26. ^ 日本教職員組合様に対する対応についての記者会見におけるご説明文 (PDF) 2008年2月26日付、「Prince Hotels & Resorts」公式サイト 2007年3月1日閲覧
  27. ^ 今回の日本教職員組合様に対する対応について当社の考え方 2007年2月5日 (PDF) 「西武グループホームページ」2007年3月1日閲覧
  28. ^ プリンスホテル会長ら起訴猶予=日教組会場使用拒否-東京地検時事通信2010年7月1日
  29. ^ 日教組がプリンスホテルに3億円の損害賠償を請求
  30. ^ プリンスホテルに約3億円賠償命令 日教組集会使用拒否
  31. ^ 日教組へ賠償6割減額 プリンスホテル集会拒否





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プリンスホテル」の関連用語

プリンスホテルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プリンスホテルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプリンスホテル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS